カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • 加工食品の油脂成分を調査
カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査
リケンのノンオイル「胡麻」の油脂成分を見てみる
リケンのノンオイル「胡麻」の油脂成分を見てみる

サラダと言うとヘルシーなイメージが先行しますが、ドレッシングなどの調味料を選ばないと色々な意味で逆効果になるという落とし穴ありの食べ物でもあります。

 

そんなサラダにかけるドレッシング、数回分くらいを手作りで作ることもありますが、いざという時に「ない!」という状況も考えられるため、市販のものを一つ購入しました。

 

それがリケンのノンオイル・セレクティシリーズの胡麻です。

 

リケンのノンオイルシリーズについて

 

理研ビタミン株式会社から発売されているドレッシングには大きく分けて次のような3つの種類があります。

 

・ノンオイルシリーズ

・ノンオイルセレクティシリーズ

・サラダデュオシリーズ

 

ノンオイルシリーズが二つに分かれているのはどうして?と思いましたが、セレクティシリーズは「豊かな味わいが“ちょっと贅沢”」な(?)ものらしいです。

リケンのホームページ

 

ちょっと抽象的な言い回しですが、あまりそこにこだわらずにお好みの味のものを選ぶって感じでいいのではと思います。

 

理研といえば「ふえるわかめちゃん」などアイディア満載なものがたくさん開発されています。

 

私もドレッシングを中心にいくつか購入歴があります。

 

ドレッシングは胡麻が好き

 

ちなみにサラダにかけるドレッシングは胡麻味が好きな家族です。

手作りで作ることも多いです。

 

自分で作ると余計な添加物のないヘルシーなものが出来上がりますが、胡麻の扱いは結構面倒なのです。

 

胡麻を炒ってからすり鉢でするのですが、個人的にこの作業は面倒であまり好きではありません。

 

でもコクを出すためにお好みでプレーンヨーグルトや味噌を入れたりもできるし、ヘルシーに作ることができるのは確か。

 

とは言えいざという時に胡麻を切らして作れないなんてこともあったので、市販のものも一つあった方がいいと思ったのでした。

 

リケンのノンオイル胡麻の油脂成分をチェック

 

リケンのノンオイル「胡麻」の油脂成分を見てみることにします。

 

原材料名その1

リケン・ノンオイル胡麻1

 

原材料名その2

リケン・ノンオイル胡麻2

 

ボトルが丸くて一つの画面に撮り切れませんでした。

見づらくてすみません。

(しかも破いてしまっているという・・・)

 

見たところ、油として添加しているものはないようです。

「ノンオイル」と謳っているのですから当然ですかね。

 

ではどうしてノンオイルとなっているのにわざわざ調べているの?っていうと、どうも最近疑い深くなってしまっているのかもしれません。

 

つまりパッと見て思い込みで判断せずに一つ一つチェックしたい気分になっているという感じでしょうか。

 

このブログは私の勉強の様子を綴ったものでもありますから、もしかしたら閲覧していただいた人にとって「?」な事もやっているかもしれません。

 

しかし一人でも同じように考える人がいるかもしれないと思い、記事として公開しています。

 

話がそれましたが、このドレッシングの栄養成分はこうなっています。

 

リケン・ノンオイル胡麻の栄養成分

 

脂質全体と飽和脂肪酸の表示があります。

実はどちらも「ゼロ」ではありません。

 

でもこの数値ですと、おそらく胡麻など原材料に元々含まれる成分ではないかと思います。

 

大さじ1杯(15g)あたり19kcalとなっていますから、ドレッシングとしてはかなり低カロリーになるのではと思います。

 

ちなみにリケンの「ごまわさびドレッシング(ノンオイルではない)」は、同じ量で57kcalとなっています。

 

こちらの商品の原材料名を見ると一番目に「食用植物油脂」となっていて、おそらくカロリーの大半がこの植物油脂ではないかと思います。

 

「ノンオイル胡麻」は胡麻の風味がハッキリ分かって濃厚な味わいを楽しむことができます。

 

ノンオイルというと物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、そんな人には胡麻がいいのではと思います。

 

また本当に栄養成分上「脂質ゼロ」のものもあります。

例えば「青じそ」は完全に脂質ゼロになっています。

 

