カテゴリー:亜麻仁油を使ったレシピの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • 亜麻仁油を使ったレシピ
カテゴリー:亜麻仁油を使ったレシピ
アリーガ(亜麻仁油)で塩麹に漬けた安い牛肉を美味しく焼く

久々にアリーガ(亜麻仁油)を使った料理のご紹介です。

 

今回は安いけど硬くてマズい外国産の牛肉を何とか美味しく柔らかくしちゃおうレシピになります。

 

アリーガは加熱ができる珍しい亜麻仁油。

詳細に関してはこちらの記事をご覧ください。

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

今回購入したのはアメリカ産のアンガス牛。

 

アンガス牛は価格が安く日本人の好みに合うということで人気らしく、最近はたいてのスーパーでアンガス牛がたくさんならんでいますね。

 

赤身で脂肪が少ないという特徴は私も好きですが、やっぱり焼くと硬くなっちゃうのは否めないです。

 

とにかくアンガス牛はとてもあっさりした風味。

 

当然和牛のような甘さとか香りはないので、マズイとまでは言えないまでもちょっと微妙だなって感じる時があります。

 

でも価格がね。

特別な日以外は黒毛和牛なんてとても買えないし、どうしてもアンガス牛のお世話になる日々です。

 

そこで安い牛肉をできるだけ柔らかくそして美味しく食べるために今回使ったのが塩麹、そしてアリーガです。

 

安いアンガス牛をまずは塩麹で1時間ほど漬け込みます。

 

牛肉を塩麹に漬ける

 

硬い肉を柔らかくするアイテムはいくつかありますが、その一つが塩麹。

 

我が家ではほぼ常にあるので今回も塩麹を使いました。

下味もつくし一石二鳥です。

 

今回はステーキ用などの塊肉ではなく既にスライスした状態のものです。

 

もっと大きくごっついアンガス牛の場合はもう少し漬けてもいいと思いますが、あまりたくさんの量の塩麹で長時間漬けるとしょっぱくなることもありますので注意してください。

 

アリーガ(亜麻仁油)をフライパンにたらす

↑アリーガをフライパンに

 

以前のアリーガの記事でも何度か書いたと思うのですが、アリーガを料理に使うとほどよいコクをプラスすることができると感じます。

 

赤身のあっさりしたところがアンガス牛の良さでもありますが、ちょっと物足りないという場合にはアリーガで調理するといいかも。

 

牛肉をアリーガで焼くところ

 

塩麹はたくさんついていると焦げやすいので、少し取りました。

 

とは言っても洗って全部とるほど神経質になることはないでしょう。

 

アリーガで焼いた牛肉

↑にんにく風味の和風タレでいただきました

 

焼いたアンガス牛は塩麹の成果なのか、柔らかくなっていて食べやすいです。

 

とは言っても脂の乗った和牛のような柔らかさとは違います。

 

和牛というのは普通の牛肉とは別の食べ物だと思っていますので(笑)、そういった食感ではありません。

 

でも肉質が柔らかくなって噛む苦労が減るという感じはします。

 

そして塩麹とアリーガがあっさりしたアンガス牛に深みとコクを与えてくれることは間違いないです。

 

本当なら最高級の和牛を予算を気にすることなく食べたいところですが、なかなか難しいですよね。

 

和牛はとっておきの日に、アンガス牛やオーストラリア産などの外国産の安い肉はふだんできるだけ美味しく工夫して食べることにしたいと思います。

 

参考記事

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

 

 

ハンバーグをアリーガ(亜麻仁油)で焼く
ハンバーグをアリーガ(亜麻仁油)で焼く

ハンバーグはどのご家庭でも大人気のメニューではないかと思います。

 

でも意外と作るのが面倒だったり、上手に焼けなかったりすることが多いのも事実。

 

今回はアリーガ(亜麻仁油)を使って久しぶりに焼いてみたのですが、コクがあってなおかつふっくら美味しくできたのでご紹介したいと思います。

 

アリーガで焼く我が家のハンバーグのレシピ

 

我が家で作るハンバーグのレシピをご紹介します。

 

材料(3人分)

 

・ひき肉(合い挽き)・・・300g

・玉ねぎ・・・2分の1個

・人参・・・4分の1本

・パン粉・・・2分の1カップ

・卵・・・1個(Sサイズ)

・豆乳・・・80ml

・塩・コショウ・・・少々

・ナツメグ・・・少々

・ソース・・・大さじ3杯

・ケチャップ・・・大さじ3杯

・水・・・大さじ3杯

・アリーガ(亜麻仁油)

