カテゴリー:えごま油についての記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:えごま油について
えごま(油)でアレルギーになることってあるの?
えごま(油)でアレルギーになることってあるの?

えごま、えごま油はアレルギー対策になるということで有名ですよね。

 

そんなえごまやえごま油を食べて逆にアレルギーになるということはあるのでしょうか?

 

えごまがアレルギー対策になるという根拠はこれ

 

えごま油を積極的に摂っている方の中にはアレルギー対策を目的としている人も多いでしょう。

 

それはえごま油の持つ成分に秘密があるから。

 

えごま油のα-リノレン酸は体内で一部がEPAやDHAに変換します。

そしてこのEPA・DHAがアレルギー対策になると言われています。

 

加えてえごま油の場合、含まれるポリフェノール(ファイトケミカル)にもアレルギーに有効と言われている成分があります。

 

それが「ロズマリン酸」「ルテオリン」です。
えごま(荏胡麻)油について
 

これらの成分を含むことからえごま油はアレルギーを持つ人から大きな支持を得ることになりました。

 

ただしポリフェノールは精製したえごま油では入っていない可能性があります。

 

精製していてもα-リノレン酸はとれますが、ポリフェノールも期待するなら搾油方法をチェックしたりメーカーに確認してから購入した方が良いでしょう。

 

えごまアレルギーは存在するのか?

 

そんなえごま油、もしくはえごまの実そのものから食物アレルギーを発症することはないのでしょうか?

 

これは残念ながら「ある」と思っておいた方がいいでしょう。

 

えごまはシソ科の植物ですからシソアレルギーを持っている人は念のため注意。

 

葉と実では成分が違うかもしれませんが一応頭の片隅にとどめて置いた方がいいかもしれませんね。

 

えごまにはアレルギーに良い成分が含まれているのは確かですが、成分はそれだけではありませんし何に反応するかは人によってさまざまです。

 

えごまの実やえごま油をはじめて食べる時には、少量を試して様子を見る方が安心です。

 

そしてこれはえごまだけに限らずどんな食材にも言えること。

 

えごま油は「アレルギーに良いらしい」という認識はかなり浸透しています。

 

でも本当に自分自身に合っているかどうかは分かりませんよね。

 

そしてえごま油はとても酸化しやすい油です。

 

古くなったり保存方法がずさんなために成分が劣化して体調を崩すということもじゅうぶん考えられます。

 

えごま油はなかなか扱いが難しい油ですから、このあたりも注意してくださいね。

 

 

どんなものでもアレルギーを起こす可能性がある

 

例えばDHAやEPAが豊富な魚、積極的に食べたいところですがやはり魚アレルギーはあります。

 

この世に存在する食べ物(飲み物)はどんなものでもアレルギーを起こす可能性はあるのではないでしょうか。

 

人間の体は本当に人それぞれ。

 

もしえごまでアレルギーを起こした場合は、残念ですが代替え食材を摂取してください。

 

参考記事

DHAほしい!魚アレルギーでも魚油サプリメントは飲めるのか?

海藻由来「かしこく摂りたいDHA&EPA」のメリットはこれ!

本物の国産えごま油の味はマズくない!選ぶならコレがおすすめ

 

 

 

オメガ3(α-リノレン酸)えごま油と亜麻仁油どっちにする?
オメガ3(α-リノレン酸)えごま油と亜麻仁油どっちにする?

オメガ3であるα-リノレン酸を手軽に摂取できるオイルとなると、やはりえごま油と亜麻仁油の二択になると思います。

 

どちらも同じくらいのα-リノレン酸の含有量があるため、どっちにしようかと迷ってしまう方も多いでしょう。

 

確かにα-リノレン酸だけを考えればえごま油と亜麻仁油のどちらを選択してもあまり変わりがありません。

 

そこで今回はα-リノレン酸以外の要素でこの二つを比較検討してみたいと思います。

 

主要な産地

 

えごまはアジア原産です。

 

東南アジア発祥と言われていますが、日本でも縄文時代から食べられていることが分かっておりとても古い歴史をもっています。

 

今でも日本各地で栽培されていますが、メジャーなメーカーさんのえごま油は国産のものだけではなく安価な外国産もよく使っています。

 

国内ですと、比較的小規模な農家がそれぞれ品質にこだわりを持って作り自分で販売しているものも多いです。

 

一方、亜麻はヨーロッパ・地中海付近に自生していた植物。

 

現在ではカナダが最大の生産国で、この他にもニュージーランドやオーストラリアで作られています。

 

