カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
本当にとる必要ある?私がリグナンにこだわったワケ
本当にとる必要ある?私がリグナンにこだわったワケ

亜麻仁油にはリグナンが入っているものといないものがあります。

そう分かってからというもの、余計にリグナンが気になります。

 

そもそも今現在、私の身体がリグナンを本当に必要としているのか、それすらもよく分かっていませんし調べようがありません。

 

でも私なりにリグナンを摂ることができることこそ亜麻仁油のメリットだと考えたのには次のような理由がありました。

 

亜麻仁油にするかえごま油にするか

 

オメガ3を摂取したい場合、大きく分けると2つの方法に分けられます。

 

一つは魚。

DHAとEPAを豊富に含む魚を(できれば生の状態で)食べるという方法です。

 

ですが魚を毎日食べることってなかなかハードルが高いですよね。

 

できるだけ魚を食べつつも足りないところを補おうとすると、やはり手っ取り早いのがα-リノレン酸を多く含む亜麻仁油かえごま油を摂取するということ、これが二つ目の方法になります。

 

亜麻仁油とえごま油のα-リノレン酸含有量を日本食品標準成分表で比較するとほぼ同じくらいになっています。

 

ややえごま油の方が多い数値ですが大差はなく、また抽出方法の違いからか各メーカーの成分表示によっても違ってくるので一概には言えません。

 

つまり単刀直入に言ってしまえばα-リノレン酸を摂るなら亜麻仁油でもえごま油でもどってでもいいってことになります。

 

では実際にどちらを選んだ方がいいのかといえば、それはもう少しつっこんだ個人の事情によって違ってくるのかなと思います。

 

たとえば味の好み、どこのメーカーが好きか、原産国、またはα-リノレン酸以外の成分で何を摂った方が自分にとって都合がいいのかということなどです。

 

40代以降の女性なら亜麻仁油の方がいい?

 

私が実際に亜麻仁油に目をつけたのは、やはりリグナンがあったからでした。

 

リグナンとはポリフェノールの一種で、フィトエストロゲン(植物性エストロゲン)として女性ホルモンと似た働きをすると言われています。

 

つまり女性ホルモンが減少してくる年代になったらリグナンを含む亜麻仁油を摂った方がメリットがあるかなあ・・・と思ったのがきっかけです。

 

ただこの考えが非常に単純な思考から来ているのも正直なところ。

本当に私の身体が今現在リグナンを必要としているのかどうかは分かっていません。

 

というのも現在40代の私ですが、女性ホルモンの減少からくるトラブルに悩まされているわけではなく、実際どのくらいの数値なのかも調べたことがないからです。

 

でもそれは現在表面に現れていないということなだけで、20代のころと比べれば確実に女性ホルモンが減少しているでしょうし、近々色々な問題が出てくる可能性は十分にあると思います。

 

そんな中で少しでも「対策」ができるのではないか、と考えるのは年齢的にいっても当然の流れです。

 

そこで食品である亜麻仁油に自然な形(サプリメントのように成分が凝縮したりしていない)で含まれる程度だったら、身体に無理をさせたり他の弊害が出ることがなく、今後起きるかもしれないリスクに自然に対応できるのでは、と考えたのでした。

 

サプリメントに関しては、効率よく欲しい成分を摂ることができるので、私もかつてビタミン剤などを飲んでいたものですが、量を守らないと過剰摂取の心配があります。
(サプリメントを否定しているわけではありません。有効な場合も多いと思います。)

 

人間の身体は「〇歳になったからこうなる」といったものではありません。
個人個人であまりにも違い過ぎるので、世の中の一般的な理論が当てはまらないことも多いものです。

 

リグナンを摂った方がいいのかどうか、それは40代・50代だからと年齢だけで決めるものではないと思います。

 

それでも私にとっては「そろそろとっておきたいなあ」と思えるものでした。

 

ちなみにリグナンはポリフェノールですから苦味があると言われています。
亜麻仁油のクセの一つにはリグナンの苦みも大いに関係しているかもしれません。

 

参考記事

ショック!亜麻仁油にリグナンは含まれていない!?

