カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記
自分が食事を作れなくなった時の対応を考える
自分が食事を作れなくなった時の対応を考える

元来、丈夫な私も年に一度くらいは風邪を引きます。

 

多少のことでは寝込むことはしないのですが、2~3日しんどいなあってことがあるものです。

 

先日もちょっと風邪を引いてしまったのですが、夫がコンビで食べ物を大量に調達してきました。

 

ヨーグルトやゼリーは分かるのですが、スナック菓子や酎ハイが入っていたのは何故でしょう・・・。

 

っていうか、子供の食事になるものがないよ・・・。

 

実は私がずっと気がかりなことが一つあります。

 

それは「自分に何かトラブルがあった時、家族の食事をどうしよう」って事。

 

これについては、我が家と同じように気になっているご家庭も多いと思います。

 

私が倒れたらいったい誰がご飯作るの?

 

私はそもそも身体だけは丈夫です。

もちろん自分でもかなり体調管理をしている方だと思います。

 

でもそれには理由があって、それは私が体調を崩すと我が家は回らないからです。

 

特に気がかりなのは食事面。

人間、なんていっても食べることが何より大事なことの一つですよね。

 

・・・なんですが、今の我が家の現状を見ると、私が身体を壊した際の対応ってものが一切考えられていないことに気づきました。

 

聴診器

 

子供はまだ小学生。

料理を作るにはまだまだおぼつかない。

 

夫は仕事が非常に忙しく、料理を作るなんてことは休日でない限り無理です。

(しかもほとんど作れない・・・)

 

夫と私の実家は遠く、とても簡単に料理を作ってもらえる環境にはありません。

 

70代の親達はそれぞれ体調の問題も抱えているので、うちに長期で滞在し家事全般をやってもらうのも難しそうです。

 

つまり私が健康であることが前提で家庭内が回っています。

 

我が家だけではなく、こういったご家庭って現代社会では非常に多いのではないでしょうか。

 

さすがに長期で入院することになったら、家政婦さんでも雇わなければならないでしょう。

 

でもそこまでではなく、例えば一か月以内といった短期スパンで私に何かトラブルが発生したとなれば、きっと他人の手を借りずにやると思います。

 

そこで万が一私に何か問題が発生した時の対応、特に「食事」ということをテーマに一度真剣に考えてみることにしました。

 

夫と子供の2人で対応するときっとこうなる・・・

 

まず、誰の手も借りずに夫と子供だけで対応した場合のことを考えてみました。

 

洗濯は数日に一回、夫が夜にでもやるでしょう。

 

家の中に干して、翌日乾いたところを子供がたたむことはできそうです。

 

掃除。

 

休日に二人でやるでしょう。

 

子供にはお風呂をわかして自分で入るくらいはできるように仕込んでおかないとですよね。

 

夫には定時であがってもらいたいけど、できるかなあ。

 

買い物。

 

休日にまとめ買いするけど、どうしても足りないものは子供が買ってこれると思います。

(お菓子たくさん買いそうだなあ・・・)

 

そして食事。

 

コンビニかスーパーのお惣菜、インスタント、レトルト、そして休日は外食かなあ。

ご飯だけはまとめて炊いて冷凍庫に入れておけばチンして食べれそうです。

 

でも大半はきっとこうなると予想↓

 

ハンバーガーとポテト

 

いや、これもたまにはいいけど。

 

魚嫌いで肉食な子供と栄養オンチな食いしん坊の夫ではほとんどがこうなるでしょう。

 

できそうな対応をあげてみよう

 

私が一番心配するのは、栄養のバランスが崩れるってこと。

 

肉派の2人ではきっと魚料理は一切食べずに(たまにお寿司屋さんに行くかも)、肉・ポテト、リノール酸、トランス脂肪酸の世界にどっぷり浸かるだろうと思います。

 

そこで一番簡単な対応は、ミニトマトやフルーツなど、調理不要な食材を買って栄養を補ってもらうこと。

 

後は亜麻仁油を加えた青汁とかスムージーって手もあります。

(このくらいならできるよね・・・)

 

でもそれだけでは心配。

 

やっぱり食ってバランスが大事です。

たまにでもいいからオメガ3がとれる魚と野菜をしっかり加えた食事をとってほしいと思います。

 

そこでふと思いついたのが宅配の食事です。

 

