カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:油について~全般
【牛脂】ヘットとケンネの違いは何?
【牛脂】ヘットとケンネの違いは何?

久々に家ですき焼きをやりました。

 

その際、スーパーで無料の「牛脂」をいくつかもらってきて調理。

 

最高級の牛肉ではなかったけど家庭で食べるには十分な美味しさで家族みんなお腹も心も大満足でした。

 

これもやっぱり牛脂のおかげかもしれません。

コクとうま味が増します。

 

牛脂とは文字通り「牛の脂」です。

 

日本食品標準成分表で脂肪酸の構成(100g中)を確認するとおおむね以下の通り。

 

・飽和脂肪酸・・・41.05g

・一価不飽和脂肪酸・・・45.01g

 

飽和脂肪酸(パルミチン酸やステアリン酸など)と一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)を同じくらい含有しています。

 

この組織脂肪酸はラードも似たような感じ。

 

もっと飽和脂肪酸がメインだと思っていましたが、実はオレイン酸の量がかなり多いですしある意味オメガ9系なの?ってくらいですね。

(※データにより多少の差があります)

 

ところで牛脂はスーパーでは小さいキューブ型のものなどが無料で肉コーナーにおいてあったりしますよね。

 

今回私がもらった牛脂は「牛脂」と書いたパッケージに入っていました。

 

牛脂って「ヘット」とも言いますが、そういえば「ケンネ」とも言いますよね。

 

この二つの違いっていったい何なのでしょうか。

 

牛の脂を精製した食用油脂であり、牛脂(ぎゅうし)とも呼ばれる

 

Wikipediaによる「ヘット」の説明です。

そして更に以下の説明が。

 

日本国内では、すき焼き用やステーキ用の肉を買い求める客に対し、牛の脂身(この場合は「ヘット」と言わず、専門用語で「ケンネ」または「スイーツ」と呼ばれる部位)をカットしたものが無料で提供されていることも多い。

 

「ケンネ」とは牛の脂身の部分をカットしたもの。

 

同じ牛脂でもヘットは精製したものでケンネは脂身そのものをカットしたもの(腎臓のまわりの脂肪)ってことのよう。

 

ケンネ脂

 

私がタダでいただいたキューブ状のものはケンネ脂だったということでしょう。

(全てひっくるめて「牛脂=ヘット」だと思っていたかも)

 

でもラードみたいに調理用油脂として牛脂(ヘット)って見かけたことないけど、普通に売っているのでしょうか。

 

通販では瓶や缶に入った牛脂(ヘット)が売られていますがあまりスーパーなどでは見かけません。

 

ところで牛脂を使うと料理が美味しくなると評判です。

 

ステーキなどの肉を焼くのはもちろんのこと、ハンバーグにも牛脂(ケンネ)を刻んで混ぜ込んだりします。

 

スープを作る際のコク出しにも。

もちろんカレーにもいいですね。

 

牛脂にしてもラード(豚の脂)にしても毎日食べるのはちょっと考え物ですが、時々美味しい料理を作るために使うのはいいと思う。

 

昔言われていたように動物性脂肪は絶対悪ではなく、どんなものも適量が大事だということですよね。

 

ちなみにスーパーではたいてい牛脂(ケンネ)を無料で配っていますが、たぶん牛肉を購入した人へのサービスのはず。

 

買わないのにもらうのはちょっと・・・ね。

(どうしてもという方はちゃんとお店の方に聞いた方がいいと思う)

 

応用もきいて美味しい牛脂ですがマナーは守った方がいいでしょう。

 

【実験・体験】オイルプリング(うがい)を実際にやってみました!
【実験・体験】オイルプリング(うがい)を実際にやってみました!

オイルプリング(オイルうがい)をご存知ですか?

 

オイルを口の中に入れてプクプクうがいをするのですが、それが美容と健康に良いと言われています。

 

私はオイルプリングに関しては何年も前から知っていましたが、何となく気持ち悪いイメージもあって今までやったことはありませんでした。

 

でもせっかく油のブログをやっているし、ちょっぴり気になっていたことは確かなので今回は実際にやってみることにしたいと思います。

 

オイルプリングとは

 

オイルプリングとは植物油を使って口内を洗浄することです。

 

オイルを口にふくみプクプクとうがいをしたり舌をうごかすことによって口内を洗浄し一定時間を経て吐き出します。

 

これはインドのアーユルヴェーダ(昔からの知恵・伝統的医学)からきている方法で、私もココナッツオイルが有名になったころに知りました。

 