暑さに弱く基本的に寒い土地が適しているため、日本では北海道で栽培しています。

 

しかし生産量は少なく、国産の亜麻仁油はとても貴重です。

 

生食用北海道産亜麻仁油 95g

 

 

ポリフェノール(ファイトケミカル)

 

えごま油と亜麻仁油のα-リノレン酸の含有量はどちらも60%前後とほぼ互角。

 

そうなるとどちらでも良いような気がしますが、ポリフェノールには違いがあります。

 

えごま油に含まれるポリフェノールには「ロズマリン酸」と「ルテオリン」。

えごま(荏胡麻)油について

 

どちらもアレルギーを緩和するとも言われており、α-リノレン酸自体もそういうメリットがあることからまさに「トリプルパワー」、アレルギー対策をしたい人にとってはえごま油がおすすめです。

 

亜麻仁油のポリフェノールと言えば「アマリグナン」が有名ですね。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

リグナンは女性ホルモンと似た働きをすることから、女性のさまざまな症状に悩んでいる方におすすめです。

 

ただしポリフェノールがそれぞれのオイルにどれくらい含まれているのかは、あまりハッキリしていません。

 

どちらにしても精製した油ではほとんど期待できないと思いますので、製造方法をしっかり確認した方がよさそうです。

 

味とにおい

 

えごま油と亜麻仁油の味とにおいの違いを言うのは正直難しいです。

 

ぶっちゃけて言えば、どっちもどっち。

 

しいて言えばえごま油は穀物や畳っぽい(イグサ?)感じで、亜麻仁油はコクとオイリー感がより強いかなと。

 

ただし次のようなことは言えるので参考になるかもしれません。

 

まず、えごまという植物はシソ科ですが、えごま油からシソの葉のような風味がするわけではありません。

(多少草っぽいのはシソ科ならではかもしれませんが)

 

また「ごま」と勘違いしてごま油のような香ばしさを求めると落胆するでしょう。

 

よくえごま油も亜麻仁油も「生臭い」、「マズイ」などと表現されますが、これはおそらくオメガ3(α-リノレン酸)の特徴だと思います。

 

それぞれの風味の違いは種子自体が違うのであるにはありますが、これ(α-リノレン酸)が共通しているのでそっちの方が強いような・・・。

 

むしろえごま油か亜麻仁油かというよりは、商品(メーカー)や製造方法による違いの方がより大きく感じます。

 

またどれくらい「酸化」しているかにもよります。

 

新鮮で低温搾りされたものでしたら、実はどちらもそれほどイヤなクセは感じずに食べることができます。

 

食材と混ぜてしまえばマズくて食べれなかったなんてことはありません。

 

ちなみに私が「美味しい」と感じたえごま油はこちら↓

本物の国産えごま油の味はマズくない!選ぶならコレがおすすめ

 

非常に丁寧に作られた生搾りのえごま油ですが、変なクセがなくて美味しかったです。

 

あとは冷蔵庫で保存してできるだけ早目に食べ切ること。

 

これが大事です。

 

加熱について

 

えごま油も亜麻仁油も加熱には向いていないと言われています。

 

それはオメガ3(α-リノレン酸)は加熱すると酸化して悪臭(生臭さ、魚臭さ)を発したり品質が低下するから。

 

そんな中アリーガという亜麻仁油は独自の製法により加熱に耐えられるとなっています。

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

私もアリーガを知ってからかなり使わせてもらっていますが、肉料理に使うとコクがプラスされて美味しいです。

 

一方、大手を振って「加熱OK」なえごま油は知りません。

 

ただし他の油とブレンドしたえごま油で加熱OKなものはありました。

 

 

 

これらは加熱OKですが、えごま油だけではなく他の油も同時にとることになります。

 

 

デメリットや問題(危険)はあるのか

 

えごま油と亜麻仁油、どちらも健康になりたい方にとっては注目度の高い油です。

 

それぞれにデメリットや問題(危険)があるというよりも、やっぱりどんなに良いものであっても「適量を守る」ことは大事です。

 

たくさんとったらより健康になるわけではありません。

 

またどんなに良いと言われるものであっても全ての人に良いかどうかは分かりません。

 

もし何か気になることがあればもったいなくても中断することも大事です。

 

そして品質の問題。

 

近年、えごま油も亜麻仁油もとても人気が出てきて、ハッキリ言ってしまえば「金儲け」になるようになった。

 

こうなると粗悪で低品質なものが出回ることも増えてきます。

 

健康を願ってあえて美味しくもない(!?)油を食べながら、かえってトラブルが出る人もいるでしょう。

 

