カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
日本人はイイとこ取りでOKかも。地中海式食事とオリーブオイル
日本人はイイとこ取りでOKかも。地中海式食事とオリーブオイル

健康意識が高い方やダイエットを目指している方にはお馴染みの地中海式食事。

私もオリーブオイルが関係しているので注目しています。

 

でも地中海式食事を見てみると、ちょっとそのままをとり入れるのはどうかなと思うこともあります。

 

そもそも地中海式の食事が注目されたのは、アメリカのある教授の研究結果がきっかけ。

 

アメリカ、オランダ、フィンランド、ギリシャ、イタリア、旧ユーゴスラヴィア、そして日本の7か国の心臓病発生率と原因を調査しました。

 

すると、クレタ島(ギリシャ)が長寿で心臓疾患による死亡率が非常に低いという結果が出たことから地中海式の食事が脚光を浴びたということです。

 

地中海式の主な食事内容

・月に数回・・・肉

・週に数回・・・スイーツ・デザート、鶏肉

・毎日・・・魚、チーズ・ヨーグルト、オリーブオイル、野菜、豆類、ナッツ類、果物、パン、パスタ、米、クスクス、穀物・ジャガイモ

 

かなり大ざっぱですが、上記のような食材を上記のような頻度で食べるというもの。

これにワインを適量飲むというものになります。

 

これを「ピラミッド型の図」にしたものが有名ですね。

 

ざっと見て地中海式の食事は炭水化物をしっかりとる印象です。

そして魚やオリーブオイルをはじめとして、その他の多彩な食材により栄養バランスがとれている食事だと思います。

 

しかもスイーツ(甘味)までとってOKというのにダイエットにもなるという。

 

食材を見てもこの日本にいておおよそ手に入りそうなものばかりですから、忠実にこの通りにやろうと思えばできそうですよね。

(※実際の食材選択にはもう少し細かい指定があるようですので、実践したい方は専門サイトなどをご覧ください)

 

この地中海式の食事、日本人から見ても確かに良いところがたくさんあります。

 

何と言っても魚たっぷり。

 

地中海の魚料理

 

現代の日本人より食べてますよね。

これは魚をあまり食べなくなった日本人も見習いたいところですが、やろうと思えば日本人にも抵抗なくできるはずです。

 

また炭水化物をしっかり食べるということも日本人には合っているかなと。

 

炭水化物抜きダイエットもありますが、これは専門家についてしっかり指導してもらわないとかえって危険だと言われています。

そもそも日本人は炭水化物(米など)が合うのかなと思います。

 

ですが実際に実行しようとすると一般の日本人には馴染まない部分も出てきます。

 

私個人で言えば、乳製品を毎日とるのはちょっと・・・。

ナッツもそうですね。

 

しかも食事の時にワインを飲むというのもちょっと無理。

(ワインなんてお料理に使うくらいです)

 

そしてオリーブオイルについて。

 

私もこのブログでオリーブオイルをたくさん紹介している人間ですが、毎日オリーブオイルを必ずとるということに関しては実行していません。

 

オリーブオイルにも素晴らしいポリフェノールやオレイン酸などの栄養がたっぷり入っているのは認めますが、現在はオメガ3系オイルをより意識してとっています。

 

オリーブオイルをとる時は一日の油脂量を考えて臨機応変に調整・選択します。

 

もちろんどんなオイルをとるかということは個人によっても違います。

 

もし地中海式食事によって十分な魚を食べるようでしたらオメガ3(DHA・EPA)も足りるかもしれませんね。

 

どんなオイルをとるかというのは各自、自分の食習慣や体調を考慮しながら考えていくのがベター。

 

それでも本来は「オリーブオイルを毎日とる」というのがこの地中海式食事のメインテーマ」のような気もするので悩ましいところではありますが。

 

油の量とカロリーを考えると難しい人も多いでしょう。

だから地中海式ダイエットにオリーブオイルのサプリが注目されるのでしょうか。

 

地中海式食事の良いところをピックアップして日本人(さらには個人単位)に合わせたオリジナルな食事を作っていく。

 

私はイイとこ取りでもいいかなあと思ってしまうのですがどうなんでしょう。

 

日本人には日本人の風土に合った食べ物がある。

そこに地中海の良い部分を取り入れて日本風にアレンジする。

 

日本人の得意ワザかもしれません。

 

参考文献:オリーブオイル・ハンドブック/松生恒夫、鈴木俊久

 

参考記事

【おすすめ】オリーブオイルのサプリメント一覧

 

 

 

様変わりしてきたお正月料理で疲れた胃には油を控えて・・・
様変わりしてきたお正月料理で疲れた胃には油を控えて・・・

日本のお正月。

おせち料理が欠かせませんよね。

 

