カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:油について~全般
【MCTオイルとココナッツオイル】違いはコレ!
【MCTオイルとココナッツオイル】違いはコレ!

MCTオイルの原材料をチェックしていると「ココナッツオイル由来」とか「ココナッツオイル100%」なんて書いてあります。

 

だったらココナッツオイルでいいのでは?って思う方もいるかもしれませんね。

 

ですがもちろんMCTオイルとココナッツオイルは同じものではありません。

 

そこで今回はMCTオイルとココナッツオイルの違いを見ていきたいと思います。

 

形状

 

ココナッツオイルはおおよそ25度以下になると白く固まってきます。

 

小皿に入れたココナッツ

 

そして熱を加えると質の良いココナッツオイルはスムーズに溶けていき無色の液体になります。

 

MCTオイルは無色で常に液体です。

 

味やニオイ

 

エキストラバージンココナッツオイルは通常ほんのりと甘いココナッツの香りがします。

 

精製ココナッツオイルは脱臭してあり香りはほとんどしません。

 

MCTオイルは基本的にほぼ無味無臭です。

 

脂肪酸構成

 

ココナッツオイルの約90%が飽和脂肪酸ですが(脂肪酸100g中)、その内訳はおおむね次の通りです。(黄色は中鎖脂肪酸)

 

ラウリン酸・・・約47g

カプリル酸(オクタン酸)・・・約8g

カプリン酸(デカン酸)・・・約6g

パルミチン酸・・・約9g

ステアリン酸・・・約3g

 

この他にオメガ9のオレイン酸を約7g、オメガ6のリノール酸を1.7g含有しています。

 

一方、MCTオイルはほぼ100%中鎖脂肪酸ですが、どの中鎖脂肪酸をどの程度含んでいるかはメーカーによって違います。

 

ですがより炭素数が短く早くエネルギーになるカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)をメインに構成しているMCTオイルが多いようです。

 

その他の栄養

 

ココナッツオイルにはごくわずかですがビタミンEが含まれています。

 

ただし製造方法によっては無くなっている可能性もあるので、あまり期待しない方がいいかと思います。

 

MCTオイルに関しては中鎖脂肪酸以外の栄養の詳細はよく分かりません。

おそらく無いのでは?と思います。

 

加熱はできる?

 

ココナッツオイルの臨界温度は200度と言われており、加熱可能な油です。

 

よく炒めものや揚げ物なんかに使われますが、香りがついてしまうため合う料理と合わない料理があるかも。

 

エスニック料理(東南アジア系)ならピッタリかもしれませんが、日本人で毎日作る人はそうそういないでしょう。

 

継続するにはちょっと工夫や忍耐(?)がいるかもしれませんね。

 

MCTオイルは無味無臭ですが加熱料理には向いていません。

 

熱い料理にかける程度なら大丈夫なので、えごま油や亜麻仁油と同じと考えていいかも?

 

結局どっちがおすすめなの?

 

これは一概には言えません。

 

もし中鎖脂肪酸だけが欲しいというのならMCTオイルにかなうものはありません。

 

ですがココナッツオイルは中鎖脂肪酸に加えて他の脂肪酸や微量の栄養成分が自然な状態で含まれています。

 

ちなみにココナッツオイルは自然な状態でラウリン酸をたくさん含みます。

 

ラウリン酸は中鎖脂肪酸の中では消化吸収がゆっくりですが、抗菌パワーに優れていて母乳にも含まれており抵抗力のない赤ちゃんを守っていると言われています。

 

MCTオイルはラウリン酸を全く含まないものも多いです。

 

その他、加熱料理に使うか使わないかでも違いますし、香りの好みにもよります。

 

自分が何を一番優先したいのかをよく考えてから選びましょう。

 

詳細をよくチェックしてから購入しよう!