デメリット

 

せっかく使うのなら、単に店頭に並んでいる商品を適当に買うのではなく下調べすることをおすすめします。

 

「いつ」、「どこで」、「だれが」作ったものなのか。

 

どういった栽培方法か、どういった搾り方をしているのか。

 

そして消費者サイドも使用方法や保管方法、賞味期限をしっかり守って使いましょう。

 

他の油と比較すると少し面倒なのがえごま油と亜麻仁油です。

 

ですが、どうせならしっかりチェックした方がよりメリットを得られるし、なんならメーカーさんへとことん質問して不安を解消してから購入しましょう。

 

 

まとめ

 

えごま油と亜麻仁油、個人的にはどちらもおすすめできる素晴らしい油だと思います。

 

ただし品質を求めるなら、やっぱり大量生産されたものよりは小さい農家さんがこだわりを持って作ったものの方が断然おすすめです。

 

ですが価格の問題や入手しやすさも大事。

 

えごま油と亜麻仁油のどちらを選ぶかは、今自分の体にどんな問題があるのか、どちらの方がよりメリットがあるのか、そして好みや購入しやすさなども考慮して選んでみてくださいね。

 

 

えごま(荏胡麻)油について
えごま(荏胡麻)油について

えごま油とは、シソ科の一種のえごまという植物の種子から取ったオメガ3系のオイルです。
「しそ油」となっているものもありますが同じものになります。

 

日本でも縄文時代から栽培されていた痕跡があり、非常に古くからえごまを食用としていました。

 

黄色っぽい色をしていてα-リノレン酸を多く含んでいるのが特徴です。
なお「えごま」と「ごま」は全く違うのでご注意ください。

 

えごま油の成分

 

日本食品標準成分表でえごま油の成分を見てみると、α-リノレン酸の含有量は次のようになっています。

 

α-リノレン酸・・・58000mg(58g)

(可食部100g当たり)

 

この通りオメガ3であるα-リノレン酸をたくさん含んでいることが分かります。
亜麻仁油のα-リノレン酸が57gですから、ほとんど一緒ですね。

 

その他、リノール酸が12000mg(12g)、オレイン酸が16000mg(16g)となっています。

 

脂肪酸以外の成分でいえば、ビタミンEが約60~70mg、そしてロズマリン酸ルテオリンというファイトケミカルも含まれています。

 

ロズマリン酸はシソ科の植物に多く含まれる成分で、アレルギー対策に有効ではないかと言われています。

 

またルテオリンもアレルギーの緩和、そして脳の炎症対策になると言われています。

 

※ファイトケミカル(ポリフェノール)は搾油法や精製によって含まれないか量がかなり少なくなっている可能性があります。

もしファイトケミカル(ポリフェノール)を目的にオイルを購入したい場合はよく調べた方が良さそうです。

 

えごま油のおススメポイントと亜麻仁油との違い

 

えごま油のおススメポイントとしては、もちろんα-リノレン酸を多く含んでいるということが挙げられます。
亜麻仁油とほとんど同じですが、少しだけえごま油の方が含有量が多いです。

 

血液がサラサラになりたい

脳細胞の健康を維持したい

アレルギーやガンといった病気の対策したい

そんな人におすすめなのがオメガ3系脂肪酸、その一つがα-リノレン酸です。

えごま油

 

オメガ3系オイルを摂取したい人には、効率よく摂れるオイルとしておススメです。

 

加熱には向かないので、ドレッシングなどそのまま生の状態でいただきます。
私はヨーグルトやグラノーラにかけて食べるのがお気に入りです。

 

α-リノレン酸をとるということで言えば、亜麻仁油でもえごま油でもあまり変わりがありません。

 

しいて言えば、アレルギーの方にはえごま油はよりおすすめできると思います。

 

もともとα-リノレン酸自体がアレルギーの人にとって良いオイルであるのですが、えごま油に含まれるロズマリン酸やルテオリンというファイトケミカル(ポリフェノール)もアレルギー対策に有効とされているからです。

 

また、ルテオリンという成分は抗炎症作用があるのですが、脳の炎症を防ぎ認知症対策になるのではと言われています。

 

どちらを選ぶかは、味の好み、もしくはファイトケミカルなどその他の要素も参考にするといいかもしれません。

 

ただしどちらのオイルもメインはα-リノレン酸。

そういう意味では似たようなメリットを持っていますから、絶対どちらかじゃなくてはならないといったものではないと思います。

 

参考文献:読むオイル辞典 YUKIE

 

参考記事
亜麻仁油(フラックスシードオイル)について