カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:油について~全般
とにかくオメガ6を減らすことが先決
とにかくオメガ6を減らすことが先決

理想的なオメガ3対オメガ6の比率は一説には「1対4~1対5」などと言われています。

 

しかしこの説はいくつかあって場合によっては「1対1~1対2」という人もいます。

 

オメガ6も必須脂肪酸であるため食物から摂取する必要があります。

そしてオメガ3と比較するととるのが非常に簡単です。

 

というのも本当にごく一部の食品を除くほとんど全ての食品にオメガ6(リノール酸)は含まれているため、通常不足するということはまずないと言われています。

 

オメガ3(α-リノレン酸やDHA・EPAなど)も実際は多くの食品に含まれているのですが、十分な含有量を持つ食品は限られています。

 

または目標値に足りていてもオメガ6を取り過ぎているためバランスが悪くなりがちです。

 

ではたくさんとっているオメガ6とのバランスをとるためにオメガ3もさらにたくさんとればいいのでしょうか。

 

そのためにオメガ3のサプリメントなどを利用してバランスを無理にでも理想に近づけた方がいいのでしょうか。

 

しかし現代人はオメガ3とオメガ6の比率が「1対20」くらいになっている人もいます。

 

つまり、もしこれを理想的なバランスにするためにオメガ3を増量するとなると当然油の摂り過ぎになります。

 

どんなに質の良いものでも油は油。

摂り過ぎはいけません。

 

となればやっぱり現代人に求められているのは、まずは「オメガ6を減らすこと」を第一目標にしないといけないのかなと思います。

 

とにかくオメガ6を取り過ぎている現代人。

 

よほど食生活に気を付けていないと知らない間に体内に入ってくるのです。

 

その原因はやっぱり加工食品と外食。

 

昔の日本人ならそれほど気にしなくても良かったかもしれません。

でもこの時代、加工食品にあふれた世の中では何を食べてもほぼ油が入っています。

 

少し前にも書いたのですが、原材料を見る習慣がつくとその事実に驚愕します。

なんでこんなものにまで「植物油」の記載が・・・と。

 

「油が入っている感じがしない」ものが多いんですよね。

 

揚げ物だったら油が使われているのは当然なんですが、「なんでこれにまで!?」っていうものが非常に多いです。

 

少しづつ少しづつ、知らない間にとっている油。

 

最近では健康に気を使うタイプの市販品も増えていて、実際「オメガ3入り」なんてものありますが、まだまだ追いついていない。

 

さらなる落とし穴として「オメガ3入り」と宣伝してあっても実際にはオメガ6もそれ以上に入っていることも多いのです。

 

この悪循環から脱却するためには外食と加工食品を規制して自宅の油も厳選しないといけません。

 

しかしこれは現代人にはなかなか大変なことになります。

 

でも少しずつ、ほんのちょっぴりでも意識していけば数年後には何かが良い方向に変わっていく気がします。

 

オメガ3を積極的にとっていくとうのは本当に大事です。

でもオメガ6を減らす努力をすることこそが「最優先課題」かなと思います。

 

参考記事

リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?

 

 

 

キャノーラ油は本当に菜種油なのか?
キャノーラ油は本当に菜種油なのか?

近所のスーパーでごく普通に売られているキャノーラ油。

価格も安くいつも使っているというご家庭も多いと思います。

 

このキャノーラ油、実は菜種油でありながら厳密に言うと菜種油ではない(?)とも言える油です。

 

今回はそんなキャノーラ油について書いていきたいと思います。

 

キャノーラ油とは?

 

キャノーラ油が最初に登場したのはカナダです。

 

よって名前も「カナダ」から「キャノーラ(CANOLA)」となったのだとか。

 

カナダの研究チームが遺伝子改良したアブラナを製造しそれを原材料としたのがキャノーラ油ということです。

 

実は菜種には「エルカ酸」というオメガ9系の脂肪酸が多く含まれているのですが、マウス実験により心臓に悪影響があるという説があります。

 

そこで研究されたのがエルカ酸のない菜種油。

それがキャノーラ油ということです。

 

キャノーラ油はエルカ酸のかわりにオレイン酸がとても多い(60~70%)油となりました。

 

 

キャノーラ油は菜種油でOK?

