カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:油について~全般
サラダ油の話~そもそも生食用だった!?
サラダ油の話~そもそも生食用だった!?

サラダ油は多くの家庭に常備してある油。

 

一般のスーパーで購入でき価格が安く加熱にも生食にも使える万能オイルです。

 

そんなサラダ油に多くの問題があるということは最近一般の方にもずいぶん認知されてきたように思います。

 

ところでそんなサラダ油、実は生で使うために作られたものでした。

 

サラダ油は生で食べるために作られた

 

「サラダ油」というものは日本で生まれました。

 

日清オイリオでは大正13年に日本で最初に「日清サラダ油」という名前でサラダ油を販売しました。
当時日本では、食用油は主に揚げ物等に使っておりましたが、西洋では、生野菜に塩や酢を加えた食用油をいわゆるドレッシングのようにして食べていました。
サラダ油というのは、こうしたサラダ料理などに使う生でも使用できる食用油という意味です。生で召し上がっていただくので、より精製の度合いを高めた良質の食用油のことを特に「サラダ油」と名づけました。
ちなみに「あぶら」の語源は獣肉を炙るとでることからきたと言われ、火の上に“にくづき”を乗せて炙る(あぶる)と言う字になるわけです。

 

サラダ油の語源(日清オイリオサイトより)

 

まさにサラダを食べるための生食用油ってこと。

 

油を「生でも食べることができる」ようにするために精製度の高い油にしなければならなかったということでしょう。

 

ちなみに当時、西洋ではどんな油を使ってドレッシングを作っていたのでしょうか。

オリーブオイル?ひまわり油?

少し気になります。

 

サラダ油には9種類あって、その他にもいくつかブレンドした調合サラダ油というものがあります。

 

サラダ油には基準があり、その基準に沿って「サラダ油」というカテゴリーを作ったのは日本独自のもの。

 

海外にもそれぞれ同じ植物から搾った油は存在しますが「サラダ油」という規格を作って販売したのが日本ということです。

 

サラダ油は生の方がいい?今さらだけど加熱に向いているの?

 

ここでもう一度サラダ油の用途について考えてみます。

 

サラダ油は生食にも使える油ですがもちろん加熱調理にも大活躍ですよね。

 

炒めるのも焼くのも揚げるのもサラダ油を使います。

 

おそらく自家製ドレッシングやマヨネーズを作らないのであれば、たいていの人はサラダ油を加熱のみに使っているのではないでしょうか。

 

手作りドレッシング

 

でもサラダ油の起源は「生にも使える」ってことが売りで出てきたはず。

ですが残念ながらあまり活かされていませんね。

 

大抵の人は市販のドレッシングやマヨネーズを買っちゃうと思います。

 

そもそもどんな油も本来は生の方がいいのは確か。

 

それは加熱することによって酸化がより進んだり毒素(と言ってもいい)が発生したりするからです。

 

また栄養面でも加熱によって変化・消滅してしまうケースが多い。

 

加熱によって本来その油が持っていたメリット(栄養や風味)が消えてその分デメリット(酸化や有害物質)が生成されるとなるとなんだか微妙ですね。

 

ましてやサラダ油は製造過程においてもかなりの問題があります。

 

油を搾る際に使われる(であろう)「ノルマルヘキサン」という溶剤や精製過程でさらされる高温によるトランス脂肪酸などなど。

 

価格が安いということはその分何か犠牲を払っているということかもしれません。

 

そんな油を更に家庭で加熱して劣化させちゃうということ。

 

とは言っても加熱調理に油をいっさい使わないのも現実的ではありません。

サラダ油でも十分に加熱して調理できるわけですし。

 

でも本来ならできるだけ良質で更に熱にも強い油をおススメしたいです。

加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧

 

もちろん好みや価格など他にも考慮する点はありますが、サラダ油はこういった点で見ると本当はあまり加熱しない方がいいのでは?と思ってしまいます。

 

どうしてもと言うなら原点に立ち返って「生」で使うべきなのかもしれません。

 

まとめ

 

以上、「サラダ油は生が本来の使い道かも」というテーマで書いてみました。

 

とは言え実際にはサラダ油を加熱に全く使わないとかなり不便なのも確か。

 

サラダ油は価格が安くどうしても抜け出せないという方が多いのではないでしょうか。

 

サラダ油を使うにしてもメリット・デメリットをよく分かった上で、できるだけ減らす努力はした方がいいでしょう。

 

参考記事

近ごろ悪名高い「サラダ油」ってそもそもどんな油?

