カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
コロナ騒動に思う、これを機に生活・食事(油)を本気で見直してみるとか
コロナ騒動に思う、これを機に生活・食事(油)を本気で見直してみるとか

パンデミック。

 

ある病気(感染症)が広範囲、世界的に流行すること。

 

今回の新型肺炎(コロナウイルス)もそうなりつつあると言っていいのでしょうか。

中国の武漢から発生し今や多くの国で感染者が出ていますね。

 

例えば現在のコロナウイルスよりもっともっと危険なウイルスがあったとします。

感染するとすぐに生命の危機が訪れるとか、その確率が非常に高いとか。

 

そうすれば国の対応もさすがにもっと違っていたでしょうか。

(違っていなかったらマズイ)

 

だから今回のようなウイルスは逆に言うと「たちが悪い」とも言えます。

 

「ただちにどうこうなるわけじゃない」とか「うがい・手洗いをしっかりしてね」とか、そういったことが言えるくらいの余地があるものは、初動を間違えると実は大変なことになりかねません。

 

今回は初動を「間違えた」のかどうなのか。

私にはまったくわかりませんのでこのことには言及しないでおきましょう。

 

ですがこうなってしまった以上、とにかく自分の身は自分で守らないと。

誰も守ってくれません。

 

いまさらですが、こういったことが起こる可能性はいつでもあったわけで。

急に慌てたってどうこうできないことが多いのです。

 

だから災害対策に避難訓練したり非常食を常備したり。

それと同じように体の健康も一夜にして作り上げることはできないものです。

 

例えば免疫力をあげてウイルスや細菌をやっつけようと言ったって、今まで不摂生ばかりして悪玉菌ばかりになってしまっている人の腸内環境を急激に改善するなんてことはかなり難しそうです。

 

加えて食生活。

まあこのブログっぽく「油」を例にしますが。

 

コロナと油をむりやり関連付けるw

まあこじつけでもなんでもいいでしょう。

 

加工食品ばかり食べて「見えない油」や種類不明で質の悪い油ばかり食べていた人が、いったん何かが起きたからといっていきなりそれらをすべてやめて素材から作る食事に変えることがはたしてできるかどうか。

 

なかなか難しいと思います。

 

でももう少し見方を変えるとすると、こういったことが起きた時が改善するチャンス(きっかけ)になると言えるかもしれません。

 

普段の習慣をより良いものに変えるチャンス。

何が間違っていたのかを見直すきっかけ。

 

面倒だから、いつかやろう、今度やろうと腰が重かった人も、「今この時」から少しずつ変えてみることをおすすめします。

 

少しずつ、一歩でも「前へ進む」という行動に出てみると、意外とすすめるもの。

 

あれ?できた!

実は簡単だったのね~って。

 

最初の一歩がおっくうだっただけかもしれません。

 

ただむやみに「怖い!」「どうしよう・・・」ってパニックになるよりも何かを変える(改善する)ことに意識を向けた方がいいかなと思っています。

 

もちろん事態が急変したり最悪になってしまった場合はそんな悠長なこと↑はやってられませんが。

 

事前に危機意識をしっかりもち最優先事項が何であるかは自分の中で確認しておくことも大事ですね。

 

新型肺炎(コロナウイルス)に思う。最後に自分を守るのは自分のみ
新型肺炎(コロナウイルス)に思う。最後に自分を守るのは自分のみ

今日は油とは直接関係はないのですが・・・。

 

新型肺炎(コロナウイルス)の感染が問題になっていますね。

 

中国や日本国内の政府の対応うんぬんが色々言われていますが(実際言いたいことはたくさんありますが)、結局自分や自分の大切な人を守るのは自分しかいない。

 

何でもそうですがとにかく他力本願ではダメだと思う。

誰かに100%身をゆだねてはダメ。

期待を裏切られたと文句を言っている間に事態はどんどん悪化します。

 

このブログは体に良い油をメインテーマに色々調べたり勉強したことを書いているのですが、分かったこととは「全ての人の体にとって良いものはない」ということ。

 

オメガ3が良いとかどのオリーブオイルがおすすめとか書いていても、それはあくまでも一般論だったり個人的な体験や感想です。

 

自分が試す場合には個人個人が自分の体と向き合って取捨選択しないといけません。

それが「自分で行動する」ということ。

 

「○○がそういったから~」では自分は守れない。

 

誰かの体調には抜群に効果を発揮するものがあったとしても、それは別の人には毒になる可能性だってあります。

 

さらにもう一つ、

「大本営発表」をうのみにしないということ。

 

これですかね。

まあこれは・・・万国共通で分かりますよね。

 

