カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:油について~全般
保存食や非常食としての油脂は有りか無しか
保存食や非常食としての油脂は有りか無しか

保存食や非常食として油脂は有効でしょうか。

 

油?

 

酸化するから保存や非常食には向かないのでは?

 

そう思いますよね。

 

でも未開封の油は比較的賞味期限が長いもの。

賞味期限は1~2年くらいではないでしょうか。

 

そうすると備蓄には向かないわけではないような気がします。

(ラードや牛脂など動物性のものはもっと短いかもしれませんが)

 

オメガ3のえごま油や亜麻仁油でも1年くらいに設定しているものが多いです。

 

もっともこれらは「未開封」という条件が付きます。

ここを間違えると大変ですが他の食品も同様ですので間違える人はいないでしょう。

 

一度開封してしまったらどうしても酸化との闘いになってしまうので、酸化に弱いオメガ3系に限らずどんな油も早めに食べてしまった方がいいのは確か。

 

ですが未開封ならば油を備蓄品の一つにするのは良いかもしれません。

 

油は非常にカロリーが高い。

 

これは普段は敬遠される要因ですが、非常時には逆にメリットになると思うのです。

 

また消化が遅く腹持ちがいい。

 

これも食べ物が少ないであろう非常時にはありがたいはずです。

 

食べ方として、たとえば多少の煮炊きができる状況であれば通常時と同じように加熱調理に使ったり非常食の古くなったお米を炊く時に入れたりといった使い方ができます。

 

また究極の非常時には油をそのまま生の状態でいただくことだってできます。

 

ドレッシングと考えて他の食材につけて食べる。

 

水分がなくてパサパサしがちな非常食にかけると食べやすくなるかもしれません。

 

塩やお酢があれば油とまぜてドレッシングのようにすることも可能でしょう。

 

生きるか死ぬかといった究極の状態では油をとれることが生存確率を高めてくれるかもしれません。

 

そのためにはできるだけ保存状態にも気を配った油脂類を多少なりとも備蓄しておくのは「あり」ではないかと思います。

 

製造年月日と賞味期限をしっかり確認し賞味期限が近くなったら取り換えておくことも大事です。

 

できれば遮光瓶やスチール缶などに入っており酸化が少しでも防げるものがいいかなと。

 

保存する場所は冷暗所など適したところに。

 

開封した後にすぐに酸化してしまうオメガ3は残念ながらあまり向かないかもしれません。

冷蔵庫が使えないことも考慮してできれば常温保存できるものの方がいいでしょう。

 

酸化に比較的強いのはごま油。

 

オリーブオイルやサラダ油でもいいですが、これらもどんな容器に入っているかによっても違ってきますのでよく確認してください。

 

オイル漬けに向いている油はどれだろう
オイル漬けに向いている油はどれだろう

オイル漬けを作ったことがありますか?

 

オイル漬けは味もよくまた保存食としてもとても理にかなった調理法です。

 

食材をオイルの中に入れると空気に触れませんから酸化を防ぐことができます。

また食材が持っている水分が油によって外に流れるのを遮断されるため、細菌が繁殖するのも防げるということになります。

 

ところで、どんなオイルを使ってもオイル漬けはできますが一番適したオイルはどれでしょうか。

 

私はオリーブオイルが好きなのでエキストラバージンオリーブオイルを使ってよくオイル漬けを作ります。

 

ですがエキストラバージンオリーブオイルは冷蔵庫に入れると固まる性質があるので、当然オイル漬けも固まってくる。

 

もちろん冷蔵庫から出してしばらくすると液体に戻るので問題はないですが、うっかり出し忘れるとすぐに食べれないこともあります。

 

またオリーブオイルが好きな我が家では全く問題になりませんが、オリーブオイルは風味が強いですから苦手な人にとっては向いていません。

 

それと一緒で風味の強いごま油なんかも好みが分かれるところでしょう。

(※無味無臭のごま油もあります)

 

ちなみに明治時代にオリーブが日本で栽培された理由の一つは、魚のオイル漬けを外国に輸出しようとしたためらしいです。

オリーブの歴史と品質(香川県観光協会公式サイトより)

 

オイルサーディン

↑当時はどんな容器だったのでしょうか・・・

 

さすが魚がたくさん獲れる日本ならではかもしれません。

 

