カテゴリー:オリーブオイルについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • オリーブオイルについて
カテゴリー:オリーブオイルについて
危険ありなし~味の素オリーブオイル(ピュアなほう)を検証する
危険ありなし~味の素オリーブオイル(ピュアなほう)を検証する

味の素のオリーブオイル。

 

おそらく日本のメーカーで最も有名であり近所のスーパーでもふつうに売られている商品ではないでしょうか。

 

そんな味の素、今回チェックしてみるのはエキストラバージンではないピュアな(この言い方誤解されるかな?)オリーブオイルのほうです。

エキストラバージンオイルの記事はこちら

 

価格も手頃で誰でも簡単に手に入れられる味の素のオリーブオイルですが、何か危険や問題はないのでしょうか。

 

詳細を確認すると共に実際に調理に使って味も確かめてみたいと思います。

 

味の素オリーブオイルについて

 

今回私が購入したのは200gの瓶タイプ。

 

味の素オリーブオイルの栄養成分表や内容量

 

ラベルは「オリーブオイル」ですが、いわゆる「ピュアオリーブオイル」のことですね。

オリーブオイルの種類と違い、そして用途とは?

 

ボスコもそうですが、味の素オリーブオイルはエキストラバージンを含めて大きさ(量)の種類がたくさんあります。

 

加えて瓶タイプとペットボトルタイプがあるのでよく確認した方がいいでしょう。

J-オイルミルズのオリーブオイル公式サイト

 

味の素オリーブオイルのフレッシュキープ表示

 

「フレッシュキープ」製法はエキストラバージンオリーブオイルと同様です。

 

が、原産国の表示がありませんね。

 

エキストラバージンオリーブオイルの場合はスペイン産の表記がしっかりありましたが、(ピュア)オリーブオイルはどうなんでしょう。

 

・・・と思ったら公式サイト内に以下の記載がありました。

 

オリーブ油:スペイン、イタリア等からオリーブオイル油を輸入し、国内の工場で調合・充填・包装しています。

 

「等から」が個人的には気になります。

 

またエキストラバージンオリーブオイルのように「指定農園」ではありません。

 

オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルと違ってほぼ精製品ですから、それほど品質にこだわったものではないでしょう。

 

スペイン・イタリアという情報以外はどんな国のどんなオリーブをどの程度使っているかは全くもって分かりません。

 

ちなみに味の素エキストラバージンオリーブオイルの詳細は以前こちらの記事を書いていますので良かったら参照してくださいね。

 

味の素エキストラバージンオリーブオイルは本物か偽物か

 

色と香り、そして味はこんな感じ

 

味の素オリーブオイルの色はこんな感じ。

 

味の素オリーブオイルを皿に出したところ

 

黄色系ですね。

 

ちなみに味の素エキストラバージンオリーブオイルの色はこれ。

味の素エキストラバージンオリーブオイルは本物か偽物か

 

正直、色ではあまりよく分かりませんね。

 

香りは当然ですが薄いです。

が、無臭ではありません。

オリーブオイルの香りは一応します。

 

味について。

 

当然エキストラバージンよりはこちらも薄め。

その分オイリー感を強く感じますね。

 

ボスコのオリーブオイルとあまり違いがないですが、どちらかと言えば味の素オリーブオイルの方が風味が残っているかな?

 

この辺は私個人の感じ方なので必ずしも正確ではありませんがご了承ください。

 

加熱調理に使って味の検証~いつものカツを揚げてみよう

 

それでは今回もカツを揚げてみたいと思います。

 

味の素オリーブオイルをフライパンに出す

↑香りは鼻を近づけて感じる程度

 

味の素オリーブオイルでカツを揚げているところ

 

加熱した時点でもうかすかに感じた香りはほとんど飛んでいますね。

 

味の素オリーブオイルで揚げたヒレカツ

 

揚げ上がりもカラッとしているし、カツの味も特に問題なし。

 

油の風味が特に要らない調理用オイルとしてはいいのではないでしょうか。

 

ボスコのオリーブオイルで揚げた時と比べても仕上がりに違いがあるようには思いませんでした。

 

味の素オリーブオイルは危険なのか?

 

オリーブオイルというと、どうしても産地偽装や偽物なんて問題で「危険」なのかどうか心配されている方もいるでしょう。

 

ですがメーカーさんの公式サイトを見ても全てを公表しているわけではありませんし、なかなか判断が難しいところではあります。

 

ですからここからは公式サイトの情報に加えて個人的な推測や以前エキストラバージンオリーブオイルに関してメーカーさんに直接質問した内容からトータル的に判断してみたいと思います。

 

味の素オリーブオイルに関しておおむね以下のようにまとめてみました。

 

・産地はスペイン・イタリア産は確定、その他は不明

 

・搾っている場所は不明

 

・オリーブの種類や品質に関しては不明だがおそらく高品質・オーガニックではない

 

・日本国内の工場で調合・充填・包装をしている

 

・大手企業ならではのコスト削減能力と努力により低価格が実現?