サラダ油9種類の脂肪酸をチェック!

 

 

加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧
加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧

今までたくさんの油について加熱に向いているかどうかを個別に見てきましたが、今回はそれらをまとめて比較できるようにしてみました。

 

どの油も一長一短あり、また使う人の体調や好みによっても向いているかどうか違ってくると思います。

 

ですから「必ずこれを使うべき!」という油があるわけではなく、参考程度に見てもらえばと思います。

 

ちなみにサラダ油はどれも加熱可能な油ですがご存知の通り問題も多く、今回は独断でその一部だけを掲載しています。

 

オリーブオイル

 

オリーブオイルは加熱に向いていると言われています。

 

エキストラバージンオリーブオイルは加熱するとその特長である香りやポリフェノールが減少することから生食がすすめられていますが、加熱がNGなわけではありません。

 

ただ逆に料理に香りがついてしまうこともあるため、料理の種類や好みによっては合うものと合わないものがあります。

 

そのためオリーブオイルを加熱調理に使う場合には(ピュア)オリーブオイルを使う人も多いと思います。

 

(ピュア)オリーブオイルは若干バージンオリーブオイルが混ざっているのですが、料理に影響を及ぼすほどの風味ではないためサラダ油と同じ感覚で使うことができるでしょう。

 

ただし(ピュア)オリーブオイルではポリフェノールは取れません。

(オメガ9のオレイン酸は変わりません)

 

価格もエキストラバージンオリーブオイルと比較して安いため、リノール酸メインのサラダ油から脱却するための第一段階として使用するにはおすすめです。

 

■詳細はこちらの記事から↓

ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

バター/ラード

 

以前はバターやラードといった動物性脂肪(飽和脂肪酸)は健康に悪いと言われ、その代替品として植物油が台頭してきました。

 

ですが現在ではリノール酸メインのサラダ油を筆頭に植物油も全てが健康のためになるのではなく、むしろ動物性脂肪も「適度な量」であればとっても大丈夫という意見が主流になってきたようです。

 

事実、バターやラードは加熱料理には使い勝手が良いのは誰もが分かると思います。

 

ただし欠点は事後処理の面倒さ。

 

全てを食べ切る調理なら問題がないですが、例えばラードでとんかつを揚げた後、固まったラードの処理など少し面倒なこともあります。

 

また摂ってもOKとは言え摂り過ぎはやはり禁物です。

 

■詳細はこちらの記事から↓

飽和脂肪酸って結局のところ健康にいいの?悪いの?

ベル食品の「純製ラード」でハンバーグを焼く

 

 

グレープシードオイル

 

グレープシードオイルはぶどうから搾った使い勝手の良い油です。

 

基本的に無味無臭なのでどんな料理にも合いますしドレッシングなどの生でも使いやすいです。

 

私もかつてグレープシードオイルを加熱調理に使っていた時期がありました。

ですが最近では控えています。

 

その理由はグレープシードオイルはサラダ油の一つでありリノール酸(オメガ6)がメインの油だということ。

 

これさえなければとても使い勝手の良い油なのですが。

 

もしグレープシードオイルを使うのならば精製していないコールドプレスを選ぶことをおすすめします。

 

グレープシードオイル特有のポリフェノールやビタミンも摂取できるしトランス脂肪酸の心配もありません。

 

■詳細はこちらの記事から↓

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

 

 

米油

 

米油もサラダ油の一つです。

 

米油は唯一国内産の原料でまかなえる油で(全ての米油が必ずしも国産100%という意味ではありません)、米油にしかない独特の栄養もあるという点ではとても良い面を持っています。

 

リノール酸の量も比較的多いのですが、一番多いのはオレイン酸なので分類的にはオメガ9オイルとなります。

 

胃もたれや油酔いもしにくいため揚げ物に向いています。

 

■詳細はこちらの記事から↓

「米油」はサラダ油から脱却したい人にいいかも?