 

作り方

 

1.人参はすりおろし、玉ねぎは粗みじん切りにしてアリーガ(小さじ1杯程度)で炒めよく冷ましておきます。

 

たまねぎと人参を炒める

 

2.ひき肉、パン粉、卵、豆乳、塩・コショウ、ナツメグをボウルに入れ、1の材料も入れたらよくこねます。

 

ハンバーグの材料をこねる

 

3.そのままボウルに入れた状態でラップをして冷蔵庫で数時間ねかせておきます。

 

4.中の空気を抜きながら程よい楕円形に整えます。

 

ハンバーグの形を形成する

↑今回は子供が丸めてくれました。

少し小さめにして1人2個の計算です。

 

5.熱したフライパンにアリーガを小さじ1杯引き、よく馴染んだらハンバーグの種を置きます。(その時真ん中をへこませます。)

 

ハンバーグを焼く

↑フライパンに引いた油はアリーガです。

 

6.はじめに中火で焼き、程よい焼き色が付いたら裏返します。

その後、弱火にしてフタをしながら5分程度焼いていきます。

(竹串で焼き具合をチェックしてくださいね)

 

7.ハンバーグが焼けたらいったん取り出し、フライパンに残った肉汁に水とソースとケチャップを入れて煮詰めてハンバーグソースを作ります。

 

ハンバーグソースを作る

 

8.付け合わせ(今回はブロッコリーとトマト)と共にお皿に盛りつけて出来上がりです。

 

ハンバーグ完成図_1

↑ソースをたっぷりかけで召し上がれ!

 

 

肝心のお味はどう?

 

すりおろした人参を入れるのは子供の人参嫌い対策です。

混ぜてしまえば取り出せませんし食べるしかありません(笑)

 

もちろん人参好きな方はグラッセ等にしてもいいでしょう。

ポテトや焼いたパプリカもよく合います。

 

上記の分量は3人分ですが、種を6当分に分けて1人2個ずつ食べました。

あまり大きいとひっくり返す時に失敗するので、いつも少し小さめに作っています。

 

アリーガのクセは全く感じません。

濃厚なソースをかけていただくハンバーグですと亜麻仁油特有のクセは全く分からなくなりますし、そもそもアリーガは肉料理との相性が抜群です。

 

ぜひ一度お試しください。

 

参考記事

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

 

 

インフルエンザ対策にも~もずく酢に亜麻仁油を落とす
インフルエンザ対策にも~もずく酢に亜麻仁油を落とす

 

インフルエンザにもずくが良いという話を聞いてもずくをたくさん食べるようにしています。

 

やっぱりインフルエン対策には手洗いと共に免疫パワーをアップしてウイルスをはねのけることが一番かなあと。

 

我が家でよく食べているのはもずく酢に生姜を入れるというものが一番多いののでが、そこに亜麻仁油を少し落としてみました。

 

亜麻仁油を入れることによってお酢の酸っぱさがまろやかになります。

 

生姜とお酢によって亜麻仁油のクセも緩和されるし、なかなか良い組み合わせかも。

(とは言え亜麻仁油はあまりかけ過ぎると亜麻仁油のクセがまさってしまうのでほどほどが良さそうです。)

 

もずくがインフルエンザ対策に良いという説は以前テレビの番組で見て知っていました。

 

もずくやメカブなんかの海藻に含まれるフコイダンというぬるぬる成分がインフルエンザウイルスに対抗してくれるありがたいものなのだとか。

 

もちろんもずくやメカブを食べていれば絶対にインフルエンザにならないわけではありませんが、もともと家族そろってもずく好きだったこともあったこともありできるだけ食べてみようかと。

 

もずく酢

 

オメガ3自体はインフルエンザ対策に直接的に効果があるわけではないでしょうけど、毎日どうやって亜麻仁油やえごま油をとろうかと思っている方がいましたら、もずく酢(プラス生姜)にかけてみるというのもおススメです。

 

加熱もしないので質を低下させずに効率よくとることができると思いますよ。

 

それにしてもインフルエンザ、毎年毎年いやですね・・・。

 

インフルエンザは急速に型が変化・進化するため、また同じA型ならA型でもソ連とか香港とかタイプの違う型があるためワンシーズンに同じ型を複数回やってしまう可能性もあるのだとか。

 

AとBをそれぞれ複数回・・・なんて怖くて怖くて。

 

ワクチンも一つの手ですが、これだって型が違えば効果ないようですし、結局自分の身は自分で守らないといけません。

 

つまり「インフルエンザに負けない強い身体を作る」こと。

 

それにしても私が子供のころ、インフルエンザってあまり意識していなかったなあ。

 

全部風邪で片づけられていたのかも。

 

でも今より丈夫だったような気もする(気のせいかな)。

 

子供は既に今シーズンはAにかかっていますので、もうこれ以上かからないように気を付けないと。

 

インフルエンザにノロに溶連菌。

 

どれも結局は身体がそれをはねのけられたらきっと発症しないはず(!?)

