カテゴリー:オメガ3についての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オメガ3について
リーキーガット症候群対策にもオメガ3がいいの?
リーキーガット症候群対策にもオメガ3がいいの?

リーキーガット症候群という病気を知っていますか?

 

私は最近、たまたまオメガ3のことを調べていた時に知ったのですが、けっこう自分も思い当たる節があったので記事にしたいと思います。

 

リーキーガット症候群とは?

 

 

「リーキーガット症候群(leaky-gut-syndrome)」、直訳すると「漏れ穴のある腸」という意味になります。

 

専門家ではありませんので詳細は割愛しますが、程度の差はあれ日本人の7割もがリーキーガット症候群であり、多くの慢性病や生活習慣病、そしてさまざまな身体的・精神的不調の原因となっていると言われています。

 

「ほとんどじゃない!」と思うくらい多岐にわたる病気の原因になっている可能性があるリーキーガット症候群。

 

腸に炎症が起きて穴があき、そこから体にとって異物となる物質(つまり人体の敵)が侵入することで免疫機能にダメージが及ぶということが原因です。

 

腹痛_image2

 

じゃあどうして腸に炎症なんて起きるのかと言えば(原因はいくつかあるのですが)、大きな要因の一つに食生活が挙げられます。

 

小麦食品、砂糖、乳製品、添加物、化学物質・・・。

 

小麦が腸にあまり良くないというのは以前から聞いたことがありました。

 

しかし周りを見回してみると、パン、麺、お菓子など小麦の食品は多数。

 

よほど目に見える形でアレルギーを起こしていない限り、小麦を全面廃止するのはちょっと難しいですね。

 

添加物や化学物質も含めて、おそらく現代の日本人は完全には逃れることができない状態なのではないかと思います。

 

 

もしかして私も?家族も?現状を思い浮かべてみよう

 

私の母親は数年前に初期の大腸ガンになりました。

(このブログを始めた一つのきっかけとなる出来事でした)

 

それを機に父親も大腸の検査を受けましたが、ポリープが発見されてその場で切除しております。

 

70歳を超えた年齢ですと、多かれ少なかれ検査で何かしら見つかる可能性があるとは思いますが、私も体質を受け継いでいるかもしれないので腸にはできるだけ気を使っています。

 

かつての私は、病気らしい病気もしたことがなかったため、食生活にはかなり大雑把でした。

 

ふと考えてみると間違ったトンデモ食事のオンパレード。

 

ジャンクフード_IMAGE

↑絶対食べちゃダメではないけど・・・

 

まさにリーキーガット症候群になっても(いや、もうなっているのかな・・)おかしくない食生活をおくってきたと思います。

 

今の食事の習慣をガラッと180度一気に変えるのはものすごく大変なことですが、少しずつ少しずつできることから始めています。

 

とにかくまずは現状を知ることから。

 

みなさんも一度、自分や家族の食事をチェックしてみてください。

 

何か間違ったり歪んだパターン(習慣)が出来上がって、それに気が付かないでいるかもしれません。

 

というのもまだまだ「リーキーガット症候群」自体があまり知られていないのでお医者さんの認知度も低く病院に行ってもなかなか診断がつかないみたいです。

 

きっと不調を訴えても原因不明ってことで何か薬を出されたりするのでしょうけど、そうなると結局は「自分でなんとかする(自己管理)」が一番手っ取り早いかも。

 

確かに私も家族もそれぞれ持っている心身の不調を考えると「リーキーガット症候群」なのかもしれない・・・と思います。

 

これはやっぱり毎日の生活のゆがみからきているのかもしれません。

 

反省です・・。

 

 

リーキーガット症候群にはオメガ3がいいの?

