3歳児がブラックコーヒー!?と思いきや・・・もっと悪いかも

ちょっとビックリし心配になった話。

そしてお節介を焼いた話です。

 

昨日、あるママ友さんとランチをしてきました。

 

学校の役員の仕事を一緒にしたことがきっかけで仲良くなったのですが、その方と近所のお店に行きお食事をしたのです。

 

その方には3歳のお子さんがいるのですが、その子も同伴。

 

楽しく話をしながらランチをしたのは良かったのですが、ちょっとビックリするような光景を目にしてしまいました。

 

その光景とはその3歳児・・・・ではなくお友達らしい別の3歳児。

 

私達の直後に入店した方にママ友さんのお友達親子がいまして、その連れてきた3歳児の男の子のことです。

 

隣に座ったこともあり私も会釈だけはしてみました。

 

で、問題はその男の子。

 

なんとキッズドリンクバーで持ってきたのがアイスコーヒーでした。

 

それだけでもちょっとビックリですよね。

3歳ですから。

 

でも更にビックリしたのが、それと一緒にガムシロップとコーヒーフレッシュを大量に持ってきたこと。

 

そしてお母さんが当たり前のようにガバガバと入れ始めたではないですか!

 

色はコーヒー牛乳のような・・・というより白に限りなく近い。

(横目でまじまじと見てしまった)

 

ほら私、こんなブログ書いているのでコーヒーフレッシュにはちょっとうるさいのですよ。

コーヒーフレッシュの成分って何?トランス脂肪酸をチェック

 

以前も書いた通り我が家にはコーヒーフレッシュがあることはあるのですが、あくまでもお客様用に購入しているのであって家族は通常使いません。

 

そしていつも賞味期限がきてさようならって感じなんですよね・・・。

 

コーヒーフレッシュはまったくの人工物。

 

かと言ってたまに1個入れるくらいなら目くじらを立てる必要もないのかもしれません。

 

つまり驚いたのはその量です。

 

小さい子供用のカップについだ少しのアイスコーヒーに3個も4個も入れた(かなりガン見)ものですからちょっと衝撃を受けたのでした。

 

ガムシロップも入れたので、おそらくとてもマイルドに仕上がっていると思います。

 

「おいしい?」「おいしい!」という会話が聞こえてきました。

 

で、更に事態は悪い方向へ。

 

「おかわり」をしました。

 

野菜ジュースなど子供が好きそうなドリンクもあったのですが、その子はそれだけをおかわりして飲んでいました。

 

もちろん再びガムシロップとコーヒーフレッシュをてんこ盛りで持ってきて。

 

私の眉間にシワがよっているのに気が付いたのか(いやそうではないと思うけど)、ママ友さんが「○〇くん、コーヒーなんて飲んでるの?すごいね~。」と話しかけました。

 

すると

 

「うん、いつも飲んでるよ。ブラックだと身体に悪いからミルクと砂糖は入れるけどね。」とお母さん。

 

うーんちょっとズレているのか私がうるさすぎるのか・・・。

 

しかしどうにも我慢ならなくなり

 

私「でもコーヒーフレッシュも身体にあんまりよくないからほどほどがいいかもしれないですよ♪」と・・・つい言ってしまいました。

 

「♪」をつけたのはその時の言い方のニュアンスをなんとか表しているということで。

 

私がいきなり話しかけたのでちょっとビックリしていたのですが「そうなんですか?知らなかった。」と返していただきました。

 

ちなみにガムシロップもあまりよくないみたいですしね。

 

さすがにあの量を3歳の子がおかわりをして飲んでいる姿は見ていられませんでした。

(気持ち悪くならないのかなあ・・・)

 

たぶんお節介だったと思いますが後悔はしていません!

 

ちなみにママ友さんのお子さんはしっかりお食事をしてからデザートにバニラアイスを食べていました。

(すごく平和に見えたのはなんでだろう・・・)