カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:油について~全般
肝油って良い油がとれるサプリじゃないの?
肝油って良い油がとれるサプリじゃないの?

みなさんは肝油を食べたことがありますか?

 

「肝油」という言葉を聞くと、その名前から「何かの肝臓の油」を連想しますよね。

実は私、成人してから何度か肝油を購入して食べたことがあります。

 

それは甘酸っぱくて今でいうグミのようなものでした。

結構美味しいんですよね。

 

でもその肝油にはどんな油脂が入っていたのでしょうか。

全く気にせず美味しいのでリピートしていたような気がします。

 

いまさらながら気になる肝油の成分。

今回はそんな肝油の原材料や成分について見ていきたいと思います。

 

肝油とは何なのか

 

肝油とはいったい何なのでしょうか。

 

肝油(かんゆ)は、タラやサメ、エイの肝臓に含まれる液体、およびそれから抽出した脂肪分。サメやエイなどの軟骨魚類は浮き袋を持たないため、海水より比重の軽い油を肝臓に蓄え、浮力を得ている。また、無顎類の一種であるヤツメウナギ(カワヤツメ)からも肝油が抽出される。  :Wkipedia

 

やっぱり肝油とは肝臓からとれる油なのですね。

(当然と言えば当然!?)

 

油脂の詳細を見ていくと、100g中にオメガ3が約2割ほど含まれています。

(一番多いのは一価不飽和脂肪酸で約半分ほど)

 

肝油は日本では明治時代からあったそう。

いわゆるサプリメントの走りみたいなものでしょうか。

 

最初は魚臭くてマズかったものが段々と改良されていったようです。

オメガ3の補給源としてみるとかなり優秀なものだったのではないでしょうか。

 

私もこれまでに肝油を何度も食べてきましたが、知らず知らずのうちにオメガ3を補給していたのですね。

 

油なし!?ちまたでよく売られている肝油ドロップ

 

・・・と思いきや、ちょっと気になることが。

 

たぶん私が食べていた肝油はコレ

↓ ↓ ↓ ↓

カワイ肝油ドロップS 300粒

 

子供の顔と黄色い缶を覚えているのですが、この有名すぎる肝油ドロップの成分を見てみるとビックリ!

 

ビタミンA

ビタミンD3・・・

 

添加物として「カンテン、クエン酸、白糖、ブドウ糖、ペクチン、水アメ、グリセリン、クエン酸ナトリウム、香料、アラビアゴム」が入っていますが・・・

 

あれ?油はどこいった!?って話ですよね。

(しかも添加物多い!)

 

ちなみにメーカーさんのカワイさんでは他の種類の肝油ドロップもいくつか販売していますがどれも脂質はほぼゼロ。

 

ビタミンやカルシウムを強化したものとなっていました。

(確かにビタミンAやビタミンDもとりたいけど・・・)

 

どうやら市販されている「肝油」と名乗っている商品の多くはこんな感じでビタミンやミネラル系サプリメントのようなものになっています。

 

個人的にはこういった商品自体は否定しないのですが、「肝油」ってネーミング、誤解を与えるのでやめてほしい!!

 

もし「肝油」で良質な油をとろうと思っている方がいましたら、ちゃんと成分をチェックしてください。

 

本当に油をとりたい時の肝油はこれだ!

 

じゃあ肝油と名の付くもので本当に肝臓の油が入っているものはないのでしょうか。

 

調べてみたところありました!

 

明治薬品 鮫肝油 614mg×90カプセル

 

 

メガネ鱈肝油球A 600粒

 

なんだかグンッと美味しそうではなくなりましたが・・・本当に肝油が入っているのはこんな感じのものになります。

 

調べると結構あるのですが、くれぐれも美味しいビタミン系の肝油と間違わないように気を付けてくださいね。

 

まとめ

 

欲しい栄養素は人それぞれなのでビタミン類が強化されている肝油もいいとは思います。

 

でも肝油というネーミングに惑わされて期待していた栄養素が入っていないとなったら、かなりがっかりしますよね。

 

ちなみに私が肝油(ビタミン系のもの)を食べていた時は特にオメガ3にこだわっていませんでした。

 

ですからまったく成分など気にしたこともなく、今となっては「何で食べてたんだろう・・・」と我ながら思ってしまいます。

 

みなさんもサプリメント系を購入するときはくれぐれもご自分に必要な栄養素を見極めること、原材料や成分をしっかりチェックしてから購入することをおすすめします。

 

リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?
リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?

