カテゴリー:オリーブオイルについての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • オリーブオイルについて
カテゴリー:オリーブオイルについて
冷夏でもオリーブオイルの夏の保存方法を再確認!
冷夏でもオリーブオイルの夏の保存方法を再確認!

今年2017年は冷夏。

近年うだるような暑さでどうしようもなかったのが嘘のように涼しい(というか寒い!?)日々が続きました。

 

そんな中、我が家では現在オリーブオイルを常温で保存中です。

食料品の収納棚に入れてあります。

 

しかし、ある日突然猛暑に逆戻りするかもしれません。

今年は秋に猛暑続きかもしれません。

 

そこでもう一度、夏のオリーブオイル保存方法を再チェックしておこうと思います。

 

オリーブオイル保存の最適温度は18度

 

オリーブオイルを保存する上でポイントはいくつかありますが、最適な温度は「18度前後」と言われています。

 

それを考えると、現在いくら冷夏と言われていても18度よりは高いので最適な温度ではありません。

 

しかし我が家の場合、除湿や冷房で室内の温度を管理しているため、比較的問題なく常温保存できているように思います。

 

それとあまり温度差が激しいのも良くないようです。

 

温度の変化によってオリーブオイルの質が劣化する可能性があるため、できるだけ温度変化の少ない場所を選ぶことをおススメします。

 

※こちらの記事で詳しく書いているので良かったら参考にしてください。

オリーブオイルの最も適した保存方法を書く

 

 

真夏の温度管理、家庭でできることは?

 

オリーブオイルの管理を一般家庭でする場合、一番悩んでしまうのは真夏の猛暑への対処法ではないでしょうか。

 

温度計

 

もちろんこれは地域によって違いがありますので、冬の方が凍ってしまい大変というところもあるでしょう。

 

しかし最近の日本は(今年は違っているようですが)まるで熱帯地方か!?と思うほどの気温上昇っぷり。

 

亜麻仁油やえごま油のようなオメガ3系オイルならば、冷蔵庫で保存することになっているので実はあまり問題にはなりません。

 

ところが基本的に常温保存であるオリーブオイルにとって30度~40度になってしまう夏は結構厳しいですよね。

 

一番良いのはきっとワインセラーのようにちょうど良い温度で保管できるアイテムを使うこと。

 

でもなかなかオリーブオイルのためだけとなると尻込みしてしまいます。

 

もしくは冷蔵庫よりも温度が高めの「野菜室」で保存するというのも一つの手です。

 

このあたりは各冷蔵庫事情がありますから、もし最適温に近づけるようなら考えてみてもいいかもしれません。

 

もう一つ、発泡スチロールの箱で保存するという方法。

 

発泡スチロールには断熱効果があるということから言われていることですが、ただしどれほど最適温度を作りだすことができるかはちょっと分かりません。

 

個人的におすすめは、この時期オリーブオイルは最小単位で購入しさっさと食べてしまうというというのが一番かも?

 

正確に言うと「保存方法」ではないですが、せめてこの時期だけ限定で割高でも少量で購入して早目に食べ切るというのが一番だと思います。

 

 

量が残り少ないなら冷蔵や冷凍でも?

 

オリーブオイルを冷蔵や冷凍することは基本的にはおすすめできません。

 

なぜなら澱ができてしまったり一度解凍して室温に戻さないと使えないですし、これを繰り返していると品質が劣化すると言われています。

 

しかし冷蔵・冷凍できないかと言えばそうではありません。

 

品質や風味が劣化する可能性もありますが、もし一回で食べ切る程度の量を保存するのであれば、冷蔵・冷凍保存もありかもしれません。

 

ちなみに以前冷蔵庫で保管した時は澱ができました。

オリーブオイルを冷蔵庫に入れたらどうなるか実験

 

澱は室温に置いておけばなくなりましたし、その後パンにつけて食べてみてもそれほど味の劣化は感じられませんでした。

 

もちろんソムリエの方でしたら一発で分かるのでしょうけど、一回程度の冷蔵・冷凍なら一般人にはそれほどの劣化は感じないのではと思います。

 

もっともあまり積極的におススメできる方法ではありません。

 

それぞれのご家庭の室温や環境をチェックしてできるだけ快適な場所を見つけてくださいね。

 

 

「心を贈る」オリーブオイルを大切な人へのギフトに
「心を贈る」オリーブオイルを大切な人へのギフトに

オリーブオイルをギフトとして贈ったことがありますか?