カロリーも大さじ1杯あたり8kcalとさらに低くなっているので、ダイエットしている人には向いているのではないでしょうか。

 

ステラおばさんのクッキーの油脂成分を見てみる
ステラおばさんのクッキーの油脂成分を見てみる

お店の近くを通ると甘くて香ばしい匂いが漂ってくるステラおばさんのクッキー。

ついつい吸い寄せられてしまいます。

 

今回はクリスマスバージョンの限定パッケージに入ったセットを購入。

あの香り高いステラおばさんのクッキーの油脂成分を見てみることにします。

 

ステラおばさんのクッキーとは

 

「ステラおばさんのクッキー」とは株式会社アントステラで販売しているクッキーです。

 

アメリカ人のステラさんという女性が作ったクッキーを元に甥っ子のジョセフ・リー・ダンクルさんが製品化したものなのですね。

ホームページはこちら

 

今やステラおばさんのクッキーのお店は、おそらく日本全国どこにでもあると思います。

 

店の付近までくるとぷ~んとクッキーの香りがしてきて見なくても「ステラおばさんがあるな・・・」と分かるほどです。

 

私も昔から大好きなクッキーです。

今回は夫がクリスマスバージョンを購入してきました。

 

クリスマスツリー型のパッケージに入ったステラおばさんのクッキー

 

クリスマスツリーの形をしたパッケージにクッキーが入っています。

 

チョコチップクッキー

↑きっとこれが取り合いになるんだろうな・・・

 

ステラおばさんのクッキーの油脂成分をチェック

 

そんなステラおばさんのクッキーの油脂成分を見てみます。

 

ステラおばさんのクッキーの原材料名

 

ショートニング、マーガリン、植物油脂・・・。

 

これは個人的には意外でした。

 

あ、赤線引くのを忘れていますが、当然「バター」もありますね。

いやいや、気が動転して肝心のバターの存在を忘れるとはいかがなものか。

 

ステラおばさんのクッキーといえば、その匂いからバターのイメージが非常に強かったのですが・・・。

 

私の中では勝手にバターオンリーだと思っていました。

 

ちなみに3つの赤線組。

今回のは一番上の画像のようにいくつかの種類のクッキーが混ざっているバージョンなので、全部の油脂が全部のクッキーに入っているのかどうかは分かりません。

 

きっとこれは「先入観を持たずにしっかりと本物(原材料)を見ろ!」ってことだな。

また一つ勉強になりました。

 

とは言え、ステラおばさんのクッキーはやっぱり美味しいのでした。

 

ちなみに我が家ではクリスマスイブにこのクッキーを食べたのではなく、やはりケーキとチキンのオーソドックスバージョンで過ごしました。

 

ケーキにもきっと油脂成分がたくさん・・・。

クリスマスくらい目くじらを立てるのをやめよう・・・。

 

アントステラ ステラズクッキー 36枚

 

 

お店が近くにないという方も通販で購入できます。
油脂はたっぷりですが美味しいのは間違いありません。

(紅茶を飲みながら食べると美味しいんですよね・・・)

 

 

永谷園・リラックマふりかけの油脂成分を見てみる
永谷園・リラックマふりかけの油脂成分を見てみる

子供が好きな永谷園の「リラックマふりかけ」。

ふりかけが好きなのか、おまけのシールが欲しいのかは別にして、時々リラックマふりかけを購入しています。

 

子供は白いご飯が好きではない!?

 

小さい子によくありがちなのですが、白いご飯が食べられない子がいます。

 

おそらくですが、小さい子が白飯を食べない理由として考えられる原因は味があまりしないからだと思います。

 

そういう意味でご飯って結構大人っぽい素材かも。

 

ご飯はしっかりかむと甘味や香りがあるものなのですが(特に新米の美味しさといったら・・・)、そんなご飯の美味しさがまだ理解できないのかもしれません。

(もちろん大好きでガッツリ食べるお子さんもいますが)

 

実は私もそうでした。

ふりかけとかそぼろなんかをかけて食べていたのを覚えています。

 

そしてうちの子もそうなりました。

3歳児健診の時、確か保健所で相談したことがありました。

 

「白いご飯を食べてくれないんですが・・・」

 

そこでなるほど・・・と思ったのは、小さい子って「ばっかり食べ」をしがちですよね。

 