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

 

油問題は度外視でニチレイのチャーハンが美味しい件
油問題は度外視でニチレイのチャーハンが美味しい件

ひょんなことからニチレイフーズのチャーハンに子供がハマってしまいまして、なんというか若干困っておりました。

 

チャーハンくらい私が作るのにどういうことよ!って言いたいのですが、実際に私も食べてみたらなるほど美味しい。

 

軽々と負けていますよ私の手作りチャーハン。

2019年現在、だてに売り上げ18年連続NO.1ではありませんね。

 

もちろん料理人が作る本格的な味には劣りますが、かなりそれに近いような気がします。

 

ことの発端はある日曜日に私と子供が外出した時。

 

夫は別の用事で外出することになっていたのですが、それが急遽キャンセルになり家にいることに。

 

もちろん夫のお昼は用意しておらず近所のスーパーで購入。

 

その時に冷凍のニチレイチャーハンを購入したのですが、結局食べたのは他に購入したお弁当のみ。

(というかお弁当とチャーハンの両方を買うのか・・・)

 

その後、冷凍庫に入っていたチャーハンを子供が見つけ食べたいと言い出しめでたく夏休みのランチに。

 

ニチレイの本格炒め炒飯をお皿に盛ったところ

 

「これ、美味しいからまた買って!」

 

「夏休みのお昼は毎日これでいいから」

 

ちょっと・・・毎日はダメでしょ。

 

味加減もちょうどいいし確かにこのパラパラ感は私にはマネできなさそう。

 

私はこういったものに入っているお肉系は好きじゃないのですが、それ以外は本当に美味しいと感じました。

 

でもやっぱり気になるのは油。

 

それじゃなくてもチャーハンは油がたっぷりですよね。

 

いったいどんな油が、そしてどのくらい使われているのでしょうか。

 

ニチレイの本格炒め炒飯の原材料

 

植物油脂、ラード、ショートニング。

 

いため油として使われているのは「なたね油」と「こめ油」。

 

品質までは分からないにしても炒める油の種類が提示されているのはちょっと好感が持てるような気もします。

 

もっとも植物油脂は正体不明ですが。

 

ニチレイの本格炒め炒飯の栄養成分

 

期間限定で増量中になっており480g入りの約半分(240g)を子供は一度に食べるのですが、そうすると516kcalで脂質は18.48g。

 

でもチャーハンの時にあまりカロリーや脂質を気にしていたら食べれないですよね。

 

言いたいことは色々あるのですが、とりあえず子供は今年の夏休みに複数回ニチレイのチャーハンを食べました。

 

私は時々スプーンで一口貰いました。

困ったことに美味しかったです。

 

大目に見ていたのはこういったものを食べるのも夏休みならではだから。

二学期になれば食べる機会もほとんどなくなるでしょう。

 

一応いいワケすると、他の日はちゃんと作っていましたよ。

(しかも割と真面目に作っています)

 

でも夏休みのお昼ご飯って正直言いますと本当に面倒くさい!

だからたまにはこういったもので息抜きしたいのですよ~。

 

そんな絶品ニチレイの本格炒め炒飯、良かったらお試しください。

(と言っていいのかなあ・・・)

 

金沢はアイス消費量一位らしいが見えない油に気をつけてね
金沢はアイス消費量一位らしいが見えない油に気をつけてね

先日某テレビで「金沢はアイス消費量が日本一」という特集をやっていました。

 

実は私、金沢に行ったことはありません。

でも金沢は私個人の「行ってみたい国内ベスト3」に入っている場所でもあります。

 

もちろんアイスが食べたいからではなく、加賀百万石とか蟹とか金とか兼六園とかひがし茶屋街とか、そういったごく一般的な憧れが理由で行きたいのです。

 