私は一度も利用したことがないのですが、私の友人は妊娠中つわりが酷い時に利用したと言っていました。

(なるほど・・・私も使えばよかった)

 

そこでいくつかざっと見てみたのですが、宅配食ってかなり進化しているのですね。

 

ちょっとビックリしました。

何でもなくても利用したいかも。

 

コンビニと大差ないのかと思いきや、高齢者向けや介護食、ダイエット向き、糖尿病対応、そして友人のように妊娠・出産で大変な時など、多くの利用目的に合わせて色々な食事が用意されていると知りました。

 

宅配弁当_imgage

 

お魚メニューも豊富だし栄養のバランスもカロリーも考えられていて、これはちょっと良さそうですね。

(私の料理よりいいのでは・・・)

 

我が家に一番合っていそうな宅配食を下調べしておけば、いざという時すごく助かるかもしれません。

 

これから少しずつ調査していこうと決めました。

 

「オリーブオイルはジュース」という言葉の違和感
「オリーブオイルはジュース」という言葉の違和感

オリーブオイルについてよく言われていのは「オリーブオイルはジュース」ってこと。

 

この言葉って、オリーブオイルをただの油だと思っていると一瞬ギョッとする方もいるかもしれません。

 

油を飲むって感覚、あまり日本人には馴染みがなかったですよね。

 

「ジュース」というと、日本ではフルーツや野菜の美味しい飲み物ってイメージが強いと思います。

 

子供が大好きなもの

 

おやつ

 

って感じがします。

 

ですが、そもそも「ジュース」というのは野菜やフルーツを搾った「汁」そものもを意味します。

 

そこでオリーブの実っていったい何かといえば、一応果物ってことになると思います。

 

「木に生る実」、つまり果物ということでいいと思います。

 

それがたまたま甘くもなく、水分ではなく油分がたっぷり含まれる実だったというだけ。

 

だから「オリーブオイルはジュース(汁)である」というのは全くその通りなのだと思います。

 

だから新鮮なオリーブオイルをグラスに注ぎ、グイッと飲むというのは、まさにジュースを飲んでいる。

 

ただ甘くもなく(ちょっと辛いし)油っぽいため、日本に定着したジュースのイメージからかけ離れてしまっているため「うわっ・・・」ってなるのでしょう。

 

でも私はその逆で「オリーブオイルはジュース」って言葉に妙な憧れを持っている人間です。

 

というのも、私の将来の夢は、いつか自分の家の庭に植えたオリーブの木から採った最高に新鮮なエキストラバージンオリーブオイルを、毎朝小さなグラスに注ぎグイッと一気飲みすることですから。

 

つやつやのお肌とどこまでも見える目、白髪一本ない漆黒の髪を一つに束ねて、毎日庭の手入れをしながら元気に暮らすおばあさんになりたいのです。

 

黄色いバラをさした黒髪

 

魚をオリーブオイルで調理してガツンと食べ、DHAもポリフェノールもガッツリ貪欲に体内に取り込み暮らしたいのです。

 

これを夢見つつ、現実的にはもうかなりまずい状態になってきています。

 

ただしこれにはくれぐれも本物のエキストラバージンオリーブオイルじゃなくてはいけません。

 

精製オリーブオイルを毎朝グイッと飲むわけにはいかないのです。

 

ポリフェノールはないし、トランス脂肪酸が含まれているしで、グイッと飲むようなメリットがありません。

 

だから「本物はどれだ~」と日々捜し歩いて(いやネットサーフィンして・・・死語!?)、自分の好みに合った美味しいオリーブジュースを求め続けているのです。

 

子供にもっとDHAなどオメガ3をとらせたい
子供にもっとDHAなどオメガ3をとらせたい

我が家のオイル革命は、どうも私のみが着々と進んでいるようで、子供と夫に対しては思うようにいっておりません。

 

まずは小学生の子供。

 

オイル改善が進まない要因をあげてみることにします。

 

・全般的に魚嫌いで肉派

・焼き魚で時に腹痛を起こす

・お菓子を毎日食べる(ほぼ市販の加工食品)

・脂(油)っぽいものが好き

・マックのポテトが大好き

 

腹痛は別にしてどこの子供も似たようなものだと思います。

 

肉というものを食べなかった昔ならともかく、現代社会では魚より肉が好きなお子さんの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

