カテゴリー:油について~全般の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:油について~全般
特殊なオイル~ニガウリ(ゴーヤ)種子油は共役リノレン酸を含む
特殊なオイル~ニガウリ(ゴーヤ)種子油は共役リノレン酸を含む

夏になると一度はゴーヤを購入し、数回に分けで食べます。

 

一度だけ?と思われるかもしれませんが、3人家族でゴーヤ一本を消費するのは結構大変。

 

ゴーヤ料理と言えばやっぱりゴーヤチャンプルーでしょうか。

 

ゴーヤチャンプルーは野菜と肉(タンパク質)のバランスもとれているし、ゴーヤのほろ苦さで食欲も増進しますよね。

 

ですがそんなゴーヤ、果実の部分だけではなく中のワタや種にも豊富な栄養があり食べることができます。

 

特に種。

 

ゴーヤに含まれている油脂成分はとても珍しいものです。

 

ゴーヤ(ニガウリ)について

 

ゴーヤ、ニガウリ(苦瓜)とも言いますね。

 

その名の通り苦いのが特徴。

 

「モモルデシン」といった苦味成分が数種類含まれており、なかなか独特な苦味で敬遠する人も多いですが、食欲増進作用もあるため夏には打って付けの野菜です。

 

ビタミンもミネラルも豊富ですが特にビタミンCが多く、またゴーヤのビタミンCは加熱に強いことから加熱料理にも向いています。

 

冷凍保存も可能なので、1本を一度に使い切れない場合はスライスして冷凍しておくといいでしょう。

 

我が家でも一度に食べ切ることができないので必ず冷凍します。

 

種子に含まれる共役リノレン酸とは?

 

ゴーヤは通常、外側の皮(果実)部分を食べますが、中にはフワッとしたワタとそのワタに包まれている種子が入っています。

 

実はワタも種子もとても栄養があるため、捨てないで食べる人もいます。

 

特に種子には「共役リノレン酸」(CLN)という大変珍しい脂肪酸が含まれています。

 

「共役リノレン酸」は体内で「共役リノール酸」(CLA)に変化しガン対策や脂肪燃焼に有効ではないかという研究がなされており注目されています。

 

ただ大変珍しい脂肪酸で、主にゴーヤの種子油やざくろ種子油に含まれますが、どれもあまり摂りやすいものではありません。

 

ちなみにゴーヤは栄養が豊富ですが、実にも種子にも有害物質が含まれており中毒を起こすことがあるので「過剰摂取」はおすすめできません。

 

ごく常識的に食べる分には問題ないでしょうけど、実や種子を粉末にしたものなどを毎日たくさんとるのは少し考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

ニガウリ種子油って売っているの?

 

ところで共役リノレン酸という希少な脂肪酸を含む「ニガウリ種子油」って売っているのでしょうか。

 

例えば有害物質を排除した油が販売されていれば・・・と思ったのですがちょっと見当たりませんでした。

(知っていたら教えてください)

 

ゴーヤに関するものでは、ゴーヤ茶やゴーヤの粉末なら一般的に販売されています。

 

 

粉末は種子を含むものも多いようですので種子の栄養も摂れると思いますが、上記にも書いた通り過剰摂取には気を付けてください。

 

 

種を食べてみた!

 

せっかくなのでゴーヤの種を食べてみることにしたいと思います。

 

ゴーヤを調理した際に出たワタから種を取り出し、レンジに1分ほどかけその後にフライパンで炒ります。

 

ゴーヤの種を炒る

↑香ばしい香りがしてきます

 

炒って塩をふったゴーヤの種

↑少し塩をふってみました

 

ゴーヤの種らしく(?)噛むと少し苦味があります。

 

でもゴーヤの果実ほど強烈な苦味ではないので大丈夫。

 

種実らしくコクとうま味があって美味しいですね。

 

これは確かに捨てるのはもったいないが・・・。

 

共役リノレン酸がとれるのは嬉しいですが「絶対食べよう!」ってほどでもないかな・・・というのが個人的な感想です。

 

参考文献:「ツルレイシ」ウィキペディア

 

 

参考記事

貴重なプニカ酸(オメガ5)ざくろオイル~ジュースには入っている?

