カテゴリー:オリーブオイルについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • オリーブオイルについて
カテゴリー:オリーブオイルについて
オリーブオイルは本当に日本人には合わないのか
オリーブオイルは本当に日本人には合わないのか

アジア人である日本人。

 

でもその特徴はどの民族にも属さないちょっと特殊なものを持っています。

 

似ているようでどこか違う。

 

近年、遺伝子解析が発達して日本人はとても古くてオリジナリティにあふれた民族だと分かってきました。

 

これはたぶん日本が島国であることも関係していると思いますが、そんな長年の環境において日本人の体質というものが確立されていきました。

 

しかし今では諸外国との交流が激しくなり、結果として食文化も本来の日本人が食べてきたものとは大きく違ってきています。

 

最近言われるのは食の欧米化による脂質のとり過ぎ、特にオメガ6(リノール酸)のとり過ぎやトランス脂肪酸など人体に有害な脂肪酸の摂取です。

 

これにより生活習慣病などが増加しているのは事実でしょう。

 

そんな中「オリーブオイルはもともと日本のものではなく日本人には合わないからとるのを控えた方がいい」といった説も出てきています。

 

オリーブオイルは中近東や欧米発祥のものだから日本人の体質には合わない?

 

確かにオリーブ(オイル)はもともと日本にあったものではありません。

 

でも現在日本で手に入る食べ物のいったいどれくらいが本来日本という土地に自生していたのものなのか。

 

スーパーに行って陳列している食品をチェックしてみれば分かります。

 

しかもどこまで遡るのか。

(本来の日本ってどの時代なの?縄文?超古代文明?)

 

例えば、もし現代の日本人全体の体質とオリーブオイルの中のある成分が決定的に合わないのだとすればこれは確かに問題です。

 

腸内細菌が決定的に違うから成分を分解できないとか。

 

これなら「オリーブオイルは日本人には合わないので控えるべきだ」と言えます。

 

ですがおそらくそうではなく、単に「オリーブオイル・ブーム」により過剰摂取しているのでは??と個人的には感じるのです。

 

過剰摂取はどんなものもいけません。

どんなに体にいいと言われるものでも。

 

でも質と量、そしてバランスを考慮しながら摂っていく分にはむしろ脂質は人体にとって必要なものであり、それは日本人だって例外ではないでしょう。

 

日本人は世界的にみてもとても古い民族ですから、確かに長年の間に培われた体質や民族的特徴があるでしょう。

 

海苔(生)が消化できるのも日本人だからとも言われます。

 

でも日本人だって徐々に体質が変化しており100年前の日本人とは違っているはず。

 

要は「過剰摂取」や「過激な変化」がもたらす弊害に気を付けていけばいいのでは?

 

もちろん私は日本の素晴らしい食文化を愛しています。

 

いわゆる「和食」ってやつね。

 

でも日本人の理想的な食生活にはちゃんと肉も入っているんですよね。

 

昭和50年代くらいの食生活でしたか。

 

確かに今と比較すればまだまだ魚の摂取が多い時代でしたが、決して純和食オンリーでもないのですよね。

 

「和食」メインでありながら欧米食の良いとこどりをしていたと思います。

 

私も今後「純和食」だけで生きていけと言われたらちょっと味気ないなあ・・・なんて思ってしまいます。

 

中華とイタリアンは外せません。

 

時にはポテトフライも食べたいです。

オリーブオイルもしかり。

 

必要以上に何にでもかけて大量にとっていればそりゃあ体を壊しますよw

 

そのリスクはオリーブオイルに慣れている欧米人よりも少し多いのでしょうか?

(・・・は知りません)

 

でもどんな食物もプラスだけでマイナスがないものなんてありません。

 

腹八分目

ばっかり食べをしない

バランスを崩さない

自分の体調や体質をよくチェックする

 

こんなことに気を付けていればいいのではないでしょうか。

 

私は今後も「適度に」オリーブオイルを摂り続けると思います。

 

そしてどんなに良いと言われるオメガ3だって必要以上にとることは今後もないでしょう。

 

ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる
ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる

加熱調理に向いている油を探しているうちにもう一度ピュアオリーブオイルについて見直してみようと思いました。

 

今回はピュアオリーブオイルをその使い道と共に考えてみたいと思います。

 

ピュアオリーブオイルとは?

 

ピュアオリーブオイルとは「精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドさせたもの」のことを言います。

オリーブオイルの種類と違い、そして用途とは?

 

ピュアオリーブオイルは普通にスーパーなどでも見かけます。

(単に「オリーブオイル」となっているものもピュアオリーブオイルに該当します)

 

エキストラバージンオリーブオイルをメインでおいているところが多いのですが、品揃えがしっかりしているスーパーではどちらも売っているはずです。

 

ボスコのピュアオリーブオイルの表示

日清オイリオグループ BOSCOオリーブオイル

 

 

エキストラバージンオリーブオイルとどう違うの?

 

ピュアオリーブオイルは精製したオリーブオイルに(エキストラ)バージンオリーブオイルが数パーセント入ったものになります。

 

ですから当然エキストラバージンオリーブオイル100%のものよりも風味が薄いです。

 

場合によってはサラダ油のようにほとんど無味無臭のものもあります。

 

というのもエキストラバージンオリーブオイルがどの程度含まれるかは商品ごとに違っているためほとんど入っていないものもあるからです。

 

この辺の詳細はメーカーでも公開していないところが多いし、個人的には若干気になる点ではあります。

 

また栄養面で言うと、エキストラバージンオリーブオイルがポリフェノールやビタミンEなどを含んでいるのに比べてピュアオリーブオイルはポリフェノールなどの微量成分はほとんど期待できません。

 

これは精製過程で成分が取り除かれてしまうからです。

 

サラダ油の代り~ピュアオリーブオイルの使い道は?

 

ピュアオリーブオイルは精製した油がメインですから残念ながらポリフェノールはほぼ含まれませんが、オメガ9であるオレイン酸などその脂肪構成はエキストラバージンオリーブオイルと変わりありません。

 

ここでオリーブオイルの脂肪酸の内訳を見てみると、オレイン酸が約80%、リノール酸が7%、α-リノレン酸が0.6%、飽和脂肪酸が約14%となっています。

 

精製した油にはトランス脂肪酸の心配があるのであまりおすすめはしませんが、脂肪酸の構成だけを考えればサラダ油との代用品としての使い道が見えてきます。

 

多くのサラダ油はリノール酸が多く、そのため品種改良でハイオレイック(高オレイン酸)種を作り上げているくらいです。

 

一方、オリーブオイルは「天然」の高オレイン酸オイル。

 

栄養面ではエキストラバージンオリーブオイルよりも落ちますが、エキストラバージンよりも価格が安く比較的風味がサラッとしているピュアオリーブオイルはサラダ油の代用品として加熱調理に使われるのも納得です。

 

油の量をたくさん使う料理、油の風味が邪魔になるようなメニューにはむしろオメガ9の(ピュア)オリーブオイルは選択肢になりうるかもしれません。

 

ボスコ オリーブオイル イタリア産 456g

 

 

ソル・レオーネ ピュア・オリーブオイル 458g

 

 

参考記事

ボスコ(BOSCO)オリーブオイルは本物か?

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

 

有機(オーガニック)でもエキストラバージンオリーブオイルにはなれない
有機(オーガニック)でもエキストラバージンオリーブオイルにはなれない

有機(オーガニック)という言葉の響きはとても心地よく食材を購入する際の重要なポイントにしている方も多いでしょう。

 

オリーブオイルを選ぶ時もそう。

 

ですが有機オリーブオイルが必ずしもエキストラバージンオリーブオイルではないこともあります。

 

エキストラバージンオリーブオイルの条件に有機(オーガニック)は入っていない

 

エキストラバージンオリーブオイルの国際基準はとても厳しく、それなら当然オーガニックであることも含まれるだろうと思っている方は多いと思います。

 

ところが事実は違います。

 

オリーブオイルの種類と違い、そして用途とは?

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

エキストラバージンオリーブオイルの国際規格に有機(オーガニック)かどうかは含まれていません。

 

ですから、実際には有機ではないエキストラバージンオリーブオイルもあるし有機エキストラバージンオリーブオイルもあります。

 

有機(オーガニック)オリーブ栽培は難しいのか

 

以前とあるオリーブオイル専門店に行って選んでいた時のこと。

 

多くのエキストラバージンオリーブオイルが売られていましたが、ポップの説明に「海抜」が書いてありました。

 

これはオリーブ農園がどのくらいの海抜に立地しているかということ。

 

つまり海抜が高い方(と言っても高すぎてもダメ)が害虫の被害が少なくて済み、更に質の良いオリーブの実がなるそうです。

 

オリーブの大樹

 

とにかくオリーブは害虫や病気の被害が多い。

 

さらにその土地の環境や生態系のバランス、気候などにもすごく影響されやすいので、有機栽培をしたくてもなかなかできないのかもしれません。

 

そしておそらく生産が安定しないと経営自体が難しいため、エキストラバージンオリーブオイルであっても農薬を使って管理しているものが多いのでしょう。

 

害虫対策や雑草対策などは非常に手間がかかるため、有機栽培を実現するには大変な労力が必要になってきます。

 

 

「有機」であれば全く農薬は使っていないの?

