カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
インフルが流行らない日々
インフルが流行らない日々

2020年から2021年のインフルシーズンはある意味衝撃的でした。

 

 

 

インフル、どこ行った。

 

 

 

昨年の秋はインフルとコロちゃんでダブルパンチだったらどうしようと戦々恐々としていました。

 

厚生労働省のホームページで毎年の発生状況を確認してみたらもう一目瞭然。

 

確かにゼロではない。

ゼロではないけど・・・。

 

これもうゼロっていっても問題ないんじゃない???

・・・ってくらい少ない。

 

例年より少ないってレベルじゃない。

逆にどうして(どこで何をやって)インフルエンザにかかったの?って思ってしまうほどパラパラ状態。

 

インフルって一人がかかるとその周りの人の誰かは必ずといっていいほどかかっていくイメージがありますよね。

 

それほど感染力が強いからこそ毎年すごい数の人がインフルエンザにかかりワクチンがあろうと薬があろうと毎年たくさんの方が犠牲になってしまいます。

 

もちろんこんな少なさですから子供の学校でもインフルが出たという話も聞きませんし、私や夫の職場でも同じ。

 

例のヤツがなかったらパラダイスなのに。

 

私は万全を期すためオリーブオイルや納豆などを日々せっせと取り入れ、早寝早起きを心掛けておりました。

 

喉に違和感(痛みかどうかも分からないほど)でも感じようものならぴりっぴりのエキストラバージンオリーブオイルを喉に流し込みました。

(注:私が勝手に信じてやっているだけで科学的根拠は分かりません)

 

するとどうでしょう。

おどろくほど健康で絶好調な日々をすごすことができたのです。

 

インフルエンザにも当然かからず、幸運なことにあのウイルスにやられることもなく、気が付いてみれば例年よりずっとパワフルな私と家族がおりました。

 

(あ、そういえば子供は一度鼻風邪引いたな。すぐに治ったけど。)

 

私にいたっては鼻水も流さない。

喉の痛みもない。(微妙な違和感が一回出たのみ)

 

これはあれですかね。

 

やっぱりマスクや手洗い効果なの?

ソーシャルディスタンス?

 

それだけであの毎年恐怖とも言うべきインフルが撃退できるとは思えないのですが。

 

やっぱり「ウイルス干渉」(あるウイルスに感染すると他のウイルスに感染するリスクが減る)が起こったのでしょうか!?

 

確かにそうでもないと説明がつかないですよね。

インフルが全くないのではなく微量とは言えかかっている人がいるということはインフルエンザのウイルスは間違いなく我が国にも存在しているわけです。

 

ということは何か理由がないとここまで流行しないなんてことはありえない。

ウイルス干渉だとしたら実はコロはインフルの天敵だったってことになります。

 

で、コロ助が圧勝したと?

 

でもさあ国全体でこれほど劇的な結果がでるってすごくないですか?

そんなにコロ嵐が吹き荒れているの!?

 

インフルエンザを窮地においやるほど猛威をふるっているはずなのに私の身近な人々はみんな難を逃れている。(今のところはですけど)

 

この幸運、今後も続くことを願ってやみません。

 

そしてなんといっても「超過死亡数」が日本で減少しているというこの奇跡!

 

うーん。

この結果をなんと表現したらよいのやら。

お一人お一人をみればお辛い方もいるので・・・。

 

しかしとにかく私自身が今体感しているのは「インフルエンザの恐怖から解放された世界」。

 

毎年恐れていたし自分も子供も夫もかかったことあるので苦しみをしっている。

ふと世間を見ればあの人もインフル、この人もインフルって感じでしたしね。

 

いずれにしても病気はイヤです。

 

今後もウイルスとは共存していかないといけないでしょう。

できればどんなウイルスとも相侵さずお互いに平和に暮らせる日がきてほしいと願うばかりです。

 

 

 

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ
賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

先日、避難グッズの入れ替えをしていました。

 

久しぶりにやってみてビックリ。

 

食料品の賞味期限切れてる・・・。

 

しかも切れっぷりが3年以上のものまで出てきました。

 

一年に一回の非常食の確認をしてきたはずなのですが、なんと各自が持って避難するためのリュックサックの中身をチェックするのを忘れていたのです!

