カテゴリー:オリーブオイルについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • オリーブオイルについて
カテゴリー:オリーブオイルについて
何が凄いの?オリーブオイルの栄養成分と魅力について
何が凄いの?オリーブオイルの栄養成分と魅力について

オリーブオイル、特にエキストラバージンオリーブオイルを使っている方の大半はその栄養成分やどういった作用があるのかに着目しているのではないかと思います。

 

そこでまずはオリーブオイルの主な栄養成分を見ていくことにしたいと思います。

 

オメガ9のオレイン酸

 

オメガ9系の油の代表であるオレイン酸。
オリーブオイルの中には「77%以上」ものオレイン酸が含まれています。

 

オレイン酸は「不飽和脂肪酸」です。

常温では固まりにくく液体であるという性質があります。
そして不飽和脂肪酸の中でもオレイン酸は「一価不飽和脂肪酸」となっています。

 

一価不飽和脂肪酸は、実は体内で生成することができる脂肪酸で、主に摂取した飽和脂肪酸から合成しています。

 

だったらあえてオリーブオイルのオレイン酸は摂らなくてもいいのでは・・・と思うかもしれません。

 

でもオレイン酸の強みは酸化しにくく加熱調理にも向いているということだと思います。

(体内で生成できても取り出して調理用油にはできませんしね)

 

またオレイン酸は、便秘対策に有効と考えられています。

小腸であまり吸収されないので排便をスムーズにする働きがあることから、便秘の人がオリーブオイルをとることはおすすめできると思います。

 

便秘治療の第一人者である松生恒夫先生がオリーブオイルを推奨していることは有名です。

 

また、オレイン酸は血液中のコレステロールを調整し、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病対策にも良いと言われています。

 

脅威のパワー!?ファイトケミカル(ポリフェノール)

 

オリーブオイルの大部分は脂肪酸ですが、ごく微量ながら実に多くの他成分が含まれています。

その数ざっと200種類

 

その中でも注目すべきなのが「ファイトケミカル」。
主に植物が自分の身を守るために作りだした天然成分で、ここ数年の間に特に注目されるようになりました。

 

ファイトケミカルの中でも有名なのが「ポリフェノール」です。
人体が老化したり病気になる主な原因の一つが活性酸素だということはよく知られていますが、ポリフェノールは抗酸化物質としてこの活性酸素から身体を守ってくれる働きがあると言われています。
このポリフェノールがオリーブオイルにも含まれています。

 

「オレオカンタール」という成分があります。
オレオカンタールはオリーブオイルの辛味成分ですが、脳に有効で最近ではアルツハイマー病やパーキンソン病を防ぐのではと言われるようになりました。

 

ただしファイトケミカルが含まれるのはエキストラバージンオリーブオイルのみだということ。
精製オリーブオイルにはこのような成分がほとんど含まれていません。

 

だからこそファイトケミカル(ポリフェノール)を摂りたい人は本物のエキストラバージンオリーブオイルを手に入れることがとても重要なのですね。

 

調味料にもなれる風味!

 

上記のようにオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)の栄養成分は素晴らしいものがありますが、個人的には何と言ってもオリーブオイルの風味自体が一番の魅力ではないかと思います。

 

料理の味を引き立てる独特の香りや味は、まさに調味料と言っていいほど。
種類や産地によってさまざまな特長があるので、色々と試してみてはいかがでしょうか。

 

オリーブオイルで調理したエビ料理

 

いくつかお好みのものを用意して料理によって変えるのも良いかと思います。
フレーバータイプも試してみると料理の幅が広がるかもしれません。

 

エキストラバージンオリーブオイルは確かに価格が高めのものが多いです。

でもよく探してみると意外とお手頃な価格のものもあるのでチェックしてみてください。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

【サンチャゴ】高品質なのに低価格なチリのオリーブオイル【口コミ】

 

参考文献:「オリーブオイルの選び方使い方」イタリアフード協会 監修

 

「心を贈る」オリーブオイルを大切な人へのギフトに
「心を贈る」オリーブオイルを大切な人へのギフトに

オリーブオイルをギフトとして贈ったことがありますか?

 

私は実家の両親と親しい友人に贈ったことがあります。

 

すごく喜んでくれました。

 

本物のエキストラバージンオリーブオイル、贈り物としてはとても素敵ではないかと思います。

 

オリーブオイルを選ぶのは実は少し難しいもの。

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

だからこそ、相手にエキストラバージンオリーブオイルを贈る際にはちょっと気を使いますし、しっかり厳選しなくてはなりません。

 

かつてお中元やお歳暮といえばサラダ油のセットが一般的でした。

とりたててどこのメーカーのどんな商品かはあまり意識していませんでしたし、売場に行って「〇箱分おねがいします」で住所書いてはい終了w

 

ちなみに私が子供の時は親戚からの贈り物がサラダ油だとがっかりしてお菓子だと喜んだのを覚えています。

 

昔はバターなどの動物性脂肪の代りに植物性脂肪のリノール酸が勧められていましたから、相手の健康を願った贈り物としてもサラダ油は人気でした。

 

