カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記
【昭和な話】不思議なバタークリームケーキとの縁【なんで今?】
【昭和な話】不思議なバタークリームケーキとの縁【なんで今?】

先日、学生時代の友人が我が家に遊びにきました。

 

手土産を二つ持ってきたのですが、そのうちの一つがユーハイムの「フランクフルタークランツ」というリング状の白いバタークリームケーキです。

 

来る途中、某デパートで購入したらしい。

 

「私が食べたかったから。切って一緒に食べよう!」と。

 

なんという奇遇。

 

実は私、最近バタークリームケーキと不思議なご縁があります。

 

とは言ってもバタークリームケーキを実際に食べたのは(おそらく)ものごころつくかつかないか以来ではないかと。

 

昭和な時代、私がまだ幼児と言えるくらい小さかったころ、バタークリームケーキを食べた記憶があります。

 

ですが覚えているのは「マズイ」というなんともネガティブな感想。

 

どんなデコレーションだったか、どんな色をしていたかなどはハッキリ覚えていないのですが、なんとなくにぶいツヤがあって味は「美味しくない」という印象は確実に覚えてるのですw

 

たぶんクリスマスかお誕生日に用意してもらったのだと思う。

 

さらに親戚の結婚式で配ったケーキもバタークリームケーキだったはず。

(同じくマズイ)

 

そういうわけでケーキといえばやっぱり生クリームでしょ!ってなり、やがて成長するにつれてその生クリームも苦手になり・・・。

 

今ではあまりケーキそのものを食べなくなりました。

 

そんな中つい最近まではバタークリームケーキの存在自体を忘れていたのですが・・・。

 

どういう訳か立て続けにバタークリームケーキの話題に触れる機会があったのです。

 

そしてそのどれもが「バタークリームケーキがいかに美味しいか」というテーマで話されていました。

 

しかもその力説っぷりがすごい。

 

「バタークリームケーキ≒マズイ・気持ち悪い」という先入観を持っている私は心の中で反論しつつも幼児のころの懐かしい記憶がよみがえってきました。

 

するとだんだんとバタークリームケーキが食べたくなってくる。

 

どんなにマズいかもう一度確かめてみるのも悪くないかも。

 

そう言えば少し前ですが、某テレビ番組でやっていた某お笑い芸人が紹介したバタークリームケーキがありました。

 

ガトーエシレナチュール

 

私、それを見てかなり心が動かされたのですよね。

 

丸の内で買えるみたいなんですけどほぼ5000円するし限定だしちょっと無理。

 

誰かお土産でくれないだろうか・・・。

 

そして月日は流れ最近になってバタークリームケーキ情報が私に立て続けに流入してきたのです。

 

なんでだろう・・・。

食べろってことなのかなあ。

 

そう思っている矢先に友人が「おーい、バタークリームケーキ買ってきたよ~」って。

 

だからものすごく驚愕したのでした。

 

ちなみに私の中のバタークリームケーキのイメージはこんな感じ。

 

 

バタークリームケーキ 4号 懐かし昭和の味わい【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】誕生日ケーキ バースデーケーキ

 

 

さらに「まさにこのイメージ!」っていうのがこれかも↓

コロンバンのガトー・オ・ブール

 

確かに真っ赤なアンゼリカ(アンジェリカ)が乗っていたような・・・。

 

今回、友人が持ってきてくれたユーハイムの「フランクフルタークランツ」はこういうタイプではなくて。

 

リング状のスポンジに真っ白いバタークリームがたっぷり乗っていてかなり甘いケーキでしたが、昔感じたバタークリームのイヤな印象がないんですよね。

 

って言うより美味しいではありませんか!

 

で、すみません。

食べた後で記事にしたいと思ったので画像をとっていないです。

(実物を確認したい方はユーハイムの販売店でチェックしてね。)

 

うーん、こんな味ではなかったと思うのですよね。

 

つまりこんなに美味しくはなかったはずなのですよ。

 

調べてみると昔のバタークリームケーキがマズかったのには理由があって、マーガリンやショートニングを使っていたものが多かったのですって。

 

バタークリームケーキではなくマーガリンクリームケーキだった可能性浮上???

 

確かに植物性クリーム(ホイップ)を食べた時の残念感に通じるものがあるんですよね。

 

もしかしてニセモノのバタークリームケーキを食べて「マズイ!!」って文句言っていたのかもしれません。

 

「おまえのバタークリームケーキ感は間違っているぞ!」、「本物を食べろ!」という神様からのメッセージですかね。

(でもなんで今さら?そして必要?)

