カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
バナナたっぷり冷凍しました~青汁とオイルを入れてスムージーを作る
バナナたっぷり冷凍しました~青汁とオイルを入れてスムージーを作る

バナナを4本分冷凍しました。

バナナってすぐに真っ黒になるし買い置きにはあんまり向いていないですよね。

 

でも買っちゃいまして・・・。

私が食べたかったから。

体を冷やすと言われるバナナですが栄養あるし夏にはいいと思っています。

 

しかし案の定というべきか誰も食べない。

いらないって・・・。

 

私が1本食べたのですがさすがに5本(一房)を食べきる気がしないので今回は残りの4本を冷凍しました。

 

実は我が家には青汁があります。

粉末・スティック状のものです。

 

非常食というか野菜が買えなくなった時のためにと思って1年前くらいに買っていたものですが、そろそろ消費した方がいい時期になりました。

 

そこで今回はバナナと青汁に好みのオイルをほんの少し垂らしてスムージーにしようかと思いました。

 

スムージーにすれば家族みんなバナナ食べてくれるし。

(なかば強制!?)

 

いやバナナって嫌いな人にとってはあのねっとり感とかボヤっと感とか甘味とかがイヤだったりすると思うのです。

 

うちの子供とかまさにそうだし。

それに黒くなってきた時のぶよぶよ・ボワボワ感も嫌がりますよね。

 

ですがバナナを冷凍するとそんな感触がかなり緩和されます。

いや美味しいですよ。

うちの子も食べられるから本物だと思うw

 

冷凍したバナナ

 

冷凍する時は私は1~2cmくらいの厚さの輪切りにしてラップで包みジップロックに入れておき食べたい分だけを取り出して食べます。

 

そのままシャーベットのように食べても良し!

 

でもスムージーに入れるのもかなりおすすめです。

使うのは牛乳でも豆乳でもお好みで。

 

オイルはもちろん入れなくてもいいのですが、おすすめするのはオメガ3系を手軽に摂りたい方。

クセのありがちなオメガ3系オイルはスムージーに入れると美味しくいただけます。

 

それはそうと箱買いしていた青汁を消費したからまた買っておこうかな。

(野菜、高騰しそうだしな・・・)

 

今後世界がどういった状況になっていくのかよく分からないのでやっぱり日持ちのするものはある程度は備蓄しないとですよね。

 

まああまり神経質になったり怖がりすぎるのも良くない。

(うん絶対そうだ!)

やることやったら後はのんびりまったりと過ごす。

 

そんなこんなで冷凍バナナのスムージー、良かったです。

(家族で飲みました)

 

もちろんバナナじゃなく他の果物でもOK。

あまりものでもお好みのものでもお好きなものでお試しください。

 

参考記事

甘酒とキウイとオメガ3の強力栄養スムージーで夏バテ撃退

 

 

 

油脂など余計なものが入らないフランスパン~そのままを味わう
油脂など余計なものが入らないフランスパン~そのままを味わう

フランスパン、みなさんはお好きですか?

 

硬くてしっかりした食感のフランスパン、あの長いパンを想像しますが実は色々な形のものもあるし、名前も色々ついていたりよく分からない人もいるのではないでしょうか。

 

「フランスパン」というのは日本で使われている名前。

フランスでは「パン・トラディショネル」。

ウィキペディアより

 

小麦、塩、水、イーストだけで作ったパンの総称です。

 

フランスパンという大きな分類の中に、バゲット、バタール、クッペ、エピなど日本でもお馴染みの名前のパンがあります。

 

これらは(基本的には)材料は同じ、その形や重さの違いによって名前が付けられているようですね。

 

フランスパンの特徴は何と言ってもその食感。

 

硬くて噛むのも一苦労(!?)、しかしバリッとした食感や小麦の味わいを楽しむのならフランスパンの右に出るものはありません。

 

一生懸命噛み切って咀嚼した時にジュワッと広がる美味しさ。

 

私はフランスパンが大好きです。

 

ですがご年配の方などにはちょっと厳しい場合もあるかな?