 

ちなみに有機(オーガニック)栽培というと「農薬を全く使わない」というイメージを持たれるはずです。

 

ですが実際はそうとは言い切れません。

 

その制度の中で禁止されている農薬を使っているかいないかが判断基準になるようです。

 

また各国それぞれの基準があったりします。

 

ちなみに日本ですと「JAS規格」有機食品の検査認証制度があり、この枠内での判断になります。

 

気になる方は確認してみてください。

 

消費者側にもあいまいな認識が多い「有機(オーガニック)」農産物。

 

ですが日本の農産物は過度に見た目も気にすることから農薬まみれなんて言われていますよね。

 

そんな中で「有機(オーガニック)であること」は十分意味があると思います。

 

JASのオーガニックマーク

 

エキストラバージンオリーブオイルには有機とそうではないものの両方がありますが、もし同じ風味であるなら個人的には断然有機オリーブオイルをチョイスしたいと思います。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

 

オリーブのポリフェノール「オレウロペイン」はインフルエンザに効くのか?
オリーブのポリフェノール「オレウロペイン」はインフルエンザに効くのか?

オリーブオイルに詳しい人にはよく知られている「オレウロペイン」というポリフェノール。

 

いったいどんなポリフェノールでどういった性質を持つものなのか、そしてインフルエンザ対策になるという噂についてもチェックしてみたいと思います。

 

オレウロペインとは何なのか

 

「オレウロペイン」は主にオリーブの葉に含まれています。

 

オレウロペインのイメージとしてのオリーブの葉

 

その一番の特長は「抗酸化パワー」と言われており、生活習慣病に気を付けている人や美容に気を使っている人が注目しているポリフェノールの一つです。

 

オレウロペインはオイルより葉に多い

 

上記の通り、オレウロペインという物質はオリーブオイルよりもオリーブの葉の中に多く含まれています。

 

このためオレウロペインを含有したオリーブの葉のサプリメントやお茶などが販売されています。

 

 

 

オレウロペインはポリフェノールですので独特の苦みがあり、オリーブの葉をそのまま食べるのは味覚の点から言ってもちょっと難しいので、サプリメントやお茶、パウダーにして料理に混ぜたりして摂取するのが一般的。

 

ちなみにオリーブオイルには含まれていないかというと、オリーブの葉ほどではないですが含まれています。

(オリーブオイルの苦みや辛味成分はポリフェノール)

 

ただしそれは精製していないエキストラバージンオリーブオイルのみ

 

精製したオリーブオイルにはポリフェノールはほとんど期待しない方がいいでしょう。

 

またオリーブの葉からエキスを抽出して作られた基礎化粧品なども販売されています。

 

風邪やインフルエンザ対策になるという説は本当か?

 

「オレウロペインの摂取はインフルエンザや風邪などのウイルス対策になる」

 

寒くて乾燥する季節になるとインフルエンザ対策に注目が集まりますが、オレウロペインのパワーを期待する人は上記のような説を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

風邪を引いた犬

 

この根拠として、オレウロペインは菌やウイルスを撃退するパワーを持っているため、風邪やインフルエンザ、その他のいくつかの菌の抑制対策になるということ。

 

もともと地中海諸国では昔からオリーブの葉は民間療法として使われてきたと言います。

 

きっと昔は成分の詳細は分からなくても実体験よりなんとなく分かっていたのかもしれませんね。

 

家庭で手軽にできるインフルエンザ対策の一つとして、オリーブの葉を活用するのはおススメです。

 

ただしあくまでも民間療法、オリーブの葉をとったら絶対にインフルエンザにならないわけではありませんのでご注意を。

 

またエキストラバージンオリーブオイルにもオレウロペインは入っていますが、インフルエンザ対策としてならオリーブの葉の方がより効率が良さそうです。

 

とはいえインフルエンザや風邪を引きたくないならやっぱり自分の免疫力を高める努力をするのが大切じゃないかと。

 

インフルエンザやその他のウイルス・細菌に打ち勝つには規則正しい生活をして体力をつけ栄養のあるものを食べて何より基礎体温を上げて・・・。

 

その上でオリーブの葉(オレウロペイン)を有効活用してみてはいかがでしょうか。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方