カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • 加工食品の油脂成分を調査
カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査
トランス脂肪酸ゼロのコーヒーフレッシュは安全か
トランス脂肪酸ゼロのコーヒーフレッシュは安全か

トランス脂肪酸が体に悪影響があるということは世間一般にかなり浸透してきています。

 

そんなトランス脂肪酸が含まれているものの一つとして有名なのがコーヒーなどに入れる「コーヒーフレッシュ」。

 

ところが最近では「トランス脂肪酸フリー」と表示されたコーヒーフレッシュがたくさん売られるようになりました。

 

問題となっているトランス脂肪酸がゼロなら、もしかしてこれで問題解決!?

 

今回はそんなトランス脂肪酸が含まれていないコーヒーフレッシュについて他の問題はないのか考えてみたいと思います。

 

最近多いトランス脂肪酸フリーのコーヒーフレッシュ

 

最近売られているコーヒーフレッシュを見るとパッケージに「トランス脂肪酸ゼロ」と表示されているものが多くなってきました。

 

【常温】メロディアンミニ コーヒーフレッシュ 18個

 

この商品の原材料は以下の通り。

 

植物油脂、砂糖、脱脂粉乳/カゼインNa、乳化剤(大豆由来)、pH調整剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

 

どうやらコーヒーフレッシュで業界初のトランス脂肪酸ゼロ商品はこれ↑らしいです。

 

どういった技術を使っているかまでは詳細不明ですが、従来の風味をキープしながら「トランス脂肪酸ゼロ表示」の基準をクリアすることに成功したとのこと。

 

2016年に発売しているので結構以前からあったのですね。

 

トランス脂肪酸がなければ問題はなし?

 

このように企業努力によってトランス脂肪酸がゼロになったことはコーヒーフレッシュ好きの人には嬉しいことですよね。

 

でもそれで問題はすべて解決したのでしょうか?

 

まずは上記の原材料をもう一度見てみます。

 

メーカーによって多少の原材料の違いがあるのですが、だいたいは上記のような材料だと思います。

 

当然メインとなるのは「植物油脂」。

 

これだけですといったいどんな油なのかは全く分かりません。

おそらく価格からいっても質の良い油ではないでしょう。

 

結局は植物油脂と他の原材料を乳化剤によって混ぜ合わせたもの、それが「コーヒーフレッシュ」です。

 

決してミルクではなく「ミルク風の」、「ミルクっぽく加工された」油製品ってことでしょうか。

 

確かにトランス脂肪酸が含まれていないのは助かりますが、コーヒーフレッシュ自体があまり人体にとって良いものではないことは変わりありません。

 

ごくたまに使う分にはそれほど気にすることはないかもしれませんが、毎日数杯飲むコーヒーに必ずコーヒーフレッシュを入れるという方はよく分からない油を知らずにとっている可能性があるので注意した方がよさそうです。

 

ちなみに動物性のコーヒーフレッシュもあります。

 

キーコーヒー クリーミーポーション生クリーム仕立て 15個

 

ですが食品添加物は他のコーヒーフレッシュ同様多め。

 

やっぱり一番は本物の牛乳や生クリーム、豆乳など、できるだけ素材そのものやそれに近いものがいいでしょう。

 

まとめ

 

以前も書きましたが我が家はコーヒーはブラック派、紅茶もストレートなのでコーヒーフレッシュどころか本物のミルクも入れません。

 

ですからあまりコーヒーフレッシュの質で思い悩むことはないのですが、今までコーヒーフレッシュを使っていた人にとっては、つい「トランス脂肪酸ゼロ」という謳い文句には魅力を感じることでしょう。

 

それ自体はありがたいことなのですが、トランス脂肪酸がゼロだからこれで問題がすべてなくなったと思うのはちょっと危険。

 

今まで以上に使っていると体にとってはより悪い結果になるかもしれません。

 

コーヒーフレッシュ自体が「見えない油」の一つだということは忘れないようにしたいものです。

 

参考記事

コーヒーフレッシュの成分って何?トランス脂肪酸をチェック

 

 

今話題の「完全食」の脂肪酸を調査してみる
今話題の「完全食」の脂肪酸を調査してみる

「完全食」というものを聞いたことがありますか?