 

・輸入手段は飛行機か船かは不明

 

・油の抽出方法は不明

 

・精製オリーブオイルにプラスされるバージンオリーブオイルの割合や質は不明

 

・精製しているためポリフェノールは期待できない

 

・精製によりトランス脂肪酸が発生している可能性あり

 

(ピュア)オリーブオイルの定義は以下の通り。

 

酸度1.0%以下

精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドさせたオイル

 

精製オリーブオイルとは「バージンオリーブオイルを精製したもの」であり、化学的な薬剤を使わない方法で搾ったものをバージンオリーブオイルと言いますから基本的に(ピュア)オリーブオイルもヘキサンなどの化学薬剤は使われていないはずです。

 

ですがダークなオリーブオイル業界で、どこまでしっかり基準を守っているのかは商品を見ただけでは全く分かりません。

 

また精製の際に高温にさらされているはずですので、トランス脂肪酸が少しは発生している可能性があります。

 

ただしこれは何もオリーブオイルだけではありません。

 

全ての精製油に共通の問題のため味の素オリーブオイルが特別に危険とは言えません。

 

後は消費者の見えない部分をいかに(国際)基準通りにやっているか。

 

エキストラバージンオリーブオイルと同様、どのオリーブオイルにも基準はありますが、それが守られているかどうかを確かめるすべはありません。

 

ちなみにもし日本の農林規格の基準でしたらもっとアバウトな状態に。

 

食用オリーブオイルの規格として「オリーブオイル」と「精製オリーブオイル」の二つしか基準がありません。

 

このあたりも他のメーカーさん含めよく分からないというのが実際のところ。

 

最近はエキストラバージンオリーブオイルに関しては割と世間の目ががうるさくなってきているのですが、(ピュア)オリーブオイルって盲点かも。

 

ですがそこは天下の味の素さんです。

 

おそらくしっかり管理されているのではないかと思います。

(そう信じたいです)

 

まとめ

 

味の素のオリーブオイル。

 

料理によってはエキストラバージンのような風味豊かなものではなく香りの弱いオイルを使いたいもの。

 

味の素オリーブオイルも品質や産地に不明な点がありますが、他のサラダ油と比較した時、選択肢の一つに加える方もいるでしょう。

 

確かにトランス脂肪酸は多少入っているかもしれませんが、リノール酸ではなく天然のオレイン酸であるところがオリーブオイルとしての強みとも言えます。

 

そしてそれなら味の素もボスコも大差はない(なんて言っていいのか!?)かも。

 

(ピュア)オリーブオイルは風味を存分に楽しむものでもないし、後は価格やひいきにしているメーカーで選ぶという人も多いでしょう。

 

もしくは単に近所のお店に置いてあるからってだけかも。

 

ただし身近で親しみのある商品だからこそ、ただなんとなく買うのではなく一度詳細をチェックしてみるということは大切かもしれません。

 

参考記事

味の素エキストラバージンオリーブオイルは本物か偽物か

ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる

 

 

加熱調理~ピュアオリーブオイルで和風の竜田揚げ→風味は残る?
加熱調理~ピュアオリーブオイルで和風の竜田揚げ→風味は残る?

加熱調理に適したオイルを調査しています。

 

今回はピュアオリーブオイル。

単にオリーブオイルとも言います。

 

精製してあるのでエキストラバージンオリーブオイルよりもずっと香りが薄いピュアオリーブオイル。

 

加熱調理後に香りは残っているのでしょうか。

 

今回は和風な味の豚ヒレの竜田揚げをピュアオリーブオイルで揚げ、匂いや味をチェックしてみようと思います。

 

ボスコのピュアオリーブオイルを使う

 

今回使ったのはボスコのピュアオリーブオイル。

 

 

近所のスーパーで売っているオリーブオイルはほぼ「エキストラバージンオリーブオイル」となっているものばかり。

(本物かどうかは分かりませんが)

 

ピュアオリーブオイル(オリーブオイル)は今回購入したボスコのみでした。

 

やっぱり今の時代、オリーブオイルに関しては「エキストラバージン」となっていないと売れないのでしょうか。

 

でも揚げ物などの加熱調理用オイルにエキストラバージンオリーブオイルを制限なく使っているご家庭ってほとんどないと思うし、だとしたらサラダ油の代用品としてピュアオリーブオイルってもっと売れそうなんですけど、どうなんでしょう。

 

まあ価格としてはサラダ油の方がお手頃だとは思うのですが、トータル的に判断してピュアオリーブオイルも十分に選択肢になりえるのではと思います。

 