そしてどんな食材にも合うのはやっぱり無味無臭のオイル。

 

グレープシードオイルをはじめとする無味無臭なサラダ油なんかは食材の味を変えることなく美味しいオイル漬けを作ることができるでしょう。

 

でもサラダ油はあまり摂取したくないオイルなので私は使ったことがありません。

 

体のためにとりたいオイルといえばオメガ3系のえごま油や亜麻仁油。

 

でもどちらのオイルも酸化に弱くまた風味もクセがあるので、オイル漬けを作る材料としてはどうでしょう。

 

できないことはないと思うけど色々と注意が必要だろうし面倒かも。

 

やっぱりオメガ3系はそのまま「かける」や「まぜる」がいいと思う。

 

すると私はやっぱりオリーブオイルに落ち着きますね。

 

エキストラバージンオリーブオイルならポリフェノールも豊富で酸化にも強く安定していますから。

 

まあ基本的にはお好みで。

 

味と健康の両方を考えて漬けてみましょう。

 

オイル漬けを作る場合には容器には気を使いましょう。

煮沸消毒などをしてよく乾かし清潔な状態にしてから作ります。

 

参考記事

生姜を保存するのにオリーブオイル漬けにしてみる

 

 

ボソボソ玄米こそオイルでしっとりモチモチにする
ボソボソ玄米こそオイルでしっとりモチモチにする

最近発芽玄米を炊いて食べています。

一度ハマるとやみつきになるくらい美味しいですね。

 

発芽玄米は玄米よりもさらに栄養価が高く、しかも体内に吸収しやすいということで食べられている方も多いのではないでしょうか。

 

ですが我が家では私を除いて断然白米派。

 

理由はやっぱり食感が硬めでボソボソしているから。

 

発芽玄米は玄米よりはずっと食べやすいと思うのですが、それでももちろん白米に慣れているとその違いに戸惑うこともあります。

 

ちなみに発芽玄米や玄米は通常の白米よりも脂質は多いのです。

ですがあの多少口に残る皮っぽさがボソボソ感を出しているのでイヤな人もいます。

 

そんな発芽玄米(たいていは私の昼食用のおにぎりになるのですが)、せっかく栄養豊富なものですから家族にも少しは食べてもらいたい。

 

そこで登場するのがオイルです。

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた

ご飯実験2~炊く時に亜麻仁油(アリーガ)を入れてみた

 

発芽玄米と白米を1対2の割合で炊きます。

 

その時に少し水を多めに入れること、そしてオイル(今回はエキストラバージンオリーブオイル)を大さじ1杯程度入れています。

 

すると本当にモチモチしっとりと出来上がって美味しいですし、腹持ちもすごくいいのでおすすめですよ。

 

玄米、発芽玄米、その他の雑穀米など健康対策にはいろいろとありますが、やっぱり美味しさを無視しては続けることはできません。

 

それぞれが持つ良さはあっても白米に食べなれてしまった人にとってはなかなか受け入れられないこともあります。

 

こんな時は「オイル」をちょっぴり入れてみてください。

より硬い玄米を炊く時にはなおさらおすすめですよ。

 

だからと言ってもちろん白米と同じになるわけではありませんがボソボソ感はだいぶ緩和されしっとりつやつやになると思います。

 

もっとも発芽玄米なんかはあのプチっとした食感が好きという人も多いと思います。

 

私もそんな一人です。

白米にはない味と食感を楽しんでいます。

 

ちなみに私が食べているのがファンケルの発芽米です。

 

ファンケルの発芽米1kg

 

ファンケルの発芽米を手にとったところ

 

炊き方も簡単ですごく美味しいですし栄養もビックリするほど豊富です。

(栄養の詳細はこちら ⇒ ファンケルの発芽米

 

個人的には説明通りの配合や炊き方で十分美味しくふっくらできると思っていますが、さらにしっとりさせたい方は良質なオイルを少し入れてみてください。

 

ちなみにファンケルの発芽米はスーパーでも比較的おいています。

 

でも通販限定でかなりお得な「お試しセット」があるのでこれが断然おすすめですね。

 

ファンケルの発芽米お試しセットが届いたところ

↑500gの袋(左)がついてきました!しかも送料無料!