 

ところで今回こんなにも「リーキーガット症候群」に注目した一つの要因として「リーキーガット症候群」にはオメガ3系脂肪酸をとると良いと知ったから。

 

大量のサバ

 

もちろんオメガ3をとればすぐに症状が改善するわけではないでしょう。

 

でも確かにDHA・EPAにはアレルギーや炎症を鎮める作用があると言われています。

 

自分でとりやすいオメガ3を意識して摂取する習慣をつける。

 

魚でもいいし、亜麻仁油でもえごま油でもいい。

 

どうしても食事でとるのが難しい人はサプリメントも考えてみる。

(→現在私と夫が飲んでいるDHA・EPAサプリはこちら

 

数日とったからと言ってどうなるわけでもないでしょうから、とにかく毎日の食生活にムリなく組み込めるかどうかだと思います。

 

そしてできるだけ腸が喜ぶ食生活を心掛ける。

 

急には変えられなくても、少しずつトータル的なケアができればと思います。

 

 

大豆で地道にオメガ3をとる
大豆で地道にオメガ3をとる

オメガ3系脂肪酸といえば、魚のDHA・EPA、そしてえごまや亜麻仁のα-リノレン酸が有名ですが、実は微量ながら色々な食べ物にも入っています。

 

今回取り上げるのは豆。

 

たくさん種類がある豆の中で、どの種類の豆にオメガ3が多いのか、またオメガ6とのバランスが良いものはどれかを検証してみたいと思います。

 

 

豆類の中では大豆製品がおすすめ!

 

日本食品標準成分表の豆類を見てみます。

 

まずは「n-3系多価不飽和脂肪酸」の欄をチェックしてみると、どの豆にもオメガ3が入っていることがわかります。

 

ただしその量はそれぞれごく微量。

 

その中で比較的多いのが「大豆」のようです。

(それでも100g中に1~2g程度です。)

 

あずき・いんげん豆・えんどう豆などは1g以下がほとんどであまり期待できません。

 

豆類から少しでもオメガ3を採りたい方はやはり大豆が、特に「炒った大豆」や「きな粉」がおすすめです。

 

大豆は加工食品が多く地道に大豆製品を食べていると知らない間にオメガ3もとっているのだと思います。

 

ただし加工するとオメガ3が減少したりオメガ6とのバランスが悪くなる傾向にあります。

 

 

オメガ6とのバランスが良いのはどれ?

 

次にオメガ6とのバランスを見てみます。

 

「オメガ3:オメガ6」の理想的な数値は1対4とか1対5と言われています。

(ただし1対1や1対2という説もあり、できるだけ差がない方がいいと思われます)

 

そこでいくつかの豆類のバランスを見てみるとおおよそですが次のような比率になっています。

 

あずき・・・1対2

いんげん豆・・・1対0.5

えんどう・・・1対7

大豆・・・1対5~6

 

オメガ6よりオメガ3が多いのは、ちょっと意外!?な「いんげん豆」です。

 

いんげん豆

 

ただしオメガ3の量そのものがかなり少ないため(100g中0.2~0.5g程度)、いんげん豆だけでオメガ3を摂取するのはなかなか大変そう。

 

大豆の比率もそれほど悪くはありませんが、加工品によっては1対10くらいまで上がってしまうものもあります。

 

また大豆といえば大豆油も有名ですね。

 

ただし大豆油はオメガ3が100g中6gなのに対しオメガ6が約50gと8倍以上になっていますので要注意です。

 

 

女性におすすめ!大豆で地道にオメガ3をとるレシピ

 

大豆を使った特に女性におすすめなレシピを一つ紹介します。

 

トーストにぬるのにぴったりな美味しいきな粉と亜麻仁油で作るペーストです。

 

材料(トースト1枚分)

きな粉・・・大さじ1杯、亜麻仁油・・・小さじ1杯、ハチミツ・・・適量

 

これらの材料を混ぜてトーストにぬるだけです。

 

きな粉と亜麻仁油とハチミツのペースト

 

ハチミツの量はお好みで。

私はちょうどトーストにぬりやすいかたさのペースト状になるようにハチミツの量を調整しています。

 

きな粉と亜麻仁油とハチミツのペーストをトーストにぬる

 

ハチミツの代りにオリゴ糖でもOK。

 

きな粉のオメガ3を亜麻仁油で更に補うという感じでしょうか。

 

ハチミツときな粉の風味で亜麻仁油のクセはほとんど気になりません。

(私が今回使ったお気に入りの亜麻仁油はこちら

 

そしてきな粉(大豆)も亜麻仁油も女性ホルモンのような働きをするポリフェノール(イソフラボンと亜麻リグナン)を含む食品ですので特に女性におすすめしたいです。

 

よかったら一度お試しください。

 

参照:日本食品標準成分表・資源に関する取組(文部科学省)