口内の細菌類や毒素は脂質に覆われており、単に水でうがいするだけではあまりとれないのだそうです。

 

そこで油を使ってうがいをし「油と油を一体化させて汚れを引っ張り出す(プリング)」という理論です。

 

口内の汚れは今や多くの病気の元になっているなんて言われますよね。

 

虫歯や歯周病対策はもちろんですが、口臭、生活習慣病、認知症、免疫対策、そして美容にも良いのだとか。

 

もっとも科学的なエビデンスがどれだけあるかは分かりません。

 

民間療法であり、どちらかと言えば実際にやった人達の口コミがメインかも。

(でも割と評判はいいですよね)

 

世界中の有名人がやったりしたので一気に広まったようです。

 

どんなオイルでやればいいの?

 

私がオイルプリングを知ったきっかけは「ココナッツオイル」でした。

(たぶんテレビでやっていたと思う)

 

その後そもそもは「ゴマ油」でやると知りましたが、結局のところオイルプリングで使うオイルは基本的にどんな植物油でも大丈夫なようです。

 

当たり前ですが一応口の中に入れるものですからうっかり飲んじゃっても問題ない「食用油」を用意します。

 

極端な事を言うと家にある安価なサラダ油でもかまわないはずです。

要は「油の力で引き出す」ということですから。

 

ただしやっぱりおススメされているのはオーガニックでエキストラバージンなもの。

 

でも飲むわけじゃないのにそんな高級なものを使うのは金銭的に余裕がないって方はせめて酸化していないできるだけ新しいものがいいのではないでしょうか。

 

口の中に一定時間ふくんでおくのですから、酸化臭がするとそれだけで頭痛がしそうですし、種類もムリのない好みのものがいいかもしれませんね。

 

やり方は簡単、でも最初は疲れるかも

 

オイルプリングのやり方(方法)に関して、私は詳細を知らなかったのでこちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

オイルプリング入門ナビ

 

以下で私も実際にオイルプリングを体験しておりますが、やり方は基本的にこちらのサイトのものでやっております。

 

ポイントは欲張ってあまりたくさんのオイルを含まないことかなと。

 

やってみると分かりますが徐々に唾液が出てきて口の中がいっぱいいっぱいになってしまいます。

(なんせ時間にして15~20分間も口に含んでいるのです。)

 

そしてやり方は簡単ですが真剣にやると割と疲れます。

 

最後は「ゴックン」。

 

・・・はダメですよ!

 

毒や汚れですから当然吐き出すのですが、ちゃんとティッシュやビニール袋に出して生ゴミとして捨ててくださいね。

 

オイルプリング初体験!使ったオイルはコレ

 

それでは実際にオイルプリングを体験してみたいと思います。

 

私が使ったオイルはこちら。

 

・エキストラバージンオリーブオイル

・米油(サラダ油)

・アリーガ(亜麻仁油)

 

単に家にあったオイルですが、今回は初めてであり実験的な要素もあるのであえて3種類を使って3回、日にちを別々にやってみたいと思います。

 

一日目はエキストラバージンオリーブオイル。

私が一番好きなオイルです。

 

これなら口の中に入れておくことに苦痛は感じなさそう。

 

スプーン1杯のルイーザ

↑使ったのはルイーザ

 

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)

 

大さじ1杯より少し少な目にしました。

口の中に入れてすぐにピリッと風味豊かな美味しさがあふれます。

 

うーん・・・あまり好きなオイルも考え物かもしれません。

 

特に私、エキストラバージンオリーブオイルを普通に飲んできた人間ですので飲むことに抵抗がないんですよね・・・。

(無意識に飲み込みたくなります。)

 

口に含んで少し経つともう唾液が噴出してきました。

(オイル少な目にして正解でした)

 

プクプクしたり舌を動かしたりしてなんとか15分経過したので吐き出しました。

かなり口の中がいっぱいになりますね。

 

感想は・・・やっぱりオイルですから多少のベトつき感が口の中と唇にあります。

 

ただし味は好みのものでしたので、このまますすがなくてもいいかなあと思ったのですが、汚れが残っているはずなのでやっぱりうがいはしました。

 

ちなみにオイルを吐き出した後はお湯や塩水(塩お湯)で口をすすぐとさっぱりするそうですが、私は重曹水ですすぎました。

 

 

次の日は米油。

サラダ油の代表としてやってみます。

 

スプーン1杯の米油

 