オメガ6の油の代表と言えば「リノール酸」です。
リノール酸は多くの食品にもともと含まれるほか、加工食品にもリノール酸が多く含まれています。

 

そんなリノール酸、かつては動物性油脂のかわりに積極的にとった方がいい油として推奨されていました。

 

ところが近年、その常識は覆されリノール酸の過剰摂取が問題になっています。

 

リノール酸は多くの油や食品に含まれている

 

リノール酸はオメガ6系の油(多価不飽和脂肪酸)です。

 

かつて動物油脂が健康上良くないと言われ、それにかわって台頭してきたのが植物油脂、なかでもリノール酸が多く含まれるサラダ油でした。

 

多くの家庭で使われるサラダ油をはじめとする調理用油にはリノール酸が主流のものがたくさんあります。

 

うちで使っているグレープシードオイル

↑我が家で購入したことがあるグレープシードオイルもリノール酸がメインの油です

 

 

いわゆるサラダ油によく使われているコーン油や大豆油、ごま油などはリノール酸の含有量が多い油です。

しかし最近ではひまわり油(サンフラワー)や紅花油(サフラワー)など、リノール酸メインだったものをオレイン酸メイン(ハイオレイック)に品種改良したものも出回っています。

 

ひまわり油(サンフラワー)

 

 

もともとリノール酸は多くの食品に含まれています。

 

日本食品標準成分表の油脂成分を種類別にチェックしてみたところ、ほとんど全ての食品にリノール酸が含まれていました。

 

このことから、ほぼ全ての食べ物の中には自然な状態でリノール酸が含まれていると思っておいて間違いないと思います。

 

ですがよほどリノール酸が多いものじゃなければ自然にリノール酸が含まれる食品を警戒する必要はないと思っています。

(気を付けた方がいいのは油やナッツなど)

 

やはり問題になるのは加工食品に含まれるリノール酸です。

加工食品の油はいわゆる「見えない油」で、とっている意識があまりありません。

 

ですが原材料名に「植物油脂」となっているものは、おそらくリノール酸が多いはず。

また外食やコンビニなどのお惣菜にもリノール酸が多く含まれています。

 

リノール酸がアラキドン酸に変化すると

 

リノール酸は人間の体内で作ることができないため、食品からとる必要がある「必須脂肪酸」です。

 

必須脂肪酸である以上、人間の身体には必要不可欠なもので、一般的にコレステロールを減少させたり、お肌を保湿するのに役立っていると言われています。

また、全く摂取しないと成長が止まってしまうこともあるそうです。

 

ではいったい何がそんなにいけないというのでしょうか。

 

おそらくリノール酸自体が悪いというより、摂取量や他の油とのバランスが問題なのではと思います。

 

リノール酸は体内に入ると酵素により「γ-リノレン酸」に、そして「アラキドン酸」(どちらも必須脂肪酸)に変化していくのですが、アラキドン酸は過剰摂取すると体内で炎症を起こすことがあるといいます。

 

つまりそれがアレルギーやガンなどの原因の一つではないのか?と言われているのです。

 

理想的なバランスは4対1?2対1?それとも・・・

 

必須脂肪酸である以上、リノール酸もやはり人の身体には大切な栄養素です。

 

しかしどんなものでもそうですが、過剰摂取すると思わぬ弊害が出てくるものです。

 

そんな中でよく言われているのがオメガ6とオメガ3の摂取量は「4対1」~「5対1」が目安であるというもの。

 

これは厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)が出している数値です。

(年齢や性別によって若干違います)

 

他にも「2対1」ではないか、いやいや「1対1」では・・・など、この比率には諸説あるようです。

 

正直これに関してはよく分かりませんよね(笑)

 

