カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
美味しいと感じるオリーブオイルが本物とは限らない
美味しいと感じるオリーブオイルが本物とは限らない

先日、二人の友人と世間話をしていたところ、偶然オリーブオイルの話になりました。

 

私は最近オリーブオイルの勉強を少しずつしている人間ですから、内心「お!何か良い情報が出るかも・・・」なんて思っていたのですが、二人はあまりオリーブオイルに関して詳しいようではありませんでした。

 

「オリーブオイルってさ、なんか薬臭いんだよね・・・」

 

どうやら、どこかのイタリアンレストランで食べたオリーブオイルがマズかったらしくかなり不満を感じたようでした。

 

「うん、わかる。私もガソリンっぽいなあって思ったことあるもん」と、もう1人。

 

そして二人が出した結論は、日本の某メーカーから出ているとあるオリーブオイルが一番美味しいよね・・・というものでした。

(二人にさっさと結論を出され口出しできなかった小心者・・・)

 

〇と×

 

その(エキストラバージン)オリーブオイルは私もよく知っているのですが、本物かどうかちょっと疑っているものでした。

 

でもこの2人のことを決してバカにできないとも思うのです。

 

友人がレストランで食べた不味いオリーブオイルが本物だったか偽物だったかどうかは知る由もないですが、実際に美味しいと感じるオリーブオイルって、素人的には本物か偽物かの議論とはまた別の話かもしれません。

 

不味いと感じるオリーブオイルが本物で美味しいと感じるオリーブオイルがニセモノのである可能性だってあるのです。

 

好みというのは個人個人によっても違うし国によっても違うかもしれません。

 

何かの情報で、日本人は風味が強くないマイルドなオリーブオイルを好むという調査を見たことがありました。

(ソースは不明)

 

でもそれも一つの答えです。

 

よほどかび臭いとか万人共通の不快さがあれば別でしょうが、ソムリエでもない限りそのオリーブオイルが本物か偽物かなんてなかなか判断がつきません。

 

だからこそニセモノが横行するのでしょうけど。

 

また逆に「エキストラバージンオリーブオイルとはこういうものなんだ」ともっともらしく言われれば「なるほどそうなのか・・・」と信じてしまうものでしょう。

 

そして自分が本当に美味しいと感じる正直な好みに蓋をして「本物とはこういう味」と納得してしまうでしょう。

 

私がこの記事で紹介したエキストラバージンオリーブオイルに関しては、美味しいと感じなおかつ本物だと思って紹介していますが、私もソムリエではないので保証することはできないのです。

 

要はエキストラバージンオリーブオイルの業界がニセモノに汚染され過ぎているのが問題なのですよね(笑)

 

そしてちょっと安心できないニセモノもあるのが困るところです。

(別にオリーブオイルだけの話ではないですが)

 

誰もが本物を確実に購入できるようになれば、好みと栄養やメリット、価格を単純に考慮して素直に自分の意志で選べばいいだけなのです。

 

そうすれば「私は味よりもこういったメリットがあるからオリーブオイルを買うんだ」とか「自分が美味しいと思ったんだから別にいいでしょ!」って大声で言えるのですが。

 

それができないって、なんだろう・・・。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

 

緊急事態宣言が解除されても食生活は変わらず
緊急事態宣言が解除されても食生活は変わらず

やれやれ。

 

ようやく解除きましたね。

全国のみなさんお疲れ様でした。

 

もちろんだからって半年前の生活が戻ってくるかと言えばそうじゃない。

これからもマスクに消毒、手洗いは・・・まあいつも通りかそれ以上。

 

とは言え気持ち的には少し軽くなったのは確かです。

決して油断ではないのですがなんとなくね。

 

ちゃんと対策して買い物(スーパーじゃなく)にでも行こうかな。

 

そんな中、変わらないことがあります。

それが我が家の食生活。

 

今までだって健康に気を使った食事を作ってきたつもりですが、この数か月は良い意味でヤバかった。

おかげで(かどうかは分かりませんが)家族みんな鼻水一つ垂らさなかった。

 

これからの世界(いや今までもそうだったけど)、第一に「生命」の維持と健康を考えないと。

 

経済も本当に大事だとは思うのですがやっぱり命あってのお金や暮らしだということは絶対的な事実なので、そこの順番を間違えることはできません。

 

よく今回の騒動は大げさすぎとか何かの力が加わって騒ぎ立てているだけという人がいますが。

 

その辺は一般の人間には突き止めることができない問題。

色んな噂を聞いて私も色々と調べてみましたよ。

でも絶対に真実だと言える証拠をどうやって突き止めろと?