 

MCTオイルの場合、原材料はココナッツオイルだけではなくパーム核油、またはその二つのブレンドの場合もあります。

 

また中鎖脂肪酸にもいくつか種類があります。

メーカーによってどの中鎖脂肪酸をどの割合で使っているのかが違います。

 

ココナッツオイルにしても低温圧搾なのか加熱処理しているのかといった違いや精製しているかどうかといったことで品質も風味も大幅に変わってきます。

 

このあたりはオリーブオイルと似ていますね。

 

いずれにしてもそれぞれのメーカーが提示している公式情報をよく確認してから購入した方がよさそうです。

 

参考記事

MCTオイルって危険はないのか~個人的な不安あれこれ

 

 

MCTオイルって危険はないのか~個人的な不安あれこれ
MCTオイルって危険はないのか~個人的な不安あれこれ

最近は近所のスーパーでも普通に見かけるMCTオイル。

 

特にコーヒーダイエットをしたい人に注目されているMCTオイルですが、いったいどんな油なのでしょうか。

 

実は私もちょっぴりダイエットに使ってみたいと思ったことがあります。

しかし調べていくうちにいくつか不安要素が出てきました。

 

そこで今回はMCTオイルについて、半分は私の憶測も加わりますが(ご了承ください)書いていきたいと思います。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)とは

 

MCT(Medium Chain Triglyceride)オイルは日本語で言うと「中鎖脂肪酸」100%オイルのことです。

 

中鎖脂肪酸とは脂肪酸を構成している炭素の数が長鎖脂肪酸と比較して短く、素早く消化・分解されエネルギーとなるのが特徴です。

 

このため効率よく脂肪酸を摂りたい人、例えばスポーツ選手やダイエットをしたい人に重宝されています。

 

また高齢者用の食事や介護食などにも中鎖脂肪酸は使われており、食事の量がとれずに栄養不足になりがちな方にもおすすめです。

 

母乳(牛乳含む)には中鎖脂肪酸が数%含まれていて(粉ミルクにも入っているものあり)、赤ちゃんや幼児にとっても必要な脂肪酸とも言えます。

 

加えて中鎖脂肪酸が近年注目されている理由として、体内で一部が「ケトン体」という物質に変換されることがあげられます。

 

ケトン体はブドウ糖の代りになる第二のエネルギー源と言われており、ブドウ糖が脳のエネルギーになりにくいアルツハイマー型の認知症対策になるのではと言われています。

 

MCTオイルは何からとった油なの?

 

あるMCTオイルを手に取って原材料を確認してみたのですが、表示には「中鎖脂肪酸油」とだけ書いてありました。

 

その中鎖脂肪酸はいったいどんな材料から搾って作られたものなのでしょうか。

 

もう少し調査してみると明記してあるものに関しては主に次の二つがありました。

 

パーム核油

 

パーム核油とはアブラヤシの核(果肉の中にある種子、カーネル)から搾った油です。

(上画像参照)

 

主な中鎖脂肪酸含有量(脂肪酸100g中)

ラウリン酸・・・48g

カプリル酸(オクタン酸)・・・4.1g

カプリン酸(デカン酸)・・・3.6g

 

ココナッツオイル

 

ココナッツオイルはココヤシ(ココナッツ)の種子の中にある胚乳からとった油です。

 

ココナッツ

↑白い部分が胚乳

 

主な中鎖脂肪酸含有量(脂肪酸100g中)

ラウリン酸・・・46.8g

カプリル酸(オクタン酸)・・・8.3g

カプリン酸(デカン酸)・・・6.1g

 

パーム核油とココナッツオイルは脂肪酸の構成がとてもよく似ていて約60%の中鎖脂肪酸を持っています。

 

パーム油は使っていないの?

 

アブラヤシの果肉部分から搾った油がパーム油になります。

(上画像参照)

 

主な中鎖脂肪酸含有量(脂肪酸100g中)

ラウリン酸・・・0.5g

カプリル酸(オクタン酸)・・・0g

カプリン酸(デカン酸)・・・0g

 

パーム核油は中鎖脂肪酸の割合が高いのに対し、パーム油は長鎖脂肪酸のパルミチン酸(44g)がメインとなります。

 

ですからMCTオイルの原料として「パーム油」が使われることはおそらくないはずです。

 

パーム核油なら安全なの?

 

MCTオイルの原材料にパーム核油を使っている場合、よく「果肉を原材料とするパーム油ではありません」といった補足がついていることがあります。

 

こういう補足があるということは間違いやすいための単なる区別とも言えますが、パーム油自体に問題があるというニュアンスも感じ取れます。

 

確かに脂肪酸はパーム核油とパーム油は全く違うため別モノと言ってもいいでしょう。

 

でも原材料は同じアブラヤシ。

果肉を使っているのか種を使っているかの違いです。

 

まず環境や労働問題に関しては種だろうが果肉だろうがあまり変わりはないでしょう。

(つまり問題はあるってことじゃないかと・・・)

 

次に「パーム核油は健康上安全なの?」ってことですが。

 

パーム油と言えば日本人にとって一番(?)身近でありながら隠れた油(見えない油)として市販の加工品にたくさん使われています。

 

健康面で賛否両論あるので一番気になるところですよね。

 

パーム油は長鎖脂肪酸メインの油ですが、健康上の懸念はいくつか言われています。

 

・高い発がん率

・インスリンの働き低下

・環境ホルモン作用

 

パーム油の脂肪酸内訳としては飽和脂肪酸のパルミチン酸とオメガ9のオレイン酸がメインですが、これらが問題なわけではありません。

 

じゃあパーム油の一体何が問題なのかって言うと、実は原因がハッキリしない「未知の危険」といったところ。

 

脂肪酸ではない何かが原因である可能性あり。

 

価格も安く飽和脂肪酸を多くもつ植物油として多くの食品に使える便利な油なのですが、やっぱり積極的にはおすすめできないのですよね。

 

原因がアブラヤシの果肉部分だけなのか?

 

もしアブラヤシ全般に及んでいるとすればパーム核油も?ということは私の個人的な心配です。

 

MCTオイルってどうやって取り出してるの?

 

自然界において中鎖脂肪酸100%の植物なんてたぶんありません。

 

自然な状態のココナッツオイルやパーム核油は中鎖脂肪酸以外の脂肪酸も持っています。

 

ということは、MCTオイルは人工的に分離・分解・合成して作り上げた油ということ。

 

その工程で何かデメリットは発生していないのでしょうか。

 

別に「人工=危険」と言っているわけではありません。

 

自然なものでも危険なものはあるし人工的にその危険を排除することもありますが、油に関してはどうしても「ただ搾っただけ」の自然なものが良いというイメージがありまして・・・。

 

だったらエキストラバージンココナッツオイルをとればいいのですが、中鎖脂肪酸だけが欲しいならばやっぱりMCTオイルにはかなわないでしょう。

 

でも抽出方法は安全でしょうか?

また自然な状態ならではの良い面が消滅していたりはしないのでしょうか?

 

人工的に作る油って今まで見てきた限りだとデメリットが同時に発生することって時にはあると思うのですよね。

 

もちろんこれは私が勝手に推測しているだけなので全く持って間違っているかもしれないことをご了承ください。

 

こんなMCTオイルなら使ってみたい!

 

そんな私でも上記のようなグダグダな不安を解消してくれるMCTオイルがあるならぜひダイエットに使ってみたいと思います。

 

・原材料は低温圧搾

・製造過程で化学薬剤・添加物を使っていない

・中鎖脂肪酸が100%

・素材の持っている他の有効な栄養成分が残っている状態

・トランス脂肪酸ゼロ

・できれば何にでも合うように無味無臭

・低価格

・酸化に強い

・高温でも調理可能

 

ここまで求めると虫が良い話になってしまいますね。

 

取りあえずかなり質にこだわっているなあと思うMCTオイルとして、こちらの商品はなかなか良さそうです。

 

仙台勝山館MCTオイル360g <ココナッツベース・中鎖脂肪酸100%>

 

ココナッツ(フィリピン、マレーシア、インドネシア産など)から作ったMCTオイル。

 

しかも中鎖脂肪酸の中でもさらに炭素が短いカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)だけを使っています。

(ラウリン酸はC12、Cは炭素のこと)

 

こちらの商品では精製においては活性白土を使用して脱色したり水蒸気などを利用しながら脱臭を行っているそうです。

 

またヘキサンなどの化学溶剤も使っていません。

 

まとめ

 

MCTオイルは中鎖脂肪酸のメリットを存分に活用できる有益なオイルであることは間違いないでしょう。

 

ですがやはり人の手で作りあげた油であり、その過程があまりよく分からないことから思いもよらないデメリットが発生したりはしないのだろうかと考えてしまいました。

 

要は他の油と同じでピンキリであるのは間違いなし。

 

人の手が加えられている以上、製造工程をしっかりチェックしないといけないのではないかと思ったのでした。

 

そんな私はやっぱりダイエットには甘いモノを控えて適度な運動をすることにします。

(それで痩せたら苦労しなけど)

 

みなさんもMCTオイルを使う前にメリット・デメリットをもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

できれば製造方法などを公開しているものが良いのではないかと思います。

 

参考記事

【MCTオイルとココナッツオイル】違いはコレ!

 

 

【腸育・腸活】良質なオイルを上手に活用しよう!
【腸育・腸活】良質なオイルを上手に活用しよう!

腸の健康はとても大事。

 

「腸育」や「腸活」という言葉も多くの人に知られるようになりました。

 

腸の環境を改善することが体全体の健康に繋がるのはどうやら本当のようです。

 

人間の寿命も腸の健康によって決まる!?なんて説もあるほど。

 

ですが「腸育」や「腸活」の方法は一つではありません。

 

イメージとしてはヨーグルトを食べて善玉菌を増やすとか食物繊維を積極的に摂取して便通を整えるとか。

 

そんな中で良質なオイルを摂取することも腸育の一つの方法になります。

 

よく言われるのがオリーブオイル。

 

オリーブオイルの主要な脂肪酸はオレイン酸ですが、これは一定量をとることで大腸まで到達し排便を促す作用があると言われています。

 

いわゆる「便秘対策」ですね。

 

一方、オメガ3(α-リノレン酸、DHA、EPAなど)も油ですから便秘にも良いのですが、その他に腸内の炎症を抑える作用が期待できます。

 

リノール酸(オメガ6)は体内のいたる所に炎症を引き起こす脂肪酸で、それと真逆の作用を持っているのがオメガ3というわけです。

 

この炎症こそが現代人に多い生活習慣病やアレルギーを引き起こす原因となっているため、オメガ3を積極的にとることは現代人にとってとても大切です。

 

また腸には細菌類の集団がいます。

 

これが最近よく耳にする「腸内フローラ(腸内細菌叢)」で善玉菌と悪玉菌が住んでいるのですが、そのバランスが崩れると多くのトラブルが発生します。

 

オメガ3はそんな腸内細菌のバランスを保ちより良い環境作りに役立ちます。

 

ただしオイルは良質であっても摂り過ぎにはくれぐれも注意。

 

あれもこれもと摂っているとお腹を壊したり太ったり・・・。

 

質の良い油と今まで摂っていた質の悪い油を置き換えていかないと違った弊害が出てくるので注意しましょう。

 

一日に「大さじ○杯」とか「〇mg」といった目安があったとしても、自分の体調を見て調節することも大事です。

 

このように良質のオイルは腸育・腸活のために活用することができます。

 

腸が元気になれば体も元気。

 

今まで原因のよく分からなかったトラブルもオイルによる腸育・腸活で改善するかもしれません。

 

ですが腸内環境の乱れる原因は人によってそれぞれ違います。

 

自分にとって何が必要なのか、乳酸菌なのかオメガ3なのかオリーブオイルなのか。

 

自分の体調をよくチェックして対策することが大切です。

 

参考記事

便秘緩和の理由は亜麻仁油かエキストラバージンオリーブオイルか

 

 

加熱調理【米油VSグレープシードオイル】どっちにする?
加熱調理【米油VSグレープシードオイル】どっちにする?

