カテゴリー:オメガ3についての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オメガ3について
置き換えダイエット~micoco飲むグラノーラ腹持ちの理由は?
置き換えダイエット~micoco飲むグラノーラ腹持ちの理由は?

置き換えダイエットとは、朝食・昼食・夕食のどれかもしくはその複数をダイエット食に置き換える方法です。

 

私も20代の時には置き換えダイエットを行ったことがあります。

 

この時は某有名なダイエット用の栄養ドリンク(現在も販売されています!)を購入して二週間ほど置き換えダイエットをやりました。

 

まだまだ代謝も良好な年齢、意外と簡単に数キロ落とすことができました。

 

ただ一つ気になったのはお肌がガサガサになったこと。

 

ファンデーションのノリが最悪でストレスを感じたことをハッキリ覚えています。

 

今となっては分かりませんが、もしかしたら脂質が足りていなかったのかも。

体重が減少してもカサカサお肌ではあまり良いダイエットだったとは言えませんね。

 

世間にはダイエット食として栄養食や飲料がたくさん販売されています。

 

特に置き換えダイエットにはこういった栄養豊富で低カロリーなものはメリットが多いですが、あまり頼り過ぎると他のところにトラブルが出る可能性もあります。

 

個人的には置き換えダイエットでも他のダイエットでもリバウンドやお肌のコンディションも考慮して、少し時間をかけて緩くやることをおすすめします。

 

いくら体型がスリムになっても枯れた女は・・・微妙です。

 

肌を気にする女性

 

そしてダイエットを成功させるためのキモとなるのはやっぱり「腹持ち」。

 

当時は会社勤めをしていたこともあって主に朝食を置き換えていたのですが、10時くらいになるとお腹がなっていました。

 

一応腹持ちの良いドリンクとなっていたのですが。

この辺は私の食欲が旺盛だったからなのかもしれません。

 

でも普段しっかりと食事をしていた人がドリンク一杯やクラッカー数枚だけとなるのは、精神的にもフラストレーションがたまると思います。

 

お腹よりも「心」が満たされないのですよね。

 

このあたりの心のケア(笑)も考えるとやっぱり過激なダイエットはやらない方がいいかも。

 

もちろん個人の性格や考え方・体調にもよりますから、それぞれが自分に合った方法を実行することがポイントですね。

 

「micoco飲むグラノーラ」は必ずしもダイエット飲料とは言えないかもしれません。

 

どちらかと言うと、忙しい女性(男性も)が「手軽に栄養を補給する」ためのドリンクかなと思います。

 

でも「ある理由」から置き換えダイエットにもスゴく向いていると思います。

 

micoco飲むグラノーラ」はたくさんの栄養が含まれていますが、腹持ちのキメ手となるのが「脂肪」です。

 

「ダイエットなのによりにもよって脂肪!?」って思うかもしれませんが、ダイエット中でもある程度の脂肪はとったほうがいいと思います。

 

そもそも私が「micoco飲むグラノーラ」を購入した理由も良質な脂肪がとれる素材が入っていたから。

 

脂肪の腹持ちがいいのは周知の事実。

でもやっぱりどんな脂質でもOKという訳にはいきません。

 

この質の良い脂肪こそが「micoco飲むグラノーラ」の大きなポイントだと思っています。

 

 

まずはチア種子(チアシード)。

 

チアシード

 

スーパーフードですから食べた(飲んだ)ことがある人も多いでしょう。

そもそもチアシードのみでダイエットをする人もいるくらい。

 

チアシードは水分を含むとぷるんぷるん(カ〇ルの卵みたい・・・)になってそれ自体が腹持ちがとてもいいんです。

 

micoco飲むグラノーラ」を飲んでいてもしっかり喉ごしの良いぷるんぷるんを感じることができます。

 

またα-リノレン酸というオメガ3系脂肪酸をたっぷり含んでいることでも有名。

 

オメガ3は、リノール酸などのオメガ6を過度に取り過ぎている現代人にとっては積極的にとりたい脂肪酸です。

 

 

次に亜麻仁の粒。

 

亜麻仁の粒

 

私はほぼ毎日のように亜麻仁の油をとっていますが、亜麻仁にもα-リノレン酸がたくさん含まれています。

 

また亜麻仁には女性に嬉しい「アマリグナン」という栄養も。

 