 

でもやはりまったり・こってり感はあり、おそらくたくさん食べるとすぐにイヤになりそうな予感がしました。

 

友人が買ってきたのは一番小さなサイズでしたが、4当分にしても十分なボリュームがあります。

 

それにしてもバタークリームケーキ、本当に何十年ぶりに食べたのですが、そこに至るまでのフラグの数々。

 

なんだか不思議です。

 

近いうちに今度は自分でバタークリームケーキを買ってしまう予感・・・。

(次はちゃんと画像を撮りたいと思います)

 

鼻の下ヒリヒリにオリーブオイルをちょこっと塗る
鼻の下ヒリヒリにオリーブオイルをちょこっと塗る

これは別におすすめでもないし民間療法とも言えない私の思いつきでした。

 

子供が喉が痛いと言い出しまして、軽い風邪を引いたのだと思いとりあえず暖かい紅茶にハチミツを入れて飲ませました。

 

すると喉の痛みはだいぶ緩和したようなのですが、症状が変わりまして次に鼻水が出始めました。

 

熱は一番高かった時で37度1分。

(無いにも等しい!?)

 

いわゆるインフルエンザではない正真正銘?の風邪でございますね。

 

鼻詰まりと一口に言っても酸素不足からか頭もガンガン痛くなるし眠るのも大変、大人でも勘弁してよ!って思うものですが、子供も寝るのに一苦労しているようでした。

 

枕を数個使って高くしてみたり横を向いてみたり。

 

「眠れない~」と一度起きてきたくらいでした。

 

最終的には睡魔に勝てず眠ったようですが、浅い眠りに朝起きた時はかなりボウッとしている様子。

 

そんな不快な日々を2~3日過ごしていたところ、やはりお決まりのパターンとして鼻のかみ過ぎで鼻の下がボロボロになってしまいまして・・・。

 

見ると真っ赤っか。

 

しかも皮がめくれあがっている。

 

こんな時、我が家ではとりあえず「ワセリン塗っておいて」がお決まりの言葉なんですが、ふと考えた。

 

 

オリーブオイルでいいんじゃない?

 

 

喉が痛くてハチミツが切れていた時にオリーブオイルをひとさじ舐めた経験を持つ私。

喉が痛いから取りあえずオリーブオイルを舐めてみたら・・・

 

その時、かなり好印象だったので今回もなんとなくイケると思ったのでした。

 

というのもイタリアでは火傷をした際にはオリーブオイルを塗るという民間療法があるという話は聞いたことがあるし、その根拠としてオリーブオイルの成分には炎症を抑える成分が入っているのは確かなのです。

 

でもそれはもちろんエキストラバージンであること。

 

つまりオリーブオイルのポリフェノールですね。

 

とは言えこれを子供に試してみてもいいのだろうかと葛藤していたところ「やってみたい!」と。

 

うちの子はオリーブオイルが大好きなんですね。

 

で、鼻の下ならいつでもオリーブオイルの風味を楽しめるんじゃないかと思ったようなのですが、鼻がつまっているのでそれはどうなんでしょう・・・。

 

取りあえずオーガニックのエキストラバージンオリーブオイルをちょこんと鼻の下にのばしてあげました。

 

こういうのって、気持ちの問題もあるのかな。

 

「鼻が痛くない~」と機嫌も症状も回復していきました。

 

鼻詰まり自体は時間の経過とともに自然回復していったようですが、鼻をかむことはしばらく続いたので合計3回ほど塗ってあげました。

 

ポリフェノールによって逆にヒリヒリしないのかと思っていましたが、オイルの保湿パワーが勝っていたのでしょうか。

 

塗った直後はちょっぴりしみたそうなのですが、その後は不快感は全くなかったそうです。

 

そもそもオリーブオイルのオレイン酸ってお肌との相性も良かったはず。

ですからオリーブオイルの化粧品はたくさんあります。

 

でも本来は食用のオリーブオイルをお肌や髪に使うのはNGって言われていますよね。

 

でも精製されているとオレイン酸はそのままでもポリフェノールはなくなっているから、今回のようにポリフェノールのパワーが欲しい時はまた違ってくるのではとも思います。

 

あ、いや、これは私が思っただけですからね。

 

かぶれる人もいるかもしれませんのでとりたてておすすめはできません。

 

小分けパック入りオリーブオイルってどう?
小分けパック入りオリーブオイルってどう?

小分けパック入りのオリーブオイルってどうなんでしょう。

 

 

オシャレ感満載ですね。

 

オフィスでいただくランチのサラダにこれかけて食べていたらサマになるわぁ。

 

もしくはピクニックランチとか?