ここからはあくまでも「個人的な見解」になります。

 

まず上記にも述べたように、ほとんど全ての食品にはリノール酸が含まれているため、普通に食事を摂っていればリノール酸が足りなくなるということはほとんどないような気がします。

 

ちなみに我が家の場合、次のような食生活をしてきました。

 

・朝晩の食事は私がほぼ毎日作る(ご飯食とパン食のどちらか)

・昼食は子どもは給食、夫は外食、私は家にある何か

・外食は月に1~2回

・コンビニ食はあまり食べないが、全く食べないわけではない

・市販のマヨネーズやドレッシングを随時使用している

・加工食品を購入する(主に調味料とお菓子)

・夫と子供は焼き魚が合わない、子供は魚があまり好きではない

・肉にかたよりがちなおかず

 

このことから、夫と子供の昼食はリノール酸メインだと思われます。

 

そして市販のお菓子も家族みんなが食べてきました。

(ちょっとマズイかもと思い立ち、現在かなり改善中です)

 

そしてオメガ3に関してはあまりとれていないなと。

おそらくオメガ3はもう少し意識して摂取しないと足りないような気もします。

 

本当は日々の食事を分析してどの脂肪酸をどれくらい摂取しているのかを計算するのがベストですよね。

 

ですが、それはちょっと現実的に厳しいです。

(でも数日ならピックアップしてやってみたいと思います)

 

我が家では今後なるべくリノール酸を減らしオメガ3系オイルを意識して摂るようにするということを無理のない範囲でやっていこうと思います。

(ただしリノール酸をとった場合、罪悪感を持たないようにしたい・・・。メンタルの健康も馬鹿にできないから。)

 

個人個人がどの油をどれだけ摂取しているか分からない状態で「これが正解!」とか「こうした方がいいよ」とは言えません。

 

みなさんも一度アバウトにでも食生活のバランス、自分の体調、そして現在どういった油を多くとっているかをチェックしてみるといいかもしれません。

 

参考記事

加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧

 

 

 

マーガリンは本当に危険?トランス脂肪酸の事実
マーガリンは本当に危険?トランス脂肪酸の事実

悪のスターとして一躍スターダムに躍り出てしまったのがトランス脂肪酸。
世界各国で規制や禁止になったりと、今や悪の代名詞のように言われています。

 

そんなトランス脂肪酸ですが、いったい何がそんなに悪いというのでしょうか。
知っているようで知らないトランス脂肪酸について勉強してみたいと思います。

 

トランス脂肪酸とは何なのか

 

トランス脂肪酸について、悪いものという漠然とした認識はあるものの、いったいどんなものなのかと問われれば答えられる人は少ないでしょう。

 

農林水産省のホームページ「すぐにわかるトランス脂肪酸」の解説では次のように説明されています。

 

不飽和脂肪酸には、炭素の二重結合のまわりの構造の違いにより、シス型とトランス型の2種類があります。
シス(cis)とは、“同じ側の、こちら側に”という意味で、脂肪酸の場合には水素原子(H)が炭素(C)の二重結合をはさんで同じ側についていること表しています。
トランス(trans)とは、“横切って、かなたに”という意味で、脂肪酸の場合では水素原子が炭素の二重結合をはさんでそれぞれ反対側についていることを表しています。
天然の不飽和脂肪酸のほとんどは、炭素の二重結合がすべてシス(cis)型です。
これに対して、トランス(trans)型の二重結合が一つ以上ある不飽和脂肪酸をまとめて「トランス脂肪酸(trans-fatty acid)」と呼んでいます。

 

これだけ読むと何のことかよく分からないかもしれません。
ポイントは「天然の不飽和脂肪酸のほとんどは、炭素の二重結合がすべてシス(cis)型」だということ。

 

つまり一部を除いてトランス型(トランス脂肪酸)は天然ではない、主に液体である植物油に水素を加えて固め、臭いを除去するために高温で精製加工する際に人工的にできるものということになります。

 

何が問題なのかというと、トランス脂肪酸は摂り過ぎると悪玉コレステロールが増えて生活習慣病(特に心疾患)の原因になると言われています。

 