ボスコのピュアオリーブオイルを皿に出したところ

 

白いお皿にボスコのピュアオリーブオイルを出してみました。

 

黄色系の色で見た目では特に変わったところはありません。

 

とりあえず舐めてみますと・・・。

 

薄いです。

 

味が薄い分油っぽい印象が残ります。

 

いつもエキストラバージンオリーブオイルばかり愛用しているので余計に感じるのかもしれませんね。

 

ですが決して無味無臭ではありません。

 

匂いを嗅いでみるとかすかにオリーブオイルの香りがしますし、味も薄いですが若干舌に感じます。

 

豚ヒレを揚げる

 

それではボスコのピュアオリーブオイルで豚ヒレの竜田揚げを揚げてみたいと思います。

 

豚ヒレに下味をつける

 

下味は醤油と酒、そして生姜という和風な味付けです。

 

数時間置いた後、片栗粉を付けて揚げていきます。

 

ボスコのピュアオリーブオイルをフライパンに入れる

 

鼻を近づけてかすかにオリーブオイルの香りがする程度でしたので、揚げている最中に香りが気になることはありませんでした。

 

揚げた感触としては割とカラッと揚がる感じで悪くないと思います。

 

オリーブオイルの香りは残る?風味をチェック

 

ピュアオリーブオイルで揚げた豚ヒレの竜田揚げを食べてみました。

 

今回は完全に和風な味付けなので、できればオリーブオイルの風味はいらないと思っていたのですが・・・。

 

 

ありません!

 

 

風味がないのが誰にとっても良いかどうかは別として、個人的にはオリーブオイルの風味が残らなかったのは嬉しいですね。

 

単なる揚げ油として、しかも和風な味の料理でも大丈夫というのは正直かなりポイントが高いです。

 

これならサラダ油の代用品として使っても大丈夫じゃないかな。

 

もちろんもっと薄い味付けの料理ではオリーブオイルの風味を感じるかもしれません。(今回は割としっかりした味付けなので)

 

また、ピュアオリーブオイルといってもエキストラバージンオリーブオイルの配合量はメーカーによって違っています。

 

ですから全てのピュアオリーブオイルで同じ結果になるかどうかは分かりません。

 

でもトータル的にはやっぱり加熱調理にはいいんじゃないでしょうか。

 

逆にピュアオリーブオイルを生食というのは・・・私は遠慮します。

 

風味が薄い分油っぽさだけが舌にいつまでも残ってしまうような気がします。

(味の濃いドレッシングに使うのならありかも)

 

ピュアオリーブオイルは天然のオレイン酸メインのオイル(品種改良なしという意味で)です。

 

リノール酸と比較しても酸化しにくく加熱調理に向いていると言えそう。

 

もっとも価格や製造方法など他にも調査する点はあります。

それぞれの家庭事情や体調・好みで自分にピッタリのオイルを選んでみてくださいね。

 

参考記事

ボスコ(BOSCO)オリーブオイルは本物か?

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?

カメリナオイルVSグレープシードオイル!加熱にどっち使おう

「米油」はサラダ油から脱却したい人にいいかも?

品種改良・ハイオレイックの油は本当に安全なのか?

 

 

 

ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる
ピュアオリーブオイルの使い道やメリットをもう一度考えてみる

加熱調理に向いている油を探しているうちにもう一度ピュアオリーブオイルについて見直してみようと思いました。

 

今回はピュアオリーブオイルをその使い道と共に考えてみたいと思います。

 

ピュアオリーブオイルとは?

 

ピュアオリーブオイルとは「精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドさせたもの」のことを言います。

オリーブオイルの種類と違い、そして用途とは?

 

ピュアオリーブオイルは普通にスーパーなどでも見かけます。

(単に「オリーブオイル」となっているものもピュアオリーブオイルに該当します)

 

エキストラバージンオリーブオイルをメインでおいているところが多いのですが、品揃えがしっかりしているスーパーではどちらも売っているはずです。

 

ボスコのピュアオリーブオイルの表示

日清オイリオグループ BOSCOオリーブオイル

 

 

エキストラバージンオリーブオイルとどう違うの?

 

ピュアオリーブオイルは精製したオリーブオイルに(エキストラ)バージンオリーブオイルが数パーセント入ったものになります。

 

ですから当然エキストラバージンオリーブオイル100%のものよりも風味が薄いです。

 

場合によってはサラダ油のようにほとんど無味無臭のものもあります。

 

というのもエキストラバージンオリーブオイルがどの程度含まれるかは商品ごとに違っているためほとんど入っていないものもあるからです。

 

この辺の詳細はメーカーでも公開していないところが多いし、個人的には若干気になる点ではあります。

 

また栄養面で言うと、エキストラバージンオリーブオイルがポリフェノールやビタミンEなどを含んでいるのに比べてピュアオリーブオイルはポリフェノールなどの微量成分はほとんど期待できません。

 

これは精製過程で成分が取り除かれてしまうからです。

 

サラダ油の代り~ピュアオリーブオイルの使い道は?