今回の新型肺炎(コロナウイルス)騒動。

 

インフルエンザやノロの時期と重なってもうてんやわんや。

(コロナに押されてインフルエンザの影がうすれていますが、現実にはそっちもかなりなもんですよ。)

 

自分や家族といった大切な人を守るにはどうしたらいいか。

 

「自己免疫力」を最大限に引き出すこと。

これしかないんじゃないかと。

 

マスクは多めに買ってありますが、結局通常タイプのマスクじゃあまり意味がないという意見が多数。(私はやらないよりはやった方がいいとは思っていますが)

 

手洗いはもちろん大事ですが、これでも安心できるわけではない。

 

だって髪や顔、体(洋服にもね)だってウイルスはつくでしょ。

家帰ってきて玄関の外で服抜いで洗濯して自分はお風呂へ直行?

 

もちろん目や鼻をこすったりしてもNGですよね。

 

いやいや無理でしょ。

 

↑ここまで徹底してやったってウイルスは家の中に、そして人体の中に突破してくると思います。

 

ましてや完全に家に引きこもるなんてことも考えにくい。

(できるだけ余計な外出は避けるべきですが)

 

だからこそ人体の内で抵抗できる力をつけておくことが肝心。

 

そう、大切なものは常に自分の中にあるはず。

 

余計なものは食べずに栄養のあるものをしっかり食べよく寝ること。

体を温め適切な体温を維持すること。

 

過度に心配しないこと(取り越し苦労とか)。

気を強く持つこと。

自分の体がウイルスを破壊するイメージを持つこと。

自分にはちゃんと力があることを自覚すること。

 

やっぱり腸内環境じゃない?

鍵となるのは。

 

善玉菌よ。

今こそ真価を発揮する時ですよ。

 

そのためにも私たちは善玉菌を援護しなくてはなりません。

善玉菌が喜ぶものを食べ少なくても質の悪い油は極力とらないようにしたい。

 

みなさん、自分の身は自分で守り、この難解な世の中を図太くたくましく生き残ろうではありませんか。

 

メリットとデメリットは表裏一体~α-リノレン酸の体内変換の意義
メリットとデメリットは表裏一体~α-リノレン酸の体内変換の意義

α-リノレン酸の体内変換率が低すぎるという理由でDHAやEPAだけを集中して摂る人がいます。

 

でもやっぱり栄養ってメリットとデメリットの両方を持っていると思うのですね。

 

α-リノレン酸は人間の体内に入りEPA、そしてDHAへと変換します。

 

ですが全てが変換するわけではなく変換率は「10~15%」。

思ったよりずっと低いという印象です。

やはり魚?αリノレン酸のDHA・EPA変換率は低すぎ?

 

こうなるとやっぱり変換のいらない魚油、つまりDHAやEPAをダイレクトにとった方が良さそうに思えてきます。

 

事実それは間違いないのでしょうけど、いやちょっと待てよと。

 

例えばα-リノレン酸はとらずに「魚油だけ(DHAやEPA)」を意識してとっている人がいるとします。

 

その人がリノール酸をたくさん摂取しているとしたら体内ではどうなるのかなと。

 

α-リノレン酸がEPAに変換する時に使う酵素とリノール酸がアラキドン酸に変換する時の酵素は同じもの。

 

つまり酵素の取り合い(拮抗)をしている状態です。

 

α-リノレン酸を全くとらないとリノール酸からアラキドン酸に変換し放題(!?)になってしまうのではないかって思うのですが実際はどうなんですかね?

 

それならEPAやDHAになれなくてもα-リノレン酸を摂取することによってリノール酸からアラキドン酸に変換する量を減らしてもらう

 

これはこれでとても意味があるような気がしており、以前もそのような記事を書いたことがありました。

変換率だけでは語れない「α-リノレン酸」をとる利益

 

実際にα-リノレン酸をとる場合と全くとらない場合の体内状態を知っているわけではないので上記の説はあくまでも私の頭にふとよぎったことなのですが。

 

でもほら、腸まで届く前に死んだ乳酸菌だって決して無駄ではなく善玉菌のエサになって働くと言うではないですか。

 

このように栄養ってたいていメリットとデメリットの両方を持っていると思います。

 

イイとこ取りしたサプリメントだって量が多ければ体にとってデメリットも出てくる。

 

結局色々なものを食べることによってお互いに欠点を補ったり悪いものをやっつけたりしているのかなと思います。

 

リノール酸、そしてアラキドン酸だって本来は体に必要な脂肪酸です。

 

でもアラキドン酸が多いと色々な弊害が出くるのはよく知られています。

 