米油はそもそもサラッとしていてクセがありません。

こめサラダ油ですから精製されていて口に入れても単なる「油」って感じ。

 

油のまったり感(オイリー感)だけを感じるのですが、これに15分耐えられるかどうかは個人個人で違うかもしれません。

 

ちなみに私は口に入れた瞬間は「油!おえッ!」って感じでしたが、唾液が出てきてからは平気になりました。

 

 

そして3日目、健康のためにとっているアリーガという亜麻仁油になります。

 

スプーン1杯のアリーガ

 

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

アリーガは加熱料理に使える珍しい亜麻仁油なんですが、オーガニックで高品質なものになります。

 

正直、やる前に一番抵抗感があったのはこのオイル。

亜麻仁油は独特のクセや風味がありますからね。

 

それに吐き出すオイルプリングにはもったいないかなという気も。

でも今回は実験ということで使ってみました。

 

15分間、口の中に入れていられるかが心配されましたが・・・。

 

結果は・・・完遂しました!

 

でもアリーガはやっぱり加熱調理に使いたいかなあ・・・っていうのが正直な感想です。

(察してねw)

 

どの油もそうですが、口に入れた瞬間はやっぱりオイルの持つ風味なんかを感じるのですが、割と短時間に慣れていきます。

 

むしろ出てくる唾液と全体の量の方が気になる感じ?

 

今回は3日間、3つの種類の油で体験してみましたが、やる気なら続けられるという実感はありますね。

 

もちろんこの3日間で私の健康や美容に何か変化があったわけではありませんが。

 

一番やりやすかったのはエキストラバージンオリーブオイル。

これはあくまでも好みの問題のような気がします。

 

とにかく重曹水でうがいをし終わった後の口の中はとてもスッキリするのは確か。

 

その後も長時間シャキッとしているのです。

(たとえ食事をしてもね)

 

まあこれらは私個人の感想です。

 

みなさんも良かったら試してみてはいかがでしょうか。

 

難しくないし大さじ1杯の油を口に含んでプクプクするだけですから誰にでもできます。

 

専用のオイルもあります

 

 

 

【チョコレート】カカオバター(ココアバター)をもっと知りたい
【チョコレート】カカオバター(ココアバター)をもっと知りたい

私も大好きなチョコレートといえば「カカオバター(ココアバター)」。

 

実は知らず知らずのうちに(?)たくさん食べているのですよね。

 

その割にはあまり実態を知らないかもしれない。

 

そんなカカオバターについてもう少し詳しく知りたくなりました。

 

カカオバターとは?栄養成分を見てみよう!

 

カカオバターとはもちろんカカオ豆からとれる脂肪分になります。

 

カカオ豆には約50%の脂肪分が含まれますが、その構成は次の通り。

 

・オレイン酸(オメガ9)・・・38.1%

・ステアリン酸(飽和脂肪酸)・・・35.4%

・パルミチン酸(飽和脂肪酸)・・・24.4%、その他

 

読むオイル事典・YUKIE

 

一番多いのはオレイン酸なのですね。

 

とは言えステアリン酸とパルミチン酸で約60%ですからやっぱり飽和脂肪酸メインということになります。

 

カカオバター

 

脂肪酸以外の栄養ですとビタミンEとビタミンKが含まれており、また当然ながらカカオポリフェノールを持っています。

 

本来のチョコレートはカカオバターのみのはずだが・・・

 

さて巷ではチョコレートがたくさん売っていますが、価格といい素材といい本当にピンキリですよね。

 

そもそもカカオって最初はチョコレート(お菓子)というより「薬」そのもの。

まさに「良薬は口に苦し」でした。

 

本当に貴重なもので一般の人が手に入れられるものではなかったのです。

 

今やカカオといえばチョコレート、砂糖やミルクが入っていて美味しくなっていますが、健康を考えるならばやっぱり原材料をチェックする必要があります。

 

見ると色々入っている。

 

そもそもチョコレートにはカカオ豆の脂質(カカオバター)以外の油脂成分は要らないはずなのですが・・・。

 

「植物油脂」なんて必要ないのです。

(たぶんパ○ム油とかが入っているのでは・・・)

 

ですがおそらくコストの関係や何かで入っているものが多い。

 

たぶん安い植物油脂を入れてカカオバターを減らさないと100円という金額で提供できないのではないでしょうか。

 

それはたとえ「高カカオチョコレート」となっていても要注意です。

(必ず原材料をチェックしましょう)

 

ただし高カカオチョコレートも食べすぎは注意ですよ。

 

