カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:油について~全般
停電時の簡単な明かり作り実験その3~ツナ缶ランプ(ほぼ失敗しました)
停電時の簡単な明かり作り実験その3~ツナ缶ランプ(ほぼ失敗しました)

停電時に家庭にあるもので明かりを手作りする第三弾です。

 

結論から言っちゃうと実際にやってみて今までの二つよりも難しいかなと感じました。

これは「失敗」と言えるかも・・・。

 

でも難しいと感じた点なども参考になると思うしせっかくなのでご紹介しますね。

 

今回は缶詰を使用します。

 

と言ってもどんな缶詰でもOKというわけではありません。

 

オイルが入っている缶詰ってありますよね。

主に「魚の油漬け」になります。

 

今回使った缶詰はこちら↓

 

はごろものシーチキンLフレーク

 

 

はごろものシーチキンLフレークの原材料

 

使われている油は大豆油です。

この油を燃料にして明かりを作るということです。

 

それでは実際にツナ缶でランプを作ってみたいと思います。

 

ツナ缶ランプを作ろう!

 

用意するもの。

 

オイルの入った缶詰(プルタブがついたタイプ)

 

ティッシュ1枚(もしくはトイレットペーパー少々)

 

缶詰をのせるお皿。

(缶が熱くなると移動させられないから必ず用意してください)

 

【作り方】

 

ティッシュで芯を作ります。

ねじってしっかり硬めにするのがおすすめ。

 

芯を刺す方法は大きくわけて二つ。

 

プルトップ式のものをそのまま開ける。

もう一つはキリやドリルなどの道具で缶詰の中央に穴をあける方法。

 

私は断然プルトップの缶詰を購入しプルタブを開ける方をおすすめします。

 

というのも災害時にキリのようなもので穴をあけるのは大変ではないかと。

明かりのないところで凶器!?を使うのもなんだか・・・。

 

「ドライバーセットどこ!?」よりもフタを「カパッ!」と開ける方が断然簡単だし安全ですよね。

 

缶のフタ(プルタブ)は全部を開けもいいのですが、暗闇で油やツナをぶちまけるのを防ぐためにほんのちょっとだけにしておきました。

 

ツナ缶のブルタブを少しだけ開ける

↑芯をさせるくらい

 

ツナの匂いがただよってきました。

(猫がいたら絶対よってくると思う・・・)

 

作った芯を缶詰に差し込みます。

 

ティッシュの芯を刺しオイルが染み込むのを待っているところ

↑だいたい10分くらい待つとツナオイルが上まで染み込んでくる

 

十分に芯の先までオイルが染み込んだら火をつけることができます。

 

が、ここで一つ失敗談。

 

ティッシュの芯にツナの油がたっぷり染み込んだのを確認してからチャッカマンで火をつけようとしたのですがなかなかつかない!!

 

先が黒くなり「ジジッ!」と火がつきそうな音はするのですがそこまで。

何度か芯を作り直すはめになりました。

 

芯に火をつけるところ

↑実は3回目(汗)

 

ツナ缶ランプにようやく火がついたところ

↑ようやく火がついた!

 

もしかしたら芯の長さが関係しているのかも。

 

刺す部分は缶詰の底に十分に届く長さが必要だし火をつける部分も結構長めの方がいいかもしれません。

 

しばらくツナ缶ランプの明かりに酔いしれていました。

 

が、突然火の勢いがあやしくなり・・

 

ツナ缶ランプが消えたところ

 

・・・消えちゃいました。

 

その後、何度か火をつけたのですが、やっぱり少し経つと火が小さくなって最後に消えてしまいました。

 

うーん、私にはちょっと難易度が高いようです。

 

上手に作るには少しコツがいるようですが結構成功している人もいるようですし一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

いきなり緊急時にやるのはなかなかハードルが高いんじゃないでしょうか。

 

ツナ缶で料理を作る機会があったならその時に試してみるとか?

 

そう、ツナ缶ランプは火が消えた後にふつうに食べることができます!

 

私のツナ缶ランプは中途半端な感じで終了したのでまだオイルが少し残った状態でした。

 

なので味的には特に変わりなかったですし焦げ臭い感じもなしでした。

 

ノンオイルツナ缶では意味がない~非常食用はオイル入りに!?