 

品種改良をしたとは言え、菜種油から作ったのだからキャノーラ油は菜種油だと言えないこともありません。

 

ただし上記にも書いた通り本来の菜種油は「エルカ酸」が多いのに対し、キャノーラ油は「オレイン酸」がメインと、脂肪酸の構成・割合が違っています。

 

この事を考慮すると、従来の菜種油と品種改良したキャノーラ油は別モノとも言えます。

 

 

キャノーラ油がどうして問題なのか

 

そんなキャノーラ油、心臓に良くない成分を除いた、しかもオリーブオイルと同じようにオレイン酸メインの油なら積極的にとりたいという方もいるかもしれません。

 

更にキャノーラ油は価格が安いというメリットがあります。

 

しかしキャノーラ油に関してはあまり良くない話があるのも事実。

 

まずは菜種を品種改良するにあたって遺伝子組み換えを行っているという問題。

 

遺伝子組み換え食品に関してはまだまだどういった影響があるのかがハッキリしていないという点で不安が大きいものです。

 

また搾油・精製方法によりトランス脂肪酸も発生しているはず。

 

一概には言えませんが、価格の安い油というものは効率優先になりがちですので、本来の油の持つ良さが消えてしまったり有害物質が発生してしまうことが多いようです。

 

その他にもキャノーラ油に関しては生活習慣病のリスクが高まったりホルモンに悪影響があるなど言われています。

 

もちろんキャノーラ油を使っている人の全てにトラブルが起きるわけではないのですが、情報として知っておいても損はないでしょう。

 

 

個人的に選ぶなら国産の菜種油

 

ここからは個人的な意見です。

 

心臓に良くないということからエルカ酸のないキャノーラ油を作ったということが本当なら、従来の菜種油も遺伝子組み換えのキャノーラ油も購入の選択肢になることはないでしょう。

 

しかし菜種油とキャノーラ油のどちらかを購入するとなれば、やはり国産の非遺伝子組み換え原材料で作った従来の菜種油を選ぶかなあと。

 

しかもコールドプレス、じっくり・ゆっくり低温で搾ったもの。

 

 

 

それにしても菜種油は日本では大昔から親しまれてきたんですよね。

 

もちろん遺伝子組み換えなんかしていない純・菜種油ですが。

 

 

近ごろ悪名高い「サラダ油」ってそもそもどんな油?
近ごろ悪名高い「サラダ油」ってそもそもどんな油?

サラダ油が身体に悪いという話はよく言われることです。

 

ですが未だに当たり前のように使っているというご家庭が多いのではないでしょうか。

 

そもそもサラダ油ってどんな油なの??ということもハッキリ分からないという方もいるでしょう。

 

今回は最近悪名高くなってしまったサラダ油について書いていきたいと思います。

 

サラダ油っていったい何なのか?

 

そもそもサラダ油とはいったいどんな油なのか。

 

サラダ油というくらいだからサラダに関係している油ということでしょうか。

 

サラダ

 

実はサラダ油という名称は日本だけのもの。

 

その名前の通りもともとはサラダにもかけることができる、つまり生食できる精製度が高く冷たくしても固まらないサラサラした植物油を作ったのが始まりです。

 

サラダ油の原材料となりうるのは以下の9つの油です。

(JAS規格)

 

・綿実油

・ひまわり油

・紅花油(サフラワー油)

・ゴマ油

・コーン油

・大豆油

・こめ油

・菜種油(キャノーラ油)

・ぶどう油(グレープシードオイル)

 

それぞれの油を単品で、もしくはブレンドします。

 

 

サラダ油の何が良くないと言われているのか

 

サラダ油が最近あまり評判が良くない理由としては、脂肪酸の種類にあります。

 

ほとんどのサラダ油がオメガ6系脂肪酸のリノール酸が大量に入っていること。

 

リノール酸の全てが悪というわけではありませんが、現代人のオメガ6摂取量が非常に多くなっていることから問題となっています。

 

リノール酸を過剰に摂取しますと、体内で炎症を起こす物質が発生し多くのトラブルを引き起こす可能性があると言われています。

リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?