おせち料理には色々と意味がありとても縁起が良いものとなっています。

 

ですからできればそれらをよく知って日本人として子供達に伝えていきたいという気持ちもあります。

 

ですが最近はおせち料理もだいぶ様変わりをしてきました。

 

私が子供のころはまだまだ「The・おせち」って感じのランナップだったと思うのですが、最近のおせちは本当に色々とバラエティーに富んでいますよね。

 

そもそも本来のおせち料理って子供にとっては正直微妙なメニューが多いのも確か。

 

私が子供の時でさえも「おせちを食べるくらいならパンが食べたい」と思っていましたからw

 

おそらく他の子供にとってもそうだろうし、それならばと型にとらわれないものが出てきても不思議ではありません。

 

さらには「別におせち食べなくてもいいじゃん」派も多くなってきました。

 

とりあえず家族や親せきで集まって美味しい料理を食べるって感じでしょうか。

 

例えばうちの場合。

 

両親のところにあいさつをしに行って食事をいただくわけですが、たいてい子供(孫)の好みそうなものがずらっと並んでいるわけです。

 

ピザ

 

今回も二つの実家で、ピザ・ポテト・パスタ・肉料理などパンチの効いた油料理がてんこ盛りでした。

 

ただしふつうのおせち料理を完全に廃止したわけではないのでプラスアルファって感じでテーブルに並んでいます。

 

それはそれは圧巻の光景ではあります。

 

ただそうなると実際昔のお正月よりもさらに胃の疲れを感じることになるわけです。

 

大人だってついつい手がでちゃうわけなので結局食べる量も増えているのです。

 

だって本来のおせち自体はあまり油っぽいものはないはずなのです。

(もちろんご当地料理の中にはそういったものもあるでしょうが)

 

お酒を飲んだり食べすぎて胃の不調を感じることはあっても油によるもたれは以前はあまりなかったはず?

 

ところが現代のお正月はそうもいかない。

 

飲みすぎ・食べすぎに加えて油料理の胃もたれが加わるからもう大変です。

 

実際私も夫もお正月が過ぎるとお腹が疲れているのを感じます。

(子供だけ元気!)

 

もっとも痛い目にあうのはイヤなので食べすぎないように気をつけますけどね。

 

しかしまあそこでふつうは七草がゆなんでしょうけど。

 

あいにく我が家では作っても私以外は誰も食べないので、とりあえず油を控えた料理を数日続けることにしています。

 

そうこうしてだいたい1月10日を過ぎることになれば完全に普通の状態に戻ります。

 

おせち料理の様変わりにより、どうしても質の悪い油の摂取も増えてきますのでみなさんもご注意ください。

 

【コンビニのおにぎり】油入りご飯は美味しいけどその質が問題
【コンビニのおにぎり】油入りご飯は美味しいけどその質が問題

 

お米を炊く際に油を少し垂らすとふっくらつややかな美味しいご飯ができあがるのは本当です。

 

というのもお米によっては水加減を調整するだけではなかなか美味しく炊けないことがあるもの。

 

これは品種による違いや、ピカピカな新米と古くなったお米によっても大きな差がありますよね。

 

そんな私もお米を炊く時に油を入れてみたことがありました。

 

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた

 

更に別のオイルでも。

 

ご飯実験2~炊く時に亜麻仁油(アリーガ)を入れてみた

 

ちなみにエキストラバージンオリーブオイルも亜麻仁油も油の中では香りが強い方です。

 

精製して無味無臭となったサラダ油のようではありません。

 

ですが、この二つの実験ではそれぞれコクとうま味がプラスされたものの、それぞれのオイルの風味やクセが強く残ることはほとんどなく、ご飯がとても美味しくなりました。

(※入れる量によっては残るかもしれません)

 

ですからお米を炊く際に「油を入れる」というのは個人的には「あり」。

 

そもそも炊き込みご飯だって油揚げや鶏肉から油が出ているためより美味しくなるのだと思います。

 

ただしその油の種類や質は大いに問題にすべき。

 

そこで最近のコンビニのおにぎりやお弁当。

 

コンビニのおにぎりのイラスト

 

コンビニやスーパーで売られているおにぎりやお弁当などは添加物がたっぷり入っているのはよく知られたことです。

 

添加物はおかずや具だけではなくご飯そのものにも入っています。

 

その一つが油。

しかもどういった油が入っているのか全く分からないものばかり。

 

ですが実際にコンビニのおにぎりの原材料を見ても「油脂」らしきものが載っていないケースが多いのです。

 

おにぎりの原材料

 

