カテゴリー:DHA・EPAについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:DHA・EPAについて
非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう
非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう

缶詰を非常食として持っているご家庭は多いと思います。

 

賞味期限がとても長いし、今や缶切りがなくても開けることができるタイプ(プルタブ)で簡単にそのまま食べることができるのも魅力ですよね。

 

特に今は非常食用に特化した缶詰も販売しています。

 

通常、日持ちのしないパンも5年ほど保存できるものさえあります。

 

 

ですが今回特におすすめするのはパンではなく魚の缶詰。

(特別なものではなく通常の缶詰)

 

魚の缶にはDHAやEPAがたっぷり。

缶にはよくDHAやEPAの含有量が記載されているのでチェックしてみてください。

 

非常時というのはとにかくお腹を満たすことが一番であることは間違いないのですが、どうしても炭水化物に偏りがち。

 

贅沢は言えないですが、できれば色々な栄養をバランスよくとりたいところです。

 

そんな時はサプリメントもある意味有効ではあります。

でもサプリではお腹を満足させることはできない。

 

その点、魚の缶詰はずっしりと腹持ちもよく味だって美味しいです。

料理の必要もありません。

 

サバの味噌煮缶

↑そのまま食べられるサバの味噌煮は栄養たっぷり

 

たんぱく質やDHA・EPAといったオメガ3をたっぷり摂取できるだけではなく、骨まで食べられるためカルシウムも摂取でき、また意外とビタミン・ミネラル類も多く含まれています。

 

通常時でも摂取が難しいオメガ3ですが、特に非常時にはオメガ3はとりづらいもの。

 

そんな風に考えていくと魚の缶詰ってかなり優秀なアイテムではないかと思えます。

 

ですが食べ続けるとすぐに飽きがきてしまうのが欠点といえば欠点。

 

そこでできれば魚の種類や味付けの違う複数の缶詰を常備することをおすすめします。

 

そんな私も最近は魚の缶詰をたくさん買っています。

 

もちろん普段魚の缶詰ばかり食べるからではありません。

 

非常時のための蓄えですが、もちろん賞味期限がきたら随時食べるようにします。

 

ところで最近どんどん魚の缶詰が値上がりしていますよね。

 

サバ缶なんて短期間の間に数回値上がりしたのではないでしょうか。

 

今後もっと値上がりする可能性もあるので早めに必要量を確保した方がいいかも?

(さすがに買い占めはしませんが)

 

値上がりしたとは言えまだまだ安く栄養たっぷりな魚缶はきっと今後も需要が拡大するでしょう。

 

ちなみにお子さんのいるご家庭は果物の缶詰などもおすすめ。

 

非常時に精神的につらい思いをしているお子さんには甘い果物の缶詰が癒しを与えてくれるかもしれません。

 

こんな風にお子さんの好きな食材の缶詰がないかチェックしてみるのもいいと思います。

(もちろん子供だけではなく大人もですね)

 

今は本当にたくさんの種類の缶詰(またはレトルトパック)があるのでびっくりします。

 

うちの子はみかんの缶詰が大好物なのでいくつか保管しておいてあげようと思います。

 

参考記事
BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

保存食や非常食としての油脂は有りか無しか

 

 

うなぎはオメガ3が豊富な栄養食だからこそ品質の確かなものを
うなぎはオメガ3が豊富な栄養食だからこそ品質の確かなものを

うなぎといえば栄養満点な魚として有名ですよね。

 

日本では古代から食べられていたうなぎ。

私はひつまぶしが好きですw

 

うなぎは味もさることながらDHAやEPAといったオメガ3がとても豊富です。

 

うなぎは栄養の宝庫

 

うなぎと言えば一番最初に思い浮かぶのはビタミンAではないでしょうか?

 

ビタミンAは目に良いとされており目の健康を維持したい人にとっては特に摂りたいビタミンですよね。(脂溶性なので摂りすぎには注意)

 

うなぎの蒲焼

 

この他にもビタミンB、D、Eといったビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル類も豊富で栄養の宝庫と言ってもいいかもしれません。

 

夏バテはもちろん、病人の体力回復やあまり量を食べられないご年配の方の栄養食としてうなぎはとても良い食材です。

 

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは夏の売上を伸ばすための宣伝がうまくいったためという説が有力ですが、うなぎの栄養や疲労回復効果を考えれば理にかなっていますよね。

 

うなぎのオメガ3の含有量を見てみよう

 

うなぎはDHAやEPAと言ったオメガ3が豊富な魚で、おおよそ以下の含有量になります。

 

・DHA・・・1100mg

・EPA・・・580mg

・DPA・・・450mg

・α-リノレン酸・・・59mg

※日本食品標準成分表/可食部100g中(養殖 生)

 

美味しいうなぎでこれだけのオメガ3が摂れるとなればたくさん食べたくなりますね。

 

ちなみにビタミンAと合わせてオメガ3も目の健康にはとても重要な栄養素です。

目のトラブルに悩んでいる人はうなぎを食べてみてはいかがですか?

