カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:油について~全般
サラダ油の話~そもそも生食用だった!?
サラダ油の話~そもそも生食用だった!?

サラダ油は多くの家庭に常備してある油。

 

一般のスーパーで購入でき価格が安く加熱にも生食にも使える万能オイルです。

 

そんなサラダ油に多くの問題があるということは最近一般の方にもずいぶん認知されてきたように思います。

 

ところでそんなサラダ油、実は生で使うために作られたものでした。

 

サラダ油は生で食べるために作られた

 

「サラダ油」というものは日本で生まれました。

 

日清オイリオでは大正13年に日本で最初に「日清サラダ油」という名前でサラダ油を販売しました。
当時日本では、食用油は主に揚げ物等に使っておりましたが、西洋では、生野菜に塩や酢を加えた食用油をいわゆるドレッシングのようにして食べていました。
サラダ油というのは、こうしたサラダ料理などに使う生でも使用できる食用油という意味です。生で召し上がっていただくので、より精製の度合いを高めた良質の食用油のことを特に「サラダ油」と名づけました。
ちなみに「あぶら」の語源は獣肉を炙るとでることからきたと言われ、火の上に“にくづき”を乗せて炙る(あぶる)と言う字になるわけです。

 

サラダ油の語源(日清オイリオサイトより)

 

まさにサラダを食べるための生食用油ってこと。

 

油を「生でも食べることができる」ようにするために精製度の高い油にしなければならなかったということでしょう。

 

ちなみに当時、西洋ではどんな油を使ってドレッシングを作っていたのでしょうか。

オリーブオイル?ひまわり油?

少し気になります。

 

サラダ油には9種類あって、その他にもいくつかブレンドした調合サラダ油というものがあります。

 

サラダ油には基準があり、その基準に沿って「サラダ油」というカテゴリーを作ったのは日本独自のもの。

 

海外にもそれぞれ同じ植物から搾った油は存在しますが「サラダ油」という規格を作って販売したのが日本ということです。

 

サラダ油は生の方がいい?今さらだけど加熱に向いているの?

 

ここでもう一度サラダ油の用途について考えてみます。

 

サラダ油は生食にも使える油ですがもちろん加熱調理にも大活躍ですよね。

 

炒めるのも焼くのも揚げるのもサラダ油を使います。

 

おそらく自家製ドレッシングやマヨネーズを作らないのであれば、たいていの人はサラダ油を加熱のみに使っているのではないでしょうか。

 

手作りドレッシング

 

でもサラダ油の起源は「生にも使える」ってことが売りで出てきたはず。

ですが残念ながらあまり活かされていませんね。

 

大抵の人は市販のドレッシングやマヨネーズを買っちゃうと思います。

 

そもそもどんな油も本来は生の方がいいのは確か。

 

それは加熱することによって酸化がより進んだり毒素(と言ってもいい)が発生したりするからです。

 

また栄養面でも加熱によって変化・消滅してしまうケースが多い。

 

加熱によって本来その油が持っていたメリット(栄養や風味)が消えてその分デメリット(酸化や有害物質)が生成されるとなるとなんだか微妙ですね。

 

ましてやサラダ油は製造過程においてもかなりの問題があります。

 

油を搾る際に使われる(であろう)「ノルマルヘキサン」という溶剤や精製過程でさらされる高温によるトランス脂肪酸などなど。

 

価格が安いということはその分何か犠牲を払っているということかもしれません。

 

そんな油を更に家庭で加熱して劣化させちゃうということ。

 

とは言っても加熱調理に油をいっさい使わないのも現実的ではありません。

サラダ油でも十分に加熱して調理できるわけですし。

 

でも本来ならできるだけ良質で更に熱にも強い油をおススメしたいです。

加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧

 

もちろん好みや価格など他にも考慮する点はありますが、サラダ油はこういった点で見ると本当はあまり加熱しない方がいいのでは?と思ってしまいます。

 

どうしてもと言うなら原点に立ち返って「生」で使うべきなのかもしれません。

 

まとめ

 

以上、「サラダ油は生が本来の使い道かも」というテーマで書いてみました。

 

とは言え実際にはサラダ油を加熱に全く使わないとかなり不便なのも確か。

 

サラダ油は価格が安くどうしても抜け出せないという方が多いのではないでしょうか。

 

サラダ油を使うにしてもメリット・デメリットをよく分かった上で、できるだけ減らす努力はした方がいいでしょう。

 

参考記事

近ごろ悪名高い「サラダ油」ってそもそもどんな油?