 

micoco飲むグラノーラを一か月続けた感想レビュー
micoco飲むグラノーラを一か月続けた感想レビュー

オメガ3系脂肪酸がとれる「micoco飲むグラノーラ」を飲み始めて一か月になろうとしています。

 

飲むグラノーラですが、飲むだけではなくかけたりして食べることも多い私です。

 

今日は「micoco飲むグラノーラ」を一か月続けてみて感じたことを書いていきたいと思います。

 

忙しい人へ「手軽さ」の感想

 

まずは飲むグラノーラの一番のポイント。

 

「忙しい人でも手軽に栄養補給ができる手軽さ」ということ。

 

これに関しては二つの面があると思っています。

 

先ずは「作る」手軽さ。

 

牛乳や豆乳と「micoco飲むグラノーラ」を入れて混ぜるという簡単さです。

 

ただし例えば食べるグラノーラの場合、器に盛って牛乳をかけるだけですからそれと比較するとあまり手間(簡単さ)は変わらないと思います。

 

次に「食べる」手軽さ。

 

私が忙しい人にむけておすすめするならこっちです。

 

グラノーラを食べたことがある方は分かると思いますが、グラノーラは結構食べるのに時間がかかります。

 

しっかりした硬めの歯ごたえですから良く噛まなくてはならないし、時には顎が疲れることもあるくらいです。

 

もっとも「micoco飲むグラノーラ」も亜麻仁の粒が入っているので、私は少し噛みながら飲むことをおすすめしているのですが、それでもスピードは雲泥の差。

 

特に朝の一分一秒が貴重な時間帯にこれはかなりポイントが高いかなと思っています。

 

 

正直なところ飽きないの?

 

一か月も続けたと言っているけど、正直飽きないの?って思う方も多いと思います。

 

私の場合、30日間毎日欠かさず飲んだわけではありませんが、8割くらいの日程で飲んだと思います。

 

そして正直なところ飽きませんでした。

 

というのも、私の場合一種類の方法ではなく色々な方法でとっていたから。

micoco飲むグラノーラの味比較1~牛乳・豆乳・ヨーグルト・水など

micoco飲むグラノーラの味比較2~ヨーグルト・アイス・トーストそして・・・

 

でも一番多かったのはヨーグルトに「micoco飲むグラノーラ」を振りかけるという方法ですね。

 

プレーンヨーグルトにmicoco飲むグラノーラを混ぜる

 

私にとっては一番手軽でしたし昼食によく食べていました。

 

このように何かアレンジを加えられれば飽きる心配はあまりないかなと思います。

 

 

身体の調子はどうなったか?気になる体重は?

 

身体の調子ですが、特にトラブルも起きませんでした。

 

私は常日頃から亜麻仁油などオメガ3系脂肪酸を毎日とっている人間ですが、「micoco飲むグラノーラ」をとる時は亜麻仁油をとらないか量を大幅に減らしていました。

 

でも特に便秘にもならず。

 

以前DHA系のサプリメントをとった時に同じように亜麻仁油を一時期止めたことがありましたが、その時は便秘が悪化してしまったことがあります。

 

「micoco飲むグラノーラ」はきな粉やチアシード、亜麻仁など便秘にも良さそうなものがたくさん入っているのでそれが良かったのかもしれないとは思っていますが、正直、因果関係はよく分かりません。

 

また「micoco飲むグラノーラ」に興味のある方はダイエットをお考えの方もいると思います。

 

私の場合、特に置き換えダイエットをしたわけでもなく、それ以外にもおにぎりとかを食べていたので全く判断ができませんが、結果的に体重は0.5キロ痩せていました。

 

0.5キロでは誤差の範囲ですし、暑い時期になって汗をかいていたのでよく分かりません。

 

でも太らなかった(むしろ痩せた)というのは個人的にも嬉しいこと。

 

ちゃんと置き換えダイエットに使えばそれなりの結果がでるかもしれませんね。

 

その他、夏バテや妙な倦怠感なども感じることなく毎日元気一杯ですし、お肌の調子も悪くないようです。

 

公式サイトはこちら↓

 

 

 

 

 

micoco飲むグラノーラの味比較2~ヨーグルト・アイス・トーストそして・・・
micoco飲むグラノーラの味比較2~ヨーグルト・アイス・トーストそして・・・

チアシードと亜麻仁からオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)がとれる「micoco飲むグラノーラ」を飲んでいます。

 

今回は飲料に引き続きどんな食材と一緒に合わせてどれが美味しいか(または美味しくないか)を調査してみたいと思います。

 

micoco飲むグラノーラ~味比較(食材編)

 

「micoco飲むグラノーラ」と各種の食材を組み合わせて食べてみた感想を書いていきます。

 

プレーンヨーグルト(食べるタイプ)

 

プレーンヨーグルト(無糖)に粉末状のままの「micoco飲むグラノーラ」をかけます。

 

プレーンヨーグルトにmicoco飲むグラノーラを混ぜる

 

これはやっぱり予想通り間違いない美味しさ!

 

飲むヨーグルトでも試しましたが、爽やかなヨーグルトの風味とほんのり甘いグラノーラの間には何も問題がありません。

 

ダイエット中のちょっとした息抜きオヤツとしてもいいと思います。

 

「食べた!」という実感がある分、飲むヨーグルトよりも満足感があるかもしれません。

 

 

バニラアイスクリーム

 

ハーゲンダッツのバニラ味

 

使ったのはハーゲンダッツのバニラ。

植物油脂が入らない本物のアイスクリームです。

 

アイスにmicoco飲むグラノーラをかける

 

子供のオヤツにと粉末の「micoco飲むグラノーラ」をアイスにかけてみましたが、これは危険です。

 

なぜって美味し過ぎるから!(^^)!

 

ハーゲンダッツの濃厚なバニラ味ときな粉風味の「micoco飲むグラノーラ」は合い過ぎます。

 

お互いを高め合ってクオリティが高すぎる状態です。

 

「お母さん黒蜜ない?」

 

なんという絶妙なアイテムをリクエストするのでしょう。

 

信玄餅アイスを目指すつもりか!?

 

チアシードと亜麻仁のツブツブ感までもが美味しさをグレードアップさせるという手におえない始末。

 

ダイエット中の人はおススメしません。

美味し過ぎて反動がきてしまうかも。

 

 

トースト

 

micoco飲むグラノーラをのせたトースト2

 

これも美味しいなあ・・・。
(しみじみ・・・)

 

カリッとしたトーストに「micoco飲むグラノーラ」をかけてバターとハチミツと。

 

ちなみに正式なレシピはmicoco飲むグラノーラの公式サイトに載っていますのでそちらで確認してください。

 

小腹が空いた時や子供のオヤツにも最適だと思う。

 

ダイエット中の人はバターとハチミツはなくてもOK。

マーガリンはあまりおすすめしません。

 

 

納豆

 

小さいカップの納豆

 

いったいどうなるのか、試してみたくなりました。

 

でも少し怖かったのでとても小さいカップの納豆をチョイス。

 

タレとからし付きですが、タレのみを入れて約大さじ2分の1杯の「micoco飲むグラノーラ」を入れて混ぜてみました。

 

納豆にmicoco飲むグラノーラを混ぜる

 

味の感想は・・・意外と食べられるかも。

 

甘じょっぱい味になりました。

(当たり前か)

 

納豆に砂糖を入れる人もいると聞いていましたが、今までやったことはなかったし先入観としてはかなり微妙でしたが、照り焼き文化の日本人には受け入れられる味なのかもしれませんね。

 

ただし食感というか、きな粉のザラザラ感が残るため少し気になります。

 

でもまあ「オエっ!」て感じではなく「普通に食べられるんだ!」という驚きの方が大きかったです。

 

 

まとめ

 

micoco飲むグラノーラ」を色々な食材と合わせてみた感想、「予想以上に何でも合うかも」というのが率直なところ。

 

甘さに違和感がないものだったらおかず的なものでも大丈夫そうです。

 

ヨーグルトやアイスは絶品のデザートになりましたが、やっぱりアイスは要注意です。

 

私もついもう一口もう一口と・・・。

 

トーストに関しては公式サイトでは食パンになっていましたが、フランスパンでも全然問題なし。

 

フランスパンの方が原材料に余計な油脂が入っていないはずなので個人的にはおススメしたいです。

 

「micoco飲むグラノーラ」の公式サイトはこちら

↓  ↓  ↓