カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記
いつかオメガ3系脂肪酸が害悪になることはあるだろうか
いつかオメガ3系脂肪酸が害悪になることはあるだろうか

かつて植物油脂はバターやラードなど動物油脂(飽和脂肪酸)にかわる油として脚光を浴びる時代がありました。

 

バターは体に悪いから「みなさん植物油脂に変更しましょう!」と。

 

そしてサラダ油が人気を得てリノール酸がもてはやされました。

 

で、今はというと・・・。

 

はい!見事に植物油脂は「ちょっと待てよ」ということになりましたね。

 

ここで誤解を生むといけないので一応言っておきますが、植物油脂の全てがダメなわけではありません。

 

亜麻仁油やえごま油はオメガ3系脂肪酸として積極的にとるように言われています。

 

また問題になっているリノール酸だって本来は「必須脂肪酸」なのです。

 

体内で作ることができないので外から(食べ物から)とらないといけません。

 

じゃあどうして?ってそれは量とかバランスの問題。

 

加工食品や外食など食の多様化によって現代の食生活があまりにもオメガ6(リノール酸)に偏り過ぎているのが問題なんですよね。

 

そのために現代人の体はさまざまな不調がもたらされるようになりました。

 

副作用を感じている人_image

 

でも今のオメガ3信仰というのでしょうか。

 

まあ私も多少そういった傾向があるのですが、あまり過度に信じすぎるのもどうかと思う時があります。

 

かつてのリノール酸だって今のα-リノレン酸みたいだった(?)のかは分かりませんが、時代時代で色々な気づきがあったりリスクが発見されたりする可能性は否定できません。

 

コレステロールなんて少し前まで諸悪の根源みたいに言われてきたけれど、最近ではそこまでではないし、卵は一日1個までなんて言葉はもはや死語!?になりつつあります。

 

じゃあ卵は何個食べていいの?ってことなんですが、2個、5個、10個、何個でもなんて色々な説がありますよね。

 

でもやっぱりこれって個人差もあるし、調子にのって無制限で食べればやはりいつかは何か思わぬトラブルが起きる可能性だってある。

 

それを考えると「オメガ3オメガ3!」と過剰に叫ぶのはちょっと考え物です。

 

特にサプリメントの場合は要注意。

 

確かにリノール酸過剰摂取の現代人にオメガ3は必要です。

 

でも無制限でオメガ3をとればいいってわけではない。

 

なかなかとれる食材が少ないのでいっそう価値が高まりますが、やっぱり一日の

の摂取量やオメガ6とのバランスを保つことが大事です。

 

あまりにも偏り過ぎて今度は「オメガ3は害悪!」なんてことにならないようにしたいものです。

 

 

オイルをギフトにする時は相手の好みや体調を気づかうべきかも
オイルをギフトにする時は相手の好みや体調を気づかうべきかも

私が子供の頃、お中元やお歳暮はサラダ油が主流でした。

 

母親は「必ず使うものだし一番ありがたい」というようなことを言っていたし、我が家から贈るものとしてもよくサラダ油を贈っていたと思います。

 

今でもサラダ油はギフトとして人気があるのでしょうか。

 

我が家はお中元やお歳暮に縁がない(贈ることも贈られることもない)のでちょっと分かりません。

 

ですが時代は変わり、サラダ油に対する人々の意識も変わってきました。

 

時にはサラダ油のセットをもらってもてあましている人もいるかもしれません。

 

そんなある日、ある友人の言葉。

 

「苦手なオリーブオイルをギフトでもらったけど何か使い道はないか」と。

 

一番良い方法は私にくれることではwとも思いましたが、さすがにそうもいかず香りがイヤなら濃い味の煮込み料理にでも使ったら?と、あまり参考にもならないような返答をしました。

 

オイルと言っても人によってその使い方や価値は大きく違います。

 

加熱調理のための材料として使う人。

 

調味料としてその風味を大切にする人。

 

健康のために味は二の次の人。

 

エキストラバージンオリーブオイルは調味料なんて言われるようにその風味が絶賛されていると思いきや、意外と嫌いな人もいます。

 

クセがあるとい言えば、オメガ3の亜麻仁油やえごま油。

 

風味だけを考えれば嫌がる人が多いですが、美味しいと感じている人もいます。

 

オメガ3系のように現代人には必要なオイルを「美味しい」と感じ摂取できれば一番いいですよね。

 

ですがいくら体のためとはいえクセの強いオメガ3系オイルです。

 