毎日少しずつ、継続が大切です。

 

チョコレートを自分で作れるキットがある

 

本物のチョコレートを食べたい!と思ったら自分で作るのが一番確実かもしれません。

 

 

この手作りチョコレートキット、カカオ豆と作り方のブックレット、そしてモールド(型)の3点セットになっています。

 

スゴイですね。

 

とてもシンプルというか、本当に「一から作れ!」ってことなんですね・・・。

 

実は某有名ユーチューバーがチョコレートを手作りしている動画をアップしておりまして子供と一緒に見たことがあるのですが、「これは安易にやっちゃいけないね・・・」と思いました。

 

だってものすごく大変そう!

 

でも一生懸命作った人だけが香り高い本物のチョコレートを食べれるかもしれません。

 

そう、子供の自由研究にもよさそうですよ。

 

チョコレート好きな親子さん、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

チョコレートだけじゃない!カカオバター用途あれこれ

 

上記のキットはカカオ豆からだけで作るようですが、手作りのチョコレートを作る場合は更にカカオバターをプラスするとよりなめらかなチョコレートになるらしいです。

 

 

結構売れているところを見ると、ちゃんと自分でチョコレートを作っている人がたくさんいるんですね。

 

えらいなあ・・・。

 

量が多いですがボディケア用としても使えるので意外とお得かもしれません。

 

チョコレート、自分で作れば余計な添加物もとらなくて済みます。

 

オレイン酸(オメガ9)茶の実油(ティーシードオイル)のご紹介
オレイン酸(オメガ9)茶の実油(ティーシードオイル)のご紹介

オメガ9と言えばオレイン酸。

 

オレイン酸と言えばオリーブオイルを第一番目に連想します。

 

ところが最近知った茶の実油(ティーシードオイル)もオレイン酸メインのオイルです。

 

お茶と言えば日本人にはとても馴染がありそうなのですが、油となると全く知られていませんよね。

 

今回はそんな「茶の実油」をご紹介したいと思います。

 

茶の実油(ティーシードオイル)とは?

 

茶の実油(ティーシードオイル)とはお茶の実から搾った油です。

 

お茶と言えば日本人にはなくてはならないものなのに完全に葉っぱがメイン。

実に関してはほぼ知識がありません。

 

見たこともなかったです。

(栗かどんぐりっぽいですね)

 

しかしお茶の実から搾った油はオレイン酸(オメガ9)がメインの油なのだそう。

 

その他、ビタミンEやβ-カロテン、コエンザイムQ10などの栄養も豊富だといいます。

 

そもそも「茶の木」ってツバキ科の植物なんですが、そういえばツバキ油もオレイン酸でしたよね。

 

それにしてもお茶といえば日本はたくさん栽培しているはずなのにお茶の実油はどうしてメジャーではないのでしょうか。

 

搾るのに手間がかかりすぎるとか、または採算が合わないのかもしれませんね。

 

国産の茶の実油を発見!

 

お茶(緑茶)はどこのスーパーでもおいていますが、茶の実油は見たことがありません。

 

現在はやっぱり通販メインのようです。

 

ちなみに静岡産の茶の実油を発見しました。

 

100%静岡県産の原料を使用「茶ノ実油 GOLD TEA OIL」

 

92gで3000円ですからかなりの高級品ですね。

 

どうやら日本全国の明治屋さんなどでは売っているみたいですが、確実に手にいれるならやっぱり通販でしょうか。

 

こちらは茶の実油専門サイト

 

国産の茶の実油の他にも「茶の実」や化粧品も販売していますね。

 

お茶の実、私もちょっと食べてみたいです。

 

どうやって食べるのでしょう・・・。

 

が、よく見ると「食べることは推奨していません」だって。

 

インテリアに使えばいいのでしょうか・・・。

 

 

国産ではありませんが、中国広西省産の茶油ならもう少し低価格で手に入るようです。

 

 

こちらはオレイン酸の量が85%と随分高含有になっていますね。

 

静岡産の方はもっとオレイン酸が少ないようですが、これは同じ茶の実油でも商品によって違ってくることはあると思います。

 

栄養成分の詳細が気になる方は各サイトでチェックした方がいいでしょう。

 

日本ではこんなにメジャーなお茶。

 

緑茶とお茶の葉

 

緑茶は私もいつも淹れて飲んでいます。

 

なのに今まで茶油というものがあるのを知らなかったのがちょっと意外。

 

みなさんもよかったらチェックしてみてくださいね。