 

ツナ缶は当然ですが水煮のようなノンオイルではなく普通のもの(油漬け)を使います。

 

とは言っても缶詰ランプのためにわざわざ油入りを購入しておく人もいないですよね。

ですからたまたまあったらって感じになるかもしれません。

 

でも少し発想を変えて非常食用のツナ缶はあえて油漬けをキープしておくのもいいかと。

別にランプのためだけじゃなくて非常時は高カロリーの方が有利なはずですし。

 

普段食べるツナ缶はノンオイル、非常食はオイル入りと使い分ける。

そして一つの手段としてツナ缶で明かりを作れることを覚えておく。

 

もっともそこまで用意周到な人ならばたぶん懐中電灯やロウソクをしっかり用意しておくでしょうけど。

 

とはいえ緊急時ですから何が起こるか分からないし、こういった知識を一つでも多く知っておくのは大切です。

 

しかもツナ缶のメリットとして、ランプで火をともした後は「食べれる」ということがあります。

 

「明かり」と「食」の両方を確保できるって非常アイテムとしてはかなりなものです。

 

まとめ

 

今回で「停電時の簡単な明かり作り実験」シリーズは一応終了です。

(また緊急時でもできそうな方法を見つけたら実験してみたいと思います)

 

どれも知っておいて損はないし、それぞれのご家庭で簡単にできるものばかりです。

 

とはいえ3つの中では今回が一番手こずりました。

個人的にはツナ缶ランプは本当に最終手段ってことにしようと思います。

 

そしてやはり火を使うという点では注意がいくつか必要。

 

他の記事でも触れていますが、周りの状況を冷静に判断し「今火をつけても大丈夫か」をよく見極めてください。

 

何かあった時にいつでも消せるようにランプを放置しないことも大事。

災害時に火事は本当に怖いですから。

 

こういった方法はあくまでも「最後の砦」、面白そうだからやるものではありません。

 

普通に防災グッズの準備を怠らないようにしたいものです。

 

停電時の簡単な明かり作り実験その2~バターキャンドル
停電時の簡単な明かり作り実験その2~バターキャンドル

家庭にあるもので簡単に明かりを作る実験第二弾です。

 

今回はバターキャンドル。

 

以前にバターキャンドルをYouTubeで見たことがあり「なるほど~!」と思っていたのですが、今回は実際にやってみることにしたいと思います。

 

参考にした動画はこちら↓

Make An Emergency Candle Out Of Butter!

 

バターキャンドル、なんか美味しそうですよね。

 

香りはどうなんでしょう。

とても興味がわいてきます。

 

作り方はこれまた非常に簡単。

 

材料は固形のバターとティッシュ一枚(トイレットペーパーでも)。

 

今回使ったのはこちらのよつ葉バター。

 

よつ葉バター

 

これをキャラメルより少し大きいくらいのサイズにナイフでカットして使ってみます。

(本当はもう少し大きい方がいいと思いますが今回は実験ですので)

 

カットしたバターに楊枝を刺して穴をあける

 

爪楊枝で中央付近に穴をあけ、ティッシュで作った芯(くるくるとまるめていき、最後にぞうきんをしぼるようにねじって少し硬めにしました)を刺していきます。

 

この時、楊枝で押し込むようにするとキレイに入っていきます。

 

ティッシュの芯を楊枝でバターにさす

 

火をつける部分にもバターをたっぷり塗っていきます。

バターの表面をゆびでなぞってから芯につけていく感じですね。

 

チャッカマンで火をつけると・・・。

 

チャッカマンでバターキャンドルに火をつける

 

見事に点火!

 

火をともしたバターキャンドル_1

 

正直、メチャクチャ簡単です!

まさに手作りキャンドルですね。

 

緊急時にろうそくがないけど冷蔵庫見たらバターがあるって時には絶対コレやるべきじゃないかと。

 

楊枝がない時はお箸の先でもいけそうな気がします。

 

ティッシュの芯はバターの大きさにより長さを調整してください。

長すぎるとバターに刺すとき大変ですのでハサミでカットするといいかも。

 

ちなみにしばらくボーっと眺めていたのですが、残念ながら思ったほどバターの良い香りがしてきませんでした。

 

ところでバターは高カロリー・高脂肪ですから、災害時にキャンドルとして使うのはもったいないと思う方もいるかもしれません。

 

なんといっても「食」を得ることがサバイバル上一番大事ですし、キャンドルで消費するより食料としてキープすべきじゃないかってことです。

 

確かに一理ありますね。

 

ですから冷蔵庫にバターがある場合、これをキャンドルとして使うか食料としてとっておくか状況をよく判断してください。

 

他の食べ物が十分にあるかどうか。

明かりを得る方法はこれだけなのか。

すぐに復旧しそうか。

 

などなど、色々な条件によって違ってきます。

 

夏の暑い時期に停電で冷蔵庫がダメになったのか、常温でも溶けない真冬なのかによっても優先順位が違ってくる可能性があります。

 

とりあえず「バターでも明かりを作れる」という知識を持っていて損はないですよね。

 