 

初めて購入する人は注文しない手はないほどお得です。

でも当然お一人1セットを1回限りですのでご注意くださいね。

(※金額や特典などは変更になる可能性があるので注文前に最新情報を必ずチェックしてください)

 

初めて発芽玄米を食べてみる方、ファンケルの発芽米を初めて購入する方、玄米と食べ比べてみたいという方はこのお得セットで一度実際に味を確かめてみるといいでしょう。

 

【ファンケル】通販限定!発芽米お試しセット780円!500g増量中!



ちなみに私の最近のお気に入りは中に昆布の佃煮を入れた発芽米おにぎりです。

 

発芽米の香ばしさや食感と昆布の美味しさがぴったりでやみつきになるんですよね~。

 

 

油汚れ【キッチン編】ガンコなベタベタに使うのは重曹です!
油汚れ【キッチン編】ガンコなベタベタに使うのは重曹です!

今日は食べる方の油ではなく汚れとしての油です。

 

毎日のように料理をしていくといくら掃除をしていても知らない間に汚れがこびりついていますよね。

 

一番やっかいなのは油汚れ。

 

油のベタベタ汚れは放置しておくと埃も吸着して厄介なことになります。

 

ですから汚れたらできるだけ早く汚れを取り除いた方がいい。

 

料理の後は毎日必ずしっかり掃除をした方がいいのですが、忙しい毎日で時々サボってしまったり見落としがあったりするのは仕方ありません。

 

そしてある日ふと見るとガチっと固まった油汚れを発見したりします。

 

これがちょっと拭いただけでは取れないことが多い。

 

そんな時、私が使っているのが「重曹」です。

 

どうして重曹が油汚れに強いかといえば重曹(炭酸水素ナトリウム)がアルカリ性だからなのです。

 

油汚れは基本的に酸性なのでアルカリ性の重曹で中和させるという単純な理論です。

 

じゃあその重曹をどうやって使うのかといえば、私は重曹を水で練ってペースト状にし、汚れに張り付けるようにしちゃいます。

 

重曹の使い方は他にも色々とあるのですが、油汚れに一番使いやすくて効果的だと思ったのがこの重曹ペースト。

 

作り方も非常に簡単で、単に重曹に水を入れてペースト状になるように混ぜるだけ。

 

重曹ペースト

 

汚れにペタッと吸着させたいのでシャバシャバではなくトロリと濃度があるくらいに水加減を調整するのがコツといえばコツでしょう。

 

ですから水と重曹の量にこれといった決まりはなく、自分が使いやすい硬さに調整しても大丈夫です。

 

壁などどうしても重曹ペーストが垂れてくる場合には上からラップをペタっと貼るとなおいいですよ。

 

塗る場合にはスプーンや使い古しの歯ブラシを使っています。

 

重曹ペーストを塗る

 

そして15~30分程度放置してから重曹ペーストを洗い流します。

 

洗い流せない場所は雑巾やスポンジなどでふき取りますが、汚れが残っている場合には少し擦ってください。

 

ここで一つ、注意なのは重曹ペーストが残っていると乾いてから白いザラザラも残ってしまうということ。

 

できるだけきれいに洗い流すか拭き取ってください。

 

汚れは本来はできるだけすぐに取り除くのが結果的に一番楽できる方法です。

 

でも油汚れってハネてしまうし予想外の場所についていたりするもの。

するとまったく気が付かない場合も多いんですよね。

 

だからどうしても時間が経ってから発見するところが出てきてしまうのです。

 

そんな時間が経ってガンコにとれない汚れには重曹をおすすめします。

化学洗剤よりも体にも環境にも優しいです。

 

ちなみに私が使っているのはこちら↓

 

アームアンドハンマー

 

 

コ○トコで買った方が安いという意見もありますが、行ける人だけじゃないし行けばいったでコレだけ買うわけじゃないし余計な出費が・・・ってことであえて通販で買うという手も。

 

重いモノを運ばなくていいですしね。

 

アームアンドハンマーは料理にも使えるグレードの、もちろん掃除にも使える万能タイプの天然ものです。

 

アームアンドハンマーの表示

 

大容量でコスパが非常に高く一袋買っただけでかなり長持ちします。

 

美味しい料理を作った後は重曹でお掃除もしっかりやりましょう。