 

 

貴重なプニカ酸(オメガ5)ざくろオイル~ジュースには入っている?
貴重なプニカ酸(オメガ5)ざくろオイル~ジュースには入っている?

オメガ3、オメガ6、オメガ9という3つの脂肪酸の他にもオメガ7(パルミトレイン酸)が注目されつつある今日このごろ。

パルミトレイン酸(オメガ7脂肪酸)とはどんな油か

 

ところで「オメガ5脂肪酸」もあるのをご存知でしょうか。

 

今回はオメガ5がたっぷり含まれている「ざくろオイル」についてご紹介します。

 

また、特に女性に人気がある「ざくろジュース」にも触れてみたいと思います。

 

ざくろオイルとは

 

ざくろオイルとは、ざくろの種子からとった油です。

 

ザクロ_2

 

ざくろは熟すと割れて中の果肉が現れます。

 

果肉は小さな粒に分かれていますが、その一つ一つの中に種子が入っています。

 

その種子から搾った油がざくろオイルです。

 

オメガ5系脂肪酸であるプニカ酸について

 

ざくろオイルの脂肪酸はとても特徴のある成分を持っています。

 

それは「プニカ酸」

 

プニカ酸はオメガ5系の脂肪酸で大変珍しいものになります。

 

ざくろオイルにはプニカ酸が「約80%弱」も含まれており、他にリノール酸(オメガ6)、オレイン酸(オメガ9)、パルミチン酸(飽和脂肪酸)などが含まれます。

 

このプニカ酸というのは「共役型リノレン酸(CLN)」という脂肪酸の一種です。

 

共役型リノレン酸とはリノレン酸の二重構造部分が異性化したものですが、これが世界各国での研究や実験などによりがんやアレルギー対策に期待できることが分かってきました。

 

また、体脂肪を体内に溜め込むのを抑えたり冷え性の緩和なども期待されています。

 

このように期待値がとても高いことから今後もっと研究が進みオメガ5・プニカ酸の注目度はさらに高まるでしょう。

 

しかし一定量を含有しているものが自然界ではざくろ以外には(おそらく)なく、また非常に酸化しやすく難しい油です。

 

質の良いプニカ酸が含まれたざくろオイルを見つけるのは、なかなか難しいかもしれません。

 

より一般的なのはざくろジュースだが・・・

 

ざくろと言えば、女性には以前から注目されてきた果物です。

 

その要因はざくろの持っているポリフェノールにあります。

(そもそもざくろの種からとった油(プニカ酸)なんて、一般の人はあまり知らないでしょう)

 

女性なら「ざくろには女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれるからおすすめ!」なんて話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

そのポリフェノール成分は「クメステロール」というもの。

 

クメステロールは「植物性エストロゲン」とも言われており、確かに女性ホルモンのような働きをすると言われていますが、主に種子の中に含まれる成分になります。

 

ですから果実部分だけを使っているざくろジュースですと「クメステロール」が含まれている確率は少ないと思います。

 

もちろん中にはしっかりと含まれているものもあるでしょうが、ざくろジュースを飲めば必ずクメステロールが摂取できるとは思わない方がいいでしょう。

 

エストロゲンは本当に含まれているの?ザクロを使った健康志向食品(国民生活センター)

 

クレオパトラも食べた(飲んだ)なんて言われる歴史ある果物ざくろ。

 

確かに素晴らしい栄養成分を含んではいますが、オイルにしてもジュースにしても詳細をよく確認してから購入した方がよさそうですね。

 

おすすめなざくろオイルとざくろジュース

 

さて、上記でも述べたように高品質なざくろ食品を見つけるのは実際には少し大変なようです。

 

オイルにしてもジュースにしても高品質なものを提供するにはなかなか手間がかかりそうなので、あまり安価なものは疑ってみることも必要かも?