嫌いな人や価値を分かっていない人がそれを贈られたら最悪でしょう。

 

「あなたの健康を考えて贈った」と言われても、まあ身内でしたらそれも時にはアリでしょうが、他人に贈るのはちょっと考えもの。

 

加熱が不向きなオイルはその人が作る料理(のレパートリー)までを変えてもらわないといけなくなります。

 

ところでもしサラダ油がギフトの定番としての地位をまだ保っているとして。

 

もし健康に気を使ってサラダ油をいっさいとらない人が誰かからサラダ油を贈られたとしても、それは「無難な贈り物」だからだろうと一応納得するかもしれません。

 

そしてサラダ油を日常使っている知人に未開封の状態であげることもできるでしょう。

 

もっとも「自分は体に良くないから使わないのであなたにあげる」と素直に言うのも微妙ではあるのですが。

 

とりあえず最近はオメガ6(リノール酸)過剰摂取の害悪なんてものがずいぶん世間一般にも広がってきましたからね。

 

オイルを他人様に差し上げる時には、多少調査をして相手の食生活の傾向を知った上で贈った方が良い時代になったのかもしれません。

 

まあ一昔前は「植物油は体に良い」ということになっていたのでサラダ油は贈る相手の健康を気遣った思いやりのギフトだったのでしょう。

 

でも時代は変わった。

 

サラダ油は健康のためにはちょっと問題が出てきたし、オメガ3やエキストラバージンオリーブオイルは風味が強いため好みの問題があります。

 

相手の好みにピッタリマッチしたのなら、質の良い亜麻仁油やえごま油、そしてエキストラバージンオリーブオイルなどは最高のギフトになるでしょう。

 

もちろん私なら大喜びです。

 

 

メリットとデメリットは表裏一体~α-リノレン酸の体内変換の意義
メリットとデメリットは表裏一体~α-リノレン酸の体内変換の意義

α-リノレン酸の体内変換率が低すぎるという理由でDHAやEPAだけを集中して摂る人がいます。

 

でもやっぱり栄養ってメリットとデメリットの両方を持っていると思うのですね。

 

α-リノレン酸は人間の体内に入りEPA、そしてDHAへと変換します。

 

ですが全てが変換するわけではなく変換率は10~15%と思ったよりずっと低いのです。

やはり魚?αリノレン酸のDHA・EPA変換率は低すぎ?

 

こうなるとやっぱり変換のいらない魚油、つまりDHAやEPAをダイレクトにとった方が良さそうに思えてきます。

 

事実それは間違いないのでしょうけど、いやちょっと待てよと。

 

例えばα-リノレン酸はとらずに「魚油だけ(DHAやEPA)」を意識してとっている人がいるとします。

 

その人がリノール酸をたくさん摂取しているとしたら体内ではどうなるのかなと。

 

α-リノレン酸がEPAに変換する時に使う酵素とリノール酸がアラキドン酸に変換する時の酵素は同じもの。

 

つまり酵素の取り合い(拮抗)をしている状態です。

 

α-リノレン酸を全くとらないとリノール酸からアラキドン酸に変換し放題(!?)になってしまうのではないかって思うのですが実際はどうなんですかね?

 

それならEPAやDHAになれなくてもα-リノレン酸を摂取することによってリノール酸からアラキドン酸に変換する量を減らしてもらう

 

これってとても意味があるような気がしており、以前もそのような記事を書いたことがありました。

変換率だけでは語れない「α-リノレン酸」をとる利益

 

ほら、腸まで届く前に死んだ乳酸菌だって決して無駄ではなく善玉菌のエサになって働くと言うではないですか。

 

このように栄養ってたいていメリットとデメリットの両方を持っていると思います。

 

イイとこ取りしたサプリメントだって量が多ければ体にとってデメリットも出てくる。

 

結局色々なものを食べることによってお互いに欠点を補ったり悪いものをやっつけたりしているのかなと思います。

 

リノール酸、そしてアラキドン酸だって本来は体に必要な脂肪酸です。

 

でもアラキドン酸が多いと色々な弊害が出くるのはよく知られています。

 

その量が多すぎることで体内に炎症が発生し、生活習慣病やアレルギーに繋がっているのではと言われています。

 

これと相反する作用をするのがDHAやEPAであり、つまり炎症を抑えてくれるのですね。

 

ですが敵となる物質(この場合アラキドン酸)の量が多いと負けちゃうわけです。

 