米油とグレープシードオイル、どちらもクセがなくサラダ油として生食できたり加熱調理にも向いている便利な油です。

 

加えて油を大量に使う揚げ物などはどうしても「安くて使い勝手が良い」という点も見逃せないんですよね。

 

とは言えその中でもできるだけ体に良いものを選びたいと思うのは当然です。

 

今回は加熱調理に向きそうな米油とグレープシードオイル、この二つの油について比較してみたいと思います。

 

米油とグレープシードオイルを比較する

 

米油とグレープシードオイルを以下のような項目で比較してみます。

 

なおオイルは各メーカー・商品ごとに多少の差異があり完全にあてはまらない場合がありますのでご了承ください。

 

色、味、におい

 

米油は黄色っぽい色をしており、ほぼ無味無臭です。

 

グレープシードオイルは無色かグリーン系、ほぼ無味無臭です。

 

脂肪酸構成

 

米油は「オメガ9系オイル」でオレイン酸が約43%、リノール酸が35%、α-リノレン酸は1.3%、パルミチン酸が約17%含まれています。

 

グレープシードオイルは「オメガ6系オイル」でリノール酸が約68%、オレイン酸が約18%、α-リノレン酸が0.5%、パルミチン酸が約7%含まれます。

 

特徴のある栄養成分

 

【米油】

・植物ステロール

・γ-オリザノール

・トコトリエノール

 

【グレープシードオイル】

・アントシアニジン

・プロアントシアニジン

・レスベラトロール

・トコフェロール

 

酸化はどうか

 

米油は酸化しにくい油と言われています。

それは「トコトリエノール(ビタミンEの一種)」が大変強い酸化抵抗成分だということと、酸化に強いオレイン酸の含有量が比較的多いからです。

 

一方、グレープシードオイルも酸化抵抗成分であるトコフェロール(ビタミンE)やポリフェノールが含まれているという点で酸化に強いと言えるのですが、残念ながらベースが酸化しやすいリノール酸だということが気になります。

 

加熱に向くか?

 

米油もグレープシードオイルも比較的高温での加熱調理が可能です。

 

加えて米油は加熱調理の際に「油酔い」という現象が起こりにくいと言われています。

 

価格

 

一般的にスーパーで売られている米油とグレープシードオイルの価格を比較しても極端に違うわけではありません。

 

どの油もそうですが米油もグレープシードオイルもピンキリで、それぞれ品質によって価格にはかなり幅があります。

 

ですから単純に価格だけを見て「こっちの方がおすすめ!」と言うのは無理かも。

 

とは言え、よくスーパーでみかける次の商品の価格を見てみます。

 

 

「日清 ピュア グレープシードオイル コレステロール0ゼロ」は400g入りでアマゾン価格が669円。

 

 

私も使った「ボーソー米油」は600g入りでアマゾン価格が424円となっています。

(2018年9月現在)

 

加熱調理、私ならこっちを選ぼうと思う

 

以前オリーブオイルとグレープシードオイルを比較したことがあります。

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?

 

オリーブオイルも高温に耐えられる油で調理にも向いているのですが、やはり風味が残る点で料理の種類を選びました。

 

一方グレープシードオイルは基本的に無味無臭ですので加熱調理をしても料理の味を邪魔することありません。

 

そして米油もそう。

 

この部分では互角かなあと思うのですが、やっぱりグレープシードオイルのリノール酸の含有量が高いことが一番気になりますね。

 

一方、米油もリノール酸は多いのですが、それでもオレイン酸の方がより多いですし強力なビタミンE類も含まれます。

 

よってあくまでも米油とグレープシードオイルの二つだけに絞って選ぶとすれば、私はリノール酸の量を考慮して「米油」を選ぼうかなと思います。

 

もっとも油は脂肪酸だけではなく、どういった搾り方をしているかなどチェックしなくてはならない項目は多いので一概には言えませんね。

 

参考記事

「米油」はサラダ油から脱却したい人にいいかも?

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

カメリナオイルVSグレープシードオイル!加熱にどっち使おう