(あまりムリせずに)

 

私としてはぜひ子供にこそフランスパンを与えると良いのではと思っています。

 

顎の発達にも一役買うでしょう。

 

そして何と言っても余計なものが入らないこのシンプルさ。

 

他のパンにはほとんど入っているであろう砂糖、卵、乳製品、そして何といっても油脂が入っていません。

 

バター、マーガリン、ショートニング、そして種類が不明の「植物油脂」。

 

実は「見えない油」の宝庫がパンなのです。

 

加えてサンドイッチなどのお惣菜パンの油の量なんてもう未知数。

 

美味しいのは同意しますが「見えない油」にはやっぱり注意が必要ですね。

(たまに食べるならOKかな?)

 

ところで最近はフランスパンという名前がついていても実際には油脂が使われているものもあります。

 

市販のものなど。

 

フランスパンとなっていてもあえて色々とバリエーション豊富なものになっていたりするものも多いです。

 

分類的には和菓子となっていても油たっぷりの和洋菓子だったりするような感じに似ているでしょうか。

 

今は本当に色々な形態のパンが売られていて、メーカーさんやパン屋さんオリジナルのものがとても多い時代。

 

フランスパンは油が入っていないという固定観念を覆すものもたくさんあるはあるはずですから、「ちょっとこのパン怪しい・・・」と思ったら念のため原材料のチェックをすることをおすすめします。

 

さてフランスパンのおススメの食べ方ですが、これはもう「そのまま食べる」。

 

もちろんカットして上にトマトのせてオリーブオイルを・・・っていうのも美味しいのですが。

 

フランスパンの本当の味を楽しみたいならやっぱり何もしないことが一番かなと。

 

少しだけオーブン(トースター)で焼いて食べれば、もう香ばしさ満点で最高です。

(焼きすぎると歯茎を怪我するくらい硬くなったりするので注意)

 

そのためにもフランスパンを購入する際にはぜひ「質」にこだわってみてください。

きっと近所のパン屋さんにも素晴らしいフランスパンがあると思いますよ。

 

ちなみに私のお気に入りは「VIRON」と「ブランジェ浅野屋」。

 

VIRONのバゲット・レトロドール

↑VIRONのバゲット・レトロドール、数分リベイクして・・・

 

とは言っても両方とも歩いて帰るほど近所ではないので時々といった感じですが。

 

この塩味のバランスと噛みしめた時にあふれる小麦の風味がたまりません。

 

ちなみにうちの子は口内を怪我しました・・・。

素晴らしいハードな食感、少し気を付けてお楽しみください。

 

 

 

魚の缶詰を備蓄の一つに加えてみよう!
魚の缶詰を備蓄の一つに加えてみよう!

いやあ、缶詰の真価を発揮する時がやってきました。

備蓄の基本やはっぱり缶詰ですかね。

 

みなさん魚の缶詰を持っていますか?

 

缶詰にも「ビスフェノールA」なんかの問題点があるのも事実。

でも今回の優先順位としては「それ」は省かないといけないかもしれませんね。

 

今後ずっとではなくある期間(事態が治まるまで)とみればやっぱり缶詰は本当に優秀なものだと思っています。

 

缶詰にも色々とあるので飽きがこないようにいくつかの種類の缶詰を購入しています。

 

フレッシュなフルーツが望めなくなった時のためにフルーツ缶。

これは子供も喜ぶと思いますね。

 

そしてなんといってもたんぱく質。

魚と肉。

両方とも缶詰ありますよね。

 

実は私、お肉の缶詰ってあまり買ったことありませんでした。

なんかあまり好みじゃなかったんですよね。

でも今回は牛肉とか焼き鳥の缶詰を買ってみました。

 

魚の缶詰は種類がとっても豊富です。

私はいくつもの種類の魚缶を常に備蓄しています。

 

魚缶は栄養満点。

貴重なたんぱく源というだけではなくオメガ3の量もすごいんですよ。

 

味付けがなされているので缶を開けてそのまま美味しく食べることができるのも魅力の一つですね。

 

でも缶詰の魚って結構味が似通っているもの。

そう、あの甘じょっぱい系の味。

 

それ自体は美味しいのですが飽きがきちゃうんです。

 

そんな時やっぱり重宝するのが「水煮」。

 

水煮は塩味でそのままでも美味しいのですが料理の材料としてもかなり使えます。

 

ですからライフラインは特に問題なく料理ができる状態で、ただ家に閉じこもっていなくてはならない時には水煮缶を使って違った味の料理にリメイクすると美味しいですよ。

 

トマトソースで煮込んだりするとかなり美味しい料理ができちゃうし、ハンバーグの材料にもなります。

 

子供達も喜んで食べてくれるんじゃないかな?