大人ですと、ご飯とお味噌汁とおかずを交互に食べていく「三角食べ」が出来ますが、子供は好きなものから食べる、そして好きなものしか食べない(笑)

 

本当はおかずやお味噌汁と合わさることで、ご飯もバランスよく美味しく食べることができるのですが、先におかずを食べてしまうと最後にご飯だけドンと残って食べなくなるそうです。

 

そんな時、ふりかけが大活躍します。

 

リラックマふりかけの油脂成分をチェック

 

小さいお子さんもつい食べたくなる可愛いリラックマふりかけ。

もう小さくはないうちの子でも習慣になっているので買っています。

 

やっぱり未だに白いご飯に何かないとあまり食べたくないみたいなので、ふりかけは重宝するのですが、油脂成分はどうなっているでしょうか。

 

りらっくまふりかけの原材料名

 

なんとなくそんな気がしていましたが「植物油脂」が入っています。

 

ちなみにリラックマふりかけは4種類の味入り。

 

4種類の味があるリラックマふりかけ

 

たまご・やさい・おかか・さけの4種類です。

たまごのみ「調味顆粒」と「フレーク」の両方に植物油脂が入っていて、その他はフレークに「植物油脂」が入っています。

 

ちなみにふりかけといえば栄養補給のための成分が添加されていることが多いですよね。

 

リラックマふりかけの栄養成分

 

子供向けということで「カルシウム」が摂れるようになっているようです。

原材料名に「貝カルシウム」とあるのがそうでしょう。

 

まあ1袋2.5gで大した量ではありませんが、やっぱり植物油脂は使われていました。

ふりかけは子供だけではなく夫も好きでよく購入するので、他のふりかけも調べてみたいと思います。

 

デルモンテ・基本の完熟トマトソースの油脂成分を見てみる
デルモンテ・基本の完熟トマトソースの油脂成分を見てみる

チキンのトマト煮を作ろうと、トマトのホール缶を買いにいって目についたのがデルモンテ「基本の完熟トマトソース」。

100%オリーブオイルを使っているということで興味をそそられ購入してみることにしました。

 

デルモンテ「基本の完熟トマトソース」の油脂成分をチェック

 

さっそくデルモンテ「基本の完熟トマトソース」の原材料を見てみます。

 

デルモンテ「基本の完熟トマトソース」の原材料名

 

当たり前ですが、オリーブオイルが入っていました。

もちろん他の油脂成分は入っていないため、オリーブオイル100%となります。

 

オリーブオイル100%使用のマーク

 

原材料は意外とシンプル。

トマトとタマネギがメインです。

 

南欧産の完熟トマトの風味を生かすために軽い味付けになっているのだとか。

化学調味料も無添加です。

 

正直、トマト煮を作る場合はトマト缶か生のトマトを使い自分で味付けしたい私にとっては、あまりゴチャゴチャと入っているよりはありがたい商品でした。

 

ただしどんなオリーブオイルかまでは分からず

 

「オリーブオイルを使用」となっていますが、どういったオリーブオイルかまでは分かりませんでした。

 

ちなみにデルモンテさんでもオリーブオイルを販売しています。

 

・デルモンテ オリーブオイル

・デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

 

さすがにどちらかが入っていると思われますが確かではありません。

野菜を炒めるために使用しているので(ピュア)オリーブオイルの方かもしれません。

 

デルモンテのオリーブオイルはスペイン産となっています。

空気に触れないように二重構造のボトルに入っているようです。

 

エキストラバージンの説明をみるとスペイン産のオヒブランカ種を100%使っていて収穫後24時間以内に「コールドプレス」したとなっています。

 

酸度やオーガニックなどの記載はありませんが、意外としっかりしたオリーブオイルなのかもしれません(ちょっと失礼な言い方ですかね・・・)

 

ちなみにデルモンテさんのオリーブオイルは購入したことはありません。

機会があったら一度購入してみたいと思います。

 

とりあえずチキンのトマト煮を作った

 

とりあえずチキンのトマト煮を作りました。

 

チキンのトマト煮

 

チキンの胸肉を使ったのでかなりあっさりしたトマト煮になりました。

 

トマトソースのお味も予想通り、あまりくどい味付けではなくトマトの酸味と風味がしっかり味わえて美味しかったです。

 

ちなみにオリーブオイルの風味はほとんど感じませんでした。