備蓄米(5年保存)を買ってみたが安心感がハンパない

以前からずっと気になっていた備蓄米(無洗米)を購入してみました!

 

我が家では非常食用に缶詰をよく購入するのですが、お米そのものの備蓄に関してはあまりしていなかったなあと反省。

 

そこで今回は冬眠パックで5年保存できる備蓄米をとりあえず5キロ購入。

無洗米なのでお水の足りない可能性のある非常時にもいいかなと思います。

 

冬眠米とはお米を「炭酸ガス封入密着包装法」という袋詰めの方法で真空パック並みの気密状態にしたものです。

 

冬眠パック備蓄米

↑カッチコチ!

 

エキストラバージンオリーブオイルも空輸する場合などに同じような方法をとることがあります。

 

要は「酸化」を抑えるということ。

どんなものでも酸化が劣化の原因となります。

 

常温で保存できて害虫やカビの心配もなく5年も保存ができるというのは、かなりの安心感がありますよ。

 

今回のお米は奈良県産ヒノヒカリです。

食べたことがない品種だったのですぐに食べてみたくなりますが(w)さすがにそこは我慢!

 

5年保存が可能ですがお米の粘り気だけは徐々に抜けていくそうなので美味しく食べたいのなら年に1回の入れ替えをおすすめしているようです。

 

無洗米のヒノヒカリ

 

ですが私は少なくても3年くらいは寝かしてみようかな。

いやせっかくだから5年いっちゃうかも。

 

だってパサパサになったお米もコレ↓でかなり復活することを知っているから。

備蓄していた古いお米を食べる時はオイルを入れてみて

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた

 

実際にオイルを入れてみて違和感なくそしてかなり美味しく炊けることを知っているので、まあ5年でも大丈夫じゃないかなと思っています。

 

せっかく5年保存米を買ったのだからやっぱり5年たってどうなるか知りたいし。

 

そしてオイルも一緒に備蓄しておけばいいというオチ。

(オイルも未開封で酸化していないものが望ましい)

 

とりあえず非常時は炭水化物がなんといっても必要だと思います。

(水・塩・炭水化物があれば人間かなりイケるはず!)

 

本当はアルファ米の方が炊く必要がない分さらに非常食としては良いと思いますが、やっぱり美味しい「コメ」をまるっと食べると何かメンタル的にもいいのではないかという気がします。

アルファ米だって味的にかなり優秀ですがやっぱり完璧ではありませんからね。

 

できれば本物のお米とアルファ米の両方があった方がいいでしょう。

(我が家もアルファ米も備蓄しています)

 

災害はいつ起きるか分からない。

 

そのための準備はとても大切ですが、私のようにおっちょこちょいな主婦はうっかりお米を切らしたりするかもしれないのでそのためにも冬眠米は心強い味方です。

(なんだか違う用途で開封しそうな予感・・・)