カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
家にこもる日々、運動と食事と。
家にこもる日々、運動と食事と。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私は不要不急の外出はさけ家にいることが多くなりました。

 

主婦ですからスーパーだけは行きます。

(そんな時は少しだけ解放感を感じます)

 

できるだけ家に引きこもっているのはまあいいのですが、どうしても運動不足になってしまいますよね。

 

ポカポカした日当たりの良いリビングで日光浴していれば気分も悪くはないのですが、それで運動できるわけではない。

 

そこで何年振りでしょうか。

(いや、何十年ぶりか!?)

 

腹筋・背筋・腕立て伏せを始めましたw

あ、あとスクワットも。

 

どこかの国での罰としてスクワットをさせられている映像を見ましたが、私は自主的にやっております。

 

特に腕立て伏せ。

 

これはキツイです、はい。

3回でダウンしました。

 

なのであまり無理はしないようにして少しずつ少しずつ様子を見ながら回数を増やしていこうかと。

 

もし家の中でモンモンと過ごしている方がいましたら、腕立て伏せとは言いませんが自分でできる運動をすることをおすすめします。

 

後は家の中でもお日様の光が入る場所に移動して日光浴はいかがでしょうか。

ビタミンDも作られるというし気持ちが晴れ晴れとしてきますよ。

 

そしてやっぱり食事ですね。

 

普段も気を付けてきたつもりですが、よりいっそう栄養のバランスに気を付けた食事を作るようになりました。

 

だってこれくらいしか個人でできることってないですから。

 

毎日しっかりした3食分を考える日々が続くとかなりしんどいのは確か。

作っても作っても次の食事がすぐにやってきます。

 

それにやるべきことは料理だけではありません。

 

できるだけ効率よく作ろうとまとめて作れるものは作っておいたりするのですが、すると「今作っているのは何ご飯(お昼とか夕食とかね)だったかな・・・」とかふと分からなくなることもあり。

 

なんだろうこれ。

 

少し気を緩めるとストレスの波が押し寄せてきそうです。

 

家族が元気でいれば全て報われるはず、毎日の食事がみんなの健康を作っているのは間違いないのです。

 

些細なことでイライラしないようにしよう。

 

そしてこんな時だからこそやれることもあります。

 

例えばこのブログ。

 

あまりお役に立てそうもない記事なんかをチェックして書き直したり。

油についてももう少し勉強できるだろうし。

 

発想を転換すればどんな時でも前向きになれる部分は残されています。

 

そこに気が付くかどうか。

 

ピンチはチャンス。

 

・・・と自分を鼓舞してみました。

 

保存食や非常食としてのアイスクリームは有りか無しか
保存食や非常食としてのアイスクリームは有りか無しか

「アイスクリームは腐らない」

 

こんな話を聞いたことがある人は多いと思います。

 

アイスクリームって賞味期限の記載がないんですよね。

 

確かに我が家にある某アイスクリームのパッケージを見ても「賞味期限」の記載はどこにもありませんでした。

 

当然「消費期限」もありません。

 

アイスクリームは品質が長期的にみてほとんど変化しない食品なので賞味期限の表示を省略してもOKとなっています。

 

こういった食品はアイスクリーム類の他にもチューインガムや砂糖、でん粉などいくつかあります。

 

ということはアイスクリームってある意味「保存食」もしくは「非常食」になるのではないかと。

 

アイスと言っても本当のアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスなどなど種類はいくつか分かれます。

ハーゲンダッツ(バニラ)の油脂成分を見てみる

 

とりあえず今はそういった細かいことは抜きにしてアイスと言っちゃいますが、アイスって割と高カロリーで栄養価もそれなりにありますよね。

 

非常食として各ご家庭の冷凍庫の底にでも忍ばせておくのは良いことではないかと思ったのです。

 

特に本物のアイスクリームは高脂肪でおすすめです。

 

普段は高脂肪・高カロリーは敬遠されがちですが、非常事態においてそれらは命を繋ぐのではないでしょうか。

 

アイスクリームを食べて生き延びよう!

