魚の缶詰を備蓄の一つに加えてみよう!

いやあ、缶詰の真価を発揮する時がやってきました。

備蓄の基本やはっぱり缶詰ですかね。

 

みなさん魚の缶詰を持っていますか?

 

缶詰にも「ビスフェノールA」なんかの問題点があるのも事実。

でも今回の優先順位としては「それ」は省かないといけないかもしれませんね。

 

今後ずっとではなくある期間(事態が治まるまで)とみればやっぱり缶詰は本当に優秀なものだと思っています。

 

缶詰にも色々とあるので飽きがこないようにいくつかの種類の缶詰を購入しています。

 

フレッシュなフルーツが望めなくなった時のためにフルーツ缶。

これは子供も喜ぶと思いますね。

 

そしてなんといってもたんぱく質。

魚と肉。

両方とも缶詰ありますよね。

 

実は私、お肉の缶詰ってあまり買ったことありませんでした。

なんかあまり好みじゃなかったんですよね。

でも今回は牛肉とか焼き鳥の缶詰を買ってみました。

 

魚の缶詰は種類がとっても豊富です。

私はいくつもの種類の魚缶を常に備蓄しています。

 

魚缶は栄養満点。

貴重なたんぱく源というだけではなくオメガ3の量もすごいんですよ。

 

味付けがなされているので缶を開けてそのまま美味しく食べることができるのも魅力の一つですね。

 

でも缶詰の魚って結構味が似通っているもの。

そう、あの甘じょっぱい系の味。

 

それ自体は美味しいのですが飽きがきちゃうんです。

 

そんな時やっぱり重宝するのが「水煮」。

 

水煮は塩味でそのままでも美味しいのですが料理の材料としてもかなり使えます。

 

ですからライフラインは特に問題なく料理ができる状態で、ただ家に閉じこもっていなくてはならない時には水煮缶を使って違った味の料理にリメイクすると美味しいですよ。

 

トマトソースで煮込んだりするとかなり美味しい料理ができちゃうし、ハンバーグの材料にもなります。

 

子供達も喜んで食べてくれるんじゃないかな?

魚缶ってどちらかというと子供向きじゃないけど工夫次第でなんとでもなる!

 

とりあえずお肉もお魚も冷凍庫に入れられる分はストックしています。

でも意外とスペースないんですよ。

 

業務用くらいの大容量な冷蔵庫があるご家庭ならいいですけど、残念ながら我が家はごく一般的な冷蔵庫しかありません。

 

ですから冷凍できる分ってかなり限られてしまいます。

 

そこで缶詰。

 

こんな時はなんとも頼もしい存在です。

 

参考記事

非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう