カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • 加工食品の油脂成分を調査
カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査
ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる
ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる

一年中美味しいアイスクリーム。

スーパーやコンビニのアイスコーナーは季節を問わず非常に種類が豊富ですよね。

 

その中でも高級感にあふれちょっと特別感があるのが「ハーゲンダッツ」のアイスクリームではないでしょうか。

 

今回はそんなハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分をチェック

 

子供が風邪を引いた時に「アイスが食べたい!」と言われて買ってきたハーゲンダッツのバニラ味。

 

原材料はこのようになっています。

 

ハーゲンダッツの原材料

 

一番目に表示してある「クリーム」とはつまり「生クリーム」のことです。

生乳から抽出したそのままの乳脂肪という意味になります。

 

脱脂濃縮乳は脂肪分をとって濃縮した牛乳。

 

このように一度成分を分離させることによって、濃厚な味のアイスクリームができあがるという仕組みのようです。

 

ハーゲンダッツのアイスクリーム(バニラ)の原材料は非常にシンプル。

 

余計な添加物はいっさい入らず、アイスクリームの基本的な原材料のみということになります。

 

ハーゲンダッツの栄養成分

 

脂質16.3gの中身は乳脂肪分と卵脂肪分になります。

 

添加物ばかり?アイスクリームは本物がおすすめ

 

一口に「アイスクリーム」と言っても、実は色々と種類があります。

 

日本アイスクリーム協会」のサイトを見てみると、アイスクリームの種類は次の4つとなっています。

 

・アイスクリーム・・・乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上

アイスミルク・・・乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上

ラクトアイス・・・乳固形分3.0%以上

氷菓・・・上記以外のもの

 

つまり乳脂肪分15%であるハーゲンダッツは「アイスクリーム」の分類になります。

 

ですがお店で売っている商品の中で「アイスクリーム」と表記できるものは実はごく一部なのです。

 

そしてアイスミルク以下のものは、かなりの確率で「植物油脂」が入っています。

また、その他の添加物も入っている可能性が高いです。

 

みなさんが好きなあの商品、実は「アイスクリームじゃなかった!」ってことになるかもしれません。

 

もちろん、ごくたまに食べる程度ならあまり気にしなくてもいいでしょう。

お気に入りの商品を存分に楽しみたいですしね。

 

でも夏など毎日のようにアイス類を食べてしまう人はちょっと考えた方がいいかも。

今では冬でも冷凍庫にたっぷりアイスが入っている人も少なくないはず。

 

原材料の表示をチェックしてみると驚愕するほど植物油脂プラス添加物オンパレードなアイス類が多いと分かります。

 

できれば余計なものが入らない本物のアイスクリームをおすすめします。

 

アイス類に代わるおススメは?

 

でも本物のアイスクリームは価格がお高め。

 

ハーゲンダッツがいくら美味しいと言っても頻繁に食べるとなるとどうしてもアイスミルクやラクトアイスになってしまうご家庭も多いと思います。

 

それにもう少し違ったテイストのものが欲しい時だってありますよね。

 

そんな場合おすすめなのが凍らせたフルーツ。

 

冷凍ブルーベリー

 

でも市販のフローズンフルーツは意外と高いのです。

 

そこでおすすめなのは旬の安い果物を家で凍らせること。

 

ご家庭で簡単に作れるしすごく美味しいですよ。

わが家でもよくバナナ、メロン、キウイ、パイナップルなどを凍らせて食べています。

冬なら「みかん」も凍らせることができます。

 

もしくはスムージーはいかがでしょう。

 

緑のスムージー

 

これなら亜麻仁油などクセのあるオイルを垂らして飲めるかもしれません。

 

ちなみにシャーベットやカキ氷だったら植物油脂なんて入っていないと思うかもしれませんがそうとも言えません。

 

あくまでも原材料表示をチェックするクセをつけた方がいいと思います。

 

風邪を引いた時、アイスクリームってどう?