私はこの簡単さから「バターキャンドル」をかなり気に入ってしまいました。

 

参考記事

停電時の簡単な明かり作り実験その1~食用油とティッシュと皿だけ

 

 

停電時の簡単な明かり作り実験その1~食用油とティッシュと皿だけ
停電時の簡単な明かり作り実験その1~食用油とティッシュと皿だけ

停電はいつ起きても不思議ではありません。

 

地震や台風などの災害はもちろんですが何かトラブルで電気が止まる可能性もあります。

 

そんな時とりあえず「あかり」が欲しいですよね。

 

私も過去に数回ほど停電を経験していますが、明かりがないだけで精神的にかなりダメージが加算されてしまいます。

 

懐中電灯があるから大丈夫と思いきや緊急時に「懐中電灯どこ!?」とか「電池切れてる!」なんてことも十分あり得ること。

 

そんな時、家にあるものを工夫して明かりを確保できたらかなり助かるはず。

 

こんな時のために普段家庭にあるもので明かり(火)を作る方法がいくつか紹介されています。

 

でも緊急時に悠長に工作なんてやってられませんよね。

 

ハサミでチョキチョキして、あれとこれをくっつけて・・・。

 

できれば「超」がつくくらい簡単な方法でできるのが一番ではないでしょうか。

 

そこで今回は非常にシンプルな以下の方法を実際に実験してみました。

 

 

その方法とは?

 

 

いわゆる「灯明(とうみょう)」ってものになりますかね。

 

お皿に油を入れてそこに火をつけるという簡単なもの。

 

昔は魚油や菜種油などで火をつけていたそうです。

 

お高い菜種油よりも安く庶民的なのはイワシなどの魚油でしたが、火をつけるとやはり魚臭かったらしいです。

 

私としては「DHAもったいないな~」と思ってしまいます。

(でもたぶん酸化してる・・・)

 

現代は貴重な!?魚油ではなく安価な植物油(ふつうのサラダ油でOK)を使って簡単に火をつける方法です。

 

しかもたいした工作もせずにできるというところがポイント。

 

材料は家庭にある安い食用油(今回は米油を使用)。

 

目が飛び出るくらい高いエキストラバージンオリーブオイルしかないけどどうすれば・・・という方はもちろんそれを使っていいですよw

 

ティッシュかトイレットペーパーを少し。

 

小皿はできれば2枚、そのうち1枚は少し大きめのものがオススメ。

 

マッチやチャッカマンといった火をつける道具。

 

これだけです。

 

たいていいつでも家庭にあるものですし作り方も非常に簡単です。

 

まずはティッシュで芯を作ります。

 

1枚を半分に裂いた大きさをクルクルと丸めていき、最後に両端を反対方向にねじって(ぞうきんのように)少し硬くなるようにします。

 

ティッシュで作ったこより

↑トイレットペーパーでも適当な大きさに切って作れると思います

 

あまり長くなってしまった時には少し手でちぎって短くしても。

お皿の大きさで調整してください。

 

小皿に食用油を適量入れてそこに作った芯を入れ油を十分に浸します。

 

油にティッシュの芯を浸す

 

今回は火を真ん中でともしたかったので芯をくるっと丸くしていますが、まっすぐのままで大丈夫ですよ。

 

その場合お皿の端っこ付近に火がともることになります。

 

手作りランプにチャッカマンで火をつけるところ

 

チャッカマン(もしくはマッチやライター)で火をつけると・・・。

 

火をともした手作りランプ_2

 

見事、これだけで明かりを確保することに成功しました!

 

ご覧の通りすごく簡単です。

 

この下に少し大きめのお皿を重ねておくと、どこかへ移動したい時にも便利ですし油を継ぎ足す時にこぼしても安心ですね。

 

この材料ならたいていのご家庭にあるはずですので覚えておくと便利です。

 

ちなみにフッと息を吹きかければすぐに消えます。

 

ただし火を扱うわけですからやっぱり注意事項はあります。

 

当然ですが火事になる危険性が絶対ないとは言えないこと。

 

ガスが漏れている可能性がある場合には火をつけるのは大変危険です。

よく周りの状況を確認してください。

 

燃えやすいものが周りにないかどうかも十分確認します。

 

くれぐれもよくチェックして自己責任でやってください。

(火事になっても責任はとれません)

 

それと上記の方法は本当にどうしようもない時のためのもの。

 

やっぱり懐中電灯やロウソクといった基本的な事前の備えは絶対に必要です。

 

それでも何が起こるか分からないのが緊急時というもの。

 

こういうちょっとした工夫って知っておいて損はないと思います。

 

もちろんこの他にもたくさんの方法があります。

 

今後も実際にやってみたらご紹介していきたいと思います。

 