ですが時代は変わりました。

 

リノール酸は必須脂肪酸であり決して悪ではありません。

でも今となってはサラダ油を贈るのは少し考えてしまいます。

 

そんな私は大切な人へオリーブオイルを贈りたいと思います。

 

健康を考えるとオメガ3系の亜麻仁油やえごま油はとても良いと思うのですが、ちょっとクセもあるし苦手な方も多いです。

 

また酸化しやすく日持ちもしないとなると贈った相手を困らせることにもなりかねません。

 

その点、エキストラバージンオリーブオイルはギフトにピッタリかなと。

 

もっともオリーブオイルでも他のどんなものでも相手の好みを把握しておかないと単なる自己満足になってしまいますが。

 

それでもちょっとかしこまった贈り物として、オシャレな贈り物としてエキストラバージンオリーブオイルは凄く重宝しています。

 

贈り物を贈る着物の女性

 

でもどうせ贈るならデパートのギフトコーナーやカタログで選ぶのではなく、自分で美味しいと思ったものを贈れればベスト。

 

自分で試してみて自信を持って美味しいと思えたものを贈る、贈る方としてもなんだか妙に嬉しい気持ちになります。

 

「こんな料理に使ったら美味しかったよ!」なんてアドバイスとともに、まずはお試しとして負担にならない量をプレゼントするといいかもしれません。

 

それなら相手がオリーブオイル初心者さんでも受け入れやすいですよね。

 

そもそも私がオリーブオイルに夢中になったのも実家の母親の影響です。

母が作ってくれたメニューが美味しかったからでした。

 

すっかり虜になってしまいましたがその後が大変。

色々なエキストラバージンオリーブオイルを試したいと思っていたのですが本物を選ぶのがこんなに難しいなんて・・・。

 

だからこそ、エキストラバージンオリーブオイルを誰かに贈るということは適当ではダメなんですよね。

 

相手のことを真剣に考え真心を込めて選んだということがしっかり伝わる、それが本物のエキストラバージンオリーブオイルなのです。

 

エキストラバージンオリーブオイルをチェックする ↓

【フシコス】神宿るオリーブオイルを初体験!率直にレビューしてみた

 

 

 

ピュアオリーブオイルには本物・偽物はあるのか?
ピュアオリーブオイルには本物・偽物はあるのか?

日本国内のお店で一般的に売られているオリーブオイルといえば主に「エキストラバージンオリーブオイル」と「(ピュア)オリーブオイル」の二つになります。

(その他オリーブポマースオイルもあるがほぼ見かけない)

 

エキストラバージンオリーブオイルといえば、本物と偽物の区別が非常に難しいのが問題となっていますが、(ピュア)オリーブオイルにはそのような問題はないのでしょうか。

 

(ピュア)オリーブオイルは偽装する意味がない?

 

以前別の記事で(ピュア)オリーブオイルとはどういったものなのかを書きました。

 

精製オリーブオイルにエキストラバージンオリーブオイルをブレンドしてあるもので、酸度は1.0%以下になっています。

 

エキストラバージンオリーブオイルがブレンドしてあると言っても、特に何%の割合で入っていないといけないといった決まりはないようです。

 

つまりほとんど入っていないこともあり得るということ。

 

逆にエキストラバージンオリーブオイルの風味がない方が料理や調理法によっては好まれる場合もあるので、それが必ずしも悪いとは言えません。

 

とりあえずエキストラバージンオリーブオイルの量に関わらずにほんのちょっとだけ入っていれば「(ピュア)オリーブオイル」と名乗ることはできます。

 

ただし酸度1.0%以下という決まりが厳密に守られているのでしょうか。

 

エキストラバージンオリーブオイルが全くゼロであっても(ピュア)オリーブオイルとなっているものがあるのかどうか、オリーブポマースオイルを(ピュア)オリーブオイルと名乗っているものがあるのかは全く分かりません。

 

(ピュア)オリーブオイルはそもそも分類としては「精製オリーブオイル」です。

おそらくトランス脂肪酸も入っているはずです。

 

原材料となる精製前のバージンオリーブオイルも高品質なエキストラバージンオリーブオイルよりそもそも質が劣ったものになります。

 

つまりどっちにしても品質はそれなりとみなされているということでしょうか。

 

(ピュア)オリーブオイルがエキストラバージンオリーブオイルのように本物か偽物かといったことで問題になったということはあまり聞いたことはありません。

(実際はあるのかもしれませんが)

 

オレイン酸自体は(ピュア)オリーブオイルでも変わりありませんが、それ以外の成分や質に関してはそもそもあまり期待しない方がいいでしょう。

 

エキストラバージンオリーブオイルの含有量がよく分からない

 

ちなみに実際販売されている(ピュア)オリーブオイルにはいったいどの程度のエキストラバージンオリーブオイルが入っているものなのでしょうか。

 

「うちのは〇%入っています!」と明記しているものってあまり見かけませんよね。

 

でもいくつか調べているうちにエキストラバージンオリーブオイルの含有量が分かる商品がありました。

 