 

ここではいくつかの商品をご紹介しますが、それらに「プニカ酸」や「ポリフェノール」が実際にどのくらい含んでいるのかは分かりません。

 

ご了解いただいた上で参考程度にご覧いただければと思います。

 

まずはざくろオイル。

 

有機食用ザクロ種子油 100ml

 

食用のざくろオイルというものは大変珍しいようで、探してみてようやく見つけました。

 

こちらはイスラエル産のざくろオイルです。

 

有機(オーガニック)でコールドプレスとなっております。

 

たった100mlでこの価格!

 

ですが「一日10滴ほど舌に垂らす」となっているので、摂取量はほんとうに少量でOKのようです。

 

 

オーガニック ザクロシードオイル 100ml

 

こちらはお肌用。

 

他のオイルとのブレンドも多い中、100%ざくろのオイルになります。

 

こちらも有機(オーガニック)で高品質・高価格になります。

 



野田ハニーのざくろジュース100%

古代ペルシャ産の有機ざくろを100%使用したジュースです。

 

香料、調整剤、保存剤、防腐剤、着色料など添加物はいっさい使用していないとのこと。

 

ジュースというと果実のみをしぼっていると思われがちですが、こちらのジュースは種まで全てすり潰しているのが特徴。

 

また降水量が少ないことから糖度が非常に高く酸味が低いのがポイントです。

 

 

特許商品「クィーンズザクロ」

 

こちらもザクロジュース。

 

無農薬のイラン産ザクロをたっぷり使用。

 

種子の中までとり入れる製法で特許を取得しています。

(特許第5770462号)

 

非常に詳しい成分分析を公表していますのでよく詳細をチェックして納得してからご購入できます。

 

 

参考文献:読むオイル事典/YUKIE

 

パルミトレイン酸(オメガ7脂肪酸)とはどんな油か
パルミトレイン酸(オメガ7脂肪酸)とはどんな油か

オメガ3やオメガ6、そしてオメガ9はもはや多くの人に認知されています。

 

ところが実はオメガ7という脂肪酸もあることを知っている人はまだ少ないのではないでしょうか。

 

(実はオメガ5もありますがそれはまた後日。)

 

今回はまだよく知られていない「オメガ7」について書いていきたいと思います。

 

オメガ7脂肪酸、パルミトレイン酸とは?

 

オメガ7脂肪酸はオメガ3やオメガ6、オメガ9と同じ「不飽和脂肪酸」の一つです。

 

あまり知られていない脂肪酸ですが、近年色々と研究されるようになってきました。

 

「パルミトレイン酸」、「バクセン酸」、「マルガロレイン酸」がオメガ7になりますが、この中で今一番注目されているのが「パルミトレイン酸」です。

 

血管を強化し脳卒中や高血圧対策になると言われ、またインシュリン分泌を促すため糖尿病対策にも期待されています。

 

さらに美肌をキープしたい方にもかなり注目されていますよね。

 

ただし必須脂肪酸ではなくパルミチン酸(飽和脂肪酸)から体内で生成されます。

 

 

パルミトレイン酸を含むオイルとは?

 

パルミトレイン酸は肉・魚・卵・ナッツ類などにもともと含まれますが、効率的にとりたいならやっぱりオイルはおすすめです。

 

シーバックソーンオイル

 

シーバックソーンオイルとはユーラシア大陸で採れるフルーツ「シーバックソーン」からとったオイルです。

 

日本にはありませんでしたが、現在では北海道の一部で栽培しているようです。

 

シーベリー、サジー(沙棘)とも言います。

 

シーバックソーン

 

一説によるとパルミトレイン酸が30~40%前後も含まれると言われておりオメガ7系オイルに分類されます。

 

とても珍しいオイルですが・・・。

 

ようやく発見しました!

 

シーベリーオイルリキッド

 

こちらはモンゴル産100%の食用オイルで、一日にティースプーンで1杯の飲用をおすすめしています。

 

ちなみにパルミトレイン酸は14%含有となっています。

 

さらに他にないのか探してみましたが、なんと国産のシーベリーオイルを発見!