油酔いや胃もたれチェック→米油でカツを揚げてみる!

 

 

アリーガ(亜麻仁油)

 

アリーガとは一つの商品の名称になります。

 

油の種類は亜麻仁油。

 

亜麻仁油と言えば通常えごま油とならんで「加熱に向かない油」として知られています。

 

ですがアリーガはメーカー独自の製法により加熱可能な油となっています。

 

全くの無味無臭ではありませんが、味のしっかりした料理では問題なく使えますしコクもプラスされるようで個人的には重宝しています。

 

生食がメインのオメガ3系オイルは独特な風味があり一般的には食べにくい油です。

 

ですがアリーガを色々な調理に使うようになってから家族みんなが自然にオメガ3をとれるようになりました。

 

欠点と言えば価格は高めなこと、そして一般のスーパーでは(おそらく)手に入らないことです。

 

■詳細はこちらの記事から↓

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

朗報!加熱調理OK「アリーガ」で家族が亜麻仁油をとれるように

 

 

カメリナオイル

 

カメリナオイルとは「カメリナサティバ(和名ではアマナズナ)」というちょっと聞きなれない植物から搾った油です。

 

発煙点が高くオメガ3の含有量が多いことから健康にもよく「加熱ができるオメガ3オイル」(オメガ9オイルに分類されることもある)として有名になりました。

 

とは言え日本ではまだまだ認知度が低いですし、カメリナオイルも通常のスーパーではほとんど売っていません。

 

価格も高めです。

 

■詳細はこちらの記事から↓

カメリナオイルVSグレープシードオイル!加熱にどっち使おう

オメガ3オイルのα-リノレン酸以外の脂肪酸(リノール酸とか)

 

 

まとめ

 

加熱調理に向いていそうな油をまとめてみました。

 

どの油にも言えることですが、品質はピンキリさまざまあるため製造方法含めしっかり調査してから選んだ方がいいでしょう。

 

ただし良質な油は基本的に価格が高い傾向があります。

 

その辺のバランスをとりながら加熱調理用の油を選んでみてください。

 

また油に限りませんが、良し悪しはその時代によっても新しい研究によっても変わる可能性があります。

 

つねに最新情報をチェックしたりまた自分の体調に合ったものを選ぶということが大事になってくるでしょう。

 

加熱調理に向いていそうな油はこの他にもあると思いますので、随時更新していきたいと思います。

 

参考記事

加熱できるオメガ3オイルはあるの?

 

 

リンゴの皮のテカテカ油の話→農薬じゃないのよ
リンゴの皮のテカテカ油の話→農薬じゃないのよ

リンゴをスーパーなどで購入する時、テカテカ光っているリンゴとザラザラ感があるリンゴがあることが分かります。

 

一見この油っぽいリンゴを「ワックス(農薬)では!?」と眉をひそめてしまいそうになりますが、いったい本当のところは何なのでしょうか。

 

リンゴの皮のテカリの正体は油だった!

 

リンゴの皮のテカテカつるつるを見ると「ワックスだろう!」って思ってしまいます。

 

事実、私はそう思っていた時期がありました。

 

だってモノによっては白雪姫に出てくる魔女が持っているリンゴみたいにピカピカしていますよね。

 

そう、まるで作り物みたいな印象です。

 

でも調べてみるとこれが単なる勘違いということが分かりました。

 

リンゴの皮の表面のテカリは自然な「油」だということです。

 

日本食品標準成分表で皮付きのリンゴと皮を剝いたリンゴの脂肪酸を見てみると、確かにわずかですが皮付きのリンゴの方がいくつかの脂肪酸の量が多いようです。

 

皮むきリンゴ(可食部100中)

・パルミチン酸・・・11mg

・オレイン酸・・・1mg

・リノール酸・・・29mg

・α-リノレン酸・・・2mg

 

皮つきリンゴ(可食部100中)

・パルミチン酸・・・18mg

・オレイン酸・・・2mg

・リノール酸・・・48mg

・α-リノレン酸・・・3mg

 

おそらくこの脂肪酸の量は熟してくるとさらに増えてくるのでしょう。

 