例えばこちら↓

 

カサ アルバート ピュアオリーブオイル 1L

 

こちらはエキストラバージンオリーブオイルの含有量が「30%」となっています。

 

ですがやっぱりエキストラバージンオリーブオイルの含有量をハッキリ明記している商品って少ないようです。

 

ですから平均してどの程度入っているものなのかよく分かりませんし、30%が多いのか少ないのかも分かりません。

 

実際いくつかのピュアオリーブオイルを使ってみたことがありますが、ほぼ無味無臭のものと若干オリーブオイルの香りがするものがありました。

 

いずれにしても加熱料理をするとほとんど風味は消えてしまいますし、生のまま(ドレッシングなど)使っても風味を楽しむほどではないでしょう。

 

ピュアオリーブオイルが本物かどうか、結局よく分からないというのが本音です。

 

そもそもエキストラバージンオリーブオイルのような期待値を求めずサラダ油のような感覚で使う分には悪くないとは思います。

 

参考記事

加熱にオリーブオイルとグレープシードオイル、どっちがいいだろう

ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる

 

 

オリーブオイルは本当に日本人には合わないのか
オリーブオイルは本当に日本人には合わないのか

アジア人である日本人。

 

でもその特徴はどの民族にも属さないちょっと特殊なものを持っています。

 

似ているようでどこか違う。

 

近年、遺伝子解析が発達して日本人はとても古くてオリジナリティにあふれた民族だと分かってきました。

 

これはたぶん日本が島国であることも関係していると思いますが、そんな長年の環境において日本人の体質というものが確立されていきました。

 

しかし今では諸外国との交流が激しくなり、結果として食文化も本来の日本人が食べてきたものとは大きく違ってきています。

 

最近言われるのは食の欧米化による脂質のとり過ぎ、特にオメガ6(リノール酸)のとり過ぎやトランス脂肪酸など人体に有害な脂肪酸の摂取です。

 

これにより生活習慣病などが増加しているのは事実でしょう。

 

そんな中「オリーブオイルはもともと日本のものではなく日本人には合わないからとるのを控えた方がいい」といった説も出てきています。

 

オリーブオイルは中近東や欧米発祥のものだから日本人の体質には合わない?

 

確かにオリーブ(オイル)はもともと日本にあったものではありません。

 

でも現在日本で手に入る食べ物のいったいどれくらいが本来日本という土地に自生していたのものなのか。

 

スーパーに行って陳列している食品をチェックしてみれば分かります。

 

しかもどこまで遡るのか。

(本来の日本ってどの時代なの?縄文?超古代文明?)

 

例えば、もし現代の日本人全体の体質とオリーブオイルの中のある成分が決定的に合わないのだとすればこれは確かに問題です。

 

腸内細菌が決定的に違うから成分を分解できないとか。

 

これなら「オリーブオイルは日本人には合わないので控えるべきだ」と言えます。

 

ですがおそらくそうではなく、単に「オリーブオイル・ブーム」により過剰摂取しているのでは??と個人的には感じるのです。

 

過剰摂取はどんなものもいけません。

どんなに体にいいと言われるものでも。

 

でも質と量、そしてバランスを考慮しながら摂っていく分にはむしろ脂質は人体にとって必要なものであり、それは日本人だって例外ではないでしょう。

 

日本人は世界的にみてもとても古い民族ですから、確かに長年の間に培われた体質や民族的特徴があるでしょう。

 

海苔(生)が消化できるのも日本人だからとも言われます。

 

でも日本人だって徐々に体質が変化しており100年前の日本人とは違っているはず。

 

要は「過剰摂取」や「過激な変化」がもたらす弊害に気を付けていけばいいのでは?

 

もちろん私は日本の素晴らしい食文化を愛しています。

 

いわゆる「和食」ってやつね。

 

でも日本人の理想的な食生活にはちゃんと肉も入っているんですよね。

 

昭和50年代くらいの食生活でしたか。

 

確かに今と比較すればまだまだ魚の摂取が多い時代でしたが、決して純和食オンリーでもないのですよね。

 

「和食」メインでありながら欧米食の良いとこどりをしていたと思います。

 

私も今後「純和食」だけで生きていけと言われたらちょっと味気ないなあ・・・なんて思ってしまいます。

 

中華とイタリアンは外せません。

 

時にはポテトフライも食べたいです。

オリーブオイルもしかり。

 

必要以上に何にでもかけて大量にとっていればそりゃあ体を壊しますよw

 

そのリスクはオリーブオイルに慣れている欧米人よりも少し多いのでしょうか?

(・・・は知りません)

 

でもどんな食物もプラスだけでマイナスがないものなんてありません。

 

腹八分目

ばっかり食べをしない

バランスを崩さない

自分の体調や体質をよくチェックする

 

こんなことに気を付けていればいいのではないでしょうか。

 

私は今後も「適度に」オリーブオイルを摂り続けると思います。

 

そしてどんなに良いと言われるオメガ3だって必要以上にとることは今後もないでしょう。