 

また油を搾る方法や精製方法による弊害もあり、もともと含まれていた栄養素(ポリフェノールやビタミンなど)も期待できず、トランス脂肪酸が発生している可能性もあります。

 

 

ではどうしてこんなにサラダ油が重宝されてきたのか

 

しかし現実にはサラダ油はたくさん売られていて多くの方が普通に使っています。

 

その理由として、

 

・そもそも動物性脂肪酸のかわりに植物性脂肪酸が長年推奨されてきた

・必須脂肪酸であるリノール酸に対する肯定的な教育を受けてきた

・日本ではまだ油の害に対する認知度が低い

・サラダ油は価格が安い

・精製度が高いためクセが少なくどんなものにも使いやすい

・昔から使っていた

 

このようなものが挙げられます。

 

確かに必須脂肪酸であるリノール酸はとらなくてはならないものですが、ほとんどの食べ物にはもともとリノール酸が含まれいることから「足りない」ということはまずおきないのだとか。

 

更に現代人は加工食品や外食などで多くのリノール酸を摂り過ぎています。

 

加工食品

 

食べ物の摂り方というのも、その時代によって変わってくるのでしょう。

 

今はとにかくリノール酸を摂り過ぎている時代で、そのために多くの弊害が出てしまっています。

 

 

サラダ油のかわりに何を使うか?

 

ではサラダ油を全て廃止にする必要があるかということについては、そこまで極端なことは言えません。

 

個人個人が今現在どんな油をどのくらい摂っているかによっても違ってきます。

 

しかし上記にも書いた通りリノール酸はほとんどの食物に自然に含まれている脂肪酸で、食事をしていればまず不足することはないのだそうです。

 

ですからあえてリノール酸メインの油を使う必要はないのかもしれません。

 

じゃあサラダ油のかわりにいったいどんな油を使えばいいのか。

 

私はオメガ3系(α-リノレン酸)の油を使っておりおすすめしますが、価格の面から言うとサラダ油の方がずっと安いです。

 

またオメガ3系は加熱に弱いという弱点もあります。

(熱に強いオメガ3もあるので現在はそれを使用

 

オメガ9であるオリーブオイルも使っていますが、価格が高いこと、本物をチョイスする難しさなど別の問題もあります。

 

自分の健康上メリットがある油と価格など別の問題に折り合いをつけて、より良いものを選んでいくための意識改革をし、各自がそれぞれ考えていくしかないのかもしれません。

 

また、見えない油(加工食品)を減らす努力や料理の工夫による油の使用自体を減らす努力など、別の角度から健康改善を進めていくことも必要でしょう。

 

 

キャノーラ油は脳に悪い?認知症(アルツハイマー)との関係は?
キャノーラ油は脳に悪い?認知症(アルツハイマー)との関係は?

