カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
備蓄していた古いお米を食べる時はオイルを入れてみて
備蓄していた古いお米を食べる時はオイルを入れてみて

みなさんのご家庭では今お米をどのくらい保管していますか?

 

我が家では3人家族であまりお米の減りもはやくないのですが、つねに多めに買っておく習慣ができました。

 

最近は地震も多いし世の中なんとなくザワザワ(心もだね)していますから、無意識にため込むことで安心感を得ようとしているのかもしれません。

 

5年保存アルファ米 など本当に長期保存できるものもあると思いますが、普通に買って食べる用のお米も多めにストックしておくのもいいですよね。

 

でもやっぱり時間が経過してしまったお米はパサパサ感が出てきてしまうことがあります。

 

実は友達との最近の会話でもこの話題になったので「オイルを少し入れて炊くといいよ~」と教えました。

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた

 

オイルだから当たり前といえば当たり前なんですが、本当にしっとりふっくらツヤツヤしたご飯が食べられるのです。

 

ただしあまり入れすぎるとベタベタしますから少し控え目くらいで一度確かめてみるといいかもしれません。

 

私はオリーブオイルが一番いいですが家にあるオイルならどんなものでもいいと思いますよ。

 

あまり香りが強いものはおすすめしませんが、一度亜麻仁油で炊いてみた時でもそれほど違和感はありませんでしたから。

 

オイルはあまり加熱しない方がいいので、あえて言うなら熱に強いタイプのものの方がいいかもしれませんね。

 

備蓄って本当に大切ですが、やっぱり味の面は二の次になってしまうもの。

 

もちろんそれは仕方ないのですが、期限切れになった非常食を家族はあまり食べてくれないし(涙)、私が孤独にもくもくと消費しているとちょっともの悲しさがあるものです。(もちろん使わないで済んだ安堵感もあるにはありますが)

 

以前少し書いたのですが非常食用の缶詰が次々と切れ始めて食べるのに精一杯。

 

魚缶をもくもくと食べるのはちょっとしんどいので卵とじにしてご飯に乗せて食べたりしています。(それでも飽きる)

 

多少期限が切れても問題なしと思ってゆっくり食べるようにするか、もしくは本当に計画的に期限間近のものを食べていくかしないといけませんね。

(ズボラな私はいつも切れてから発見するタイプ)

 

またお米の場合、白米としてそのまま食べるのではなくピラフやチャーハンにしてしまえばなんら問題なく食べることはできます。

(むしろ少しパサパサしていた方が美味しくできるw)

 

ただ何十キロもある場合、毎日チャーハンというわけにもいきませんからやっぱり白飯を美味しく食べれるということが大事になってくるかと。

 

そんな時はぜひオイルを少し垂らして炊いてみてください。

新米ほどではないにしてもちょっとビックリするくらい美味しくなりますよ。

 

 

 

なんだか世の中ザワザワする

何だか最近、世の中の流れがはやいですね。

 

健康に気を使って日々平常心で生きているのは変らないのですが、なんだかニュースを見ていると日本も世界も色々と動きすぎじゃないかって思えてきます。

 

オリーブオイルもオメガ3も気軽に手に入らない世の中になるんじゃないかって。

 

経済的にも情勢的にもちょっと不穏というかきな臭い感じがする。

 

あまりこのブログで取り上げることじゃないなと思っていたのですが、なんだかザワザワするんですよね・・・。

 

気のせいだといいのですが。

 

とにかく日常をおくれるということがいかにありがたいことなのかって、最近ひしひしと感じるわけです。

 

そんな中でもやっぱり健康でいることって本当に大事だと思っています。

 

気持ちが不安を感じているときって体にもあまり良い影響が出ません。

心と身体は連動しているものですから。

 

割とポジティブ思考でブレない私ですが、最近のザワザワ感はふとした瞬間に訪れてコントロールしきれていません。

 

そこで「これはもうこれで仕方ないな」とあきらめることにしました!