魚缶ってどちらかというと子供向きじゃないけど工夫次第でなんとでもなる!

 

とりあえずお肉もお魚も冷凍庫に入れられる分はストックしています。

でも意外とスペースないんですよ。

 

業務用くらいの大容量な冷蔵庫があるご家庭ならいいですけど、残念ながら我が家はごく一般的な冷蔵庫しかありません。

 

ですから冷凍できる分ってかなり限られてしまいます。

 

そこで缶詰。

 

こんな時はなんとも頼もしい存在です。

 

参考記事

非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう

 

 

近ごろ胃もたれが辛いために天ざるを食べない
近ごろ胃もたれが辛いために天ざるを食べない

私の好物に天ざるというものがありますw

 

えび、なす、ししとう、舞茸などなど。

考えただけで食べたくなります。

 

私、麺類といえばとにかくお蕎麦が好きなのですよ。

で、天ぷらも好きなので外食(ランチ)などでよく天ざるを注文しておりました。

 

最近は自粛生活で外食もままなりませんが先日久しぶりに外食する機会があり・・・。

嬉々として天ざるを注文しました。

 

暑い時期になると余計に冷たいお蕎麦をつるつるっといただきたくなりますよね。

で、おともとして天ぷらがまた実に美味しいのです。

 

もちろん大変おいしくいただき満足して帰宅したのですが、その数時間後、どうにも膨満感がとれません。

 

夕食にひびいてしまいました。

 

これ、単に年齢が原因じゃない(40代後半になります・・)のか。

 

でもなぜなのか、トンカツをガッツリ食べてもほぼ平気です。

同じ油ものなのに・・・。

 

天ざるや天丼を食べると胃もたれが来てしまうというと、やっぱりあれか、トンカツはキャベツがポイントなのでしょうか。

 

真相は分からないままですが私は好物の天ざるを食べるのが最近少し怖くなっております。

 

油物をたくさん食べるわけではない我が家、もしかしたらあまり慣れていないのかな。

でもそれだとトンカツでもなるはずだし・・・うーん分からん。

 

天ざるってわざわざ天ぷらを揚げてまで家では作りません。

よって天ざるを食べる時はほぼ100%外食。

加えて私の中では天ざるはランチであり決して夕食といった感じではないのです。

 

なので当面は天ざるを食べることもなくなりそうです。

ちょっと寂しい。

 

家では・・・というと、もっぱら素麺を食べています。

 

氷を入れた素麺をさっぱりつるつる・・・。

小口の青ネギとすりおろしたショウガを薬味に油とは無縁で食べております。

 

・・・ん?

素麺の真実。

麺の中に油が入っている!?

 

そうなんです。

天ざるを食べなくなった私が現在はさっぱりすっきり素麺を食べているのですが、素麺の材料には油が使われていることが多いのです。

 

はあ。。。

これはもう気にせずに天ぷらを揚げて食べようかなと。

(グダグダ言わずに作れよw)

 

天ざるは私の大好物。

このまま食べなくなるのはさみしいです。

 

そういえばもうずいぶん前になるのですが、某有名天丼屋さんで天丼を食べた時、まる一日使い物にならないくらい胃もたれした経験があります。

 

それからというものその天丼屋さんには一度も入っておりません。

 

私は天ぷらと相性が悪いのか。

いやいや気のせいと思いたい。

 

そうだ!キャベツと一緒に天ぷら食べればいいのかも。

(おお!やってみようかw)

 

とにもかくにも気軽に天ざるを食べに行ける日常に戻ってほしいものです。