でもそこにはカラクリがあって、複合原材料(ご飯を炊く際に使った油など)は規定量(5パーセント)未満の場合に記載を省略してもいいという基準があるため。

消費者庁「食品表示法等(法令及び一元化情報)~食品表示基準」参照

 

だから上記画像の「ご飯」の表記では「添加物が使われているのかいないのか」、「使われているとしたら何が」がよく分からないということ。

 

こういうパターンは何もご飯だけではなく、色々な製品の原材料をチェックしていると頻繁に見つけることができます。

 

ですが、上記でも書いた通りご飯を炊く時に油を入れること自体が絶対に「悪」だとは言い切れないんですよね。

 

もし油を入れないと、きっとおにぎりがパサパサに乾いてマズくなってしまうのかも。

 

もちろんこれは好みなので「油を加えたおにぎりなんて気持ち悪い」って人もたくさんいると思いますが。

 

ただ想像する限り、コンビニおにぎり等で使われている油の質は・・・。

 

もうお分かりですね。

 

結論はやっぱりコンビニ食より自炊ってことなんですが。

 

これがなかなかハードルが高い人がいるのも事実。

 

主婦の私でさえコンビニのお世話になることも皆無ではありませんから。

 

でも油の入ったご飯一つでも自宅で作った方が美味しいし、良い油をチョイスできるしでおすすめしたいと思います。

 

参考記事

原材料をチェックしても見えない油!結局自分で作るしかない?

 

 

ようやく油に関心を持ち始めた家族その1
ようやく油に関心を持ち始めた家族その1

良い油をとり悪い油を排除する。

 

こういってもかなり漠然としているし、何をどうやったらいいかなんて分かりませんよね。

 

少しでも勉強するとさほど難しいことではないと分かるのですが何も知らない人にとっては「良い油」と「悪い油」の区別はつかないでしょう。

 

うちの家族もそう。

 

とは言え私が数年前から色々と言っているので多少の知識はあるはずなのですが。

 

右から入って左に抜けているw

 

たぶん大切さとか身に染みていない。

重要視していないから私がやることには口出ししないものの、自分で気をつけようとかは思わないのです。

 

そんなこんなで過ごしてきたのですが、ある日夫が「マーガリンは本当に良くない油なんだって」と言いました。

 

は!?

 

これは朝食を食べていた時のこと。

 

白飯・味噌汁の和食メニューだったところを子供が「パンがいい~」と言って文句を言っていた時の一言でした。

 

私が過去何度も繰り返してきた言葉です。

 

その度にまさに「暖簾に腕押し」って言葉がぴったりな反応しかしていなかったクセに何今になって私に説明してんのこの人。

 

でもこれには実はわけがありまして・・・。

 

最近の会社(健康組合)で受けた健康診断でバッチリ「太りすぎ」注意が出てしまったのです。

 

そこで指導が入りまあ結論から言ってしまえばシンプルに「痩せなさい!」ということなんですけどね。

 

そこで食事制限(ダイエット)を開始。

 

やることはまず「炭水化物」を今までの3分の2くらいに減らすこと。

そして「油物にも気を付けて!」という指導だったようです。

 

そんなこんなで油にも関心を持ち始めたようです。

マーガリンのことは会社の同僚から聞いたとのこと。

 

私が過去に何度も言ってきたことはなかったことになっていますよ。

 

結局ね、会社のようなある程度権力があるところから言われれば本気になる(ならざるを得ない)ってことなんですね。

 

でもまあやる気になったことは良いことなので私もさらに協力を強化することにしたのです。

 

でも私に教えるような口ぶりで言ってきたので唖然としてしまいました。

心の中で多少悪態をつきつつ「そうだね」とだけ言っておきました。

 

とりあえず油に関心を持ったので良しとしましょう。

 

自分で意識が出てくると違ってくるもので昼食も今までは何も考えずに好きなメニューを食べていたようですが、最近はかなりヘルシーなものを選んでいるようです。

 

聞いてみると和食系(定食など)が多くなっているし、あっさりさっぱりしたものやご飯少なめにしてもらったなんて言っていることもあります。

 

そう、こういったことは毎日の積み重ねですから。

 

そんなこんなで2か月ほど経ったのですが、なんと4キロ痩せました。

 

正直こんな緩いダイエットで4キロ痩せるって、いったいどんな食生活を今までしてきたんだよっていう想いもあるのですが、でもまあ万々歳です。

 

まだまだあと5キロくらいはやせてほしい。

でもあまり急激はよくないですから半年から1年くらいかけてやってくれればと思います。

 

ちなみに間食(オヤツ)もかなり食べなくなったので加工菓子にほぼ入っている「見えない油」もかなり減っているんじゃないですかね。

 

正しい食生活にもどりつつあるということです。

(私も気をつけよう!)