トランス脂肪酸を含む食品は身近にたくさんある

 

ではいったいどんな食品にトランス脂肪酸が含まれるかといえば、主に次のようなものがあげられます。

 

トランス脂肪酸を多く含む食品
マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、精製加工植物油

 

よくマーガリンがトランス脂肪酸を語る時にやり玉に挙がりますね。
「マーガリンは食べるプラスチック」なんて表現があります。
一説によるとゴキブリや蟻もマーガリンには群がらないのだとか。

 

食べ物と認識されていないのでしょうか。
プラスチックという表現もおおげさではないのかもしれません。

 

こちらに各食品のトランス脂肪酸の含有量が載っていますが、マーガリンをみると100g中0.94~13gのトランス脂肪酸含有量となっています。
農林水産省 食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量

 

他の食品と比較してもマーガリンはトランス脂肪酸の含有量が多いのが分かります。

 

しかし厄介なのは、マーガリンを原材料に使った加工食品が非常に多いということです。
私はマーガリンは止めたから心配ないと思っていても、知らないうちにお菓子やパンの原材料としてマーガリンを食べているかもしれません。

 

そしてトランス脂肪酸はマーガリンだけに入っているわけではありません。
もし今、家に市販の加工食品があるなら、原材料をチェックしてみてください。
上記の食品が、いかに原材料に含まれているのかが分かるでしょう。

 

これら加工食品に含まれるトランス脂肪酸は「見えない油」です。
加工食品に含まれる油脂成分が全てトランス脂肪酸なわけではありませんが、そもそも加工食品に含まれる場合、食べているという意識が持てないところが問題なのです。
家の中は本当に見えない油であふれていた

 

世界各国の取り組み状況

 

トランス脂肪酸に関して、世界各国ではさまざまな取り組みが行われています。

 

農林水産省のホームページに各国の取り組み状況が載っています。
トランス脂肪酸に関する各国・地域の取り組み

 

このように実際にトランス脂肪酸の摂取量を規制したり、含有量の表示を義務付けしている国があります。

 

ざっと見ると、おおむね規制をしているのは欧米諸国、含有量を義務付けしているのがアジア各地のようです。

 

これはその国の食文化が関係していると思われます。
つまりトランス脂肪酸を多く摂ってきた国々はその悪影響をしっかりと把握して摂取量を制限しているのでしょう。

 

一方日本では・・・

 

農林水産省のホームページを読んでいて伝わってくるのは、日本政府のトランス脂肪酸に関する消極姿勢です。

 

つまり、日本はトランス脂肪酸を多く摂る食文化ではないため、国が規制するというレベルではなく、各個人個人で注意しなさいといった印象を受けます。

 

一方民間ではどうかというと、企業側の意識が少しずつ変わってきている例はあります。
最近「トランス脂肪酸が少ないマーガリン」や「トランス脂肪酸フリーのショートニング」などを見かけるようになりました。

 

しかし全体量からみるとまだまだごく一部ですし、加工食品にいたってはどのくらいの量が含まれているのか検討もつかないようなものがほとんどです。

 

個人的な考えと取り組みについて

 

確かに日本では欧米に比べると、それほどトランス脂肪酸を摂取していないのかもしれません。

 

でも当たり前ですが、日本政府の対応が日本の全ての家庭の状況に合っているとは思えません。

 

これは個人的な意見ですが、日本政府の対応はあらゆることで後手後手になる傾向があると思っています。

 

日本政府が規制や表記の義務付けをしてくれないなら、自分で行動するしかないのかなって思っています。

 

現代の日本人がいかに生活習慣病にかかる人が多いかはみなさんもよく知っていると思います。
食生活が欧米化していて、実際に病気にかかる人が増えているというのは紛れもない事実です。

 

「でもまだまだ規制するほどではないよ」
「今すぐにどうこうなるわけではありません」

 

おそらく政府が本腰を入れるのは、日本人が本当に欧米並みにトランス脂肪酸をとるようになった時でしょうが、それでは遅いような気がします。

 

それに日本人の体質では、もしかしたらトランス脂肪酸は少量でも悪影響を及ぼすかもしれません。

 