 

有効期限が切れた薬やカイロも出てきました・・・。

 

そう、定期的に入れ替えをしていたのはクローゼットなどに備蓄してある非常食。

 

リュックの中身はやったつもりですっかり忘れていたのでした。

 

賞味期限切れの水やカロリーメイトが出てきましたが、とりあえず食べました。

(特に問題なかったです・・・おすすめはしませんが)

 

ところで各自が持って逃げる非常食、今までは水とカロリーメイト類を入れていたのですが、実はカロリーメイトってそれほど賞味期限が長くないんですよね。

 

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート

 

カロリーメイトのチョコ味の原材料や栄養成分

 

カロリーメイトの賞味期限は製造日より1年となっています。

 

でもお店で購入するとたいていそれより短い状態になりますよね。

製造日直後のものが店頭にあるとは限りませんから。

 

ですからもし1年に1回ほど避難グッズの確認をすると、たいてい半年くらいは平気で切れていたりする(笑)

 

もちろんそのくらいでは問題なく食べれるでしょうけど。

 

でもカロリーメイトは食べやすいし栄養もとれるから非常食として入れておくのはいいと思います。

 

ただもう少し賞味期限が長い方がありがたいというのが正直なところ。

 

ちなみに3年(製造日から3年)保存できる「ロングライフ」バージョンのカロリーメイトもあることはあります。

 

 

でもちょっと高いかな。

これなら小まめに通常版を入れ替えたほうがいいような・・・どうでしょう。

 

ちなみにカロリーメイトの原材料を見てもらえばわかる通り油脂成分として「食用油脂」が入っています。

 

どういった油脂かはちょっと分かりません。

 

もちろん非常食にそれほど細かいことを言うのもどうかと思いますが、できればオメガ3も欲しいですよね。

 

そう考えると缶詰ってかなり優秀と言わざるを得ません。

 

家に備蓄する食料としてもいいのですが、リュックサックなんかに入れて逃げる時の携帯食としてもすごくいいと思います。

 

今は缶切りがなくても大丈夫なガバッと開けるバージョンがほとんどなのでいざとなったら食べられない!なんて心配もありません。

 

缶詰のフタ

 

魚の缶詰はたくさんのオメガ3がとれるものがたくさんあります。

 

実は非常食でオメガ3はなかなか取れません。

 

でも魚の缶詰はならオメガ3もとれるし賞味期限もかなり長いし良いのではと思います。

 

ちなみに非常食の場合、通常食べるものと違ってカロリーも高カロリーの方がいいと思います。

 

ですからシーチキンなんかもノンオイルタイプのものよりもオイル漬けのものがいいかもしれませんよ。

 

でひ家庭で備蓄する食料だけじゃなく「逃げる」ための避難グッズにも魚の缶詰を一つ忍ばせてみてはいかがですか?

 

コンビニのお弁当などについてくるプラスティックの先割れスプーンなども一緒に入れておくと便利です。

 

保存食や非常食としてのアイスクリームは有りか無しか
保存食や非常食としてのアイスクリームは有りか無しか

「アイスクリームは腐らない」

 

こんな話を聞いたことがある人は多いと思います。

 

アイスクリームって賞味期限の記載がないんですよね。

 

確かに我が家にある某アイスクリームのパッケージを見ても「賞味期限」の記載はどこにもありませんでした。

 

当然「消費期限」もありません。

 

アイスクリームは品質が長期的にみてほとんど変化しない食品なので賞味期限の表示を省略してもOKとなっています。

 

こういった食品はアイスクリーム類の他にもチューインガムや砂糖、でん粉などいくつかあります。

 

ということはアイスクリームってある意味「保存食」もしくは「非常食」になるのではないかと。

 

アイスと言っても本当のアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスなどなど種類はいくつか分かれます。

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる

 

とりあえず今はそういった細かいことは抜きにしてアイスと言っちゃいますが、アイスって割と高カロリーで栄養価もそれなりにありますよね。

 

非常食として各ご家庭の冷凍庫の底にでも忍ばせておくのは良いことではないかと思ったのです。

 

特に本物のアイスクリームは高脂肪でおすすめです。

 

普段は高脂肪・高カロリーは敬遠されがちですが、非常事態においてそれらは命を繋ぐのではないでしょうか。

 

アイスクリームを食べて生き延びよう!

 

ということで我が家ではアイスクリームを常にキープしておこうかと考えています。

 

ただし!