 

ということで我が家ではアイスクリームを常にキープしておこうかと考えています。

 

ただし!

 

ちょっと考えただけでも問題点はいくつかありますね。

 

大きい冷凍庫があるご家庭はいいでしょうが、我が家の冷蔵庫は小さめで当然冷凍庫もあまりスペースがありません。

 

ですから数はかなり限定的なものにしないといけないでしょう。

 

しかも非常事態といえばライフラインは・・・。

 

そう、停電するとアイスは溶けてしまいます。

 

ですからアイスは停電したら真っ先に食べないといけないかもしれません。

 

たくさんアイスをストックしておくと、溶けるまでに大量にアイスを食べなくてはならなくなりお腹を壊してしまうかもしれないので要注意です。

 

まあその場合、食べきれない分の廃棄は仕方ないでしょう。

 

地域によっては冬なら外に出しておいてもすぐには溶けないかもしれませんね。

(ただしその寒い時期に暖房なしでアイスを食べれるかは疑問)

 

もう一つ、アイスは「-18度以下で保存してね」となっています。

 

これはそれ以上の温度になりますと雑菌が繁殖する恐れが出てくるということらしく。

 

家庭の冷凍庫は開閉が多く温度が一定ではない可能性もあります。

 

すると場合によっては温度の上がり下がりによって品質の劣化が思ったよりもすすんでしまうかもしれません。

 

また当然ですが食べかけのアイスはちょっと危険でしょう。

 

このあたりを考慮して保存食としてのアイスを家族一人当たり1~2個程度、冷凍庫の一番底にしまっておこうかな。

 

子供が発掘して食べてしまわないように注意しないといけませんけどね。

 

それと一応1年に一回くらいは新しいものにチェンジしておいた方がいいかもしれません。

 

それくらいなら保存状態がイマイチな家庭の冷凍庫だって十分いけそうですよね。

 

さすがに10年ものは劣化している可能性が高いです。

(マズそう・・・)

 

 

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ
賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

先日、避難グッズの入れ替えをしていました。

 

久しぶりにやってみてビックリ。

 

食料品の賞味期限切れてる・・・。

 

しかも切れっぷりが3年以上のものまで出てきました。

 

一年に一回の非常食の確認をしてきたはずなのですが、なんと各自が持って避難するためのリュックサックの中身をチェックするのを忘れていたのです!

 

有効期限が切れた薬やカイロも出てきました・・・。

 

そう、定期的に入れ替えをしていたのはクローゼットなどに備蓄してある非常食。

 

リュックの中身はやったつもりですっかり忘れていたのでした。

 

賞味期限切れの水やカロリーメイトが出てきましたが、とりあえず食べました。

(特に問題なかったです・・・おすすめはしませんが)

 

ところで各自が持って逃げる非常食、今までは水とカロリーメイト類を入れていたのですが、実はカロリーメイトってそれほど賞味期限が長くないんですよね。

 

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート

 

カロリーメイトのチョコ味の原材料や栄養成分

 

カロリーメイトの賞味期限は製造日より1年となっています。

 

でもお店で購入するとたいていそれより短い状態になりますよね。

製造日直後のものが店頭にあるとは限りませんから。

 

ですからもし1年に1回ほど避難グッズの確認をすると、たいてい半年くらいは平気で切れていたりする(笑)

 

もちろんそのくらいでは問題なく食べれるでしょうけど。

 

でもカロリーメイトは食べやすいし栄養もとれるから非常食として入れておくのはいいと思います。

 

ただもう少し賞味期限が長い方がありがたいというのが正直なところ。

 

ちなみに3年(製造日から3年)保存できる「ロングライフ」バージョンのカロリーメイトもあることはあります。

 

 

でもちょっと高いかな。

これなら小まめに通常版を入れ替えたほうがいいような・・・どうでしょう。

 

ちなみにカロリーメイトの原材料を見てもらえばわかる通り油脂成分として「食用油脂」が入っています。

 