 

うなぎはほぼ養殖だが危険はある?

 

今現在、出回っているうなぎはほぼ養殖になります。

 

天然のうなぎもあるにはあるのですが、少なすぎて市場に出回ることはほとんどないようです。

 

↑希少な大阪淀川の天然特大うなぎ

 

また養殖ものに慣れていると天然だからと言って必ずしも口に合うとも限りません。

 

一般的に養殖は身が柔らかくて天然ものは筋肉質だったりするようです。

(私もやっぱり柔らかいふっくらした身をイメージしてしまいます。)

 

またうなぎと言えば価格が「高い」ことで有名。

ただし土用の丑の日にスーパーで売られているうなぎは手がとどく値段ですよね。

 

おそらく価格が安いのはほぼ中国産(養殖)でしょう。

 

国産のうなぎと中国産のうなぎはそもそもうなぎの種類が違っていたり、また養殖方法の違いがあります。

 

そのため価格だけではなく大きさ・味・食感などにも違いがみられます。

 

でもなんといっても気になるのは安全性。

 

これは実際に養殖現場を見に行くこともできないため何とも言えませんが、いろいろと驚くような黒い噂がありますよね。

 

個人的な見解としては、国産であろうと外国産であろうと本来高いうなぎが安く提供されるということは「何かカラクリがある」って気がしてなりません。

 

高ければいいというわけではないけど、できるだけ詳細を調べることができる品質のしっかりしたものを選ぶことが大事ではないかと思います。

 

中には薬物残留検査を行っていたり証明書を公開しているものもあります。

 

もっとも年に一度、土用の丑の日にだけしか食べないというならあまり気にする必要はないかもしれません。

 

でももし豊富なオメガ3やビタミン・ミネラルを補給するために頻繁に購入しようと思っているのならやっぱりできるだけチェックをした方がいいと思います。

 

そうじゃないとせっかく栄養豊富なうなぎを食べても本末転倒になりかねません。

 

参考記事

サーモンの刺身でDHA・EPAをまるごと食べる

 

 

海の宝石「いくら」~想像以上にDHAたっぷりな事実
海の宝石「いくら」~想像以上にDHAたっぷりな事実

お寿司のネタなどで子供から大人まで大人気のいくら。

我が家でも子供も夫も、そして私もいくらが大好きです。

 

いくらと言えば鮭の卵、鮭と言えばDHAやEPAが豊富な魚ですから、その卵となればいくらにもDHAやEPAを期待してしまいますよね。

 

でも実際にはどうなのか、あまり詳細を知らない人も多いはず。

 

今回はそんないくらについてチェックしてみたいと思います。

 

いくらの脂肪酸をチェック

 

いくらの脂肪酸を見てみたいと思います。

 

なんだか油の塊のようなイメージがあるいくらですが、半分は水分であり、可食部100g中のトータル脂質は15.6gとなっています。

 

その中で脂肪酸の内訳を大まかに見てみると以下の通り。

 

・オメガ3・・・4.7g

・オメガ6・・・0.27g

・一価不飽和脂肪酸・・・3.82g

・飽和脂肪酸・・・2.42g

 

オメガ3が多くてオメガ6が少ないのは嬉しいですよね。

 

更にオメガ3のおおよその内訳を見てみると、DHAが2000mg、IPA(EPAのこと)が1600mg、DPAが670mgとなっています。

 

上記画像のようにいくらの軍艦を2貫食べるとせいぜい20~30gくらいでしょうか。

 

20gと仮定していくらの軍艦を2貫食べるとするとDHAが400mg、EPAが320mg、DPAが134mgとれることになります。

 

なかなかたくさんのオメガ3がとれるという印象ですがいかがでしょうか。

 

気になるのはプリン体・・・しかし実は

 

いくらと言うとどうしても「プリン体」と「痛風」という言葉が思い浮かびます。

 

プリン体とは食べ物全般に含まれている成分なのですが、プリン体が体内で分解されてできる「尿酸」という物質が多すぎて排出されずに体内に蓄積されていくと痛風という病気になるリスクが高まります。

 

だからよく「プリン体ゼロ」を謳い文句にした商品があるのですね。

 

ところでよく言われるのが、いくらはプリン体が多いから痛風の人は食べてはいけないという説。

 

確かになんとなく多そうなイメージがあります。

 

そこでいくらのプリン体含有量を調べてみましたが、いくら100g中に「3.7mg」のプリン体が含まれるということでした。

 

この数値は他の食品と比較しても決して多い方ではない、というか予想以上に少ないということが分かります。

 

どうしていくらにプリン体が多いという説が浮上してきたのでしょう。

 

思い込みって怖いですよね。

 

もちろん食べすぎはよくありませんが、プリン体だけを考えるのならいくらは決して「食べてはいけない食品」とは言えなさそうです。

 

ちなみに私が今までで一番いくらを食べたのはやっぱり北海道に旅行に行った時のいくら丼でした。

 

プリップリで美味しかったですね~。

 

いくら大好き人間である私は、いつかご飯以上の粒数のいくらをあふれんばかりに白飯に乗せて惜しみなく食べたいと思っています。

 

もちろん天然ものも粒の大きいいくらの醬油漬け。

キラキラ輝いてまさに宝石のようです。

 

 

時々は値段を気にせずにたっぷりのいくらから思いっきりDHAやEPAを摂りたいものです。

 

参考文献:文部科学省「食品成分データベース」、公益財団法人「痛風財団」

 

 

BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい
BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい

魚のDHAやEPAを効率よくとるために缶詰はとても重宝します。

 

ですが缶詰というと最近問題になっている環境ホルモン「BPA」(ビスフェノールA)を心配して食べるのをためらっている方もいることでしょう。

 

一説には日本人は世界的にみてもかなりの量を摂取してしまっているのだとか。

 

そんな「BPA」を少しでも減らすにはどうしたらいいか、各企業はどういった対策をとっているのかいないのか、調べてみたいと思います。

 

缶詰に関する以前の記事はこちら↓

サプリ以上!?魚の缶詰はDHAとEPA量が凄いですが問題も

 

BPA~企業の取り組みを見てみる

 

例えば缶詰を購入する際に、その企業のホームページなどでBPA対策をしているかどうかチェックしてみるといいでしょう。

 

今回は私が実際に購入している有名メーカーさんのホームページをいくつか調べてみることにしました。

(※情報は更新されることがあるので最新情報は各サイトで確認してください)

 

まずはマルハニチロ

 

「BPA低減とフィルムラミネート技術を採用している」とあります。

 

フィルムラミネート技術とは、缶の内側にラミネートフィルムを貼ることにより保存性を高めたり食品へのBPA流出防止対策をするということ。

 

マルハニチロさんは取りあえずBPAに関心を持ち対策を取られているようですね。

 

次にSSKセールス

 

以前は「お問い合わせ」のページに一応「缶詰・びん詰・レトルト食品Q&A」(日本缶詰びん詰レトルト食品協会サイト)へのリンクが貼ってあったような気がしましたが・・・。

 

メーカーとしての説明や対策は見当たらずちょっとハッキリしません。

 

そしてはごろもフーズ

 

「Q&A」などをチェックしてみましたが、具体的にBPAに言及している箇所を見つけることができませんでした。

 

ですが「日本缶詰びん詰レトルト食品協会」の副会長は、はごろもフーズの常勤監査役

の方となっています。(平成31年)

本会の運営組織と内部機構

 

ということは日本缶詰びん詰レトルト食品協会に名前のある企業さんはBPA対策をした缶を使っているということなのでしょうか。

 

よく分かりませんね。

 

とりあえず企業として公式サイトにBPA対策を掲載していたのは上記ではマルハニチロさんでした。

 

BPAに関しては最近その危険性がだいぶ一般的に浸透してきたので、各メーカーさんでも積極的に対策をしてホームページで公開していただきたいですよね。

 

それだけでも消費者は安心するし信頼度はかなりアップすると思います。

 

BPAについて、そして缶詰について何かお知りにならりたい方は以下のサイトが参考になると思います。

 

日本缶詰びん詰レトルト食品協会

厚生労働省「ビスフェノールAについてのQ&A」

 

できるだけBPAを減らすにはどうしたらいいのか

 

「BPAフリー」となっている缶詰はあるにはあるようですが、ネットで探してみても残念ながらなかなか発見できないのが現状です。

 

また一部のBPAフリー缶には「完全」とは言えないものもあるようで、そのあたりの選別が一般消費者には難しくなんとも歯がゆい現状があります。

 

BPA対策を手っ取り早くしたいなら単純に缶詰やBPAが入っていそうな食品容器を使った食べ物を食べないことです。

 

ですが現代において完全に排除するのは意外と大変そうですよね。

 

取りあえず消費者が現実的にできるBPA削減対策としては、やっぱり個々のメーカーに具体的な取り組みをまず聞いてみることだと思います。

 

急いで缶詰が必要になったわけではないのでしたら、メーカーに問い合わせてから購入しても遅くはないでしょう。

 

開けた鯖缶

 

実際にホームページに記載がなくてもしっかりと対策をしていることも考えられます。

 

また直接消費者ができる対策として、できるだけ日付の新しいものを購入して速やかに食べてしまうといいかもしれません。

(非常食として購入した缶詰は別ですが)

 

BPAは古い缶詰の方がより危険性が高まります。

 

缶詰というとつい「保存するもの」「非常の時に食べるもの」というイメージがあり、長期間放置されがちですが魚の缶詰はDHA・EPAの宝庫。

 

しかも料理いらずでそのままでも食べられる。

もしくはアレンジ料理にも向いていて使い勝手の良い優秀なアイテムなのです。

 

本当なら日常の食事でも上手に取り入れ簡単にたっぷりオメガ3を摂りたいのが本音。

 

そのためにも各メーカーさんにはBPA対策をしっかりと実施し、どんどん消費者にも分かりやすくアピールしてほしいですね。

 

参考記事

サバの水煮缶詰で絶品ハンバーグを作る