 

ピュアオリーブオイルは精製した油がメインですから残念ながらポリフェノールはほぼ含まれませんが、オメガ9であるオレイン酸などその脂肪構成はエキストラバージンオリーブオイルと変わりありません。

 

ここでオリーブオイルの脂肪酸の内訳を見てみると、オレイン酸が約80%、リノール酸が7%、α-リノレン酸が0.6%、飽和脂肪酸が約14%となっています。

 

精製した油にはトランス脂肪酸の心配があるのであまりおすすめはしませんが、脂肪酸の構成だけを考えればサラダ油との代用品としての使い道が見えてきます。

 

多くのサラダ油はリノール酸が多く、そのため品種改良でハイオレイック種を作り上げているくらいです。

 

一方、オリーブオイルは「天然」の高オレイン酸オイル。

 

栄養面ではエキストラバージンオリーブオイルよりも落ちますが、エキストラバージンよりも価格が安く比較的風味がサラッとしているピュアオリーブオイルはサラダ油の代用品として加熱調理に使われるのも納得です。

 

油の量をたくさん使う料理、油の風味が邪魔になるようなメニューにはむしろオメガ9の(ピュア)オリーブオイルは良い選択かもしれません。

 

参考記事

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)

ボスコ(BOSCO)オリーブオイルは本物か?

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

 

有機(オーガニック)でもエキストラバージンオリーブオイルにはなれない
有機(オーガニック)でもエキストラバージンオリーブオイルにはなれない

有機(オーガニック)という言葉の響きはとても心地よく食材を購入する際の重要なポイントにしている方も多いでしょう。

 

オリーブオイルを選ぶ時もそう。

 

ですが有機オリーブオイルが必ずしもエキストラバージンオリーブオイルではないこともあります。

 

エキストラバージンオリーブオイルの条件に有機(オーガニック)は入っていない

 

エキストラバージンオリーブオイルの国際基準はとても厳しく、それなら当然オーガニックであることも含まれるだろうと思っている方は多いと思います。

 

ところが事実は違います。

 

オリーブオイルの種類と違い、そして用途とは?

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

エキストラバージンオリーブオイルの国際規格に有機(オーガニック)かどうかは含まれていません。

 

ですから、実際には有機ではないエキストラバージンオリーブオイルもあるし有機エキストラバージンオリーブオイルもあります。

 

有機(オーガニック)オリーブ栽培は難しいのか

 

以前とあるオリーブオイル専門店に行って選んでいた時のこと。

 

多くのエキストラバージンオリーブオイルが売られていましたが、ポップの説明に「海抜」が書いてありました。

 

これはオリーブ農園がどのくらいの海抜に立地しているかということ。

 

つまり海抜が高い方(と言っても高すぎてもダメ)が害虫の被害が少なくて済み、更に質の良いオリーブの実がなるそうです。

 

オリーブの大樹

 

とにかくオリーブは害虫や病気の被害が多い。

 

さらにその土地の環境や生態系のバランス、気候などにもすごく影響されやすいので、有機栽培をしたくてもなかなかできないのかもしれません。

 

そしておそらく生産が安定しないと経営自体が難しいため、エキストラバージンオリーブオイルであっても農薬を使って管理しているものが多いのでしょう。

 

害虫対策や雑草対策などは非常に手間がかかるため、有機栽培を実現するには大変な労力が必要になってきます。

 

 

「有機」であれば全く農薬は使っていないの?

 

ちなみに有機(オーガニック)栽培というと「農薬を全く使わない」というイメージを持たれるはずです。

 

ですが実際はそうとは言い切れません。

 

その制度の中で禁止されている農薬を使っているかいないかが判断基準になるようです。

 

また各国それぞれの基準があったりします。

 

ちなみに日本ですと「JAS規格」有機食品の検査認証制度があり、この枠内での判断になります。

 

気になる方は確認してみてください。

 

消費者側にもあいまいな認識が多い「有機(オーガニック)」農産物。

 

ですが日本の農産物は過度に見た目も気にすることから農薬まみれなんて言われていますよね。

 

そんな中で「有機(オーガニック)であること」は十分意味があると思います。

 

JASのオーガニックマーク

 

エキストラバージンオリーブオイルには有機とそうではないものの両方がありますが、もし同じ風味であるなら個人的には断然有機オリーブオイルをチョイスしたいと思います。

 

⇒100%有機オリーブ果実使用のエキストラバージンオリーブオイル「ルイーザ」

 

参考記事

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方