現代人はリノール酸過剰摂取によりそのバランスが崩れている状態です。

 

・リノール酸をできるだけとらない

 

・α-リノレン酸をとる

 

・DHA・EPAをとる

 

リノール酸は必須脂肪酸ですが、ほとんど全ての自然な食材に含まれるので足りなくなることはないと言われています。

 

しかも現代食は圧倒的にリノール酸を摂取してしまう食べ物ばかりなので、意識してとらないくらいの方がバランスが良いかと思います。

 

ここで心配なのは、α-リノレン酸とDHA・EPAを両方とも積極的に摂っているとオメガ3の「過剰摂取」になるのかどうか。

 

どんなものでも「適量」があるのは間違いありません。

 

ただその割合(バランス)が崩れてしまうのが問題なんですよね。

リノール酸だってアラキドン酸だって決して悪者なわけではないはずです。

 

でももしα-リノレン酸とDHA・EPAを両方とるとしたらどの程度の割合でそれぞれとったらいいのかがよく分からないかな。

 

個人によっても違ってきますが、基本的な黄金比率とかあれば知りたいところです。

 

とにかく栄養にはそれぞれ役目(使命)というものがあります。

 

α-リノレン酸とDHA・EPAは同じようですがやっぱり微妙にその役目が違っています。

 

体に良いからと言って「ばっかり食べ」がダメなのも、思わぬ落とし穴を防ぐからとも言えます。

 

 

α-リノレン酸とDHA・EPAの両方を「適量」とる

 

 

あまり専門的なことは分かりませんが、それでもやっぱりα-リノレン酸の体内変換という現象は上記の点で無駄ではないないような気がしています。

 

そしてもちろん油だけではなくどんな栄養にも無駄なものってあまりなく、知らないところでちゃんと働いていたりするのでしょう。

 

 

サバ缶が10%値上げ!それでもまだまだ貴重なオメガ3源
サバ缶が10%値上げ!それでもまだまだ貴重なオメガ3源

先日、サバ缶が値上げするというニュースが飛び込んできました。

 

マルハニチロは1日、サバの缶詰(全33品)を約10%値上げすると発表した。9月1日の卸業者への納入分から引き上げる。健康志向を背景に昨年ごろからサバ缶の需要が急増し、原料となる国産サバの価格が高騰しているため。

出典:時事通信社

 

少し嫌な予感はしていたのですよね。

サバ缶が随分人気のようで・・・

 

今回のマルハニチロさんの値上げは10%。

 

「月花さば水煮」は一個270円から297円になるそうです。

 

 

 

天下のマルハニチロさんが値上げですと、他のメーカーさんも近々きそうですね。

 

魚の缶詰と言えば、サバの他にもイワシや秋刀魚、鮭なども人気がありますが、やっぱりサバはトータル的にNO.1だと思う人が多いようです。

 

私も一番購入していたのがサバ缶。

特に水煮はリメイク料理にも使えるのでとても都合が良いアイテムです。

 

またサバ缶はお手軽にオメガ3(DHAやEPA)をたっぷりとれるということで、最近は本当に人気でしたから。

 

料理の必要もなくそのまま食べられるということは、忙しい人や料理ができない人にとっては最強の食品ではないでしょうか。

 

例えば単身赴任のお父さん、忙しく食事が不規則になってしまいがちですがサバ缶(もちろん他の魚缶詰も)をまとめ買いしておけばかなり助かると思いますよ。

 

そんなサバ缶が値上げというのは、多少覚悟していたとは言えやっぱりショックだし残念ですよね。

 

それでも落ち着いてよく考えてみると、まだまだサバ缶を購入するメリットはたっぷりあると言わざるを得ません。

 

「月花さば水煮」は270円から297円、つまり27円上がりましたが料理の手間(時間)や調理にかかるコストを考えればまだまだ安いとも言えるのではないかと。

 

これでオメガ3をたっぷり摂取できるとすれば私はまだ購入回数を減らそうとまではいきません。

 

とは言え、そんなに頻繁に買っていたわけでもないですがw

 

でもイザという時の心強い味方である魚の缶詰、とりわけサバ缶です。

 

値上げは残念なニュースでしたが、おそらく今の健康志向の風潮は変わらなでしょうし、このまま更に伸びていくのではと思います。

 

願わくばこれ以上値上がりしてほしくはないですが・・・どうなるでしょう。

 

でも缶詰ですから保存期間が長い。

今のうちにまとめ買いをするチャンスです。