サラダ油9種類の脂肪酸をチェック!

 

 

油酔いや胃もたれチェック→米油でカツを揚げてみる!
油酔いや胃もたれチェック→米油でカツを揚げてみる!

油酔いや胃もたれがしないと言われる米油。

 

せっかくなのでカツを揚げて実際に確かめてみたいと思います。

 

米油はどうして油酔いしないのか

 

「油酔い」という言葉があります。

 

とんかつ屋さんなんかに入ると一瞬「ムゥッ」としますよね。

 

もしくはスーパーのお惣菜コーナーや換気扇付近。

 

あれはつわり真っただ中の妊婦さんには最悪でしょう。

 

「油酔い」とは油を加熱することによって発生する「アクロレイン」という成分が原因。

 

米油が油酔いしにくいと言われるのは、この「アクロレイン」の発生量が少ないから。

 

米油って料理を作る人にも優しい油なのかもしれません。

 

一口カツを米油で揚げてみた!

 

さっそく米油を使って一口カツを揚げてみようと思います。

 

フライパンに米油を入れる

↑米油を投入!

 

ヒレカツを揚げているところ

↑カラッと揚がるかな・・・

 

カツを揚げている途中の感想。

 

油のニオイは特に気になりません。

 

数回に分けて揚げたので最後の最後では油のニオイが少し発生しましたが、決して「ウッ!」って感じではないしまあこの程度なら問題ないでしょう。

 

特に調理している途中で気持ちが悪くなったりはしませんでした。

 

普段他の油でもあまり揚げ物をしない人間ですので、実はよく分かっていないというのもありますけど。

 

他の油ってそんなに油酔いするんでしたっけ?

 

たかが一つの家庭で作る程度ではそんなに気にならないのかもしれません。

 

きっとスーパーのお惣菜を作っている人や飲食店で働いている方ならもう少しハッキリ米油と他の油の違いが分かるかもしれませんね。

 

とりあえず食後の胃もたれ等もありませんでした。

 

油料理ですから満腹感はありますが、あのイヤ~なもたれ感は全然なし。

 

今回はヒレを使用。

 

というか、私、基本的にロースはほとんど購入しません。

 

しかも子供が食べやすいように薄く小さく(つまり一口サイズに)カットしてしまうクセがあります。

 

もうちょっと厚めに切れば良かったかも。

 

味は美味しかったです。

 

やっぱりヒレが一番!

 

確かにカラッと揚がりました。

油のクセや臭みを感じることもありませんでした。

食後に胃もたれもなかったです。

 

もちろんそのときの体調によるかもしれませんし個人差もあるでしょうけど。

総合評価としては割とお気に入りになれそうな油です。

 

ですがやっぱりリノール酸だけは気になります

一応オメガ9系なんですけどね。

 

まとめ

 

油料理、特に揚げ物を作る時の不快感。

 

もし普段料理をしなくてよく分からない人がいたらスーパーや飲食店などの換気扇あたりにでも行ってみてください。

 

なんとなく想像がつくと思います。

 

確かに米油は食べた感じもサラッとしていてクセがありません。

揚げ物に向いているというのは納得です。

 

初めて使ってみた米油。

使い心地は満足、後はリノール酸ですが・・・。

 

今回は実家から貰ったので使ってみましたが、今後自分で購入するかどうかは何とも言えません。

 

ごくたまに揚げ物をする時の限定で使ってみるっていうならありかな。

 

その時は溶剤抽出ではなく圧搾したものを選びたいと思います。

 

参考記事

「米油」はサラダ油から脱却したい人にいいかも?

