カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • 加工食品の油脂成分を調査
カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査
油たっぷり?クロワッサンの脂質量が気になるので調べてみた
油たっぷり?クロワッサンの脂質量が気になるので調べてみた

クロワッサンといえばパン生地に主にバターをたっぷり練りこんだパンですよね。

ジュワッと芳醇な風味があふれてきてとても美味しい!

 

でもどう考えても油がたっぷり入っているのは間違いなし。

(時々胃もたれする・・・)

 

そうすると気になるのはやっぱり「どんな油がどのくらい」入っているか。

 

そこで今回はクロワッサンに入っている油についてチェックしてみました。

 

アレンジしたものも多いクロワッサンですが、ここではまずごく一般的なクロワッサンの油脂量を調査してみたいと思います。

 

クロワッサンの脂質量と脂肪酸の種類を調査

 

文部科学省の食品成分データベース

 

文部科学省の「食品成分データベース」でクロワッサンを調べてみます。

 

【脂質・・・26.8g(可食部100g中)】

・飽和脂肪酸・・・12.16g

・オメガ3・・・0.22g

・オメガ6・・・2.93g

・一価不飽和脂肪酸・・・8.94g

 

基本のクロワッサンは主に動物性の「バター」を使用しますので「飽和脂肪酸」の含有量が多いということになります。

 

またバターはオレイン酸(一価不飽和脂肪酸・オメガ9)も比較的多く含んでいます。

 

市販のクロワッサンはどう?

 

市販のクロワッサンの例としてパスコ(Pasco)のクロワッサンをチェックしてみたいと思います。

 

パスコのクロワッサン

 

原材料を見てみると次の通り。

 

小麦粉、マーガリン、糖類、パン酵母、卵、バター入りマーガリン、乳等を主要原料とする食品、発酵種、食塩、加工油脂/乳化剤、増粘剤(アルギン酸エステル)、香料、イーストフード、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC、着色料(カロチン)、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆を含む)

 

どうやらマーガリンが主流のようですね。

 

パスコのクロワッサンに使われている「バター入りマーガリン」はブルターニュ産発酵バターが入っているそうですが分類はマーガリンです。

(コストの問題でバターではなくマーガリンを使っているのかな?)

 

脂質は1個あたり9.8gですがこちらのクロワッサンはマーガリン(植物油脂)がメインですから脂肪酸の構成としてはリノール酸(オメガ6)が多いのではと推測します。

 

パスコのクロワッサンは私も食べたことがありますが、割としっかりバターの風味を感じましたのでやっぱり原材料を見ないと分からないことがあるということですね。

 

アレンジクロワッサンはより脂質が多い可能性が

 

最近のクロワッサンってゴージャスにアレンジしたものがたくさん売っています。

 

例えばパン生地にチョコレートが練り込んであるものやナッツが表面にトッピングされているものなど。

 

チョコレートをはさんだクロワッサン

 

このようなアレンジクロワッサンはすごく美味しいですが、更に油脂成分や糖分が多くなるのは当然です。

 

そもそもクロワッサン自体がかなりの脂質量となりますが、脂肪酸の構成は上記のようにバターを使ったクロワッサンかマーガリンを使ったクロワッサンかでも随分違ってくるし、その他の原材料によってかなり変わってくるでしょう。

 

いずれにしてもクロワッサンは脂質のとても多いパンであることは間違ないので脂質を気にしている人には要注意(!?)のパンです。

 

まとめ

 

クロワッサンはあの油っぽさを考えると頻繁に食べるのは考えてしまいます。

(毎日食べているとあっという間に太りそう・・・)

 

でも時にはパリッとサクッとした美味しいクロワッサンを思い切り味わいたいもの。

 

パリッと味わい香ばしそうなクロワッサン

 

どうせ食べるなら何も考えずに楽しみたいので個人的には量や回数に気をつけながら美味しく食べたいと思います。

 