そんな金沢がまさかアイス消費日本一とは思いませんでした。

なるほど統計学園(総務省統計局)

 

というか金沢ってケーキ・他の和生菓子への支出でも一位じゃないですか。

甘いモノがバランスよく好きなんですかね。

 

私もアイスは大好きですが、夏でも冷凍庫に必ず入っているわけでもないし特になくてはならないモノって感じはないです。

 

ですが金沢では各ご家庭でアイス専用の冷凍庫を複数個も持っていたりするのが当たり前って、それ本当でしょうか。

 

冷凍庫をあけると「コンビニか!?」ってほどたくさんの種類と数のアイスがごく一般的なご家庭にストックされているって、それ本当でしょうか。

 

テレビだから大袈裟にやっていただけなのか、それとも金沢では本当に当たり前なことなのか。

 

アイスを食べるにはちょうどいい気温なのが一つの要因だとも言われていますが、それだけで本当にそんなに老若男女問わずアイスをあんなに食べるものでしょうか。

 

富山が2位ですからやっぱり気温や地域的なもの?

なかなか興味深いです。

 

ところでそんなアイス、このブログ的に言えば「見えない油」の宝庫でもあります。

 

見えない油、そう、加工食品などに入っている油ですが油を摂取していると意識できないところが怖いのです。

 

「アイスなんだから乳脂肪でしょ」と思うかもしれませんがアイスにも色々な種類があって油的にちょっと注意が必要なものもあるってことです。

植物油脂たっぷり!明治エッセルスーパーカップ超バニラに物申す

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる

 

金沢の方に限らず、お時間のある方は今ご家庭の冷凍庫に入っているアイスの原材料をチラッとチェックしてみるといいですよ。

 

とりあえずお腹を壊さない程度にほどほどにお楽しみくださいね。

 

参考記事

保存食や非常食としてのアイスクリームは有りか無しか

 

もこみちだと「オリーブオイル婚」になる
もこみちだと「オリーブオイル婚」になる

芸能人のネタって私やこのブログにはほとんど関係ないのですが、どうもこの人だけは時々登場しますね。

 

その人は速水もこみちさん。

 

特にファンでもなんでもないのですけど。

(いや失礼なことを言ってしまいました!)

 

オリーブオイルとくればこの人を語らないといけませんから、まあ必然的にそうなるわけです。

 

平山あやさんと結婚しました。

おめでとうございます!

 

で、それが「オリーブオイル婚」なんだって。

 

もこみちが結婚するとこう名付けられるのか。

 

でも特にひねりはないですよね。

 

ネットのトップページに「オリーブオイル婚」というタイトルを見つけて「なっ、なんだ!?」と思い急いで開いてみましたが、「あ、そういうことね」と。

 

年齢も34歳と35歳ということで大人のカップルですね。

しかも美男・美女カップル。

 

余談ですが、平山あやさんって個人的にまったく印象がないと思いきや一つだけすごく覚えていることがありまして・・・。

 

もう何年前でしょうか、タイトルとかまったく覚えていないのですがとあるテレビ番組を見ていたところ、彼女は自分の部屋で宇宙人に会ったと言っていましたよ。

 

それがふつうのことのように話していてかなり不思議な人だなあと感じたことを覚えていますね。

 

でも最近は失礼ながらその存在すら忘れていました。

(私、テレビをほとんど見ないので実は普通に出ているのかもしれませんが)

 

そこに「MOCO’Sキッチン」が終了してからこれまたまったく見かけなくなったもこみちと結婚とのこと。

 

おめでとうございます!

 

旦那さんが料理上手なのできっといい家庭になるのではないでしょうか。

 

絶対にオリーブオイルを使った料理になるとは思いますが、正直そこだけはちょっぴりうらやましい気もします。

 

美味しいオリーブオイルの風味がただよう料理がテーブルに並ぶなんて。

 

でもくれぐれも使い過ぎには気を付けてください。

 

これからもオリーブオイルで健康にお幸せに。