 

よく風邪を引いて食欲がない時、口当たりの良い「アイスクリーム」はおすすめなんて言われます。

 

また赤ちゃんにも(食べられるようにな月齢・年齢になった赤ちゃん)にも本物のアイスクリームなら与えてもいいなんて教えられました。

 

これに関しては正直よく分かりません。

 

本物のアイスクリームは確かに原材料を見ても分かる通り栄養があります。

 

冷たくて食欲がない時にでも喉を通っていくので、そういう点ではおすすめできるのかもしれません。

 

でも、身体を冷たくすることや風邪の時の栄養の摂り方に関しては西洋医学と東洋医学でも考え方が違う場合があります。

 

風邪の種類によっても人の体質によっても違ってくるかもしれませんので、各ご家庭の判断で食べるようにしてください。

 

ちなみにうちの子は風邪の治りかけに食べましたがすごく喜んで食べていました。

 

私も一口もらってしまいましたが、やっぱりハーゲンダッツは美味しい!と思いました。

 

風邪の人と食べ物を共有するのは・・・ちょっとマズかったかもしれません。

 

まとめ

 

今やアイスは夏だけではなくオールシーズン食べるようになりました。

 

だからこそお気に入りのものや今ご家庭にあるアイスがどういったものなのか、ぜひ一度見てみてください。

 

少しでも知っていると今後アイスコーナーで選ぶ商品が違ってくるかもしれません。

 

参考記事

キウイとオリーブオイル!?意外な組み合わせがこんなに美味しい

 

 

「キットカットショコラトリー」高級チョコレートの油脂成分を見てみる
「キットカットショコラトリー」高級チョコレートの油脂成分を見てみる

キットカットといえばスーパーマーケットやコンビニで売っている割と「安っ!」ってイメージがあるチョコレートです。

 

が、それ以外にも高級なキットカットがデパ地下などに売られているのをご存知ですか?

 

先日お土産にいただいた「キットカットショコラトリー」の超・高級キットカット。

今回はこちらの油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

キットカットショコラトリーとは?

 

「キットカットショコラトリー」とは高級キットカットの専門店です。

有名なショコラティエの高木康政さんが監修を手掛けています。

 

販売しているキットカットはかなりお高いもの。

今回はその中の5種類が入ったものをいただきました。

(この他にも種類があります)

 

一本(約11g)がなんと300円~400円のものばかり!

かなりの価格ですよね。

 

キットカット「ルビー」

↑「ルビー」400円

 

 

キットカット「ビター」

↑「ビター」300円

 

 

キットカット「ボルカニック フィリピン ミンダナオ島」

↑「ボルカニック フィリピン ミンダナオ島」400円

 

 

キットカット「ボルカニック パプアニューギニア カルカル島」

↑「ボルカニック パプアニューギニア カルカル島」400円

 

 

キットカット「ボルカニック バヌアツ マレクラ島」

↑「ボルカニック バヌアツ マレクラ島」400円

 

 

キットカットショコラトリーの商品は東京や大阪にあるショップだけではなくネットでも購入することができるのでチェックしてみてください。

 

ネスレ通販online shop 楽天市場店

 

キットカットショコラトリー アマゾン

 

 

油脂成分を見てみる

 

それでは原材料をチェックしてみたいと思います。

 

キットカット「ビター」の原材料の表示

↑ビターの原材料

 

チョコレートの表示が一番目にきていますが、残念(?)なことに「植物油脂」が入っています。

 

上記の画像は「ビター」のものですが、今回ご紹介した他の4種類にも「植物油脂」は入っていました。

 

うーん、植物油脂ってどんな植物油脂なのだろう。

植物油脂が「悪」ではないのですが、どんな種類か分からないことと、比較的安価な商品に植物油脂が使われているのでつい身構えちゃうのですよ。

 

一般的なキットカットは砂糖とか植物油脂の方がカカオより多いので上記のチョコレートが本格的だってことは分かります。

 

でも、例えば「ビター」に使われている「チョコレート」ってこんな感じです。

 

カカオ分66%のクーベルチュールチョコレートを使用した、開業当初からの看板商品。ガーナ産、マダガスカル産、ドミニカ共和国産 3種のカカオ豆を独自ブレンドし、カカオ本来の酸味と苦味がありつつも、果実味を表現したクセになる一本。

出典:ネスレ「キットカットショコラトリー」公式サイト

 

チョコレートそのものにはかなりこだわっているのがわかりますよね。

 

キットカットは中にウエハースが入っているのでそこに使われているのかもしれませんが「植物油脂」と書いてあるとどうしても気になります。

 

他の素材がかなり本格的だからこそ余計に感じるのかもしれませんが、どうせならそこまでこだわって作ってくれていることを希望しちゃいます。

 

味は?

 

若干不満をいってしまいましたがお味はどうかといえば・・・。

 

キットカットショコラトリーのルビーとビター

 

いやもうね、美味しいです。

 

それだけ。

 

「植物油脂」がどうこう言っても味がマズイわけではありません。

 

上記は「ルビー」と「ボルカニック バヌアツ マレクラ島」ですが、どちらも新鮮な味で感動しました。

 

ルビーは最近はやっていますよね。

決してイチゴチョコではありません。

 

「ルビーカカオ」というとても珍しいカカオを使っているのですが、味は少し酸味があり爽やかな印象です。

ベリーではないけどベリーに近いかな。

 

「ボルカニック バヌアツ マレクラ島」はかなり希少なカカオを使用。

ガツンとくる濃厚な味で満足感が高いです。

 

この他のどれもが本格的な味。

「超」がつく高級感あふれるシリーズになっています。

 

植物油脂が入っているのはちょっぴり残念ですが「一度食べてみて!」と言えるチョコレートであることは間違いありません。

 

 

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット
十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

チョコレート好きの私としては、ココアは大好きな飲み物です。

 

寒い冬になると、自動販売機のホットココアを買ってしまうし、喫茶店に入るとクリームの乗った甘くリッチなココアを飲むのが楽しみという人間でした。

 

そんなココア、自宅で作る際には市販のココアパウダーを買ってきます。

 

ココアパウダーには大きく分けて「既に美味しく飲めるようにブレンド加工されたココアパウダー」と「100%純ココア(ピュアココア)」の2種類があります。

 

今までは甘い加工ココアを好んでいましたが、最近では健康のことを考えて純ココアを買ってくるようになりました。

 

今回はそんな純ココアとお湯だけで作るシンプルココアをご紹介します。

 

加工ココアには油脂がたっぷり!?

 

例えば市販の甘いココアで有名な商品といえば森永のミルクココアがあります。

 

 

私も油を気にすることのなかった時にはこの商品をよく飲んでいたものです。

 

既に程よい美味しさの味に調合されているので、自分で何をするでもなく簡単に作ることができます。

 

ですが原材料を見てみると今となってはちょっと気になるものも入っています。

 

砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、粉あめ、全粉乳、麦芽糖、植物油脂、カカオマス、食塩、香料、カゼインNa、乳化剤

 

植物油脂はもちろん、色々な添加物も入っているのです。

 

時々飲むくらいなら気にする必要もないですが、飲むのが習慣化してしまうとデメリットも出てくるように思います。

 

それにしても加工食品って「植物油脂」がそんなにも必要なのでしょうか。

 

そう思うくらい実に多くの商品に植物油脂は含まれていますよね。

 

純ココアを買ってきてお湯だけで作ってみよう

 

私が最近飲んでいるココアは純ココア(ピュアココア)を使ったものです。

 

バンホーテン ピュアココア 200g

 

当然入っているのはココアパウダーのみ。

 

もちろん植物油脂などの心配はなく「ココアバター」という原材料がもともと持っている油脂だけになります。

 

純ココアの原材料名

 

一応ご丁寧にココアの作り方も書いてくれています。

 

ココアの作り方

 

このように牛乳とお好みの量の砂糖を入れて作ることができます。

 

でも自分で作ってみると分かりますが、あの市販のココアの甘さを再現しようとするとかなりの量の糖分が必要です。

 

そこで私は最近「お湯だけ」で作るのがお気に入り。

 

「え!お湯だけ!?」って思うかもしれませんが、そうです本当にお湯とココアだけで作ります。

 

お湯だけで作るとどうなるかと言えば、そうですねぇ・・・高カカオチョコレートの液体版といった感じでしょうか。

 

ですが高カカオチョコレートですと、私の場合80%以上は苦がすぎてあまり食べることができません。

 

その点「お湯だけココア」ですと、砂糖なしでも程よい苦味で飲むことができます。

 

効率よく「カカオポリフェノール」がとれるのは実はこれかも。

 

どのくらいの量のココアパウダーを使うかといえば、この辺はかなりアバウトw

 

ティースプーン2杯くらいをコーヒーカップに入れて150~200mlくらいのお湯を注ぐのが一番好きです。

 

 

カップに2杯のココアを入れる

お湯を入れたらスプーンで底をよくかき混ぜます

 

 

もちろん牛乳で淹れればさらにコクも出て美味しいですが、実は我が家では牛乳を飲む習慣がなく必ず冷蔵庫にあるわけではありません。

 

だったらいっそお湯だけで作ってみよう!と思ったのがきっかけでした。

(お湯ならいつでもある、いや沸かせる!)