 

たしかにヒステリックになったり過度な恐怖をあおったりはするべきではない。

不安や恐怖があると何かに付け込まれてワタワタしてしまう。

 

でも人間が、というか生物が生物である以上その命を健全に維持し全うしようとすることは自然の法則に従っていると思うのです。

 

だから私はまずそこだけはデンと構えてしっかりとやりたい。

今回のような騒動があろうとなかろうと損はしないはずです。

 

菌だろうがウイルスだろうがはねつけれるように。

もしくは共存していけるだけの頑丈な肉体的パワーを持っておく。

 

乗っ取られないこと。

主役は自分。

身体は誰かや何かに治してもらうのではなく自分で守り治すというシンプルさ。

 

これが予想外のことが起こった時に一番の強みになるんじゃないかなと。

自信にもつながって心もある程度強くいられるような気がします。

 

身体と同じように心も強く。

すぐに踊らされたりパニックになったりしないように。

 

でもこの世界で生きていくにはやっぱりこの身体が必要なわけで。

生命の維持ということを考えるならばやっぱり食事・食べ物は外せないのです。

 

これからも毎日しっかりと健全な肉体を維持できるように食事には気を付けていこうと思います。

 

そのうえでウイルスちゃんがお邪魔してきても「どうしたの?うちは居心地悪いわよ。痛い目にあいたくなければよそあたって」と言えるように。

(いやよそ行くのもマズいんじゃ・・・)

 

もしくは「いたいならいてもいいけどちゃんと仲良くしてよね。相侵さず。じゃなければ容赦しないよ。」と言えるような身体を作っておこうと思いますよ。

 

強い身体と強い心。

 

今まで不摂生していた人も改めて考えるよい機会になったのではないでしょうか。

 

第二派・第三派が来るかどうかは私には分かりません。

でも来ても慌てないように準備する時間は与えられたと思っています。

 

あとはやるかやらないか。

(ところで学校のオンライン化は進むのかね・・・)

 

一度使った油を捨てるか捨てないか
一度使った油を捨てるか捨てないか

一度使った油を捨てますか?

 

それともとっておいて何度か使いますか?

 

私は基本的には一度で捨てるのですが、揚げ物のように大量に油を使うことが多いご家庭は毎回捨てていたらかなりの出費になると思います。

 

私が毎回捨てるのも揚げ物の回数がかなり少ないから。

 

捨てる理由はやっぱり「酸化」が原因です。

 

油が酸化すると「過酸化脂質」という物質が発生します。

 

これが人体にとって害悪と言われているのですが、酸化を完全に防ぐことってたぶん無理でしょう。

 

購入してきた油を一度開封したらもう酸化は始まるだろうし、一度に全部使い切るなんてことは一般家庭では現実的ではありません。

 

しかもうちの場合、揚げ物と言わず油自体を毎日使わないので一度使った油を再利用するために保管しておいても次いつ使うか分からない(!?)って感じ。

 

そなるとさすがにちょっとマズイですよね。

するとやっぱり捨てることになる。

 

捨て方はもちろんそのまま流したりはせずにしっかり対応していますよ!

家庭で出る食用油の廃棄方法(捨て方)おすすめはどれ?

 

油を捨てる時、確かに「もったいないなあ・・・」って感じることは多々あります。

 

でも一度揚げ物でもするものなら色だって変わるし・・・。

これってやっぱり酸化しているってことだよね。

 

そんな私ですが、子供のころ我が家では油を何度も使いまわししていました。

 

キッチンの下の扉の中には油を入れておくポットのようなものがあり、母親は一度揚げ物をした油をそのポットに入れて保管していました。

 

何度使っていたのか、捨てるタイミングはいつだったのかは全く分かりません。

(今度聞いてみようなかな・・・)

 

しかも使いまわした油って胃もたれしやすいです。

色々な食べ物の臭いが移って独特ですし。

 