 

私は実家の両親と親しい友人に贈ったことがあります。

 

すごく喜んでくれました。

 

本物のエキストラバージンオリーブオイル、贈り物としてはとても素敵ではないかと思います。

 

オリーブオイルを選ぶのは実は少し難しいもの。

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

だからこそ、相手にエキストラバージンオリーブオイルを贈る際にはちょっと気を使いますし、しっかり厳選しなくてはなりません。

 

かつてお中元やお歳暮といえばサラダ油のセットが一般的でした。

 

私が子供の時、親戚からの贈り物がサラダ油だとがっかりして、お菓子だと喜んだのを覚えています。

 

昔はバターなどの動物性脂肪の代りに植物性脂肪のリノール酸が勧められていましたから、相手の健康を願った贈り物としてサラダ油は人気でした。

 

ですが時代は変わりました。

 

リノール酸は悪では決してないものの、今となってはサラダ油を贈るのは少し考えてしまいます。

 

そんな私は大切な人へオリーブオイルを贈りたいと思います。

 

健康を考えるとオメガ3系の亜麻仁油やえごま油はとても良いと思うのですが、ちょっとクセもあるし苦手な方も多いです。

 

また酸化しやすく日持ちもしないとなると、贈った相手を困らせることにもなりかねません。

 

その点、エキストラバージンオリーブオイルはギフトにピッタリかなと。

 

もっともどんなものを贈るにしても、相手の好みは把握しておかないといけませんが。

 

ちょっとかしこまった贈り物として、オシャレな贈り物としてエキストラバージンオリーブオイルは凄く重宝します。

 

贈り物を贈る着物の女性

 

でもどうせ贈るならデパートのギフトコーナーやカタログで選ぶのではなく、自分で美味しいと思ったものを贈れればベスト。

 

自分で試してみて自信を持って美味しいと思えたものを贈る、贈る方としてもなんだか妙に嬉しい気持ちになります。

 

「こんな料理に使ったら美味しかった」なんてアドバイスとともにプレゼントするのもいいかもしれません。

 

そもそも私がオリーブオイルに夢中になったのも実家の母親の影響です。

 

母が作ってくれたメニューが美味しかったからでした。

 

すっかり虜になってしまいましたがその後が大変。

本物のエキストラバージンを選ぶのがこんなに難しいなんて・・・。

 

だからこそ、エキストラバージンオリーブオイルを誰かに贈るということは適当ではダメなんですよね。

 

相手のことを真剣に考え真心を込めて選んだということがしっかり伝わる、それが本物のエキストラバージンオリーブオイルです。

 

ギフト_image

 

「心を伝える」とても良い素材だと思います。

 

 

 

赤ちゃんにオリーブオイルってどう?あげていいの?
赤ちゃんにオリーブオイルってどう?あげていいの?

オリーブオイルは身体に優しい油ってイメージがありますが、赤ちゃんにとってはどうなのでしょう。

 

まだまだ身体が未熟な赤ちゃん、特に食べる物を与える場合は気を使うのは当然です。

 

はたしてオリーブオイルは赤ちゃんにあげてもいいのでしょうか。

 

赤ちゃんの便秘対策に

 

オリーブオイルが便秘の対策にもなりうるというのは、このブログでも紹介してきました。

便秘緩和の理由は亜麻仁油かエキストラバージンオリーブオイルか

 

便秘治療で有名な松生恒夫先生もオリーブオイルを推奨しています。

 

またイタリアなどオリーブオイルをたくさん食べている諸外国では、赤ちゃんや幼児が便秘をした時にはオリーブオイルを飲ませると言います。

 

オリーブオイル(オレイン酸)は、一定量をとることによって腸までダイレクトに到達し、潤滑油の役割をして排便がスムーズになるのだそう。

 

これは私自身も実感があります。

 

赤ちゃんにあげる時の注意点

 

赤ちゃんや幼児にあげるオリーブオイルは、本物のエキストラバージンオリーブオイルをおすすめします。

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

オレイン酸だけを考えると別にエキストラバージンじゃなくてもいいのでは?って思うかもしれませんが、あまり質の良くない正体不明のオリーブオイルですとトランス脂肪酸の問題もあります。

 

オリーブオイルのオレイン酸は母乳にも含まれている成分であるため、粉ミルクに数滴オリーブオイルを足してあげると良いという意見があります。

 

でもこれって、スペインあたりでは普通ことのようですが、日本ではあまり一般的ではないですよね。

 

粉ミルクは製品ごとに色々と配合のバランスをとっているので、独自の判断で新たに追加してもいいのかどうかは私には判断できません。

 

では離乳食はどうでしょう。

 

離乳食をしっかり食べれるような時期のお子さんで、実際に油(サラダ油とか)を使った離乳食を与えているようなら、それをオリーブオイルに置き換えるというのは良いと思います。

 

ただし、どんなものでもそうであるように、オリーブオイルが合わないお子さん(大人も)もいると思います。

 

ごくまれな事例のようですが、オリーブオイルアレルギーというものも存在しているようです。

 