その量が多すぎることで体内に炎症が発生し、生活習慣病やアレルギーに繋がっているのではと言われています。

 

これと相反する作用をするのがDHAやEPAであり、つまり炎症を抑えてくれるのですね。

 

ですが敵となる物質(この場合アラキドン酸)の量が多いと負けちゃうわけです。

 

現代人はリノール酸過剰摂取によりそのバランスが崩れている状態です。

 

・リノール酸をできるだけとらない

・α-リノレン酸をとる

・DHA・EPAをとる

 

リノール酸は必須脂肪酸ですが、ほとんど全ての自然な食材に含まれるので足りなくなることはないと言われています。

 

しかも現代食は圧倒的にリノール酸を摂取してしまう食べ物ばかりなので、意識してとらないくらいの方がバランスが良いかと思います。

 

ここで心配なのは、α-リノレン酸とDHA・EPAを両方とも積極的に摂っているとオメガ3の「過剰摂取」になるのかどうか。

 

どんなものでも「適量」があるのは間違いありません。

 

ただその「割合(バランス)」が崩れてしまうのが問題なんですよね。

リノール酸だってアラキドン酸だって決して悪者なわけではないはずです。

 

でももしα-リノレン酸とDHA・EPAを両方とるとしたらどの程度の割合でそれぞれとったらいいのかがよく分からないかな。

 

個人によっても違ってきますが、基本的な黄金比率とかあれば知りたいところです。

 

とにかく栄養にはそれぞれ役目(使命)というものがあります。

 

α-リノレン酸とDHA・EPAは同じようですがやっぱり微妙にその役目が違っています。

 

体に良いからと言って「ばっかり食べ」がダメなのも、思わぬ落とし穴を防ぐからとも言えます。

 

 

α-リノレン酸とDHA・EPAの両方を「適量」とる

 

 

あまり専門的なことは分かりませんが、それでもやっぱりα-リノレン酸の体内変換という現象は上記の点で無駄ではないないような気がしています。

 

そしてもちろん油だけではなくどんな栄養にも無駄なものってあまりなく、知らないところでちゃんと働いていたりするのでしょう。

 

油はすべる!キッチンの床に気をつけようって話
油はすべる!キッチンの床に気をつけようって話

今日は「油は予想以上にすべる」って話です。

 

先日炒め物をやっていたのですが、ちょっと野菜の水切りが甘かったようでパチパチ・ピチピチと勢い良く油がはねてしまいました。

 

ちょっぴり手にも飛んだので「熱っ!痛っ!」って感じながらもそのままシャカシャカ炒めていたのですが、その油が床にもかなり飛び散ってしまいました。

 

我が家では普段キッチンマットを敷いているのですが、実はその時にたまたま洗濯をしてまだ乾いていなかった時。

 

さらに言うともう一つの替え用キッチンマットを最近処分しており、それを忘れて一つしかないマットを洗濯をしてしまったという・・・。

 

一日くらいだいじょうぶだろうと軽い気持ちでしたが見事に油が飛び散ってしまいました。

 

そこにスリッパ。

 

裏がツルツルのスリッパを履いていたものですから見事にすべる。

これ、本当にこわいし危ないですよね。

 

そしてスリッパはキッチンのあちこちに油を運んでしまいます。

するとあのベタベタ感が発生するわけです。

 

キッチンの床がベタベタして困るという方はたぶんスリッパについた油が歩くことによって隅々まで運ばれているのが原因かも。

 

場合によってはリビングまでベタベタがいきますからご注意を。

 

そして一度そうなると掃除が意外と大変です。

埃なんかを巻き込んでガチっと固まるので油がはねたらなるべく早く掃除することをおすすめします。

 

でも一番怖いのはやっぱりツルってすべって転倒することじゃないかなと思います。

これは本当に危ないです。

 

とくに踵からいっちゃうのはほんと危ない。

後頭部を打つ可能性もあるのでみなさんくれぐれもご注意くださいね。

 

しかも火や包丁など危ないものを取り扱っている現場です。

一回の「つるっ!」が大変なことになりかねません。

 

私も過去に一度少し危ない経験をしたことがあるので、今回も「あ、これは危ないな」とすぐに察知しました。

 

そこでさっそく床の油を丁寧にふき取り念のためスリッパも別のものに履き替えておきました。

 

キッチンマットは敷く派と敷かない派に分かれるようですが、我が家では必須アイテムです。

 

でも洗濯用の替えをすぐに用意しなかったのは反省。

(その後さっそく購入しました)

 

ちなみに油は予想よりもずっと遠くまではねますw

 

「まさかこんなところまで!?」と思う距離まで到達している可能性があるので油断大敵ですよ。