マーガリンがメインのクロワッサンは割と市販のものに多く「クロワッサンだからバターだろう・・・」と思わない方がいいかもしれません。

 

人によっては動物性のバターより植物性の油の方が都合が良いという人もいるでしょうし、マーガリンは絶対にとりたくないという人は本来のバターを使ったクロワッサンが良いでしょう。

 

いずれにしても原材料が見れるようならチェックすることをおすすめします。

 

参考記事

油脂など余計なものが入らないフランスパン~そのままを味わう

 

 

明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる
明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる

「チョコレいト~は、め・い・じ♪」(CM)ってCM,昔やっていましたよね。

(あれ?今もやってる?・・・)

 

そのせいか今でも潜在意識に「チョコレートといえば明治」が染みつく私です。

 

余談ですが、私は甘いものが大好きで、その中でも一番好きと言っても過言ではないのがチョコレートなのです。

 

たぶんチョコレート中毒です。

さすがにマズイと思って最近では甘いモノ全般を極力食べないように気を付けています。

 

かつてはどんなメーカーのチョコレートも食べてきましたが、そんな中でもやっぱり明治のチョコレートへの愛が深いのは、コマーシャルの影響があるからでしょうか。

 

今回はそんな明治の代表と言える板チョコ(ミルク)の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

明治ミルクチョコレートの油脂成分をチェック

 

明治ミルクチョコレートの原材料名は次の通りです。

 

明治ミルクチョコレートの原材料名

 

 

明治のミルクチョコレートには「植物性油脂」の表記はありません。

 

(ココアバター(カカオ豆の脂肪)が入っていますが、チョコレートという製品上入るのが当然とみなし今回は都合よく省略します。)

 

100円程度で購入できる板チョコで「植物性油脂」が入っていないって珍しい。

 

いやとても素晴らしいですが、私にとってはある意味ちょっと危険です。

(「植物性油脂」が入っていないことをいいことに、甘いものを断っている私の逃げ道になってしまいそうw)

 

お菓子をやめている理由は、加工食品に入っている「見えない油」を減らすには人体にとって食べる必要がないお菓子を断つのが一番手っ取り早いと思ったからです。

 

最近はお菓子を食べなくてもだいぶ平気でいられるようになりました。

でも時々口寂しいこともあります。

 

そんな時、明治のミルクチョコが私を誘惑しそうです。

 

割った明治のミルクチョコレート

↑時々なら・・・ね

 

他の味の板チョコには植物油脂が入っているの?

 

ちなみに明治の板チョコは他にも以下のようなものがあります。

 

・明治ブラックチョコレート

・明治ホワイトチョコレート

・明治ハイミルクチョコレート

 

残念ながらこれらすべてに「植物性油脂」が入っていました。

 

ちょっと意外なところでは「明治ブラックチョコレート」にも「植物性油脂」が入っていたこと。

 

勝手に一番入っていなさそうなイメージを持っていたので、個人的には落とし穴でした。

 

ということで「植物性油脂」が入っていないのは「明治ミルクチョコレート」のみ。

購入する際には参考にしてみてくださいね。

 

またこれら板チョコシリーズには形を変えた商品(キューブとか)も発売されています。

 

基本的な原材料は同じと思われますが、念のため気になる人は各パッケージの表示をチェックしてください。

 

他のメーカーの板チョコはどうだろう?