 

 

 

オリーブオイルなどの液ダレはポアラーなどで対応を
オリーブオイルなどの液ダレはポアラーなどで対応を

インテリアにさえなるほどオシャレなボトルからエキストラバージンオリーブオイルをかけるのはとても素敵ですが、意外と厄介なのが液ダレです。

 

どんな高いオリーブオイルを買っても液ダレするものは存在します。

 

オイルが液ダレしたまま放置すると・・・

 

私はオリーブオイルやえごま油、亜麻仁油などを瓶(ボトル)入りのもので購入することが多いのですが、国産・外国産問わず液ダレするものが結構あります。

 

例えばオイルは遮光瓶に入ったものが良いと言われているため、あえて黒い瓶に入ったものを選んで購入しても液ダレすると少しがっかり。

 

この液ダレを放置しておくと瓶の底の辺りまでオイルが回ってしまい、置いている場所に油分がついてしまいます。

 

このまま放置するとベタベタになり掃除も大変。

 

せっかく遮光瓶で酸化や劣化を防げても、上手にオイルが切れないと不衛生な感じがしてしまいます。

 

 

もしオイルが液ダレしたら

 

私が先日まで使っていたエキストラバージンオリーブオイルはコンテストで受賞歴がある国内産の高級オイルでしたが、残念ながら液ダレしました。

 

遮光瓶に入った良いボトルなのですが、使う度に液ダレを起こすので毎回キッチンペーパーで拭くことに。

 

このようにもし液ダレする場合は、そのまま放置せずに面倒でも使う度にしっかりボトルについたオイルを拭き取った方がいいと思います。

 

そして保存場所にはじめからキッチンペーパーなどを敷いておいた方がいいかもしれません。

 

拭いたつもりでも残っていたオイルにより後々ベタベタになることもあります。

 

ただしそのまま放置しておくとゴキブリなどの害虫を呼び寄せてしまうことにもなりかねません。

 

ゴキブリは油(どちらかと言えば固形ですが)が大好物なんです。

 

常に新しいペーパーに取り替えるなどチェックをしっかりしておきましょう。

 

 

液ダレを防ぐ対策はどんなものがあるの?

 

ボトルを移し替える

 

毎回液ダレするボトルはイヤだという方は、別の容器に移し替えるというのもありかもしれません。

 

ただし上手に移し替えないと空気に触れて酸化することもあります。

 

また以前使っていた(液ダレしない)ボトルに移し替える場合、しっかり洗浄してからじゃないと衛生上良くないかも。

 

もし透明のボトルに移し替える時は、光の入らない場所に保存するようにします。

 

そしてできるだけ早めに使った方がいいと思います。

 

 

 

 

ポアラーを使う

 

ポアラーという専用の注ぎ口金を別途購入して付けるという方法があります。

 

 

ポアラーを付けると、出る量もドバっと予想外に出ることもなくなり片手でも出すことが出来るなど、かなり便利な優れものです。

 

ポアラーをさしたフシコスの缶

↑最初からスチール缶とポアラー仕様のギリシャ産エキストラヴァージンオリーブオイル「フシコス」

 

ポアラーはオリーブオイルやワイン用として売られていて大体のものに合う規格になっていますが、時にはサイズが合わないボトルもあります。

 

ご自分でポアラーを購入してボトルに取り付ける場合は念のためサイズを確認してから購入する方が安全です。

 

ポアラー仕様のフシコスについて知りたい方はこちら↓

【フシコス】神宿るオリーブオイルを初体験!率直にレビューしてみた

 

 

リンゴの皮のテカテカ油の話→農薬じゃないのよ
リンゴの皮のテカテカ油の話→農薬じゃないのよ

リンゴをスーパーなどで購入する時、テカテカ光っているリンゴとザラザラ感があるリンゴがあることが分かります。

 

一見この油っぽいリンゴを「ワックス(農薬)では!?」と眉をひそめてしまいそうになりますが、いったい本当のところは何なのでしょうか。

 

リンゴの皮のテカリの正体は油だった!

 

リンゴの皮のテカテカつるつるを見ると「ワックスだろう!」って思ってしまいます。

 

事実、私はそう思っていた時期がありました。

 

だってモノによっては白雪姫に出てくる魔女が持っているリンゴみたいにピカピカしていますよね。

 

そう、まるで作り物みたいな印象です。

 

でも調べてみるとこれが単なる勘違いということが分かりました。

 

リンゴの皮の表面のテカリは自然な「油」だということです。

 

日本食品標準成分表で皮付きのリンゴと皮を剝いたリンゴの脂肪酸を見てみると、確かにわずかですが皮付きのリンゴの方がいくつかの脂肪酸の量が多いようです。

 

皮むきリンゴ(可食部100中)

・パルミチン酸・・・11mg

・オレイン酸・・・1mg

・リノール酸・・・29mg

・α-リノレン酸・・・2mg

 

皮つきリンゴ(可食部100中)

・パルミチン酸・・・18mg

・オレイン酸・・・2mg

・リノール酸・・・48mg

・α-リノレン酸・・・3mg

 

おそらくこの脂肪酸の量は熟してくるとさらに増えてくるのでしょう。

 

魚でも旬の時期になると脂が乗って美味しくなりますよね。

 

リンゴもある意味似ており、リンゴ自体が成熟して美味しくなった証拠がテカテカ油だったということです。

 

リンゴの種類によってテカリやすいものとあまりテカらないものがあるようですが、テカテカ・ベトついたリンゴは決して農薬がついているのではないと分かれば安心して選ぶことができますよね。

 

余談ですが私が子供のころ、家にリンゴがあると必ず布でキュッキュと磨いていました。

磨いたリンゴのピカピカさを鑑賞するのが大好きだったのです。

 

ヘンな子供ですよね。

 

じゃあ皮を食べても大丈夫なの?

 

リンゴのテカリ自体は安心・安全だということはどうやら間違いがないようです。

 

でもそれとは別にリンゴの皮に農薬はついていないのでしょうか。

 

最近ではリンゴは国内産だけではなく外国から入ってくるものも多いですが、どれも安心安全だと言い切れるかどうか分かりません。

 

私が子供のころは「皮は栄養があるけど農薬がついているから剝いて食べた方がいい」と言われてきました。

 

これはうちの母親の意見だけではなくごく一般的な情報だったと思うのですが・・・。

 

さて無農薬のリンゴといえば青森の木村秋則さんが有名ですよね。

 

私ままだ木村さんのリンゴを食べる機会に恵まれず、いったいどんなリンゴなのか、皮は?味は?全く想像がつきません。

 

でも木村さんが有名になったということはリンゴは通常農薬を使って栽培するのが当たり前ということです。

(農薬を使っていることを非難しているわけではありません)

 

ですから通常スーパーで売っているリンゴは農薬が使われたリンゴであるはずです。

 

確かに木村さんのように無農薬のリンゴを作っている方がいると「普通のリンゴは農薬があるから皮はやっぱり食べない方がいいのでは・・・」と思ってしまいます。

 

リンゴを含め農作物に使われている農薬が本当に安全なのか、はたまた多少なりとも危険があるのかは私には判断ができません。

 

でももし味や栄養価・価格など全ての条件が同じで「農薬を使ったリンゴ」と「無農薬のリンゴ」を目の前に出されたとしたら・・・やっぱり無農薬のリンゴを100%選ぶであろう自分を想像できちゃいます。

 

そんな私はたいていリンゴの皮を剝いて食べますが、どうしても皮を食べたい時には重曹を使います。

 

何を隠そう私は重曹マニア(笑)

「掃除」にも「お風呂」にも「うがい」にも「胃もたれ」にも使います。

 

重曹は農薬を落としてくれるらしいので、大さじ1杯程度の重曹を溶かした水にリンゴを丸ごと30秒から1分くらいつけてから流水できれいに洗い流します。

 

ボウルに重層を梳かす

↑よく溶かします

 

重曹を溶かしたボウルにリンゴを浮かべる

↑浮いてこないように強制的に沈める!?

 

リンゴの皮を食べてみよう!

 

リンゴの皮のテカテカが安心だと分かったら何だか食べてみたくなりますよね。

 

皮付きリンゴを食べる

↑そのままガブリ!

 

皮付きのリンゴはリンゴの風味がよりいっそう感じることができて美味しいですが、ちょっと口の中に残る感じがするのが欠点かも。

 

ちなみに私がリンゴの皮を使う時といったら自然な赤い色が欲しい時ですね。

 

例えばリンゴをさっと煮て食べることがあるのですが、皮付きのままですとほんのりピンクに染まってキレイです。

(レモンを入れるとより良い色が出ます)

 

サツマイモと一緒に煮ると自然の甘味が味わえるデザートになりますよ。

 

焼きリンゴも美味しいですよね。

あまり売っていませんが紅玉が一番いいです。

 

参考記事

子供の便秘にもおススメ!煮リンゴのオリーブオイルかけ