魚でも旬の時期になると脂が乗って美味しくなりますよね。

 

リンゴもある意味似ており、リンゴ自体が成熟して美味しくなった証拠がテカテカ油だったということです。

 

リンゴの種類によってテカリやすいものとあまりテカらないものがあるようですが、テカテカ・ベトついたリンゴは決して農薬がついているのではないと分かれば安心して選ぶことができますよね。

 

余談ですが私が子供のころ、家にリンゴがあると必ず布でキュッキュと磨いていました。

磨いたリンゴのピカピカさを鑑賞するのが大好きだったのです。

 

ヘンな子供ですよね。

 

じゃあ皮を食べても大丈夫なの?

 

リンゴのテカリ自体は安心・安全だということはどうやら間違いがないようです。

 

でもそれとは別にリンゴの皮に農薬はついていないのでしょうか。

 

最近ではリンゴは国内産だけではなく外国から入ってくるものも多いですが、どれも安心安全だと言い切れるかどうか分かりません。

 

私が子供のころは「皮は栄養があるけど農薬がついているから剝いて食べた方がいい」と言われてきました。

 

これはうちの母親の意見だけではなくごく一般的な情報だったと思うのですが・・・。

 

さて無農薬のリンゴといえば青森の木村秋則さんが有名ですよね。

 

私ままだ木村さんのリンゴを食べる機会に恵まれず、いったいどんなリンゴなのか、皮は?味は?全く想像がつきません。

 

でも木村さんが有名になったということはリンゴは通常農薬を使って栽培するのが当たり前ということです。

(農薬を使っていることを非難しているわけではありません)

 

ですから通常スーパーで売っているリンゴは農薬が使われたリンゴであるはずです。

 

確かに木村さんのように無農薬のリンゴを作っている方がいると「普通のリンゴは農薬があるから皮はやっぱり食べない方がいいのでは・・・」と思ってしまいます。

 

リンゴを含め農作物に使われている農薬が本当に安全なのか、はたまた多少なりとも危険があるのかは私には判断ができません。

 

でももし味や栄養価・価格など全ての条件が同じで「農薬を使ったリンゴ」と「無農薬のリンゴ」を目の前に出されたとしたら・・・やっぱり無農薬のリンゴを100%選ぶであろう自分を想像できちゃいます。

 

そんな私はたいていリンゴの皮を剝いて食べますが、どうしても皮を食べたい時には重曹を使います。

 

何を隠そう私は重曹マニア(笑)

「掃除」にも「お風呂」にも「うがい」にも「胃もたれ」にも使います。

 

重曹は農薬を落としてくれるらしいので、大さじ1杯程度の重曹を溶かした水にリンゴを丸ごと30秒から1分くらいつけてから流水できれいに洗い流します。

 

ボウルに重層を梳かす

↑よく溶かします

 

重曹を溶かしたボウルにリンゴを浮かべる

↑浮いてこないように強制的に沈める!?

 

リンゴの皮を食べてみよう!

 

リンゴの皮のテカテカが安心だと分かったら何だか食べてみたくなりますよね。

 

皮付きリンゴを食べる

↑そのままガブリ!

 

皮付きのリンゴはリンゴの風味がよりいっそう感じることができて美味しいですが、ちょっと口の中に残る感じがするのが欠点かも。

 

ちなみに私がリンゴの皮を使う時といったら自然な赤い色が欲しい時ですね。

 

例えばリンゴをさっと煮て食べることがあるのですが、皮付きのままですとほんのりピンクに染まってキレイです。

(レモンを入れるとより良い色が出ます)

 

サツマイモと一緒に煮ると自然の甘味が味わえるデザートになりますよ。

 

焼きリンゴも美味しいですよね。

あまり売っていませんが紅玉が一番いいです。

 

参考記事

子供の便秘にもおススメ!煮リンゴのオリーブオイルかけ

 

 

【MCTオイルとココナッツオイル】違いはコレ!
【MCTオイルとココナッツオイル】違いはコレ!