 

ちなみにえごま油や亜麻仁油なんかも小分けパックがありますね~。

 

サマになるかは分かりませんが健康にはこちらもいいですよ。

 

私もえごま油小分けタイプは何度か購入しています。

オフィスに旅行にオメガ3オイルの使い切りパックを

 

小分けパックのメリットはたくさんあって、例えば持ち歩きに便利なこと。

 

大きな瓶をかかえて持ち歩くのはちょっと無理があるし、途中でぶつけてカバンの中でオイルが流出したなんて・・・想像しただけでゾッとしますよね。

 

また小分けなら酸化の問題もグンと軽減される。

オイルにとって酸化は悩みどころ。

 

これを解消できるのが一番のメリットですよね。

 

でも量の微妙な調整ができないところが難点かな。

 

私もえごま油の小分けパッケージを使った時、1.5パッケージくらい欲しいなあって思ったことがあったけど二つ開けるのがもったいないのであきらめたことがありました。

 

一回分と言っても欲しい量は人それぞれだし多かったり少なかったりする時には融通が利かないのがデメリットではあります。

 

また、エキストラバージンオリーブオイルの場合は風味が勝負のオイル。

プラスチックのような容器に入っているものはどうなんでしょう。

 

でもレビューを見る限りは特に風味が落ちている感じはしないしやっぱり酸素を通さない仕様がいいのでしょうね。

 

ちょっと試してみたくなります。

 

↑このタイプのパッケージもあります

 

私は基本的にオリーブオイルを持ち歩くことはしないので、今まで購入したことはありませんでした。

 

もちろん家庭で使うにしても酸化の問題が解消するのであれば、小分けオリーブオイルは重宝しそうな気もします。

 

オリーブオイルに限らずオイル類は一度開封したら酸化との戦いですから。

 

新鮮なオイルを常に食べれるのは嬉しいこと。

 

ただし本来の品質をしっかりチェックした方がいいのは瓶タイプと同じです。

 

 

「本物のエキストラバージンオリーブオイルかどうか」

 

 

本物であり(またはその確率が非常に高い)そして美味しいのならば、小分けタイプのオリーブオイルは持ち運び便利でとてもいいと思います。

 

 

そりゃあサプリより自然な食品から栄養をとるべきだとは思うけど
そりゃあサプリより自然な食品から栄養をとるべきだとは思うけど

このブログでもいくつかサプリメントの紹介をしていますが、本来ならば自然な食品で摂った方がいいのは確かだと思うのです。

 

でも例えばオメガ3であるDHAやEPA。

 

日々の目安量を食品で毎日とるってハードルが高いです。

実際やってみると分かるのですがかなり大変。

 

そんな時、サプリメントで気軽にとれるとすればそりゃあ助かるわけですよ。

 

それで本当に体のためになるのならば。

 

でもこの世界で売られているサプリメントには色々なものがあるのも事実。

 

健康志向の現代、サプリメント業界は一部ではダークな世界でもあります。

 

ですから商品の品質にはかなりの差がある可能性も。

 

要はピンキリってことですね。

 

もちろんただ高いというだけで信じてもダメ。

ただ単にメーカーの養分になってしまうことだってあるかもしれません。

 

そしてもう一つの懸念。

 

「サプリメントがどれくらい効果あるの?」ってこと。

 

これですよね。

 

「どんなサプリも飲むだけ無駄!」って説もあるし、かと思えばオメガ3なんかは「足りない分はサプリで」と言われることもある。

 

確かにサプリメントは欲しい栄養量が確保されていたりします。

 

じゃあ問題なんてないじゃないと思いますが、その栄養成分がちゃんと自分の体内で仕事してくれるかどうかが大切なところなのです。

 

体内で起こっていることなんて目に見えるわけじゃないし、サプリを飲んだとたん自覚するほど何かが変わるなんてことはないから実際は「よく分からん!」ですよね。

 

もちろん自然だから何でも良いとも言えないし、人工的なものでも良いものはたくさんあります。

 

変な先入観で機会を逃すのももったいない話。

 

それでもやっぱり自然な食品を超えるサプリメントはないのではと思います。

 

もしサプリが完璧だったら「栄養は何でもサプリでとりましょう♪」ってことになりますもんね。

 

でも自然食とサプリメントの共同作業でよりいっそう健康を目指すっていうのも悪くないかなと思う今日このごろ。

 

自然食にかなう存在ではないけれど、仮に自然食だけ食べていても偏りがあったりして不足する栄養は必ず出てきます。

 

そんな時、割と強い味方になってくれるんじゃないかって。

 

自然食をメインになるべくバランスよく食べることを心掛け、どうしても足りない部分をサプリメントで補っていく。

 

まあサプリメントに過信だけは禁物ですが。

 

一番やっちゃいけないのは過剰摂取でしょうね。

 

そしてサプリはどうしても添加物も同時にとってしまいますから。

 

そのあたりもしっかりチェックして選ぶことは大切だと思います。

 

でも今の時代、自然な食べ物っていってもそれ自体がもう色々と問題がありますから。

 

自然じゃないもんね。

 

農薬とか品種改良とか遺伝子組み換えとか・・・。

 

自然でいることが難しい時代ですね。