(この辺がポジティブなのかお花畑なのか・・・)

 

結局考えるなと思っても私の潜在意識的にゆるしてくれそうもないので、考えることは放ったらかしにして、とりあえず体調だけは崩さないようにしたいと思っています。

 

体だけは元気でいよう。

 

そのうちきっと心もおいついてくる。

 

世の中がどんなことになろうとも自分は自分で生きていく。

 

そうします。

 

 

魚缶を食べた後の食洗器の臭い、厳しい・・・
魚缶を食べた後の食洗器の臭い、厳しい・・・

最近、またまた缶詰の賞味期限が切れ始めました。

 

切れたものは主に魚の缶詰とみかんの缶詰。

どちらも非常食用です。

 

みかんの缶詰は普段食べないのですが、子供が好きなので非常時の精神安定のために2つ3つ常備しています。

 

魚はさんまやイワシの缶詰が数個切れておりました。

 

ということで新しい缶詰を追加しつつ賞味期限切れした缶詰を日々消費しています。

 

ちなみに魚缶、非常時の栄養補給としてもDHAやEPAを効率よくとれるものとしても重宝されています。

 

缶詰ならではの問題(BPA)もあるにはあるけど、「非常時」と考えるとそんなことはあまり問題にならないだろうし絶対に少しは家にあった方がいいですよね。

 

そんなこんなでここしばらくは、缶詰を週に1回くらい食べております。

 

で、今日はそんな話から少し外れるのですが(いや延長線かな)、魚缶の臭いについてです。

 

魚はそもそも魚臭いわけですw

 

でも生の魚と焼き魚と煮魚と魚缶と、共通していても少しずつニオイも違ってくるように思います。

 

魚缶の臭いはその中でも独特で強いニオイを放ちます。

 

ある日、サンマの醤油煮をお皿にうつして食べておりました。

 

美味しく食した後、そのお皿にはDHAやEPAであろう油が浮いたお醤油ベースのタレがかなり残されておりました。

 

本当ならオメガ3補給のためにそれもしっかり食べる(舐める?)方が良かったのかもしれません。

 

ところが私は何気なくサラッと水で流し、その後食洗器に入れてしまいました。

 

そうして他の食器とともにガラガラと洗ったのですが・・・。

 

終了後、食洗器を開けてお皿を片付けようとすると、なんとものすごい魚臭!

 

悶絶。。。

 

もちろん犯人はサンマ缶。

 

というより食洗器に皿を入れた私ですかね。

 

食洗器を開けるとぷわーんとするので食洗器をしっかり洗浄しましたが、そのニオイは3日ほど食洗器の中からほのかに香りました。

 

すごいね魚缶。

 

これからは使ったお皿は食洗器には入れずに手洗いしたいと思います。

(もちろん缶もしっかり洗います!)

 

 

良い油を自給自足できたらいいのに・・・(つぶやき)
良い油を自給自足できたらいいのに・・・(つぶやき)

野菜を作る。

 

ある程度庭が広い人なら家庭菜園を行うことができるし、庭がない人でもベランダくらいのスペースがあれば全部は無理でも何かしらの野菜を作ることができます。

 

全くスペースがなくてもキッチンで作れる野菜もある。

ああレンタルで土地を借りて野菜作れば自給自足に近づきますね。

 

野菜は素人でもやる気さえあれば何かしら作れるような気がする。

(もちろんプロのようにはできない)

 

私も今までほんのちょっとの野菜は作ってきました。

トマト、ブロッコリー、トウモロコシ、きゅうり・・・。

 

で、一応できた。食べられた。

美味しかった。

(美味しく感じた)

 

だからこれからもきっとできると思っている。

 

それと比べるとやっぱり油はハードルが高いなあ・・。

 

いや、そもそも油は「搾る」という作業がある。

 

素材をなんとか作っても(トウモロコシとかオリーブとか)、搾るのも手間と技術が必要。

 

しかもごく少量の油しかとれないでしょう。

 

でも新鮮でフレッシュな(意味同じ・・)油をグイっと朝飲みするのが夢なんですよね~。

地産地消!いつか自分で育て搾ってみたいのだ

 

まあ飲みたいのはオリーブオイルであってオメガ3ではないのですが。

 

でもオメガ3も新鮮なことがとっても大事で朝飲みしなくても自分で作ることができればそれはもう最高で。

 

油は鮮度が命。

 

体にとって必要不可欠な油を自給自足できるようになりたいなあ。

毎日搾りたての油をとる。

 

これもしかして最高の贅沢ではないだろうか。

 

一人では難しいかなやっぱり。