MCTオイルの原材料をチェックしていると「ココナッツオイル由来」とか「ココナッツオイル100%」なんて書いてあります。

 

だったらココナッツオイルでいいのでは?って思う方もいるかもしれませんね。

 

ですがもちろんMCTオイルとココナッツオイルは同じものではありません。

 

そこで今回はMCTオイルとココナッツオイルの違いを見ていきたいと思います。

 

形状

 

ココナッツオイルはおおよそ25度以下になると白く固まってきます。

 

小皿に入れたココナッツ

 

そして熱を加えると質の良いココナッツオイルはスムーズに溶けていき無色の液体になります。

 

MCTオイルは無色で常に液体です。

 

味やニオイ

 

エキストラバージンココナッツオイルは通常ほんのりと甘いココナッツの香りがします。

 

精製ココナッツオイルは脱臭してあり香りはほとんどしません。

 

MCTオイルは基本的にほぼ無味無臭です。

 

脂肪酸構成

 

ココナッツオイルの約90%が飽和脂肪酸ですが(脂肪酸100g中)、その内訳はおおむね次の通りです。(黄色は中鎖脂肪酸)

 

ラウリン酸・・・約47g

カプリル酸(オクタン酸)・・・約8g

カプリン酸(デカン酸)・・・約6g

パルミチン酸・・・約9g

ステアリン酸・・・約3g

 

この他にオメガ9のオレイン酸を約7g、オメガ6のリノール酸を1.7g含有しています。

 

一方、MCTオイルはほぼ100%中鎖脂肪酸ですが、どの中鎖脂肪酸をどの程度含んでいるかはメーカーによって違います。

 

ですがより炭素数が短く早くエネルギーになるカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)をメインに構成しているMCTオイルが多いようです。

 

その他の栄養

 

ココナッツオイルにはごくわずかですがビタミンEが含まれています。

 

ただし製造方法によっては無くなっている可能性もあるので、あまり期待しない方がいいかと思います。

 

MCTオイルに関しては中鎖脂肪酸以外の栄養の詳細はよく分かりません。

おそらく無いのでは?と思います。

 

加熱はできる?

 

ココナッツオイルの臨界温度は200度と言われており、加熱可能な油です。

 

よく炒めものや揚げ物なんかに使われますが、香りがついてしまうため合う料理と合わない料理があるかも。

 

エスニック料理(東南アジア系)ならピッタリかもしれませんが、日本人で毎日作る人はそうそういないでしょう。

 

継続するにはちょっと工夫や忍耐(?)がいるかもしれませんね。

 

MCTオイルは無味無臭ですが加熱料理には向いていません。

 

熱い料理にかける程度なら大丈夫なので、えごま油や亜麻仁油と同じと考えていいかも?

 

結局どっちがおすすめなの?

 

これは一概には言えません。

 

もし中鎖脂肪酸だけが欲しいというのならMCTオイルにかなうものはありません。

 

ですがココナッツオイルは中鎖脂肪酸に加えて他の脂肪酸や微量の栄養成分が自然な状態で含まれています。

 

ちなみにココナッツオイルは自然な状態でラウリン酸をたくさん含みます。

 

ラウリン酸は中鎖脂肪酸の中では消化吸収がゆっくりですが、抗菌パワーに優れていて母乳にも含まれており抵抗力のない赤ちゃんを守っていると言われています。

 

MCTオイルはラウリン酸を全く含まないものも多いです。

 

その他、加熱料理に使うか使わないかでも違いますし、香りの好みにもよります。

 

自分が何を一番優先したいのかをよく考えてから選びましょう。

 

詳細をよくチェックしてから購入しよう!

 

MCTオイルの場合、原材料はココナッツオイルだけではなくパーム核油、またはその二つのブレンドの場合もあります。

 

また中鎖脂肪酸にもいくつか種類があります。

メーカーによってどの中鎖脂肪酸をどの割合で使っているのかが違います。

 

ココナッツオイルにしても低温圧搾なのか加熱処理しているのかといった違いや精製しているかどうかといったことで品質も風味も大幅に変わってきます。

 

このあたりはオリーブオイルと似ていますね。

 

いずれにしてもそれぞれのメーカーが提示している公式情報をよく確認してから購入した方がよさそうです。

 

参考記事

MCTオイルって危険はないのか~個人的な不安あれこれ