アマリグナンは女性ホルモンのような働きを持っているため特に女性の美と健康維持におススメしたい栄養です。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

また粒状で入っているので「噛む」というメリットも。

 

飲むタイプのグラノーラですが、そのまま一気に飲むよりも亜麻仁を噛むことで栄養の吸収も良くなり更に香ばしさがグンとアップ、何より腹持ちが良くなります。

 

 

そして最後にココナッツミルク。

 

ココナッツミルク

 

中鎖脂肪酸(MCTオイル)が含まれているのですが、この中鎖脂肪酸(MCTオイル)は他の脂質よりも消化・吸収が早いため医療やスポーツ界、そしてダイエットをしている人にも注目されている脂肪です。

 

腹持ちをキープしつつ身体に残りにくい脂肪ってところでしょうか。

 

このような良質の脂肪酸が「micoco飲むグラノーラ」の大きな特長。

 

私は現在ダイエットではなく栄養補給として主にランチに飲んでいますが、「micoco飲グラノーラ」を飲むとお腹がまったり落ち着いてくるのが分かります。

 

もちろん混ぜる飲料(牛乳とか)によっても腹持ちは変わってくると思いますので、色々と試してみて美味しさと腹持ちをチェックしてみるといいのではないでしょうか。

 

私が実際に飲んでみて予想外に気に入ったのはグリーンスムージーと「micoco飲むグラノーラ」のミックス。

 

見た目はちょっと微妙な色になるのですが、ビックリするくらい美味しかったです。

 

濃度もあって腹持ちも良かったです。

 

「micoco飲むグラノーラ」は粉末タイプでドリンクに混ぜて飲むのが一般的ですが、ヨーグルトに混ぜたりトーストに振りかけたりしても。

 

色々とバリエーションを広げることができるのも「micoco飲むグラノーラ」の嬉しいポイント。

 

これなら飽きもこないで楽しいダイエットができるかもしれません。

 

くれぐれも過激にならないように、無理のない美味しいダイエットをしてくださいね。

 

置き換えダイエットにもおススメ

オメガ3がとれる「micoco飲むグラノーラ」はこちらから

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

micoco飲むグラノーラの味比較1~牛乳・豆乳・ヨーグルト・水など

オメガ3系脂肪酸がとれる「micoco飲むグラノーラ」を飲んでいます。

 

今回は色々な飲料と一緒に合わせてみてどれが美味しいか(または美味しくないか)を調査してみたいと思います。

 

micoco飲むグラノーラ

 

micoco飲むグラノーラ~味比較

 

「micoco飲むグラノーラ」と各種の飲料を混ぜて飲んでみた感想を書いていきます。

 

牛乳

 

今回使用した牛乳はこちら。

 

北海道産直牛乳

 

普通にスーパーで購入しましたが、乳脂肪分3.9%のものになります。

 

おそらく牛乳嫌いの人やアレルギーを持っている方以外は一番違和感なくピッタリな組み合わせではないかと思います。

 

そもそもきな粉と牛乳はとても合うし濃厚でミルキーな味わいがなんとも美味しいです。

 

ただ、牛乳も種類によって乳脂肪分に大きな幅がありますので、それによって味わいも随分変わってくるのではと思います。

 

 

豆乳

 

豆乳はふくれんの無調整豆乳(200ml)を使用しました。

 

こちらの豆乳は私の大好物ですが、豆乳の中でも豆の生臭さがなくさっぱりと美味しく飲める豆乳です。

 

micoco飲むグラノーラとの相性もバッチリ。

 

牛乳ほどコクはないですが、きな粉の味とよく合うしまろやかに美味しく飲むことができました。

 

個人的には非常におすすめです。

 

 

飲むヨーグルト

 

混ぜたヨーグルトはこちら

 

明治の飲むヨーグルト

 

シンプルなプレーンタイプの飲むヨーグルトとは言え、甘さのついたものだったのでどうなるだろうと思いましたが、ヨーグルトの爽やかな酸味が加わってとてもさっぱりとした味に。

 

甘さも程よいままだし予想以上に美味しかったです。

 

またヨーグルトならではの濃度もついていて牛乳とはまた違ったまったり感とともに飲むことができました。

 

 

グリーンスムージー

 

グリーンスムージー

 

某コンビニで購入した市販のグリーンスムージーです。

 

グリーンスムージーとmicoco飲むグラノーラを混ぜたところ

 