 

板チョコは他のメーカーさんでも同じような商品を販売しています。

そこで代表的なメーカーさんとして「森永」と「ロッテ」を調べてみました。

 

近所のスーパーに行き、実際の商品を目視でチェックしてきました。

するとロッテの以下の板チョコは全て「植物性油脂」が入っていました。

 

・ロッテ ガーナミルク

・ロッテ ガーナブラック

・ロッテ ガーナホワイト

・ロッテ クランキー

 

今回森永の板チョコは見当たらず。

(ダースはあった。)

 

仕方ないので森永のホームページで調べたところ、次の商品にも「植物性油脂」が入っていました。

 

・森永ミルクチョコレート

・森永チョコレート(1チョコfor1スマイル)

・森永ビターチョコレート

 

ちなみにダース3種にも「植物性油脂」が入っていました。

 

結果としては、メジャーなメーカーさんの板チョコでは明治のミルクチョコレートのみが「植物性油脂」が入っていないということでした。

 

この他にも多くのメーカーさんがさまざまな種類のチョコレート(もちろん他のお菓子も)を販売しています。

 

もし少し興味を持たれましたら、原材料をチェックするクセを付けると今まで見えなかったことが見えてくる!?かもしれません。

 

普段、板チョコなんて買わないという人も、バレンタインの時期になると手作り用に板チョコを使う人も多いと思います。

 

そんな時に贈る方の健康を気遣い原材料をチェックするっていうのも良いことではないでしょうか。

 

些細なことでも日々の積み重ねが数十年後に効いてくるかもしれませんよ。

 

ちなみにこちら↓

 

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビター

 

「明治ザ・チョコレート 力強い深みコンフォートビター」 です。

 

 

これ、本当にガツンと力強いんです。

(あ、食べたのバラしちゃった・・・)

 

一枚50gで200円超えの価格。
そりゃあ「ザ」も付くでしょう。

 

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビターの原材料名

 

当然「植物性油脂」は入っていません。

 

うちの子と夫、こういう本格的なビター味を好むんです。

それに引き換え私ときたら完全にミルク派。

 

明治ザ・チョコレート」シリーズは少しお高いですが、味は本格的なまさに「ザ・チョコレート」って感じです。

 

普段ゴディバみたいなデパ地下組には手が届かないという人でも、「明治ザ・チョコレート」なら満足させてくれるのではないでしょうか。

 

そして安い100円板チョコなら私の場合やっぱり「植物油脂なし」明治ミルク一択です。

(もちろん砂糖たっぷりですから食べすぎには要注意ですけどね)

 

参考記事

明治ミルクチョコレートに植物油脂が入っていないワケ

 

 

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる
ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる

一年中美味しいアイスクリーム。

スーパーやコンビニのアイスコーナーは季節を問わず非常に種類が豊富ですよね。

 

その中でも高級感にあふれちょっと特別感があるのが「ハーゲンダッツ」のアイスクリームではないでしょうか。

 

今回はそんなハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分をチェック

 

子供が風邪を引いた時に「アイスが食べたい!」と言われて買ってきたハーゲンダッツのバニラ味。

 

原材料はこのようになっています。

 

ハーゲンダッツの原材料

 

一番目に表示してある「クリーム」とはつまり「生クリーム」のことです。

生乳から抽出したそのままの乳脂肪という意味になります。

 

脱脂濃縮乳は脂肪分をとって濃縮した牛乳。

 

このように一度成分を分離させることによって、濃厚な味のアイスクリームができあがるという仕組みのようです。

 

ハーゲンダッツのアイスクリーム(バニラ)の原材料は非常にシンプル。

 

余計な添加物はいっさい入らず、アイスクリームの基本的な原材料のみということになります。

 

ハーゲンダッツの栄養成分

 

脂質16.3gの中身は乳脂肪分と卵脂肪分になります。

 

添加物ばかり?アイスクリームは本物がおすすめ

 

一口に「アイスクリーム」と言っても、実は色々と種類があります。

 

日本アイスクリーム協会」のサイトを見てみると、アイスクリームの種類は次の4つとなっています。

 

・アイスクリーム・・・乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上

アイスミルク・・・乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上

ラクトアイス・・・乳固形分3.0%以上

氷菓・・・上記以外のもの

 

つまり乳脂肪分15%であるハーゲンダッツは「アイスクリーム」の分類になります。

 

ですがお店で売っている商品の中で「アイスクリーム」と表記できるものは実はごく一部なのです。

 

そしてアイスミルク以下のものは、かなりの確率で「植物油脂」が入っています。

また、その他の添加物も入っている可能性が高いです。

 

みなさんが好きなあの商品、実は「アイスクリームじゃなかった!」ってことになるかもしれません。

 

もちろん、ごくたまに食べる程度ならあまり気にしなくてもいいでしょう。

お気に入りの商品を存分に楽しみたいですしね。

 

でも夏など毎日のようにアイス類を食べてしまう人はちょっと考えた方がいいかも。

今では冬でも冷凍庫にたっぷりアイスが入っている人も少なくないはず。

 

原材料の表示をチェックしてみると驚愕するほど植物油脂プラス添加物オンパレードなアイス類が多いと分かります。

 

できれば余計なものが入らない本物のアイスクリームをおすすめします。

 

アイス類に代わるおススメは?

 

でも本物のアイスクリームは価格がお高め。

 

ハーゲンダッツがいくら美味しいと言っても頻繁に食べるとなるとどうしてもアイスミルクやラクトアイスになってしまうご家庭も多いと思います。

 

それにもう少し違ったテイストのものが欲しい時だってありますよね。

 

そんな場合おすすめなのが凍らせたフルーツ。

 

冷凍ブルーベリー

 

でも市販のフローズンフルーツは意外と高いのです。

 

そこでおすすめなのは旬の安い果物を家で凍らせること。

 

ご家庭で簡単に作れるしすごく美味しいですよ。

わが家でもよくバナナ、メロン、キウイ、パイナップルなどを凍らせて食べています。

冬なら「みかん」も凍らせることができます。

 

もしくはスムージーはいかがでしょう。

 

緑のスムージー

 

これなら亜麻仁油などクセのあるオイルを垂らして飲めるかもしれません。

 

ちなみにシャーベットやカキ氷だったら植物油脂なんて入っていないと思うかもしれませんがそうとも言えません。

 

あくまでも原材料表示をチェックするクセをつけた方がいいと思います。

 

風邪を引いた時、アイスクリームってどう?

 

よく風邪を引いて食欲がない時、口当たりの良い「アイスクリーム」はおすすめなんて言われます。

 

また赤ちゃんにも(食べられるようにな月齢・年齢になった赤ちゃん)にも本物のアイスクリームなら与えてもいいなんて教えられました。

 

これに関しては正直よく分かりません。

 

本物のアイスクリームは確かに原材料を見ても分かる通り栄養があります。

 

冷たくて食欲がない時にでも喉を通っていくので、そういう点ではおすすめできるのかもしれません。

 

でも、身体を冷たくすることや風邪の時の栄養の摂り方に関しては西洋医学と東洋医学でも考え方が違う場合があります。

 

風邪の種類によっても人の体質によっても違ってくるかもしれませんので、各ご家庭の判断で食べるようにしてください。

 

ちなみにうちの子は風邪の治りかけに食べましたがすごく喜んで食べていました。

 

私も一口もらってしまいましたが、やっぱりハーゲンダッツは美味しい!と思いました。

 

風邪の人と食べ物を共有するのは・・・ちょっとマズかったかもしれません。

 

まとめ

 

今やアイスは夏だけではなくオールシーズン食べるようになりました。

 

だからこそお気に入りのものや今ご家庭にあるアイスがどういったものなのか、ぜひ一度見てみてください。

 

少しでも知っていると今後アイスコーナーで選ぶ商品が違ってくるかもしれません。

 

参考記事

キウイとオリーブオイル!?意外な組み合わせがこんなに美味しい

 

 

DHAを美味しくとるSABACHi(サバチ)の油脂成分を見てみる
DHAを美味しくとるSABACHi(サバチ)の油脂成分を見てみる

SABACHi(サバチ)というスナックを購入してみました。

みるからに私が飛びつきそうな商品ですw

 