割と味覚が敏感だった私は上記のことが原因か揚げ物が好きではなかったのです。

 

でもお母さんが作ってくれたご飯を「食べない!」とは言えません。

(さすがに子供心にも罪悪感はある)

 

とにかく私はこんな感じで酸化した油をたくさんとって成長した人間ですw

 

余談ですが一昔前なんてサラダ油をお中元やお歳暮に大量にもらう時代でしたもの。

 

「絶対使うものだからありがたい」とよく母が言っていました。

(子供は嬉しくないけどね)

 

そういう安いサラダ油を何度も使いまわして作っていた料理を食べてきた過去。

 

月日は流れ油に対する考え方も変わってきて現在に至ります。

 

とりあえず正論を言ってしまえばやっぱり一度使った油は捨てた方がいいとは思います。

 

でも各ご家庭で色々と事情が違いますからその辺は自己判断ということになるのでしょうけど。

 

ところで質の高い油を購入して使いまわすのと、安い油を購入して一度で捨てるのといったいどっちがいいのだろう・・・。

 

もちろん質の良い油を購入して一度で捨てるのが一番なのは分かっていますが、そんなことしていたら油代だけで月の食費がパアになりそう。

 

高い油は揚げ物なんかに使えません!

だから安いサラダ油を買うんでしょっ!

 

・・・ってところに落ち着くのも無理ない話でしょうか。

 

本当は揚げ物をやめるだけでもずいぶん違うのでしょうけど。

 

現代人には酷な話でしょうか。

 

一日3食手作りな日々
一日3食手作りな日々

自粛生活の中で何が一番困るって、やっぱりご飯の用意でしょうか。

 

特に昼食。

 

普段は仕事や学校に行っているはずの家族が家にいれば当然作らないといけません。

 

自分一人だったらなんとでもなる。

残り物を片付けるのに昼食は良いタイミングですし、自分が仕事の時だってお弁当には残り物を入れればなんとかなっていたのです。

 

だから普段なら朝食と夕食を軸に考えていけば良かったメニューを朝・昼・晩の三食を柱として考えなくてはならなくなってしまったわけで。

 

ましてや3日に1回の買い物で食料を買いだめしなくてはならないこともあり、かなりしっかりと計画を立てて準備しないと「ああ今日の食事どうしよう~」と慌てたり途方にくれたりすることになります。

 

もっともこんなことで悩むくらいはまだ幸せな方だということも分かっているのですけどね。

 

しっかりした食事を食べてとにかく健康を維持しなくてはならないという使命!?があるので何かと悩んでしまう日々です。

 

こういったことを器用にサクサクやれる人が羨ましいわ。

 

私も割と冷蔵庫に残っているもので適当な料理を作ったりするのは得意だと思っていたのですが、今回はちょっと苦戦する日々が続いています。

 

子供と夫は最初は「今日のお昼何?」って聞いてきました。

 

でもどうもそういったことも言ってられない状況を察知してか、後半は「なんでもいいよ」と言ってくれるようになりました。

 

また休日には昼食かもしくは夕食作りを代わってくれたことも。

 

ただし「あれがない、これがない」と作りたいメニューと材料を照らし合わせて四苦八苦していましたけどね。

 

うん、今までだったら材料が切れていたらちょっとそこまで気軽に買いに行っていましたがそれもできない。

我が家ではかなりしっかりと買い物のペースを守っていましたよ。

 

なのでないモノは仕方がない精神でやっています。

まあ何かしら食べられるものはできるものです。

 

そうそうビタミンDを補うためにきくらげを買うようになりました。

きくらげをごま油で炒めると美味しい!

 

前にも一度書きましたが私はきくらげをあまり献立に入れてこなかったのですよね。

でも今回のことできくらげにかなり注目しているのですが美味しいですこれ。

 

ビタミンDは油と一緒が栄養的にいいようです。

あまり手の込んだものに挑戦はしていないのですが、手軽でも栄養のバランスだけはしっかりととっていきたい。

 

最近は感染者の数がだいぶ減ってきています。

 

もう少し、もう少しの辛抱だ。

いやいや、新しい生活習慣を継続していかないといけませんね。

 

気を引き締めていきたいと思います。