そして焼き魚で起こす謎の腹痛。

油が変化?特定の焼き魚でお腹を壊す家族

 

こればかりは仕方ないことなので、どうしてもメニューが限定されてしまいます。

 

一番の問題は毎日食べるお菓子であることは間違いありません。

 

うちの子はとにかくチョコレートが好き。

 

これを逆手に取ってカカオ70%以上のモノをあげるようにしました。

(ほろ苦いチョコは大好きなのです)

 

でもこれだけでは足りず、どうしても更なるお菓子を食べてしまいます。

 

いままで当たり前のようにあげてきたものを直ぐにはやめられないし、お友達の影響もあるので非常に難しい。

 

お菓子は今後の最大の課題です。

 

そして脂っぽい料理。

とにかく好きですね。

 

質の良い油ならいいのですが、子供ですからそういったことは関係なし。

 

物心ついた時から親が厳選して食べさせていれば嗜好も違ってきたのでしょうけど、私がつい半年前くらいからスタートしてしまったことですから。

 

本人にしてみれば「?」でしょう。

 

今せっぱつまった問題もないのに、目の前の美味しいものをやめなくてはならないのは、理解できないと思います。

 

ただうちの子はオリーブオイルを愛する子供です。

 

こればかりは私が最初から本物を追求してきたため、子供も本物の味を覚えました(笑)

 

そのためパンに付けていたマーガリンをほぼ全廃することに成功しています。

 

やっぱり何事も最初が肝心なんですよね・・・。

 

また、亜麻仁油は好きではありませんが、ローストアマニは大好物です。

これは粒でも粉末でもOKみたいなので、色々な料理に混ぜて食べさせています。

 

でもこれだけじゃ足りないです。

 

オメガ3系。

 

そもそも大人も足りていないと思います。

 

子供には特にDHAなどのオメガ3系をもっと食べてもらいたいと思っているのですが、なかなか日々の食生活だけで改善することって難しいですね・・・。

 

一応やっていることはこんな感じ。

 

・刺身や煮魚など食べられる魚料理をできるだけ与える

・ローストアマニを料理に混ぜ込んでみる

・亜麻仁油でドレッシングを作ってサラダにかけてみる

 

でも足りないです。

 

(おそらく)食べているリノール酸とのバランスが悪いのは分かるのです。

 

もっとオメガ3をとらせたい。

 

日々の食生活がどんな時も基本だと思ってきたけど限界を感じています。

 

そんな時「サプリメントってどうなんだろう・・・」って思った時期がありました。

 

でもうちの子、ダメだと思う。

 

錠剤とか飲むのが苦手だもん。

 

風邪引いた時に苦戦して薬を飲んでいる姿を思い出して断念。

 

でもグミとか子供が食べやすいタイプのものもあるのですね。

 

そういえば私も肝油を食べていたなあ。

しかも私、クロレラやカルシウム剤も飲んでいたような気がする。

 

あれ?これってまさにサプリメントでは・・・。

 

でもやっぱりできれば日々の食事で改善したいなあっていう気持ちがあります。

 

だってサプリメントってどうしても自然ではないと思ってしまうから。

でもこれって偏見なんでしょうかね・・・。

 

もしかしてこういう頭の固いところがイケないのかも。

先入観にとらわれず、しっかり調べてみる価値はありそうです。

 

とにかく薬みたいなカプセルは絶対飲んでくれないだろうから、お菓子代りにグミみたいなものはいいかもしれません。

 

グミ

 

添加物やナゾの植物油がたっぷり入っている市販のお菓子食べるくらいなら「DHAのフルーツグミ」とかをあげた方がよっぽどいいのかもしれませんね。

 

ただうちの子は自分が好きな味じゃないと食べてくれなさそう。

(結構好みが難しいのよ)

 

例えば「オレンジ味」ならどんなものでも大丈夫なわけではなく、微妙な風味の差で食べなかったりする。

(まあ味覚に敏感なのは良いことですけど)

 

色々と試してみるしかないでしょう。

 

そして今一番狙っているのがジュースやスムージーに入れるというもの。

 

スムージー

 

我が家では時々野菜や果物でスムージーを作ります。

 

これなら亜麻仁油やえごま油を入れても大丈夫かもしれません。

 

うちは普段あまり甘いフルーツジュースは買わない家庭です。

そのせいか、幸いにも子供は野菜ジュースやトマトジュース、それに青汁も大丈夫。

 