今回はDHAやEPAが美味しくとれそうな「SABACHi(サバチ)」の成分をチェックしていきたいと思います。

 

SABACHi(サバチ)とは

 

香川県に本社のある「味源(あじげん)」さんという会社で販売している「SABACHi(サバチ)」。

 

サバを使ったチップスってあまり聞いたことないかなあと思っていましたが、サバチップス自体はタイでは1000年前からある伝統的なものなのだそうです。

そこからヒントを得てSABACHi(サバチ)ができあがったということでしょうか。

 

どっちにしても日本人にとってサバはとても親しみのあるお魚。

お手軽な缶詰が飛ぶように売れるしサバの栄養をみんなが欲しがっている(笑)って感じですよね。

 

サバ70%

 

70%ってかなりな量です。

こういう健康志向の商品でも従来のイメージ(先入観)ですと小麦粉なんかがメインでそこに少し混ぜ込んであるってものが多かったと思います。

 

でもこのくらいの割合だったらこれはもう「ほぼサバ」と言っても過言ではない!?

 

SABACHi(サバチ)の商品説明

 

「うま味調味料・保存料不使用」です。

こういったところまで気を付けていただけるのはありがたいですよね。

お子さんにもあげやすいのではないかと思います。

 

SABACHi(サバチ)の原材料や栄養成分

 

「SABACHi(サバチ)」の原材料と栄養成分をチェックしてみましょう。

 

SABACHi(サバチ)の原材料

 

70%のサバがメインなのは分かりますが、でん粉として「サゴ」と「タピオカ」の表示が。

 

タピオカはまあいいとして「サゴ」ってなに!?

どうやら「サゴヤシ」というヤシに含まれているでん粉なのだそう。

(初めて聞きました)

 

後は砂糖、植物油、食塩なのでシンプルな原材料ではあります。

「植物油」の詳細は分かりませんでした。

(これだけは残念!)

 

SABACHi(サバチ)の栄養成分

 

1袋あたりのDHAは「60mg」EPAは「9mg」となっております。

 

脂質自体が9.2gありますからおそらくは原材料の「植物油」やサバにもともと含まれている他の脂肪酸ではないかと。

(サバにはオメガ3(DHAやEPAなど)だけではなく他の脂肪酸も含まれます)

 

ただしカルシウムもある程度摂れるしお子さんのおやつとして(補助的なものとして)は悪くないかと思います。

 

味をチェック!

 

サバが70%も含まれているとサバ臭いのかなあとか色々と心配になる面もないわけではありません。

 

できればサバが食べられないうちの家族(お腹を壊したり胃もたれするため)にも食べてもらえればと思っているので風味自体とっても大事です。

 

SABACHi(サバチ)を開封したところ

 

袋を開封するとぶわっとお魚の香りがただよいました!

でも想像していたサバ臭さというよりもっともっと香ばしい感じです。

(猫がいたら寄ってきそう)

 

チップス自体はとても軽いです。

 

噛んだ食感はカリッと小気味よい音がする感じ。

カリカリとしていますが決して硬すぎず誰でも食べられるでしょう。

 

味は「サバ」が全面にある感じではないですね。

でも「魚」をしっかりと味わうことができるし噛みしめるとジュワっとうま味成分が出てきます。

 

ほんのりしょっぱさと甘さがありますが原材料を見てわかるとおりシンプルなので難しさや複雑さはありません。

 

でもその素朴さで思わず一袋ペロリといってしまいそうなある意味危険な(!?)タイプではないかと。

 

おつまみにも完璧に合いますね。

 

後味も悪くないし胃もたれなどもしませんでした。

(個人差があるでしょうけどあまり心配はなさそう)

 

気軽にサバの栄養がとれるチップス。

私はかなり好印象でした。

 

ご興味がわいた方は一度お試しください。

 

サバチ さばチップス 30g