 

フォレストベリー農園

 

ところが残念、オイルは法人向けのみでした。

 

今のところ個人では買えないみたい。

 

こちらのシーベリーオイル(シーバックソーンオイル)はパルミトレイン酸が多いロシア種もあるようです。

 

ちなみにシーベリーソースやジュースなどは個人でも購入できるみたいですので、興味のある方はご覧ください。

 

 

マカデミアナッツオイル

 

マカデミアナッツオイルはオメガ9系オイルで、60%程度のオレイン酸を含みます。

 

ですが、オメガ7であるパルミトレイン酸も20%含んでいることが大きな特徴。

 

ちなみにオメガ6(リノール酸)が大変少ない(1%程度)、とても珍しく個性的なオイルです。

 

シーバックソーンオイルよりも一般的で、パルミトレイン酸を摂取したい方にとってはとても魅力的なオイルだと思います。

 

オイル専門店などでもよく販売しています。

 

日清オイリオグループ 日清マカダミアナッツオイル フレッシュキープボトル 145g

 

 

Olivado(オリバード) マカダミアナッツオイル 250ml

 

 

その他パルミトレイン酸が注目されるもの

 

パルミトレイン酸が含まれるもので有名なものには次のようなものもあります。

 

アプリコットカーネルオイル

 

アプリコットカーネルオイルとは、杏の種子の中にある「仁(じん)=カーネル」からとった油になります。

 

杏仁オイル

 

アプリコットカーネルオイルと言えば、美肌を意識する人には「イボ対策」として有名ですよね。

 

多くのイボケア商品にはほとんどアプリコットカーネルオイルが入っていますが、その理由としてよく言われているのがパルミトレイン酸。

 

ですがアプリコットカーネルオイルに含まれるパルミトレイン酸は実際にはあまり多くはなく全体の1~2%くらい。

 

そもそもオレイン酸が主流(60%)のオメガ9系オイルであり、リノール酸も30%程度入っています。

 

もしイボ対策になるとしてもパルミトレイン酸だけが作用するというよりは、オレイン酸やリノール酸も含めたトータル的なものではないかと思います。

 

ちなみにアプリコットカーネルオイルは食用もあるみたいですが、やっぱりお肌に塗る方が主流ですね。

 

 

 

ミドリムシ

 

このブログでも紹介したことのある万能食品(生物)ミドリムシ(ユーグレナ)。

 

ミドリムシが持っている栄養成分はなんと59種類で、総合力として非常に優れています。

スゴイぞミドリムシ(ユーグレナ)!知らなかったあれこれ

 

この記事では主にオメガ3(DHA)などを説明しましたが、59種類の中の一つにパルミトレイン酸も入っています。

 

細胞壁を持たないミドリムシは栄養吸収率も抜群。

 

パルミトレイン酸だけを集中してとるのではなくトータル的に栄養を摂りたい方にはミドリムシは大変おすすめです。

【送料無料】【お試し500円】59種類の豊富な栄養を持つユーグレナが入った緑汁

 

 

まとめ

 

オメガ7、特にパルミトレイン酸はまだまだ知られていませんが、人間の体にはなくてはならない栄養素の一つです。

 

血管系の疾患や糖尿病が気になる方、そして美肌を目指したい方は特に知っておいてほしい脂肪酸です。

 

ですが必須脂肪酸ではありませんし、それだけを特化して摂る必要があるかどうかはよく考えてからでも遅くはないでしょう。

 

参考文献:読むオイル事典/YUKIE

 

家庭で出る食用油の廃棄方法(捨て方)おすすめはどれ?
家庭で出る食用油の廃棄方法(捨て方)おすすめはどれ?