 

ちなみに本当に砂糖は入れないで飲んでおります。

カカオの風味をしっかり味わうことができるので慣れればこっちの方がおすすめです。

 

お湯で作ったココア

 

ブラックコーヒーを飲む人ならまったく楽勝で飲めると思いますよ。

 

むしろ砂糖を入れると「甘すぎ!」って思うようになります。

慣れってスゴイですね。

 

ただしお子さんに作ってあげる場合は甘さをプラスしたり牛乳や豆乳でマイルドさを出してあげてもいいと思います。

 

でも白い精製したお砂糖はできればやめた方がいいかも。

 

どうしても甘味が欲しい時は、できるだけ余計な添加物の入っていないオリゴ糖を入れてあげるのがおすすめ。

 

国産 北海道産 ラフィノースオリゴ糖 200g 健康食品の原料屋 トライアル店

 

 

上記にも書きましたが市販の加工ココアの甘さと同じくらい甘くしようと思うと、かなりたくさん砂糖(糖分)を入れなくてはなりません。

 

ココアに限らず市販の甘い飲料やお菓子というのはいったいどれだけの砂糖を使っているのか・・・恐ろしいですね。

 

だからこそ甘さをプラスする時は「質」に気を使った甘味料を入れるようにした方がいいでしょう。

 

ちなみにエキストラバージンオリーブオイルを入れた「オリーブココア」は便秘に悩んでいる人に松生恒夫さんが推奨していました。

 

便秘も冷え性もオリーブオイル入りホットココアを飲もう!

 

オリーブオイルを入れると表面に膜がはるのでいつまでも温かく飲むことができます。

(ただし油なので無理していれなくても大丈夫ですよw)

 

またシナモンを入れるのもなかなか美味しいですよ。

 

このようにお湯だけで作るココアは工夫次第で色々と楽しめるし健康面でも多くのメリットがあります。

 

自分で作る手間はありますが、糖分の質や量を調整できたり余計なものをとらずに自分の健康に気を使うことができます。

 

ココアといえば牛乳と砂糖で作るものと思っている方が大半だと思いますが、その固定観念を思い切って取っ払ってみてくださいw

 

お湯だけでも意外と大丈夫、何よりお湯だけの方がカカオの風味がいっそう引き立つと思います。

 

「ミルクチョコより高カカオチョコ!」と言う方なら分かってくれるかな・・・。

 

ちょっぴり大人向けではありますが、良かったら一度お試しください。

 

参考記事

便秘も冷え性もオリーブオイル入りホットココアを飲もう!

子供の便秘~オリーブオイル入りココアを飲んだら・・・

 

 

 

明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる
明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる

「チョコレいト~は、め・い・じ♪」(CM)ってCM,昔やっていましたよね。

(あれ?今もやってる?・・・)

 

そのせいか今でも潜在意識に「チョコレートといえば明治」が染みつく私です。

 

余談ですが、私は甘いものが大好きで、その中でも一番好きと言っても過言ではないのがチョコレートなのです。

 

たぶんチョコレート中毒です。

さすがにマズイと思って最近では甘いモノ全般を極力食べないように気を付けています。

 

かつてはどんなメーカーのチョコレートも食べてきましたが、そんな中でもやっぱり明治のチョコレートへの愛が深いのは、コマーシャルの影響があるからでしょうか。

 

今回はそんな明治の代表と言える板チョコ(ミルク)の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

明治ミルクチョコレートの油脂成分をチェック

 

明治ミルクチョコレートの原材料名は次の通りです。

 

明治ミルクチョコレートの原材料名

 

 

明治のミルクチョコレートには「植物性油脂」の表記はありません。

 

(ココアバター(カカオ豆の脂肪)が入っていますが、チョコレートという製品上入るのが当然とみなし今回は都合よく省略します。)

 

100円程度で購入できる板チョコで「植物性油脂」が入っていないって珍しい。

 

いやとても素晴らしいですが、私にとってはある意味ちょっと危険です。

(「植物性油脂」が入っていないことをいいことに、甘いものを断っている私の逃げ道になってしまいそうw)

 

お菓子をやめている理由は、加工食品に入っている「見えない油」を減らすには人体にとって食べる必要がないお菓子を断つのが一番手っ取り早いと思ったからです。

 

最近はお菓子を食べなくてもだいぶ平気でいられるようになりました。

でも時々口寂しいこともあります。

 

そんな時、明治のミルクチョコが私を誘惑しそうです。

 

割った明治のミルクチョコレート

↑時々なら・・・ね

 

他の味の板チョコには植物油脂が入っているの?

 

ちなみに明治の板チョコは他にも以下のようなものがあります。

 

・明治ブラックチョコレート

・明治ホワイトチョコレート

・明治ハイミルクチョコレート

 

残念ながらこれらすべてに「植物性油脂」が入っていました。

 

ちょっと意外なところでは「明治ブラックチョコレート」にも「植物性油脂」が入っていたこと。

 

勝手に一番入っていなさそうなイメージを持っていたので、個人的には落とし穴でした。

 

ということで「植物性油脂」が入っていないのは「明治ミルクチョコレート」のみ。

購入する際には参考にしてみてくださいね。

 

またこれら板チョコシリーズには形を変えた商品(キューブとか)も発売されています。

 

基本的な原材料は同じと思われますが、念のため気になる人は各パッケージの表示をチェックしてください。

 

他のメーカーの板チョコはどうだろう?

 

板チョコは他のメーカーさんでも同じような商品を販売しています。

そこで代表的なメーカーさんとして「森永」と「ロッテ」を調べてみました。

 

近所のスーパーに行き、実際の商品を目視でチェックしてきました。

するとロッテの以下の板チョコは全て「植物性油脂」が入っていました。

 

・ロッテ ガーナミルク

・ロッテ ガーナブラック

・ロッテ ガーナホワイト

・ロッテ クランキー

 

今回森永の板チョコは見当たらず。

(ダースはあった。)

 

仕方ないので森永のホームページで調べたところ、次の商品にも「植物性油脂」が入っていました。

 

・森永ミルクチョコレート

・森永チョコレート(1チョコfor1スマイル)

・森永ビターチョコレート

 

ちなみにダース3種にも「植物性油脂」が入っていました。

 

結果としては、メジャーなメーカーさんの板チョコでは明治のミルクチョコレートのみが「植物性油脂」が入っていないということでした。

 

この他にも多くのメーカーさんがさまざまな種類のチョコレート(もちろん他のお菓子も)を販売しています。

 

もし少し興味を持たれましたら、原材料をチェックするクセを付けると今まで見えなかったことが見えてくる!?かもしれません。

 

普段、板チョコなんて買わないという人も、バレンタインの時期になると手作り用に板チョコを使う人も多いと思います。

 

そんな時に贈る方の健康を気遣い原材料をチェックするっていうのも良いことではないでしょうか。

 

些細なことでも日々の積み重ねが数十年後に効いてくるかもしれませんよ。

 

ちなみにこちら↓

 

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビター

 

「明治ザ・チョコレート 力強い深みコンフォートビター」 です。

 

 

これ、本当にガツンと力強いんです。

(あ、食べたのバラしちゃった・・・)

 

一枚50gで200円超えの価格。
そりゃあ「ザ」も付くでしょう。

 

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビターの原材料名

 

当然「植物性油脂」は入っていません。

 

うちの子と夫、こういう本格的なビター味を好むんです。

それに引き換え私ときたら完全にミルク派。

 

明治ザ・チョコレート」シリーズは少しお高いですが、味は本格的なまさに「ザ・チョコレート」って感じです。

 

普段ゴディバみたいなデパ地下組には手が届かないという人でも、「明治ザ・チョコレート」なら満足させてくれるのではないでしょうか。

 

そして安い100円板チョコなら私の場合やっぱり「植物油脂なし」明治ミルク一択です。

(もちろん砂糖たっぷりですから食べすぎには要注意ですけどね)

 

参考記事

明治ミルクチョコレートに植物油脂が入っていないワケ