どういった油脂かはちょっと分かりません。

 

もちろん非常食にそれほど細かいことを言うのもどうかと思いますが、できればオメガ3も欲しいですよね。

 

そう考えると缶詰ってかなり優秀と言わざるを得ません。

 

家に備蓄する食料としてもいいのですが、リュックサックなんかに入れて逃げる時の携帯食としてもすごくいいと思います。

 

今は缶切りがなくても大丈夫なガバッと開けるバージョンがほとんどなのでいざとなったら食べられない!なんて心配もありません。

 

缶詰のフタ

 

魚の缶詰はたくさんのオメガ3がとれるものがたくさんあります。

 

実は非常食でオメガ3はなかなか取れません。

 

でも魚の缶詰はならオメガ3もとれるし賞味期限もかなり長いし良いのではと思います。

 

ちなみに非常食の場合、通常食べるものと違ってカロリーも高カロリーの方がいいと思います。

 

ですからシーチキンなんかもノンオイルタイプのものよりもオイル漬けのものがいいかもしれませんよ。

 

でひ家庭で備蓄する食料だけじゃなく「逃げる」ための避難グッズにも魚の缶詰を一つ忍ばせてみてはいかがですか?

 

コンビニのお弁当などについてくるプラスティックの先割れスプーンなども一緒に入れておくと便利です。

 

魚の缶詰を備蓄の一つに加えてみよう!
魚の缶詰を備蓄の一つに加えてみよう!

いやあ、缶詰の真価を発揮する時がやってきました。

備蓄の基本やはっぱり缶詰ですかね。

 

みなさん魚の缶詰を持っていますか?

 

缶詰にも「ビスフェノールA」なんかの問題点があるのも事実。

でも今回の優先順位としては「それ」は省かないといけないかもしれませんね。

 

今後ずっとではなくある期間(事態が治まるまで)とみればやっぱり缶詰は本当に優秀なものだと思っています。

 

缶詰にも色々とあるので飽きがこないようにいくつかの種類の缶詰を購入しています。

 

フレッシュなフルーツが望めなくなった時のためにフルーツ缶。

これは子供も喜ぶと思いますね。

 

そしてなんといってもたんぱく質。

魚と肉。

両方とも缶詰ありますよね。

 

実は私、お肉の缶詰ってあまり買ったことありませんでした。

なんかあまり好みじゃなかったんですよね。

でも今回は牛肉とか焼き鳥の缶詰を買ってみました。

 

魚の缶詰は種類がとっても豊富です。

私はいくつもの種類の魚缶を常に備蓄しています。

 

魚缶は栄養満点。

貴重なたんぱく源というだけではなくオメガ3の量もすごいんですよ。

 

味付けがなされているので缶を開けてそのまま美味しく食べることができるのも魅力の一つですね。

 

でも缶詰の魚って結構味が似通っているもの。

そう、あの甘じょっぱい系の味。

 

それ自体は美味しいのですが飽きがきちゃうんです。

 

そんな時やっぱり重宝するのが「水煮」。

 

水煮は塩味でそのままでも美味しいのですが料理の材料としてもかなり使えます。

 

ですからライフラインは特に問題なく料理ができる状態で、ただ家に閉じこもっていなくてはならない時には水煮缶を使って違った味の料理にリメイクすると美味しいですよ。

 

トマトソースで煮込んだりするとかなり美味しい料理ができちゃうし、ハンバーグの材料にもなります。

 

子供達も喜んで食べてくれるんじゃないかな?

魚缶ってどちらかというと子供向きじゃないけど工夫次第でなんとでもなる!

 

とりあえずお肉もお魚も冷凍庫に入れられる分はストックしています。

でも意外とスペースないんですよ。

 

業務用くらいの大容量な冷蔵庫があるご家庭ならいいですけど、残念ながら我が家はごく一般的な冷蔵庫しかありません。

 

ですから冷凍できる分ってかなり限られてしまいます。

 

そこで缶詰。

 

こんな時はなんとも頼もしい存在です。

 

参考記事

非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう