カテゴリー:DHA・EPAについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:DHA・EPAについて
煮て干すにぼしはどのくらいオメガ3(DHA・EPA)がとれるのか
煮て干すにぼしはどのくらいオメガ3(DHA・EPA)がとれるのか

男は黙ってにぼし。

 

・・・はちょっと古いですが、にぼしの栄養を物語った言葉でしょうか。

もしかしたら本当にサプリメントをとるくらいならにぼしを食べた方がいいってこと?

 

でもにぼしを食べる機会って昔ほどないというのが正直なところ。

 

しかも出汁のとりかたもよく分からない。

そんな方もいるかもしれませんね。

 

でも今は料理に使わなくてもそのまま食べるタイプのにぼしがたくさん売られている時代です。

 

ちょっとスーパーに買い物に行ってにぼしコーナーを見てみてください。

きっとそのまま食べるタイプのにぼしが売られていることでしょう。

 

食べるきびなご煮干し

↑きびなご(ニシン科)の食べるにぼし

 

ところで「にぼし」は「煮干し」と書きます。

 

煮てから干す。

 

そもそも青魚の小魚がメイン(えびや貝柱もありますが)ですから、ちっちゃくてもオメガ3(DHAやEPA)を多少は持っているはずですが、はたしてどのくらい残っているのか?

 

なんとなくにぼしって言うと「カルシウム」はとれそうですが、オメガ3はあまり思い浮かびません。

 

あまり脂っぽさを感じないからでしょうけど、実際のところはどの程度のオメガ3がとれるのでしょうか。

 

そこで日本食品標準成分表の「かたくちいわし(煮干し)」を見てみますと、100g中にオメガ3が「0.66g」となっています。

 

ちなみにかたくちいわしの生では「2.24g」です。

 

だいぶ減少していますが、これはやっぱり「煮る」→「干す」という製造工程を経るためでしょうね。

 

しかもオメガ3(DHAやEPA)は鮮度も大事。

煮たり干したりしている間に酸化もすすむため質に関してはちょっと不安が残ります。

 

上記の数値は100g中ですがふつうはそんなに食べられませんし、にぼしオンリーでオメガ3の補給を考えるのはちょっと無理がありそうです。

 

でも子供達のカルシウム補給にはやっぱりいいと思います。

 

最近はにぼしとアーモンドやピーナッツなどのナッツ類が一緒になったオヤツがよく売られていますよね。

 

ただしこれらは魚に甘い味がついていたり、アーモンドやピーナッツはオメガ6を知らずに摂取してしまいますから、食べる量には気をつけた方がいいかもしれません。

 

とは言え上記のようなオヤツも一回で大量に食べることはないでしょうから、あまり神経質になる必要もないでしょう。

 

個人的な結論としては、煮干しだけでオメガ3をまかなおうとは考えない方がいいということ、でもカルシウムなどの大切な栄養素を補うことはできるので時にはオヤツとして食べよう!(出そう)となりました。

 

そして昔(私の子供のころ)を懐かしんで、出汁をとったにぼしがそのまま入った味噌汁でも作ろうかなあと思います。

(その方がカルシウムもとれるので)

 

とりあえず良質なオメガ3をとりたいならやっぱり青魚(できれば生)を、一定量をしっかりとりたいならサプリメントがいいでしょう。

 

ただしサプリメントはピンキリですから購入する場合は原材料や製造工程をしっかりとチェックした方がいいと思います。

 

参考記事

今は高級魚!?それでもイワシを食べよう

 

 

 

海苔(海藻)って地味にEPAがとれるかもしれない
海苔(海藻)って地味にEPAがとれるかもしれない

DHA・EPAといえば魚を一番目に連想します。

ではもう一つの海の生き物「海藻」ってどうなんだろうって思いました。

 

もしDHAやEPAが海藻でもとれるとするなら、ちょっと嬉しいです。

 

というのは、私も子供も海藻が大好物。

ほとんど何らかの海藻を、ほぼ毎日食べています。

 

そこで海藻に含まれる油脂成分を中心にどんな栄養が含まれているかを調べてみることにしました。

 

海藻というと、なんといってもミネラルなどの成分が豊富な素材です。

 

海藻を食べることによって、普段なかなかとりずらいミネラル成分を簡単にとることができるので、我が家でも積極的に食べるようにしています。

 

最近私はフコイダンを求めてもずくを頻繁に食べています。

余談ですが、数年前に沖縄で食べたもずくの天ぷら、最高でした。

 

そんな海藻ですが、なんとなく油脂成分って全く入っていないイメージがしていました。

口に入れた時に油っぽさを感じないからでしょうか。

 

実際はどうなんだろうと、文部科学省の「日本食品標準成分表」で海藻の油脂成分を見てみました。

 

すると確かに油脂成分は全体から見るとほんの僅かになっています。

でもオメガ3の「EPA」を中心に含まれているのが分かりました。

 

特に海苔。

 

焼き海苔

 

日本食品標準成分表によると、100g中の含有量は次のようになっています。

 

【イコサペタエン酸(IPA)→EPAのこと】

・あまのり(ほしのり)・・・1200mg

・あまのり(焼きのり)・・・1200mg

 

ちなみに、あおのり(素干し)は、α-リノレン酸が「780mg」含まれています。

 

ところがDHAはほぼ含まれていません。

(なんでだろ・・・)

 

DHAをダイレクトに欲している人は、海藻ではなくお魚を食べた方がよさそうです。

 

ですがEPAに関しては(ごく微量ではありますが)、海苔を食べていると「塵も積もれば山となる」方式でとれることになります。

 

子供も海苔が大好きなので、毎日食べさせよう。

 

我が家では味のついた海苔はほとんど食べず、もっぱらシンプルな焼き海苔をご飯に巻いてバリバリ食べる人達です。

(醤油すらつけません)

 

海苔の香ばしさをより味わいたい人は、面倒でも直前に軽く火であぶるのがおすすめ。

海苔の風味が全然違ってきます。

 

ちなにみ生の海苔って日本人しか消化できないって聞きました。

スゴイですね・・・。

 

どうやら消化するためのバクテリアを持っているのが日本人だけなんだとか。

海に囲まれて古代から海のものを食べてきたからでしょうか。

 

でも生海苔って普段食べる機会がありません。

(美味しそうだけど・・・)

 

焼き海苔ならどんな国の人でも消化できるそうなので大丈夫です。

 

海苔は子供が小さい時からオヤツに与えていた影響か、本当に今でも毎日のように食べています。

 

もう少し安いともっと嬉しいですよね。

ピンキリですが安いものでも10枚で300円から500円くらいします。

この量だと食べ終わるのがほんとうにあっという間。

 

安い海苔をネットなどでまとめ買いしておいた方がいいかもしれません。

 

オメガ3だけではなく、海苔は他の栄養も含めて本当に良い食品だと思います。

お財布と相談しながらなるべく食べるようにしたいですね。

 

ただし海藻類は消化があまり良くないという話も聞きます。

しっかり栄養が吸収されるように、よく噛んで食べるようにしたいものです。

 

【お試しサービス品】愛知三河産 焼のり 海苔 厳選上海苔 全型100枚

 

 

参考記事

海藻由来「かしこく摂りたいDHA&EPA」のメリットはこれ!

 

 

 

非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう
非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう

缶詰を非常食として持っているご家庭は多いと思います。

 

賞味期限がとても長いし、今や缶切りがなくても開けることができるタイプ(プルタブ)で簡単にそのまま食べることができるのも魅力ですよね。

 

特に今は非常食用に特化した缶詰も販売しています。

通常は日持ちのしないパンも5年ほど保存できるものさえあります。

 

ですが今回特におすすめするのはパンではなく魚の缶詰。

(特別なものではなくスーパーで売っている通常の缶詰です)

 

魚の缶詰にはDHAやEPAがたっぷり。

缶にはよくDHAやEPAの含有量が記載されているのでチェックしてみてください。

 

非常時というのはとにかくお腹を満たすことが一番であることは間違いないのですが、どうしても炭水化物に偏りがち。

 

贅沢は言えないですが、できれば色々な栄養をバランスよくとりたいところです。

 

そんな時はサプリメントもある意味有効ではあります。

でもサプリでお腹を満足させることはできない。

 

その点、魚の缶詰はずっしりと腹持ちもよく味だって美味しいですよね。

料理の必要もありません。

 

サバの味噌煮缶

↑そのまま食べられるサバの味噌煮は栄養たっぷり

 

たんぱく質やDHA・EPAといったオメガ3をたっぷり摂取できるだけではなく、骨まで食べられるためカルシウムも摂取でき、また意外とビタミン・ミネラル類も多く含まれています。

 

通常時でも摂取が難しいオメガ3ですが、特に非常時にはオメガ3はとりづらいもの。

 

そんな風に考えていくと魚の缶詰ってかなり優秀なアイテムではないかと思えます。

 

ですが食べ続けるとすぐに飽きがきてしまうのが欠点といえば欠点。

 

そこでできれば魚の種類や味付けの違う複数の缶詰を常備することをおすすめします。

 

そんな私も最近は魚の缶詰をたくさん買っています。

 

もちろん普段魚の缶詰ばかり食べるからではありません。

 

非常時のための蓄えですが、もちろん賞味期限がきたら随時食べるようにします。

 

ところで最近どんどん魚の缶詰が値上がりしていますよね。

 

サバ缶なんて短期間の間に数回値上がりしたのではないでしょうか。

 

今後もっと値上がりする可能性もあるので早めに必要量を確保した方がいいかも?

(さすがに買い占めはしませんが)

 

値上がりしたとは言えまだまだ安く栄養たっぷりな魚缶はきっと今後も需要が拡大するでしょう。

 

ちなみにお子さんのいるご家庭は果物の缶詰などもおすすめ。

 

非常時に精神的につらい思いをしているお子さんには甘い果物の缶詰が癒しを与えてくれるかもしれません。

 

こんな風にお子さんの好きな食材の缶詰がないかチェックしてみるのもいいと思います。(もちろん子供だけではなく大人もですね)

 

今は本当にたくさんの種類の缶詰(またはレトルトパック)があるのでびっくりします。

 

うちの子はみかんの缶詰が大好物なのでいくつか保管しておいてあげようと思います。

 

参考記事
BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

保存食や非常食としての油脂は有りか無しか

 

 

BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい
BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい

魚のDHAやEPAを効率よくとるために缶詰はとても重宝します。

 

ですが缶詰というと最近問題になっている環境ホルモン「BPA」(ビスフェノールA)を心配して食べるのをためらっている方もいることでしょう。

 

一説には日本人は世界的にみてもかなりの量を摂取してしまっているのだとか。

 

そんな「BPA」を少しでも減らすにはどうしたらいいか、各企業はどういった対策をとっているのかいないのか、調べてみたいと思います。

 

缶詰に関する以前の記事はこちら↓

サプリ以上!?魚の缶詰はDHAとEPA量が凄いですが問題も

 

BPA~企業の取り組みを見てみる

 

例えば缶詰を購入する際に、その企業のホームページなどでBPA対策をしているかどうかチェックしてみるといいでしょう。

 

今回は私が実際に購入している有名メーカーさんのホームページをいくつか調べてみることにしました。

(※情報は更新されることがあるので最新情報は各サイトで確認してください)

 

まずはマルハニチロ

 

「BPA低減とフィルムラミネート技術を採用している」とあります。

 

フィルムラミネート技術とは、缶の内側にラミネートフィルムを貼ることにより保存性を高めたり食品へのBPA流出防止対策をするということ。

 

マルハニチロさんは取りあえずBPAに関心を持ち対策を取られているようですね。

 

次にSSKセールス

 

以前は「お問い合わせ」のページに一応「缶詰・びん詰・レトルト食品Q&A」(日本缶詰びん詰レトルト食品協会サイト)へのリンクが貼ってあったような気がしましたが・・・。

 

メーカーとしての説明や対策は見当たらずちょっとハッキリしません。

 

そしてはごろもフーズ

 

「Q&A」などをチェックしてみましたが、具体的にBPAに言及している箇所を見つけることができませんでした。

 

ですが「日本缶詰びん詰レトルト食品協会」の副会長は、はごろもフーズの常勤監査役の方となっています。(令和2年10月26日現在)

本会の運営組織と内部機構

 

ということは日本缶詰びん詰レトルト食品協会に名前のある企業さんはBPA対策をした缶を使っているということなのでしょうか。

 

よく分かりませんね。

 

とりあえず企業として公式サイトに「BPA」に言及して対策を掲載していたのは上記ではマルハニチロさんでした。

 

BPAに関しては最近その危険性がだいぶ一般的に浸透してきたので、各メーカーさんでも積極的に対策をしてホームページで公開していただきたいですよね。

 

それだけでも消費者は安心するし信頼度はかなりアップすると思います。

 

BPAについて、そして缶詰について何かお知りにならりたい方は以下のサイトが参考になると思います。

 

日本缶詰びん詰レトルト食品協会

厚生労働省「ビスフェノールAについてのQ&A」

 

できるだけBPAを減らすにはどうしたらいいのか

 

「BPAフリー」となっている缶詰はあるにはあるようですが、ネットで探してみても残念ながらなかなか発見できないのが現状です。

 

また一部のBPAフリー缶には「完全」とは言えないものもあるようで、そのあたりの選別が一般消費者には難しくなんとも歯がゆい現状があります。

 

BPA対策を手っ取り早くしたいなら単純に缶詰やBPAが入っていそうな食品容器を使った食べ物を食べないことです。

 

ですが現代において完全に排除するのは意外と大変そうですよね。

 

取りあえず消費者が現実的にできるBPA削減対策としては、やっぱり個々のメーカーに具体的な取り組みをまず聞いてみることだと思います。

 

急いで缶詰が必要になったわけではないのでしたら、メーカーに問い合わせてから購入しても遅くはないでしょう。

 

開けた鯖缶

 

実際にホームページに記載がなくてもしっかりと対策をしていることも考えられます。

 

また直接消費者ができる対策として、できるだけ日付の新しいものを購入して速やかに食べてしまうといいかもしれません。

(非常食として購入した缶詰は別ですが)

 

BPAは古い缶詰の方がより危険性が高まります。

 

缶詰というとつい「保存するもの」「非常の時に食べるもの」というイメージがあり、長期間放置されがちですが魚の缶詰はDHA・EPAの宝庫。

 

しかも料理いらずでそのままでも食べられる。

もしくはアレンジ料理にも向いていて使い勝手の良い優秀なアイテムなのです。

 

本当なら日常の食事でも上手に取り入れ簡単にたっぷりオメガ3を摂りたいのが本音。

 

そのためにも各メーカーさんにはBPA対策をしっかりと実施し、どんどん消費者にも分かりやすくアピールしてほしいですね。

 

参考記事

サバの水煮缶詰で絶品ハンバーグを作る