不安がある方はかかりつけのお医者さんに相談するといいかも。

 

また、オリーブオイルは加熱しないでそのまま摂取した方がいいのですが、どの月齢・年齢からでも良いのかは分かりません。

 

ヨーロッパではそのまま飲ませるとなっていますが・・・どうなんでしょう。

 

赤ちゃんや小さい子は言葉で体調を訴えることができませんし、体調チェックを万全にするためにお医者さんに聞くというのはどんな時でも大事です。

 

そして不安がある時は思い切ってやめるという選択肢も。

 

決してオリーブオイルを食べないと健康に育たないというわけではないので、できるだけ赤ちゃんの体質に合ったものをあげるというのは絶対です。

 

親(大人)がオリーブオイル大好きで積極的に食べている人だと、つい子供にも良かれと与えてしまいたくなるかもしれませんが、身体はそれぞれ違いますからしっかりと見極めてあげてください。

 

そのため、もし与えるならば最初はほんの少しにして様子をみましょう。

 

ちなみにうちの子はオリーブオイルをあげたことはありませんでした。

 

そのころ、こういった知識がありませんでしたので、離乳食の材料に使ったことはありません。

 

あまり油自体を使っていなかったかも。

 

そんなうちの子供が便秘の際にのませたのは和光堂の「マルツエキス」でした。

 

油ではなく麦芽糖ですが、うちの子には合っていたようでよくお世話になりました。

 

オリーブオイルでベビーマッサージはどう?

 

赤ちゃんのお肌はプルプルでツルツル。

 

というのは必ずしも正しいとは限りません。

 

赤ちゃんのお肌は非常にデリケートなので、すぐに湿疹が出たり荒れて赤くなってしまったり・・・。

 

色々とケアをする商品は売っているのですが、どれが合っているかを判断するのって結構大変です。

 

うちの子も肌荒れやオムツかぶれを家庭で治そうとしましたが、結局悪化して皮膚科に行ってステロイドを出されたことがあります。

 

ステロイドには抵抗があった私ですが、私が自分で何とかしようとするよりずっと短期間で完治しました。

 

オリーブオイルのオレイン酸は、確かにお肌との親和性も高く、自然で優しいイメージだから赤ちゃんにもいいだろうとベビーマッサージなどに使っている方もいることでしょう。

 

 

赤ちゃんと幼児

 

 

ただし食べる場合と同じでオリーブオイルがお肌に合わない赤ちゃんもいます。

 

少なくても食用をそのままお肌に使うのはやめておいた方がいいと思います。

 

もしオリーブオイルをマッサージなどに使うのであれば、赤ちゃん用の、そしてお肌ケア用の低刺激なオリーブオイルを使った方がいいでしょう。

 

そして何かトラブルがあった場合には使用を中止して皮膚科へ行くことをおすすめします。

 

精製度の高いオリーブオイルを100%使用した超低刺激のベビーオイルはこちら

 

 

オリーブオイル保存発泡スチロールの温度実験(冬編)
オリーブオイル保存発泡スチロールの温度実験(冬編)

エキストラバージンオリーブオイルを保存するのに発泡スチロールの箱が適しているという事なので、今回実際に発泡スチロールの内部の温度を計る実験をしてみたいと思います。

 

今回の実験はある意味全てが不十分な状態でやってしまっていますが、それでもあえて経過をそのまま記事にしてみました。

(あまり参考にならずにすみません)

 

オリーブオイルは冷蔵庫に入れない方がいい

 

オリーブオイルは冷蔵庫で保管しない方がいいと言われています。

オリーブオイルの最も適した保存方法を書く

 

低温で品質が劣化するというより、低温になることで凝固したり澱が出来てしまうので室温に戻して使いまた冷蔵庫に入れて凝固し・・・を繰り返すことが品質や風味を低下させてしまうようです。

オリーブオイルを冷蔵庫に入れたらどうなるか実験

 

最適な温度が18度前後と言われる中、取りあえず「冷暗所」というキーワードとともに自分の家のどこに保存するのがベストかチェックしてみるといいと思います。

 

発泡スチロールの箱は家庭での保存にピッタリ!?

 

現在うちではエキストラバージンオリーブオイルをキッチンのクローゼットの中に保存しています。

 

そこは普段太陽の光も届かないところですし、温度も比較的一定なので我が家でエキストラバージンオリーブオイルを保存するのに最適な場所と考えています。

 

実際、冬であれば今おいてある場所で何ら問題がないように思っています。

室内は23~24度程度に設定していますが、クローゼットの内部はもう少しヒンヤリしています。

 

しかし発泡スチロールが手に入ったら、今回のような実験を冬と夏に行ってみようと考えていました。

 

幸運にも発泡スチロールの箱を得ることができたので、今回試してみることにしたいと思います。

かに爪が届き発泡スチロールをゲット!

 

発泡スチロールの箱の内部の温度は比較的安定していて断熱性があり、保温と保冷のどちらの効果もあると言われています。

 

実際に何度なのか実験してみた

 

ということで、発泡スチロールの内部の温度と外部の温度を計って比較実験してみたいと思います。

 

今回は冬バージョン、つまり「寒い場所に置いておくよりも発泡スチロールの箱の中に入れておいた方がいいのか?」ってことです。

 

ただし個人的に考えた「これでいいのか!」的な実験でしかありません。

申し訳ありませんがご了承ください。

 

用意したもの

 

実験のために用意したものは次の通りです。

 

・温度計

・発泡スチロールの箱

・エキストラバージンオリーブオイル

 

エキストラバージンオリーブオイルを少量入れた瓶

↑オイル&ビネガー銀座のボトルをとっておいたので、実験用に少しだけ今あるオリーブオイルを入れてみました。

 

実験スタート!

 

まず家の中で一番寒い空間を探してみました。

ですが東京23区の室内、10~13度程度はあり(現在1月)どこに置いても特にオリーブオイルが固まるようなことはありませんでした。

 

リビングなど暖房がついて暖かい場所は22~23度程度、私がいつも入れているキッチンのクローゼット内が18度~20度とオリーブオイルを保存するにはかなり好条件。

 

それではと冷蔵庫にロックオン!

冷蔵庫なら10度以下なので、オリーブオイルが凝固するなど変化(劣化)が見られる温度になります。

オリーブオイルを冷蔵庫に入れたらどうなるか実験

 

取りあえず疑似寒冷地として冷蔵庫内で実験してみることにしました。

 

まず冷蔵庫の内部の温度は現在こんな感じです。

(見づらくてすみません)

 

6度をさした温度計

 

某100円ショップで購入したなんちゃって温度計ですが、だいたいの目安は計れます。

メモリはおよそ6度をさしていました。

 

そんな冷蔵庫でオリーブオイルを冷やしてみると・・・

 

冷えて固まったオリーブオイル

↑オリーブオイルを入れて数時間で少し固まりました。

 

 

次に、再び室温で液体に戻したオリーブオイルと温度計を発泡スチロールの箱に入れて再び冷蔵庫へ。

 

冷蔵庫に入れた発泡スチロールの箱

 

そしてしばらく放置した後、発泡スチロールの箱を開けてみると・・・

 

発泡スチロールの箱に入れたオリーブオイルと温度計

 

温度計は8度をさしています。

 

8度をさした温度計

 

そしてオリーブオイルはこんな感じ。

 

固まらなかったオリーブオイル

 

液体に戻しておいたオリーブオイルはそのまま、固まっていませんでした。

 

まとめ

 

今回の(なんちゃって)実験で分かったのは、寒い冬に保温目的で発泡スチロールの箱にオリーブオイルを入れると多少の効果は期待できる!?ということです。

 

ただし温度に2度差が出たとはいえ、実験の正確性がイマイチなのは否めません。

 

また上記の実験によると、6度ではオリーブオイルが固まって8度では固まらないように思えますが、どのオリーブオイルでもそうなるのか、またどんなご家庭でも同じような結果になるのかは全くの未知数です。

 

とにかく東京なら、冬に室内に置いておけば特に問題ないはずなので無理矢理発泡スチロールを拾ってきてオリーブオイルを入れておかなくてもいいのではという気もします。

 

また冷蔵庫に入れなくてもオリーブオイルが凍ってしまうような極寒地域の方にとってこの実験が有効なのかどうかも全く分かりません。

 

もしかしたら発泡スチロールなんかではどうしようもないかも?

焼け石に水かもしれません。

 

そんな時は逆に暖房のついた場所に置いた方がいいということもあるでしょう。

 

とにかく実際にオリーブオイルの状態と温度をチェックして置き場所を決めるというのが一番でしょうね。

 

どんな地域に住んでいる方にも有効な実験になれば・・・と思ったのですが、なんだか中途半端な実験になってしまいました。

 

また発泡スチロールの厚さや質にもよりますし、フタの開け閉めをどれくらいやったかなどによってかなり違ってくると思います。

 

とりあえず「発泡スチロールの箱があるなら念のため入れてみたらどうだろう」って程度に思ってくれたらと思います。

 

少なくてもそのまま表に出しておくよりは紫外線対策にはなると思います。

 

さて、オリーブオイルの劣化の心配は夏の方が深刻。

私の住んでいる地域でも平気で35度を超えてきます。

 

真夏になったらもう少し工夫して夏バージョンの実験をやってみたいと思います。