参考記事

停電時の簡単な明かり作り実験その2~バターキャンドル

 

 

砂糖中毒におすすめしたいオイルが入った代替食とドリンク
砂糖中毒におすすめしたいオイルが入った代替食とドリンク

砂糖中毒(砂糖依存症)。

色々な病気を引きおこすこともあるので非常に怖いですよね。

 

砂糖中毒から脱出するには最初の一週間が勝負。

ここを乗り切ると割とうまくいくと言われています。

 

でもそのたった数日間が辛い。

甘いものの誘惑って凄まじいものがありますから。

 

抑えられない衝動で理性を失うまでいくとかなり厄介ですが、最初は単なる口寂しさとか何かを食べる習慣・惰性で食べているものです。

 

だからできるだけ早い時期に別のもので置き換えてあげるだけでもかなり気が紛れるのではないかと思います。

 

そしてどうせならそれが体にとって良いもので、さらに良い習慣(クセ・惰性)をつけられるとしたら一石二鳥ですよね。

 

逆手にとって体に良いものをとらずにはいられなくなるような。

 

まあ現実はそこまでいくには難しいですが、人間「食べなれているもの」が好きなものになることって実際あります。

 

でもまずは手始めに気を紛らわすことから。

 

例えばチョコレート。

 

チョコレートは一つ間違えると中毒(チョコレート依存症)にもなるお菓子です。

 

どうせやめられないなら徐々に高カカオのチョコレートに変えていくのはどうでしょう。

最後には苦い90%以上の高カカオしか受け付けなくなるかもしれません。

 

高カカオチョコレートは脂質そのものは高いので腹持ちはいいのです。

カカオの香りも強いので一粒食べただけで想像以上に満足感があります。

(ブラックコーヒーを飲んでいる人には割と抵抗なくいけるのでは?)

 

次はドリンク類。

 

私の一押しはトマトジュース+オリーブオイル。

オリーブオイルと豆乳を入れたトマトジュース

 

ポイントは香りの良いエキストラバージンオリーブオイルを入れたところ。

 

オイルを入れると腹持ちがすごくいいので小腹が減ってつい甘いものに手を出すこともかなり防いでくれます。

 

ただしやっぱり油ですから摂りすぎは禁物。

そして品質にはこだわってください。

 

オリーブオイルの代わりにオメガ3のえごま油や亜麻仁油なんかもおすすめですよ。

 

次は「お湯だけココア」と「手作りチョコレートドリンク」。

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

高カカオチョコレートでドリンク作成、ついでにオリーブオイルも

 

これらは当然カカオの風味がするので、チョコレートに目がない人にはおすすめ。

オリーブオイルのようなオイルを入れると同じように腹持ちがいいし便秘の方にはおすすめですが入れなくてもOKです。

 

似たように高カカオチョコレートを入れた紅茶やコーヒーもおすすめ。

紅茶やコーヒーに高カカオチョコレートをひとかけ入れると美味しいフレーバードリンクができます。

 

ただしカフェインの摂りすぎには注意してくださいね。

 

またフルーツとオイルのコンビもおすすめです。

キウイとオリーブオイル!?意外な組み合わせがこんなに美味しい

缶詰の冷凍みかんにオリーブオイルをかけると大人のデザートに

パイナップルと黒コショウ、そしてオリーブオイル

【便秘にも】焼きホットバナナにオリーブオイルをかけて食べる

子供の便秘にもおススメ!煮リンゴのオリーブオイルかけ

オリーブオイルとメロンが驚くほど合うのですが・・・

 

こうやってみると、ずいぶんと色々なフルーツにオリーブオイルをかけたなと(笑)

 

不思議と失敗はなかったので、おそらくフルーツとオリーブオイルは基本的に合うのだと思います。

 

フルーツも甘いですがお菓子の強烈な甘さとはまた違っているので、徐々に慣らしていくにはいいと思います。

 

ただしドライフルーツはもっと甘いですから食べすぎには注意した方がいいかも。

 

甘いものじゃないものではチーズがおすすめです。

簡単すぎるデザート~カッテージチーズにオリーブオイル

 

チーズもオイルもお腹にたまるので気が紛れますよw

 

どんなものも、たとえ甘いものでも本来は食べすぎなければいいのです。

 

でも人間、気持ちが弱いもの。

ストレスが溜まっている時なんかはつい食べすぎちゃいますよね。

 

でもやっぱり砂糖中毒はできるだけ早く改善した方がいいのは確か。

 

代替となりそうな食べ物や飲み物で気を紛らわす他に趣味やスポーツに没頭できればなお良しです。

 

参考記事

砂糖中毒から抜けるには良質のオイルを味方にする