何コレ飲めるの!?的な色になってしまいましたが意を決して一口。

 

すると予想外に激ウマなんですけど。

 

違和感ないといったレベルではなくよりいっそう美味しさが増しています。

 

味もさることながら亜麻仁のツブツブした食感をより感じることができるのはなんででしょうか。

 

濃度があるから亜麻仁の粒が口の中で逃げずにしっかり歯でかみしめることができるのかもしれません。

 

 

 

ミネラルウォーター200mlで作ってみました。

 

飲む前は水で作るのってどうなの?って不安がありました。

 

何と言うか単純に不味いのでは・・・といった先入観も。

完成時の色も若干薄めです。

 

水で作った飲むグラノーラ

↑見た目もシャバシャバ系・・・

 

予想通り他のものと比べてお味も薄めですが、かと言って別に不味くはないのにちょっとビックリ。

 

サッパリと飲みたい人は水でも全然問題ないと思います。

 

水しかないけど少し濃い目に飲みたい人は、水の量を減らすか飲むグラノーラを少し増やして作ってみたらいいと思います。

 

当たり前ですが一番低カロリーです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

牛乳や豆乳は想像がついたのですが、意外と他の飲料でも不味いと感じるものがなくビックリでした。

 

これなら飽きもこないで続けられるかも。

 

私は個人的には豆乳とグリーンスムージーが特に気に入りました。

 

みなさんもそれぞれお好きな飲み物に入れて作ってみてはいかがでしょうか。

 

新鮮なお味を楽しむことができますよ。

 

詳細は公式サイトで↓

micoco飲むグラノーラ

 

 

粉末を溶かして飲むグラノーラって正直美味しいの??
粉末を溶かして飲むグラノーラって正直美味しいの??

プロテインをはじめ健康・ダイエット系ドリンクのようなものは粉末を溶かして飲むタイプのものが多いですよね。

 

今回とりあげるグラノーラも同様。

 

グラノーラって食べるものじゃないの?っていう常識(?)を打ち破って、粉末タイプの飲むグラノーラが販売されています。

 

そこで今回は粉末タイプの飲むグラノーラって実際のところどうなの?というところにスポットをあててみたいと思います。

 

粉末の飲むグラノーラは美味しいか?

 

グラノーラ、私も朝食や昼食によく食べます。

 

グラノーラってあのカリカリとした食感も美味しさの一つでは?って思う方も多いのではないでしょうか。

 

そうすると粉末を溶かして飲むタイプのグラノーラって実際のところ美味しいのだろうかと戸惑うかもしれません。

 

ですがざっと見たところ、いくつかのメーカーさんから粉末タイプの飲むグラノーラが販売されているようです。

 

粉末から作る飲むグラノーラは、忙しい朝や置き換えダイエットをしている人にとってはそれぞれメリットがあります。

 

そして肝心の味について。

 

私が試したのは「micoco飲むグラノーラ」ですので、こちらの商品についての味の感想になります。

 

micoco飲むグラノーラ」は水か牛乳、もしくは豆乳などに混ぜて飲むのですが、予想以上に美味しいと感じました。

 

好みにもよるでしょうが、甘さや香ばしさが程よく合わさって全く苦痛なく、というより嗜好品のレベルで美味しいと思います。

 

ちなみに子供のオヤツにも出してみましたが「美味しい~!」と好評でした。

 

 

ダマにはならないの?

 

粉末タイプのドリンクで一番気になるのはダマにならないかということ。

 

白玉

 

飲んでいる時にダマがあると、その粉っぽさが不快ですよね。

 

micoco飲むグラノーラ」には専用のシェーカーがついています。

 

専用シェーカー

 

お好みの水分(200ml)と粉末20gを入れてフタを閉じたらしっかりと振ります。

 

すると粉末はよく溶けてくれてダマにはなりません。

 

ところが各メーカーさんの飲むグラノーラにはシェーカーで混ぜるのではなく、スプーン等で混ぜるものもあるようです。

 

こういったものは比較的ダマになる可能性が高そう。

 

ですので、おすすめはシェーカーでよく振るタイプ。

 

もしご家庭にシェーカーがある場合はシェーカーを使った方がいいと思います。

 

 

粉末ゆえの面倒さはある?