先日、アメリカの大学でキャノーラ油が脳に悪影響を及ぼしているという研究結果を発表しました。

 

その内容は、キャノーラ油を摂取し続けることがアルツハイマー型認知症を発症する原因の一つになるというものでした。

 

サイエンティフィック・リポーツより

 

キャノーラ油とはどういった油なのか

 

キャノーラ油は「菜種(なたね)油」のことです。

 

日本ではJAS(日本農林規格)の認定によっていわゆる「サラダ油」の一つとされています。

 

サラダ油というと、なんとなくリノール酸たっぷりの植物油というイメージがある方も多いと思いますが、キャノーラ油はオレイン酸の割合がとても多い油です。

 

おおよそ50~60%くらいがオレイン酸ですのでオメガ9系オイルと言えるでしょう。

 

しかもサラダ油の中ではα-リノレン酸も少しですが含んでいます。

 

そもそも菜種油というのは食用に向いていませんでしたが、カナダの研究者により品種改良がなされたことから食用として広がったようです。

 

植物油(サラダ油)の中ではリノール酸(オメガ6)の割合が低く、あのオリーブオイルと同じオレイン酸の含有量が多いとなれば、健康のためにキャノーラ油をあえて購入してきた人がいてもおかしくありません。

 

しかもオリーブオイルと比較しても価格が圧倒的に安いというのもとても魅力的です。

 

いくつかの国内メーカーのキャノーラ油をチェックしてみましたが、1リットルで500円前後と、圧倒的な安さとなっています。

 

そうなると揚げ物などをたくさん作るご家庭では非常に重宝するでしょうし、カラッと仕上がるというのも魅力の一つのようです。

 

 

キャノーラ油の何が問題か

 

そんなキャノーラ油ですが、今回問題になったのは脳への悪影響について。

 

キャノーラ油

 

脂肪酸の構成を見ると特に健康上問題がなさそうに見えるのですが、どうやら問題はそれ以外のところにあるようです。

 

マウス実験によって出た結果によると、キャノーラ油を食べていたマウスとそうじゃないマウスでは、食べていたマウスの方にアルツハイマー型認知症の原因となる有害な物質から脳を守るためのタンパク質が減少してしまい、その有害物質が脳に溜まってしまっていたとのこと。

 

その結果「学習能力や記憶力の低下」が見られ、更に体重の増加まで招いてしまったそうです。

 

脳の機能が低下したあげく肥満の原因にもなるというのは、なかなかショッキングな結果かもしれません。

 

その他にも血圧やホルモンにも影響するという説もあります。

 

そんなキャノーラ油の更なる健康上への影響について、これからも研究はすすめられていくようです。

 

じゃあ何を使ったらいいのか

 

じゃあ代替えオイルとしていったい何を使えばいいのでしょう。

 

これについて「じゃあ、これを使えば万事解決!」というものはないかもしれません。

 

うちではキャノーラ油はもう何年も購入していませんが、1年前まではグレープシードオイルを中心に使っていました。

 

グレープシードオイルは無味無臭で非常に使いやすいのですが、リノール酸メインのオイルなので今は少し控えています。

 

エキストラバージンオリーブオイルは風味も好みにピッタリで美味しいのですが、何せ価格が高いのと本物を選ぶのが大変というデメリットがあります。

 

そんな我が家は、今は亜麻仁油(加熱OKのもの)とオリーブオイルを中心に使っています。

 

一番良いのは自分や家族の健康に一番必要なオイルを見極めることかもしれません。

 

ただし価格の問題もあるので、良いものでも続けられるかどうかも問題になってきます。

 

そんな中でもやはりリスクがありそうな油は極力控える必要はありそう。

 

今回のような研究結果を見てしまうと、今まで使ってきた人はショックを受けたり怖くなってしまったりしそうですが、パニックになる必要はなく冷静に受け止めて「判断材料の一つ」としてとらえてみればいいのではないでしょうか。

 

どんなオイルでもどんな食べ物でも全ての人に良いというものはないですし、今後の研究結果では思いもよらない悪影響が発見されるかもしれません。

 

どんなものでもリスクは常にはらんでいるということを踏まえて自分で選んでいくしかないのだと思います。

 

リスクを減らすためにも「ばっかり食べ」も良くないんですよね。

 

つい「これがいい!」とか「これはダメ!」という情報に振り回されて極端になりがちですがそれはそれでリスクがあるということ。

 

今回のキャノーラ油についても、なかなか考えさせられるニュースでした。