 

卵?

牛乳?

 

思いつくのはいくつかありますよね。

 

ですが今回は各メーカーさんが販売している加工食品を取り上げます。

話題の「完全食」商品にはどういった油脂成分がどのくらい入っているのかを調査してみたいと思います。

 

完全食とは?

 

「完全食」とは簡単に言ってしまえばそれだけで健康を保つために必要な栄養素がとれる食べ物のことを言います。

 

私が思い浮かんだのは「卵」と「牛乳」。

たぶん授業で習ったのだと思います。

 

ですが厳密にいうとこれらは100%完全と言うには栄養の不足があり「準完全食」に分類されるようです。(参照:Wikipedia

 

では本当の意味で完全食はあるのかと言えば、やっぱり自然界に存在する食材では100%完全なものは難しいようです。(絶対ありえないとは言えませが)

 

そこで各メーカーが「完全食」を作り販売しています。

 

完全食の油脂成分を調査

 

ここでは代表的な完全食の紹介と、含まれている油脂成分(主にオメガ3とオメガ6)やそのバランスなどを中心にチェックしてみたいと思います。

 

どの商品も厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」をもとに作られたものです。

 

なお計算方法や数値などは各メーカーさんによって多少の差が出ている可能性があるので、詳細はそれぞれのサイトなどで確認してください。

 

COMP

 

「COMP」はドリンクタイプ(そのまま飲めるもの)、粉末タイプ(好みの飲料と混ぜて飲むもの)、グミの3種類があります。

 

COMPはオメガ3がかなり強化された食品です。

 

一日の平均摂取カロリー2200kcalをCOMPでとると、脂質は基準の100%(73g)、そのうちオメガ3は350%(7g)、オメガ6は150%(13.5g)とれることになります。

 

ただし「飲む」がメインのものなので食事として考えた時あまり満足感が得られるタイプではないかもしれません。

 

その代わり作る手間はほとんどないというメリットはあります。

忙しい人に向いているかもしれませんね。

 

ちなみに個人的に試してみたいと思ったのはグミ。

噛み応えもありそうですし子供のオヤツにちょうどいいかも。

 

賞味期限:製造日より1年半(未開封時)

 

COMPの詳細や購入はこちら

 

BASE FOOD

 

BASE FOODは一食で一日の3分の1の栄養素をとることができる「完全食」の主食です。

 

現在、麺とパンがあり食事として楽しめる商品のさきがけ的な存在。

(ソースもたくさん種類があります)

 

BASE PASTA(パスタのみ、ソースは別)の一食分のオメガ3は一日分の49%(1.0g)、オメガ6は46%(4.1g)です。

 

BASE BREAD(パン)一食2個あたりのオメガ3は一日分の41%(0.8g)、オメガ6は29%(2.6g)となっています。

 

賞味期限:確認できず

 

BASE FOODの詳細と購入はこちら

 

All-in PASTA

 

日清から販売している「All-in PASTA」。

 

いくつかの種類のパスタがありしっかり食事として楽しめます。

茹でても栄養が逃げないような新技術を使ったこだわりのパスタが特長です。

 

調理後の「パスタ」と「ほぐしオイル」を合わせた一食分の栄養素によると、脂質は12gとなっていますが、オメガ3とオメガ6、または他の脂肪酸の詳細は残念ながら記載がありませんでした。(2019年5月現在)

 

賞味期限:製造日より8ヶ月

 

「All-in PASTA」の詳細は購入はこちら

 

もがな栄養レトルトカレー

 

マージェリックという会社から販売されている「もがな栄養レトルトカレー」。

 

「日本の国民食」であるカレーの「完全食」はかなり嬉しいかも。

 

アマゾンや楽天で買える手軽さもいいですね。

 

レトルトカレー一食分のオメガ3とオメガ6をみると、オメガ3が25%ほど、オメガ3が50%ほど摂取できます。

 

酸化しやすいオメガ3の性質を考慮して無理にオメガ3を強化していないそう。

それでも一日の3分の1の食事の栄養として考えると決して少なくはないですし、オメガ3が摂れるレトルトカレーは珍しいので私は購入したいと思ってしまいました。

 

スーパーフードがたくさん入っているのも特長です。

 

賞味期限:製造日より18ヶ月

 

アマゾンから「もがな栄養レトルトカレー」を購入する方はこちら

 

楽天から「もがな栄養レトルトカレー」を購入する方はこちら

 

 

まとめ

 

上記の完全食で一番オメガ3が強化されているのが「COMP」。

COMPは基本的に加熱調理をするタイプではないため、比較的オメガ3が強化しやすいのかもしれません。

 

ただし食事として考えた場合、私はやっぱり「咀嚼をして食べる」という基本も外せないなと思ってしまいます。

 

やっぱり食事はよく噛んで美味しく楽しく日々色々なメニューを食べたいもの。

 

栄養的には不足がなくても味気無さや無機質感を感じてしまうと、メンタルに及ぼす影響もあるかなと。

 

でも単発の食事や忙しい時にはCOMPのようなタイプもメリットはありますよね。

 

とにかくどれも一度は食べてみたいなあと思います。

(特にグミとカレー!)

 

また賞味期限が長いものが多いので、非常食として複数キープしておくのはかなりいいと思いました。

 

非常時は栄養も十分に摂れないことが考えられるので、完全食を家族分用意しておくというのはかなり賢いのではないかと。

 

毎日食べるのはちょっと微妙ですが、上手に取り入れることができれば完全食はかなり強い味方になりそうです。

 

参考記事

保存食や非常食としての油脂は有りか無しか

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

 

 

ニッスイ「ひとくち豆乳クッキー」の油脂成分を見てみる
ニッスイ「ひとくち豆乳クッキー」の油脂成分を見てみる

「オメガ3配合」というニッスイの「ひとくち豆乳クッキー」を発見したので購入してみました。

 

オメガ3が手軽にとれるこのクッキー、いったいどの程度のオメガ3が入っているのでしょうか。

 

ニッスイならではのオメガ3配合クッキー

 

「ひとくち豆乳クッキー」はニッスイさんから販売されています。

 

ニッスイさん(日本水産)は言わずと知れたお魚を取り扱う会社。

 

私はやっぱり缶詰でお世話になることが多いですが、商品は多岐にわたっているしもちろんオメガ3(DHA・EPA)関連の商品もたくさんあります。

 

ニッスイ公式サイト

 

今回ご紹介する豆乳クッキーもある意味ニッスイさんならではと言っていいかも。

 

ちなみに入っているチョコチップは「カカオ72%」。

 

ニッスイのひとくち豆乳クッキーのカカオ72%表示

 

そして「オメガ3配合」。

 

ニッスイのひとくち豆乳クッキーのオメガ3表示

 

以前からオメガ3配合のクッキーをいくつか販売していたようですが、現在は今回購入した「チョコチップ入り」の他に「抹茶味ホワイトチョコチップ入り」、「ストロベリー味」、「キャラメル味オレンジピール入り」があります。

(2019年5月現在)

 

ニッスイ「ひとくち豆乳クッキー」の油脂成分を調査

 

まずは原材料のチェックから。

 

ニッスイのひとくち豆乳クッキーの原材料

 

やっぱり「ショートニング」が入っていますね。

 

まあクッキーですから「ショートニング」が入っているのも分かりますが、一番量が多い原材料なのはちょっと残念というのが個人的な感想。

 

当然ですが「精製魚油」、これがオメガ3(DHAとEPA)ですね。

どんな魚の油かはこれだけですと分かりません。

 

そしてもう一つの油脂は「バター」。

(その他の原材料が自然に持っている脂質は省略します)

 

ニッスイのひとくち豆乳クッキーの栄養成分表

 

一袋(28g)あたりのオメガ3含有量は「0.4g」、そのうちEPAは「70mg」、DHAは「230mg」となっています。

 

脂質全体が「9.5g」もあるので、正直言うとオメガ3の割合は少ないという印象ですね。

 

他の脂肪酸の詳細が分かりませんが、飽和脂肪酸やオレイン酸(オメガ9)、そして当然リノール酸(オメガ6)も入っているでしょう。

 

さらにはトランス脂肪酸も(?)

 

ただ通常のクッキーにはオメガ3はまず含まれませんから、そう考えれば「オメガ3がとれるクッキー」であることは間違いありません。

 

オメガ3は摂れるけど他の脂肪酸も(たくさん)同時に摂ってしまうのをどうするか、ってことを考えてしまいます。

 

味をチェック!

 

「ひとくち豆乳クッキー」を食べてみます。

 

ニッスイ「ひとくち豆乳クッキー」の袋を開けて一つ出したところ

 

ニッスイ「ひとくち豆乳クッキー」と人差し指とで大きさを比較しているところ

 

大きさは人差し指の第一関節部分と同じくらい。

本当に「ひとくち」で食べるにはちょうどよい大きさです。

 

食感はソフトタイプ。

 

チョコチップはそれほど多くはなくほんのりと風味がするだけですね。

魚臭は全くしないのでこれは安心して大丈夫です。

 

豆乳もそれほど強い印象はありませんが、噛んでいると最後の方で豆乳の味が鼻からぬけていきます。

 

甘さも控えめで味は美味しいです。

 

小腹が空いた時などに食べるにはぴったりな量です。

カロリーも一袋136kcalで、一回分の間食としてもちょうどよいと思います。

 

まとめ

 

個人的には期待よりもオメガ3が少ないことと他の脂質が割と高めなことがちょっぴり残念ですね。

 

オメガ3は摂りたいけど他の油はできれば要らないし、せっかく摂ったオメガ3が体内で活躍できない気もします。

 

でも苦痛も無理もなくオメガ3が摂れるという点は正直ありがたい。

こういったお菓子を作ってくれるメーカーさんには感謝です。

 

ニッスイさんには今後も期待しています。

 

どんな脂肪酸?気になる3種類のアーモンドミルクを飲み比べ
どんな脂肪酸?気になる3種類のアーモンドミルクを飲み比べ

最近スーパーでよくみかけるアーモンドミルク。

複数のメーカーさんでパックの商品などを販売していますよね。

 

ところでアーモンドミルクっていったい何なんでしょう?

 

今回は3社のアーモンドミルクを購入し実際に飲んだり成分などを比較しながらアーモンドミルクについて調査してみたいと思います。

 

アーモンドミルクについて

 

アーモンドミルクとはアーモンドを砕いてペースト状にしたものに水を加えて搾ったものになります。

 

アーモンドとアーモンドミルク

 

アレルギーなどで牛乳が飲めない人やヴィーガンの人にとっての代替品としても注目されています。(※ナッツアレルギーの人はご注意ください)

 

アーモンドミルクはカルシウムやカリウムといったミネラル、ビタミンEなどが豊富です。

 

現在販売されているものでは主に糖分を加えたものと砂糖不使用の2種類が売っているのでお好みで選ぶことができます。

 

でも砂糖不使用でもほんのりとした甘さやまろやかさがあるので飲みやすいです。

 

またコーヒーやチョコレートなど他の味のついたフレーバータイプもあります。

 

アーモンドミルク自体は昔からあるようですが、ここ日本ではつい最近メジャーになってきたような印象があります。

 

例えば植物性ミルクですと一番有名なのは豆乳ですが、アーモンドミルクはここ数年でかなり人気となっていますし、飲みやすさという点では豆乳以上かもしれません。

 

アーモンドはどんな脂肪酸を持つの?

 

脂質たっぷりのアーモンドを搾ったアーモンドミルクも当然ですが脂質を持っています。

 

アーモンド100g中の脂肪酸含有量のおおよその内訳をみてみますと、飽和脂肪酸が約4g、オメガ9(オレイン酸)が約34g、オメガ6(リノール酸)が約12gとなっています。

 

アーモンドミルクの脂肪酸の内訳もおそらくだいたい同じではないかと。

 

オレイン酸メインですがリノール酸もけっこう入っています。

 

残念ながらオメガ3はほとんどゼロに近いです。

 

各メーカーのアーモンドミルクを飲んでみた

 

今回は3メーカーさんのアーモンドミルクを購入してみました。

どの商品も「砂糖不使用」のもので統一しています。

 

ポッカサッポロ「アーモンド・ブリーズ」

 

ポッカサッポロのアーモンドミルク

 

ポッカサッポロ「アーモンドミルク」の原材料

 

ポッカサッポロ「アーモンドミルク」の栄養成分表

 

とてもサッパリしたタイプ。

 

アーモンドの風味がほのかにしていますが強い味ではなく喉が渇いている時にもゴクゴク飲めるくらいサラサラ感があります。

 

脂質2.2gでこの3つの中では一番低カロリー。

 

それでもカルシウムがダントツでたっぷり入っているところがポイントです。

 

 

グリコ「アーモンド効果」

 

グリコ「アーモンド効果」

 

グリコ「アーモンド効果」の原材料

 

グリコ「アーモンド効果」の栄養成分表

 

美味い~!

 

私、個人的にグリコさんのアーモンド効果の味が一番好きです。

 

アーモンドの香ばしさがちゃんとします。

(アーモンド好きにはたまらない)

 

そして濃厚さとサラッと感の中間を行っている。

つまりちょうどいいバランスって感じ。

 

よっぽど味に自信があるのか期間限定ですが「返金キャンペーン」をやっています。

 

グリコのアーモンド効果に表記されている「返品キャンペーン」のマーク

 

一応美味しさの秘密として以下のようなグリコ独自の製法・秘訣があるみたい。

 

・凍結紛砕アーモンド・・・アーモンドを粒丸ごと粉砕

・アーモンドオイル・・・オレイン酸の入ったオイル

・アーモンドペースト・・・アーモンドをペースト状にしてなめらかに

 

正直言って味だけなら返金どころか「また飲みたい!」と思ってしまいました。

 

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」

 

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」

 

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」の原材料

 

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」の栄養成分表

 

筑波乳業の「濃いアーモンドミルク」(砂糖不使用)は1パック125mlと上の3つの商品の中では一番量が少ないのですが、脂質は6.7g(うちオレイン酸が4.19gの表記)で非常に多く一番高カロリーです。

 

当然ながら濃い!

ほんとに濃いです。

 

ねっとりまったり感があり舌やのどにからみついてくるようです。

 

砂糖は入っていませんが、ほのかな甘みと、そしてまろやかさを感じます。

 

そしてオイリー感も一番強いかな。

(これも当然と言えば当然ですよね)

 

量は少ないですが「飲んだ」という充実感がたっぷりあります。

 

ただ割とインパクトが強いため、一番最初にこのアーモンドミルクを飲んでしまうとハマるか拒否反応を示すかどちらかに二分されるかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

最近スーパーなどでもたくさんの商品を見かけるようになって気になっていた人も多いと思います。

 

個人的にはオメガ3が入っていないので毎日飲むのはちょっと考えてしまいますが、味は美味しいし時々気分転換に飲むにはちょうどいい感じです。

 

今回は3つのメーカーさんの商品を比較しましたが、同じアーモンドミルクでもそれぞれ個性がけっこうハッキリわかれていた印象。

 

個人的には上記の感想の通りグリコのアーモンド効果が一番好きな味でした。

 

植物性のカルシウムが摂れること、マグネシウムやビタミンEなどが豊富なのも嬉しいポイントですね。

 

まだ飲んだことがない方、よかったら一度お試しください。