 

粉末ゆえの面倒さってあるだろうかと考えましたが、正直あまり感じません。

 

ただし粉末をぶちまけないように気を付けてはいます。

 

洗い物に関してはシェーカーとグラスが出ますが、食べるグラノーラだって器とスプーンがでますから、特に大変さはありません。

 

 

スイーツに応用できそう

 

粉末タイプの飲むグラノーラは「飲む」だけではなくスイーツなどに応用することもできそうです。

 

例えばプレーンヨーグルトに混ぜる、プリンやバニラアイスにかけて食べるなど。

 

バニラアイス

 

粉末のままかけてもいいし、いったん水分で溶いてトロトロのソース状になったものをかけても。

 

ただしダイエットしている人は食べすぎに注意してくださいね。

 

料理に飲むグラノーラを入れる方法もありますが、「micoco飲むグラノーラ」に関してはできれば質の良い状態でオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)をとってもらいたいと思います。

 

私は加熱をしない状態で食べる方法をおすすめします。

 

チアシードと亜麻仁の二つのオメガ3系脂肪酸がとれる「MICOCO 飲むグラノーラ」はこちらから↓

 

 

食べるより【MICOCO飲むグラノーラ】を選んだ一つの理由
食べるより【MICOCO飲むグラノーラ】を選んだ一つの理由

最近よく「MICOCO 飲むグラノーラ」を飲んでいます。

 

以前はずっとスーパーで売られている普通の食べるグラノーラだったのですが、一つ気になる点がありました。

 

そこで飲むグラノーラに挑戦。

 

思いのほか美味しくて現在のお気に入りになっています。

 

そこで今回は、手軽に買える市販の食べるグラノーラの何が気になっていたのか、どうして「MICOCO 飲むグラノーラ」選んだのかを記事にしたいと思います。

 

そもそもグラノーラには油が必要?

 

市販のグラノーラの原材料をチェックしてみるとたいてい「植物油脂」といった記載があります。

グラノーラの脂質を考える(ついでに糖質も)

 

そもそもグラノーラの定義が麦や砂糖なんかと植物油脂をまぜてオーブンで焼いたものらしいので、入っているのが当たり前かもしれません。

 

器に盛ったグラノーラ

 

ただ気になるのはその「植物油脂」がどういったものなのかがよく分からないってこと。

 

ノンオイルのグラノーラもあるにはありますが、何も植物油脂の全てを目の敵にしているわけではなく正体不明の植物油脂に抵抗があるわけです。

 

オイルのボトル

・・・??

 

そもそもグラノーラに亜麻仁油などのオメガ3系脂肪酸(これも植物油脂)を足して食べていた私です。

 

ですから「植物油脂」が入っているかいないかというより「どんな種類の油脂が入っているのか」とか「トランス脂肪酸が発生していないか」といったことの方が気になっていました。

 

micoco飲むグラノーラの詳細はこちら

 

 

MICOCO 飲むグラノーラにはオメガ3が入っていた!

 

そんな時見つけたのが「MICOCO 飲むグラノーラ」。

 

MICOCO飲むグラノーラの缶を手にもったところ

 

チアシードと亜麻仁という私がよく知っているオメガ3系スーパーフードが二つも入っていることにビックリ。

 

単純に「これ、私のニーズにピッタリかも」と思いました。

 

そして飲んでみて更にビックリ。

 

こういった栄養ドリンクにはあまり味の良し悪しを求めていませんでしたが、かなりレベルが高い!

 

オメガ3とか関係なく普通にオヤツとしても飲める感じです。

香ばしさとほんのり上品な甘さで飽きがこない味を気に入りました。

 

ちなみに飲むグラノーラは「MICOCO 飲むグラノーラ」だけではありません。

 

例えば波里の「飲むフルーツグラノーラ」。

 

 

こちらの原材料を見てみると、植物油脂は入っていません。

 

基本的には素材が自然に持つ油脂成分だけとなっているようですが、きっと私はそこに亜麻仁油を入れて飲むと思います。

 

そんな私も「MICOCO 飲むグラノーラ」には現在何も追加せずに飲んでいます。

 

もちろん亜麻仁油などを追加して飲んでも構わないと思いますが、チアシードと亜麻仁が入っているのでこのままでも十分かなと思えます。

 

そんな私の希望にピッタリ一致したお気に入りのグラノーラ、それが「MICOCO 飲むグラノーラ」だったということです。

 

公式サイトはこちら

 ↓ ↓ ↓
micoco飲むグラノーラ