【昭和な話】不思議なバタークリームケーキとの縁【なんで今?】

先日、学生時代の友人が我が家に遊びにきました。

 

手土産を二つ持ってきたのですが、そのうちの一つがユーハイムの「フランクフルタークランツ」というリング状の白いバタークリームケーキです。

 

来る途中、某デパートで購入したらしい。

 

「私が食べたかったから。切って一緒に食べよう!」と。

 

なんという奇遇。

 

実は私、最近バタークリームケーキと不思議なご縁があります。

 

とは言ってもバタークリームケーキを実際に食べたのは(おそらく)ものごころつくかつかないか以来ではないかと。

 

昭和な時代、私がまだ幼児と言えるくらい小さかったころ、バタークリームケーキを食べた記憶があります。

 

ですが覚えているのは「マズイ」というなんともネガティブな感想。

 

どんなデコレーションだったか、どんな色をしていたかなどはハッキリ覚えていないのですが、なんとなくにぶいツヤがあって味は「美味しくない」という印象は確実に覚えてるのですw

 

たぶんクリスマスかお誕生日に用意してもらったのだと思う。

 

さらに親戚の結婚式で配ったケーキもバタークリームケーキだったはず。

(同じくマズイ)

 

そういうわけでケーキといえばやっぱり生クリームでしょ!ってなり、やがて成長するにつれてその生クリームも苦手になり・・・。

 

今ではあまりケーキそのものを食べなくなりました。

 

そんな中つい最近まではバタークリームケーキの存在自体を忘れていたのですが・・・。

 

どういう訳か立て続けにバタークリームケーキの話題に触れる機会があったのです。

 

そしてそのどれもが「バタークリームケーキがいかに美味しいか」というテーマで話されていました。

 

しかもその力説っぷりがすごい。

 

「バタークリームケーキ≒マズイ・気持ち悪い」という先入観を持っている私は心の中で反論しつつも幼児のころの懐かしい記憶がよみがえってきました。

 

するとだんだんとバタークリームケーキが食べたくなってくる。

 

どんなにマズいかもう一度確かめてみるのも悪くないかも。

 

そう言えば少し前ですが、某テレビ番組でやっていた某お笑い芸人が紹介したバタークリームケーキがありました。

 

ガトーエシレナチュール

 

私、それを見てかなり心が動かされたのですよね。

 

丸の内で買えるみたいなんですけどほぼ5000円するし限定だしちょっと無理。

 

誰かお土産でくれないだろうか・・・。

 

そして月日は流れ最近になってバタークリームケーキ情報が私に立て続けに流入してきたのです。

 

なんでだろう・・・。

食べろってことなのかなあ。

 

そう思っている矢先に友人が「おーい、バタークリームケーキ買ってきたよ~」って。

 

だからものすごく驚愕したのでした。

 

ちなみに私の中のバタークリームケーキのイメージはこんな感じ。

 

 

バタークリームケーキ 4号 懐かし昭和の味わい【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】誕生日ケーキ バースデーケーキ

 

 

さらに「まさにこのイメージ!」っていうのがこれかも↓

コロンバンのガトー・オ・ブール

 

確かに真っ赤なアンゼリカ(アンジェリカ)が乗っていたような・・・。

 

今回、友人が持ってきてくれたユーハイムの「フランクフルタークランツ」はこういうタイプではなくて。

 

リング状のスポンジに真っ白いバタークリームがたっぷり乗っていてかなり甘いケーキでしたが、昔感じたバタークリームのイヤな印象がないんですよね。

 

って言うより美味しいではありませんか!

 

で、すみません。

食べた後で記事にしたいと思ったので画像をとっていないです。

(実物を確認したい方はユーハイムの販売店でチェックしてね。)

 

うーん、こんな味ではなかったと思うのですよね。

 

つまりこんなに美味しくはなかったはずなのですよ。

 

調べてみると昔のバタークリームケーキがマズかったのには理由があって、マーガリンやショートニングを使っていたものが多かったのですって。

 

バタークリームケーキではなくマーガリンクリームケーキだった可能性浮上???

 

確かに植物性クリーム(ホイップ)を食べた時の残念感に通じるものがあるんですよね。

 

もしかしてニセモノのバタークリームケーキを食べて「マズイ!!」って文句言っていたのかもしれません。

 

「おまえのバタークリームケーキ感は間違っているぞ!」、「本物を食べろ!」という神様からのメッセージですかね。

(でもなんで今さら?そして必要?)

 

でもやはりまったり・こってり感はあり、おそらくたくさん食べるとすぐにイヤになりそうな予感がしました。

 

友人が買ってきたのは一番小さなサイズでしたが、4当分にしても十分なボリュームがあります。

 

それにしてもバタークリームケーキ、本当に何十年ぶりに食べたのですが、そこに至るまでのフラグの数々。

 

なんだか不思議です。

 

近いうちに今度は自分でバタークリームケーキを買ってしまう予感・・・。

(次はちゃんと画像を撮りたいと思います)