 

手洗いとともに身体のコンディションを内から整えるって凄く大事ですよね。

 

フコイダンもそうですが、オメガ3だってきっと間接的には役に立っていると信じています。

 

 

ご飯実験2~炊く時に亜麻仁油(アリーガ)を入れてみた
ご飯実験2~炊く時に亜麻仁油(アリーガ)を入れてみた

先日、ご飯を炊く際にエキストラバージンオリーブオイルを入れてみて成功したのですが、なんなら亜麻仁油を入れてみてはどうかと思いつきました。

 

そこで今回は実験的に加熱OKな亜麻仁油「アリーガ」を入れてみて、いったいどうなるかをチェックしてみました。

 

 

もう何度かリピートしているアリーガ。

 

加熱に十分耐えられる貴重な亜麻仁油です。

 

そのため炊飯器に入れて炊く際のオイルに適しているんじゃないかと思い立ったのですが、問題はにおい。

 

アリーガを加熱料理に使ってもかつて他の亜麻仁油を加熱した時のような魚臭はほとんどないというのは既に知っているのですが、今回はなんせ「白飯」。

 

つまり味付けなし・ご飯そのものです。

まさに素材のうまみだけで勝負するもの。

 

お米そのものの美味しさを舌と鼻で実感する際に、ささいな香りさえも邪魔になる可能性があります。

 

そこで今回は実験としてお米は1合のみでやってみることにします。

(失敗する可能性を考慮して)

 

お米1合に対し、小さじ2分の1程度のアリーガを入れて炊いてみることにしました。

 

アリーガを炊飯器に入れる

↑黄色がまぶしいアリーガ

 

アリーガは濃い黄金色をしているので、少量でも入れるとかなり目立ちます。

 

炊飯器に入れた段階でのにおいを嗅いでみると、亜麻仁油のにおいがフワッとしていました。

 

ちょっと心配がよぎります。

 

気を取り直して炊飯器のスイッチをオン!

 

炊飯がすすみ湯気がたってきたので近くに行ってにおいをかいでみました。

 

意外にも特にアリーガのにおいはしないようです。

普通にご飯の炊けるにおいのみです。

 

アリーガを入れて炊きあがったご飯_1

 

炊きあがりました。

 

フタを開けて更ににおいをかぎましたが、特にアリーガ特有のにおいはしません。

 

ただ少しご飯に黄色っぽい箇所があります。

 

画像だと見にくいと思いますが、うっすらとまだらに色が付いていました。

(全体を混ぜると色は分からなくなりましたが)

 

アリーガを入れて炊きあがったご飯_2

 

心配していた味ですが、なんと予想以上にとても美味しい!

 

なんというかコクがプラスされたというか・・・。

 

これは個人的にはオリーブオイルで炊いた時よりも強く感じました。

 

そういえばアリーガを使って調理するとおかずが一段と美味しくなるんですよね。

 

それは数々の料理をしてきてなんとなく感じていたのですが、まさか白米でもそうなるとは思っていませんでした。

 

アリーガは加熱調理に使える珍しい亜麻仁油です。

 

通常の亜麻仁油ですと、とても炊飯の加熱に耐えられるとは思えませんが、アリーガならば知らず知らずにオメガ3強化米が食べられちゃうかもしれません。

 

よくビタミン強化商品とかありますよね。

(「お釜にポン」でしたか)

 

オメガ3強化商品は見たことなかったのですが(知らないだけであるのかも?)、これなら各ご家庭で手軽に作れるということです。

 

これ以上量を増やすと亜麻仁油特有のクセなどが出る可能性もありますが、毎日食べるご飯ですからほんの少しプラスするだけでもいいかもしれませんね。

 

毎日、亜麻仁油やえごま油をどうやって食べようかと考えている方は、アリーガをご飯を炊く時にプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

アリーガ(alligga)加熱調理可能 亜麻仁油 フラックスシードクッキングオイル 研究機関認定 GMP認証 コールドプレス 無添加 オーガニック 有機 エキストラバージン アマニオイル 日本語表記あり レシピ付き 【正規代理店】 (250ml)

 

 

参考記事

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた