カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

カテゴリー:オイル日記
日本には日本人に合った食べ物(食事)がかつて確かにあった
日本には日本人に合った食べ物(食事)がかつて確かにあった

日本食は本来世界で一番といっていいほどバランスの良い健康食と言われています。

 

よく理想としてあがるのが昭和50年代の日本の一般家庭の食事。

(まさに私の時代だ!)

 

いわゆるご飯と汁物、そして主菜と副菜・副々菜の「一汁三菜」でしょう。

 

和食が基本ですが、時に洋食や中華を組み合わせることができ、味も栄養もバリエーションがきくことが良しとされています。

 

色々な定食メニュー

 

主菜はできるだけ魚介系メニューがおすすめ、そして副菜・副々菜も合わせて野菜をたっぷりとることも重要です。

 

もっと昔は玄米食でしたが、白米を食べるようになるとどうしてもたんぱく質やビタミンなどが不足、おかずで栄養をしっかりとる必要が出てきたのですが、そのバランスの黄金期がこの時代ってわけ。

 

現代はこのおかずの質が問題になっています。

 

食のグローバル化が進みすぎて、日本人の食事の質はどんどん変わっていきました。

 

簡単に言ってしまうと魚を食べなくなった、単品が多くなった(ラーメンのみとか)、肉中心の欧米型食事が多くなったということです。

 

わが家を見てもこれは実感があります。

 

でもそのために日本人の健康にも影響が出ています。

今まで少なかった病気が増加してしまいました。

 

本来日本人には日本人に合った食べ物っていうのがやっぱりあるのだと思います。

 

そこに外国のものが組み込まれ、足りないものが補われたまでは良かったのですが、度を越したのでしょう・・・。

 

日本人の体質や身体、風土にあった食べ物。

 

それは長年日本という国に住んできた日本民族が形成してきたものなので、外から見て良い悪いの問題ではありません。

 

きっと既に遺伝子レベルで出来上がっているはずなので、そこに単純に外国のものを何でも当てはめようとすると、当然おかしなことになってしまうのでしょう。

 

もちろん外国から入ってきたものでも、健康上メリットのあるものはたくさんあります。

 

でも残念ならが(おそらくですが)政治的な問題もあって、価格競争に負けたり、何かの力によって誘導されたりして、度を越してブローバル化していかざるを得なかったのでしょう。

 

でもやっぱり日本人には日本人に合ったものを食べたいなあってこと。

 

少なくても「コレを食え!」と強制されているわけではありません。

(一応)選択権は私たち国民にあります。

 

だから、たくさんある食べ物の中から自分達が何を食べればいいのかをきちんと選ばないといけないんですよね。

 

すると日本人のDNAにすりこまれているのはやっぱり魚で、油といえばDHAとEPAでしょうかね。

 

それも偏見なのかなあ・・・。

(お肉も必要だとは思っていますが)

 

後は米と豆と野菜、海藻と卵もですかね。

 

そしてなんといっても発酵食品!

 

もっと言ってしまえば、日本うんぬんもとっぱらって自分自身どんな栄養が本当に必要なのかをしっかり見極めなくてはいけませんね。

 

でもこの辺のことって、こうも多様化した社会ですとなかなか難しいものです。

 

誘惑も多いですし・・・。

 

完璧に理想を追求すると自分が辛くなってしまうけど、少しずつ少しずつ変わっていけたら・・・いや違うか、本来のものに戻っていけたらなあと思います。

 

 

 

親が元気じゃないと子供の健康も守れない
親が元気じゃないと子供の健康も守れない

親なら子供にはいつも元気でいてほしいもの。

誰もが同じ想いですよね。

 

でもつくづく思うのは「親が元気じゃないと子供のケアもできないし健康をしっかり守ってあげることができない」ってこと。

 

もちろん色々な家庭環境があるのだから、おじいちゃんおばあちゃんや他の家族が守ってくれたり、第三者が守ってくれる場合もあるでしょう。

 

なのであくまでも私個人のことになってしまうのですが、やっぱり多くの親御さんも同じ気持ちではないかと思います。

 

私がかつてインフルエンザになってしまった時。

 

夜は夫に早めに帰ってきてもらうのですが、昼間はなんとか自分で頑張らないといけない。

 

でも身体が動かない。

お世話しなくてはいけないのに何もできない。

夫が買ってきたコンビニご飯を子供にあげるくらいしかできませんでした。

 

今考えればインフルエンザの症状って本当にスゴイですよね。

子供にかまっていられないくらい自分がズンっ!!て沈んじゃっていて・・・。

 

そんな時つくづく思うのです。

 

「ああ、やっぱり自分(親)が元気じゃないとだめなんだ~!!」

 

一人でテレビを見ている子供をみながらつくづく思うのでした。

 

親は自分のことは後回し、なんでも子供を優先しがちです。

私もそんな行動をとりがちです。

 

でもしっかり自分管理しないとやっぱりだめなんです。

親が元気じゃないと子供(特に小さい子)のお世話もできない、結果、子供の元気や健康も守れない。

 

だから子供を守るには自分がまずは健康でいること。

過度な自己犠牲は逆効果かな。

 

そして子供にとって不健康なことは親にも不健康なことがほとんど。

 

子供だけは守って自分は・・・なんていう自己犠牲は究極の状況だけでいいと思う。

 

それよりも日々しっかり栄養のバランスの取れたご飯食べてしっかり寝てしっかり健康管理をしたいと思います。

 

大人も自分の命をしっかり守って。

健康になって子供を守りましょう!

 

 

 

昔の日本人って本当にオメガ3足りていたの?
昔の日本人って本当にオメガ3足りていたの?

「日本人は魚を食べる民族だからDHAやEPAを豊富に摂取していて頭が良い」

 

頭の良し悪しは別にして、かつての日本人は確かにそうだったかもしれません。

 

でも「かつての」っていったいいつの時代の日本人でしょう。

 

日本は海洋国家で魚が豊富に獲れるため、魚は確かに日本人の重要なタンパク源になっていました。

 

でもいつの時代もそうだったのかな・・・。

 

旧石器時代、マンモスなんかを食べていたころはむしろ肉食民族だったのでは?って思います。

 

もちろん海の近くに住んでいる人達は魚や貝を食べていたから縄文時代の遺跡には貝塚なんてものが残っているわけですが。

 

つい交通事情を今の常識で考えてしまいがちだけど、ちょっぴり内陸に住んでいた日本人は魚といえば川魚、それすらも食べたことがなく獣だけ食べていた人もたくさんいたかもしれません。

 

そして弥生時代に稲作が定着。

 

表向きは四つ足を食べず精米技術が発達し白米ばっかり食べた江戸の人はビタミンB1不足から「江戸わずらい」という病にかかっていたのは有名です。

 

白米

 

一口に「日本人」と言っても時代や地域によってかなり差があるわけで、すると本当に日本人ってトータル的にそんなに優秀な食文化を持っていたのかなと思ってしまいます。

 

オメガ3だけを考えてもしかり。

 

植物性オメガ3(α-リノレン酸)は確かに色々な食べ物に微量ながら入っています。

 

野菜や果物、穀物だってたいていはα-リノレン酸は入っている。

でもそれ以上にリノール酸が入っていることが多い。

 

その比率は決して4対1(リノール酸 対 α-リノレン酸)ではなく、特にバランスが良いというものは少ない。

 

そんな中で本当に魚からDHAやEPAを十分に摂取してバランスが良かったと言える日本人って、実は本当にごく一部の時代の一部の人達なのでは・・・と思ってしまいます。

 

もちろん魚を全然食べない国の人から見たら圧倒的に多いのでしょうけど。

 

毎日お魚を食べられた庶民ってそんなにいなかったのではって思うのですよ。

 

玄米ご飯に漬け物で終わりって人が大半ではなかったの?

 

交通事情も発達して魚がいつでも手に入り、そしてまだまだ食生活が欧米化していないごく一時期の日本人だけがいわゆるオメガ3黄金期を過ごしていたのでしょうか。

 

やっぱり一番理想的なのは昭和50年代くらい?

(私、生まれてこの世にいましたよ・・・)

 

私が小さいころ、肉も食べましたが魚も今以上にたくさん食べていました。

(祖父母と暮らしていたし、母親は魚料理をたくさん作っていました)

 

確かに今は欧米化し過ぎていてリノール酸全盛期です。

 

油(脂)自体を取り過ぎで、油の量も質もバランスが崩れ、今までになかった病気がたくさん発生しています。

 

でもその時代その時代でやっぱり何か健康上問題があったと思う。

 

今は欧米化した食文化でリノール酸過剰摂取の問題が浮き彫りになっただけかな?

 

願わくば日本人の体質が進化してオメガ3が体内でどんどん生成できる「スーパー日本人」になれればいいですよね。

 

なんだか「昔の日本人はよかった・・・」的な発想もどうかと。。。

昔は昔で別の問題あっただろうに・・・って思ってしまいました。

 

でも今現在、オメガ3が足りていない人が多いのは事実。

(足りていないっていうよりバランスが崩れている)

 

やっぱり今の時代にあった対策はしないといけませんね。

 

暑くなってきましたね・・・ピクニックいきたい
暑くなってきましたね・・・ピクニックいきたい

ここ数日間で都内はかなり暑くなってきました。

 

ゴールデンウイークあたりの天気があまりよくなく、今年はビックリするほど早い梅雨入りじゃないかと言われていたのに今のところまだ梅雨入りどころか真夏モードになっています。

 

子供も私も少しバテ気味。

 

梅雨はジメジメして体調も悪くなりがちなので大嫌いなシーズンなのですが、暑いのもほんとうに辛い(かなりワガママですな)。

 

とは言えここしばらく私の体調はかなり万全です。

(「かなり万全」って言い方おかしい!?)

 

本当に不思議なのですが世間とのギャップに自分自身も戸惑っています。

私の周りの人たちも今のところ無事のようです。

 

個人的には毎日のように食べる納豆のおかげなのか、定期的にとっているオメガ3なのか随時とっているオリーブオイルなのか。

 

それとも単なる偶然か。

 

理由は分かりませんがとにかく元気な我が家。

本当なら梅雨に入る前にピクニックいきたいなあ・・・と。

 

が、今はちょっと無理そうですね。

人が全くいない穴場なんて知らないし、そんなとこ行ったら帰ってこれなくなりそうw

 

子供が小さいころはお弁当作って広い公園なんかに行ってました。

おにぎりとサンドイッチ、それから簡単なおかずに水筒。

(オヤツももちろん持参ですw)

 

ボールやラケットを持っていって遊ぶ。

お日様の光を浴びてみんなで笑って気分も爽快で。

それだけで楽しかったもんだ。

 

こう気分が滅入ってくるような状況では外でいい空気を吸いながら背伸びでもして気持ちよく過ごしたいけどしばらくやっていないなあ。

 

気持ちよく過ごせる時期って本当に短いからなおさら貴重。

 

近年、春が極端に短く梅雨前にガンガン暑くなってから梅雨に入り、梅雨が明けてからはたっぷりたくわえた湿気とともに猛烈な暑さの到来。

 

このルーティン、ほんと嫌なんですけどw

 

今年は桜もあっという間に散って(お花見もしてない)季節感を感じることも行事もなく、なんとなくの日々がつらつらと過ぎていっている感じです。

 

まあ健康でいられる今に感謝して大事に過ごしていくのが一番ですね。

これから夏までは北半球では(アレは)自然減少して安定するはずだし。

 

暑いのも悪くないって思えるかも。

 

まだまだ世の中が不安定な状況で色々と煽られるけど、あまり悪い意味で感化されないようにして生活したいです。

 

やっぱり自分軸で生きるのって大事。

でもそれが意外と難しい。