いくら欧米人と比較して、まだまだトランス脂肪酸の絶対量が少ないとはいえ、私達の身体は欧米人とは同じではありません。

 

少しのトランス脂肪酸でも病気になってしまうかもしれないのです。
単純に摂取量だけ見ていてはいけないような気がしてなりません。

 

とは言え、現代社会では、全てのトランス脂肪酸を排除しようとすると、非常に窮屈な食生活を強いられると思います。

 

トランス脂肪酸を摂ることのなかった時代へ戻ることはできません。

 

でも全く何も意識しないのと、無理のない範囲で気を付けて行動するのでは、何かが違ってくるのではと思っています。(もちろん良い意味で)

 

我が家では、できることをこれからもしていこうと思います。

 

 

参考記事

【トランス脂肪酸】天然と人工で何か違いがあるのだろうか

コーヒーフレッシュの成分って何?トランス脂肪酸をチェック

「トランス脂肪酸!」なんて叫んでいるけど

 

 

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する
チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

どんな料理にも合う使いやすいグレープシードオイル。

ただしオメガ6系オイルなのが気になるところ。

 

ならばせめてコールドプレスのものをということで「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルを購入してみました。

 

グレープシードオイルはどんな料理にでも合う

 

グレープシードオイルとは、白ワインを作る際に使ったぶどうの種を乾燥させ、それを絞って取ったオイルです。

詳しくはこちらの記事を参照

 

どんな料理にも合うのは、オイル自体にあまり風味というものがないことから料理の味の邪魔をしないためです。

 

エキストラバージンオリーブオイルがいくら素晴らしい風味を持っていても、好きかどうかは個人差があるし料理によっては合わないものも出てきてしまいます。

 

ですが私個人が作った範囲では、グレープシードオイルが合わない料理というものは出会ったことがありません。

 

和食だろうと洋食だろうと中華だろうと違和感がありませんでした。

 

しかもコレステロールゼロと言われてしまえば、つい購入したくなるというものです。

 

「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルの概要

 

今回「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルを購入したのは、もちろん「コールドプレス製法」というのが決め手になりました。

 

「コールドプレス」とは低温圧搾のこと。

熱を加えないからトランス脂肪酸が発生しないのです。

 

コレステロールゼロの表示

↑コレステロールゼロの表示

 

コールドプレスの文言

↑「コールドプレス」の表示

 

オイルの色はビックリするくらいキレイな緑色(翡翠色)です。

 

「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルの色(緑色)

 

私は基本的に加熱調理に少し使う程度なので色に関してはどうでもいいのですが、色を生かして料理する人は驚く人もいるようですね。

 

他の(色付きの)調味料で味付けしてしまえば色は分からなくなりますが、ドレッシングにしてサラダにかけたりパンに付けたりするなら緑色が目立つかもしれません。

 

「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルはビタミンEとポリフェノール含有量が多いのが特長とのこと。

 

コールドプレスですから、成分が壊れずに残っている量が多いのも納得です。

 

味の特徴としては以下のようなことがよく言われます。

 

・クセがない

・油っぽくない

・どんな料理でも合う

・胃もたれしない

 

まあ胃もたれうんぬんは個人差があることですが、おおむね私も上記のような特徴には同意します。

 

リノール酸が60%以上のグレープシードオイルですから、完全にリノール酸をやめている人にはNG、外食・加工食品・コンビニ食ばかりという人にも向きません。

 

でも家庭で少し調理用の油が欲しいなんて人には「ケータック・プランナーズ」のチリ産グレープシードオイルは悪くないと思います。

 

保存は冷暗所がいいでしょう。

エキストラバージンオリーブオイルのように温度が低くて固まったりはしないので、冷蔵庫で保存するのが一番おすすめです。

 

ケータック・プランナーズ 「チリ産グレープシードオイル」はこちら

 

 

「ケータック・プランナーズ」のチリ産オリーブオイルはこちら↓

【サンチャゴ】高品質なのに低価格なチリのオリーブオイル【口コミ】

 

 

参考記事

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?