これにDHA・EPAかα-リノレン酸を混ぜれれば・・・。

結構いいかもしれません。

 

やっぱり子供の場合、ある程度おやつ感覚で始めないと余計なストレスや反発を感じてしまうでしょう。

 

・基本は毎日の食事なので、できるだけ質の良いものに改善していく

・少しずつ魚の量を増やしていく

・錠剤ではなくグミのようなものを試してみる

・ジュースやスムージーのような飲み物に混ぜてみる

 

どれか一つにこだわらず、いくつか選択肢を持っておく必要もありそう。

毎日同じだと飽きるし、リスクの分散も必要です。

 

少しずつ少しずつ、試してみたいと思います。

 

どうせならDHAで目の健康を維持したいと切に思う
どうせならDHAで目の健康を維持したいと切に思う

オメガ3系脂肪酸のことを考えていてふと思ったのが「私のやっていることってちょっとアバウト過ぎるんじゃないの?」ってこと。

 

確かに漠然とでも食生活の中で油を改善するってことは正しいと思う。

やって損はないと思っています。

 

でも、もっとこう、具体的な目標ってものがあってもいいのではないかって最近思い始めたんですよね。

 

たとえば自分の体調のどんなことが問題だからこんな油をとるとか、将来こんなことにならないためにこんな対策をしたいとか、そういった具体性があった方がより良いと気が付きました。

(いまさら!?)

 

ってことで、今の私の体調を振り返ってみることにします。

 

基本的には健康。

特に大きな病気をしたこと、ありません。

(有難いことです)

 

では改善したいことはないのかって言われれば、あります。

 

それは目。

私、筋金入りの近視です。

 

中学・高校あたりで一気に悪くなりました。

一応たくさん勉強したということにしておいてください。

 

真実は、もちろん勉強うんぬんもあるけれど、体質や遺伝的なこともあるのだと思います。

 

悪い条件が重なっているのかもしれませんが、0.1以下の強度近視です。

 

ですが、今まで働いてきた仕事といえばパソコン業務がほとんど。

つまり目を酷使してきたってことですね。

 

今現在、まさにこんなブログも書いているし。

スマホも手放せません。

(今すぐやめるんだ!)

 

でも一応、常に自分の目のことは気にかけてはいます。

 

なるべく休憩をとって目を休めたりもします。

画面の明るさも調整しています。

 

近視ですからこれからズンズン視力アップするなんてことは望めないでしょうが、最低でも現状維持、できるだけ健康な目でいたいって思うわけです。

 

とすれば真っ先に思うのは「DHA」。

(まあブルーベリーも思ったけど)

 

やっぱり目に良さそうな脂肪酸といえば「DHA」ではないでしょうか。

 

「DHA」って、そもそも網膜に存在していると言われる脂肪酸です。

 

「EPA」といったい何が違うって、「DHA」は脳や網膜への入り口を通過することができるため直接脳や網膜に届けられるのに対し「EPA」は通過できないとかなんとか。

 

だから一般的に「DHA」をとると頭が良くなるとか、目がよくなるとか言われているんですよね。

 

もちろん「DHA」だけをとったからといって、急にどうこうなるもんじゃないだろうし、他にも目の健康のためには必要なものはたくさんあるのだと思います。

 

バランスも大事ですしね。

 

でも不足だけはしてはいけないんじゃないかと。

 

特に私のように目の悪い人は、「DHA」の正しい知識を持って不足しないようにした方がいいのかなと思っています。

 

そしてもう一つ。

このブログでも言ってきたように亜麻仁油に含まれている「リグナン」です。

 

女性ホルモンと似たような働きをするという「リグナン」。

そのリグナンが入っているオメガ3系オイルの亜麻仁油。

 

これは今私の体調がどうこうってことではなく「近い将来のため」っていう意味合いが大きいのですが、亜麻仁油(リグナン)もとっておきたいかなって思います。

 

「DHA」と「亜麻仁油(リグナン)」。

今のところ、この二つを意識してみようかなと。

 

今の知識では、まだまだ漠然とした状態ですから、これからもっと「DHA」と「亜麻仁油」について勉強していきたいと思います。

(もちろん他のオイルもね)

 

→現在、夫と一緒にとっているDHAサプリはこちら