油の廃棄に関してはそれぞれの自治体の指示にしたがってください。

 

その上で一般的で簡単な油の捨て方というものを見てみたいと思います。

 

固める

 

油を捨てる方法で一番メジャーなものは凝固剤を使う方法ではないかと思います。

 

 

基本的な使い方として、油が冷めないうちに凝固剤を投入し、冷めると油が固まるという仕組み。

 

そのまま可燃ゴミとして捨てられます。

 

油の量に対する使用目安量があるので、ケチらずにその通りに入れましょう。

 

わたしは量が少なかったのか、中途半端に固まって上手に捨てれなかった経験が複数回あります。

 

みなさん、画像のようにキレイにフライパンの形に固まってとれるのでしょうか。

(私が不器用なのか・・・)

 

でも確かに簡単だし、しっかり固まれば一番手間なくキレイに処理できそうです。

 

吸わせる

 

私が最近使ってみたのがこちら。

 

 

こちらは冷めた油に使う吸収材です。

 

吸いとるんです一個

↑こっ!これは・・・

 

冷めた油に浸すと、一個で130mlの油を吸収できるというもの。

 

吸いとるんですに油を吸わせたところ

↑なるべくたっぷりと

 

吸い取ったらビニール袋などに入れて捨てるだけです。

 

捨てる時にどうしてもポタポタとしずくが落ちてしまうのが欠点といえば欠点。

 

油の量にもよりますが、揚げ物などですとおそらく一度に複数個(5個以上の場合も)使うことになると思います。

 

家にあるものを利用する

 

上記のような商品を使わなくてもご家庭にあるアイテムで処理できる場合もあります。

 

新聞をとっているご家庭でしたら、クシャクシャにしたり破いたりして吸収性を高め、十分に冷めた油を吸わせます。

 

私もたいてい新聞紙を利用しています。

 

ただし油の海に新聞紙の島が浮くというほど油の量が多い時にはやめた方がいいかも。

 

外側は丈夫なビニール袋を二重にするなどで漏れないようにし、しっかりと縛ります。

 

縛る前に「水」も入れておくと自然発火を防げるので安心です。

 

もし牛乳をパックで購入しているご家庭でしたら、保管しておけばお金のかからない油の廃棄ができるでしょう。

 

牛乳パックの中に新聞紙を詰めて冷ました油、そして水も一緒に流し込みます。

 

牛乳パックにより油の廃棄

 

最後に牛乳パックの口をがっちり密閉します。

(布のガムテープかビニールテープがおすすめ)

 

牛乳パックの強度はなかなかですから、これが一番スマートでお金のかからない捨て方かもしれません。

 

油を捨てる時の注意点

 

当たり前ですが、面倒だからと流しから油をザっと捨てるのはNG。

 

環境を汚染しますし、排水管が劣化したり詰まったりする原因にもなります。

 

排水として流すタイプの油処理剤もあるようですが、おすすめできません。

 

【東京都消費生活総合センター「排水として流すタイプの油処理剤」(PDF)】

 

9.都民の皆さまへのお願い

「流すタイプの油処理剤」を食用油と混ぜて下水道に流すことはやめましょう。

食用油は、できるだけ使いきり、残った食用油は新聞紙等にしみ込ませるなど、ごみとして捨てるよう心がけましょう。

 

また夏場など暑い時期は自然発火のおそれもあります。

 

専用の商品を使う場合には使用方法をしっかり読む、自分で処理する場合には上記に書いた通り「水」を入れるなどの対応をした方がいいでしょう。

 

 

別の角度からの対処法

 

揚げ物などの場合、油はある程度多めの量を使った方が美味しくそして上手にできることがあります。

 

とは言え、まったくの目分量で必要以上に油を入れるのはちょっと待った!

 

食材や調理法に対する油の適量をしっかり把握し、できるだけ余分な油を使わないようにするというのも大切です。

 

本来ならできるだけ少ない単位で油を購入し、新鮮な状態で早めに食べ切る・使い切るのが理想的。

 

その方が酸化も防げるし健康上のメリットもありますが、揚げ物などで大量に使った油は保管して何度か再利用した後に廃棄するというご家庭も多いでしょう。

 

「捨てる油」はどうしても出てしまいます。

 

ベタベタして処理が面倒な油ですが、やっぱり環境のことを考えるのは大切。

 

自治体の指導や推奨されている捨て方をするのが一番です。