 

ちょっと考えただけでも問題点はいくつかありますね。

 

大きい冷凍庫があるご家庭はいいでしょうが、我が家の冷蔵庫は小さめで当然冷凍庫もあまりスペースがありません。

 

ですから数はかなり限定的なものにしないといけないでしょう。

 

しかも非常事態といえばライフラインは・・・。

 

そう、停電するとアイスは溶けてしまいます。

 

ですからアイスは停電したら真っ先に食べないといけないかもしれません。

 

たくさんアイスをストックしておくと、溶けるまでに大量にアイスを食べなくてはならなくなりお腹を壊してしまうかもしれないので要注意です。

 

まあその場合、食べきれない分の廃棄は仕方ないでしょう。

 

地域によっては冬なら外に出しておいてもすぐには溶けないかもしれませんね。

(ただしその寒い時期に暖房なしでアイスを食べれるかは疑問)

 

もう一つ、アイスは「-18度以下で保存してね」となっています。

 

これはそれ以上の温度になりますと雑菌が繁殖する恐れが出てくるということらしく。

 

家庭の冷凍庫は開閉が多く温度が一定ではない可能性もあります。

 

すると場合によっては温度の上がり下がりによって品質の劣化が思ったよりもすすんでしまうかもしれません。

 

また当然ですが食べかけのアイスはちょっと危険でしょう。

 

このあたりを考慮して保存食としてのアイスを家族一人当たり1~2個程度、冷凍庫の一番底にしまっておこうかな。

 

子供が発掘して食べてしまわないように注意しないといけませんけどね。

 

それと一応1年に一回くらいは新しいものにチェンジしておいた方がいいかもしれません。

 

それくらいなら保存状態がイマイチな家庭の冷凍庫だって十分いけそうですよね。

 

さすがに10年ものは劣化している可能性が高いです。

(マズそう・・・)

 

 

オリーブオイルで作ったチーズスコーンを朝食に食べる
オリーブオイルで作ったチーズスコーンを朝食に食べる

チョコレートスコーンはお菓子として最適でしたが、もう少し食事的な甘くないスコーンも作ってみようと思いました。

 

そこで作ってみたのが上の画像のチーズスコーン。

 

今回も以前と同じようにバターじゃなくてオリーブオイルを使ってみました。

 

焦げ目がなかなかつかなかったのでチョコレートスコーンより少し長めの時間焼きました。

 

小麦粉200gに対してオリーブオイルは少し多め(大さじ3杯強)、チーズは実はプロセスチーズをゴロゴロとカットして入れようと思っていたらなかったという・・・。

(思い付きで材料も確認せず作りだしてはいけませんよね)

 

よって今回は粉チーズを大さじ3杯(プラス塩少々)くらい入れました。

ちょっと思っていたのと違ったのですが、まずまずの味にできました。

 

とある朝食にサラダと焼いたベーコンと温かい紅茶でいただきました。

 

冷めたスコーンは食べる時に少し温めなおすと美味しいですが、実は私は冷めて少し硬くなったスコーンも好きだったりしますw

(今回も私は冷めたスコーンをガリガリ・ザクザク食べました)

 

次回は絶対ドライバジルを入れようと思います。

粉チーズだけでも香ばしくておいしいですが小麦粉に混ぜ込むと割とあっさりめになりました。

 

たぶん粉チーズとバジルベースの生地にゴロゴロチーズをトッピングして焼けば最強な気がする。

 

ああブラックペッパーもいいかもね。

(ピリッとするから小さいお子さんには入れない方がいいかな)

 

とにかく甘くないスコーンは朝食にはうってつけでした。

 

普段市販のパンの添加物に目くじら立てている方はスコーンを作ってみてはいかがでしょうか。

 

基本は混ぜて形を作って焼くだけ。

パンよりずっと簡単だしなにより短時間でできちゃいます。

 

オリーブオイルでスコーンがちゃんと作れることが分かったので今後も使っていこうと思います。(まあたまにはバターでも作ると思うけど)

 

とにかく薄力粉がまだまだドサッと余っているんですよね。

 

薄力粉でパンを無理やり焼いてもいいんだけど・・・。

(ちょっと食感とか色々違ってくるのでパン好きの子供ががっかりしそう)

 

ホットケーキもたくさん焼いて冷凍しておこう。

 

とにかくみなさん、スコーンはオリーブオイルでも十分作れます。

 

とくに甘くないスコーンは朝食や軽いランチなんかにおすすめですよ。

(割と腹持ちいいです!)

 

参考記事

オリーブオイルで作るチョコレートスコーン