カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • オリーブオイルを使ったレシピ
カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピ
生姜を保存するのにオリーブオイル漬けにしてみる
生姜を保存するのにオリーブオイル漬けにしてみる

実は私、生姜が大好きです。

 

お寿司のガリも残さず食べます。

牛丼の紅生姜もてんこ盛りします。

 

チューブの生姜も常備していますがもちろん一番は何と言っても新鮮な生姜。

 

でも薬味などに利用するも全てを食べ切ることができずに時々ダメにしてしまうことも。

 

保存しておくには常温放置が一番いいと母に教わりましたが、やっぱり少し水分がぬけちゃうような気がするんですよね。

 

そのため今まではすって小分けにした生姜を冷凍していましたが、オイルを使った保存もできると。

 

オイルはもちろんオリーブオイル。

 

千切りやみじん切りにした生姜をタッパーなどの容器に入れ被るくらいのオリーブオイルを入れます。

 

千切り生姜のオリーブオイル漬け_1

 

千切り生姜のオリーブオイル漬け_2

 

冷蔵庫に入れておくのでエキストラバージンオリーブオイルが固まってしまったら常温にするかスプーンなどを使います。

 

そういえば私の最近のお気に入りはご飯にかけるタイプの刻み生姜。

 

 

これ、アツアツのご飯に乗せて食べると本当に美味しいです。

生姜好きにはたまりません。

 

これは和風な味ですが、オリーブオイルに漬けた生姜もまた別の美味しさがあります。

 

和洋どっちにも使えると思う。

 

もちろんご飯に乗せなくても調味料として何でも使えますし、オイル漬けですから保存もききます。

 

刻み方は細かく切ってもいいし千切りでもお好みで。

 

火を通す方法もありますが、私は刻んでオリーブオイルに漬けるだけ。

 

これを健康維持のために毎日ちょっとずつ食べるのも良し。

 

生姜焼き(ポークジンジャー)にオイルとともに使っても良し。

 

卵かけご飯にも良し。

 

白飯に乗せるのも良し。

 

味噌汁にトッピングでも良し。

 

生姜が嫌いな人には特におすすめしませんが、私のように生姜が大好きな人には絶対に気にってもらえるのではと思います。

 

生姜は体を温めると言われているし、風邪や冷え性対策に生姜を食べる人も多いと思います。

 

いざという時に「ない!」ってこともよくある生姜。

 

わざわざ生姜だけを買いにいくのもおっくうだけど無いと困るのも事実。

 

やっぱり常に冷蔵庫に入っていてほしい。

 

冷蔵庫の片隅でしょんぼり劣化した生姜と出会うよりオイルに漬かったフレッシュな生姜を食べたいものです。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

便秘も冷え性もオリーブオイル入りホットココアを飲もう!
便秘も冷え性もオリーブオイル入りホットココアを飲もう!

今回は松生恒夫先生という胃腸科の先生が書かれた書籍を参照し私が作ったオリーブオイルと豆乳を入れたホットココアをご紹介したいと思います。

 

秋から冬にかけて飲むと最高ですがエアコンのきいた真夏にもおすすめの飲み物です。

 

便秘エキスパート・松生先生とは?

 

松生恒夫さんは「松生(まついけ)クリニック」という東京都立川市にある内科・胃腸科(漢方外来・便秘外来)の先生です。

 

便秘治療において大変有名な先生らしく、私は偶然読んだ書籍などからそのことを知りました。

 

腸育をはじめよう_松生恒夫

腸育をはじめよう! 子どもの便秘を放置したらダメ! (講談社の実用BOOK)

↑オリーブオイルにココアを入れて飲むことが書いてあった本

 

オリーブオイルハンドブック_松生恒夫

オリーブオイル・ハンドブック (朝日新書)

 

松生先生によると、オリーブオイルというのは腸内の潤滑油として働くため「便秘対策」には非常におすすめであるということです。

 

更にオリーブオイルは保温力も高いため「冷え性対策」にも期待できます。

(サラダ油との比較実験により)

 

ただし精製したオリーブオイルでは保温力はあまり高くはないとのこと。

 

これにはおそらくポリフェノールが関係しているのでは?ということで、ここでもやはり大事なポイントとして本物のエキストラバージンオリーブオイルが求められていました。

 

今回は松生先生の紹介していたオリーブオイルを入れたココアを、更に私なりにアレンジしたものをご紹介したいと思います。

 

オリジナルや詳細について知りたい方は松生先生の書籍を読んでみてくださいね。

 

豆乳とオリーブオイルで作ったホットココアのレシピ

 

私が作った「豆乳とオリーブオイル入りホットココア」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・豆乳・・・200ml

・エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1杯

・純ココア・・・大さじ1杯

・ハチミツ・・・お好みで

 

作り方

 

1.カップにココアパウダー(とハチミツ)を入れ、温めた豆乳を少しずつ入れてよく混ぜます。

 

2.エキストラバージンオリーブオイルを入れてよく混ぜたら完成です。

 

豆乳オリーブココア

↑よく混ぜる、混ぜながら飲む

 

豆乳は沸騰するくらい熱くすると固まってきますから温度に気を付けてください。

 

大豆って身体を冷やすの?温めるの?

 

今回私は豆乳で作りましたが、豆乳というのは、というか大豆製品というのは身体を冷やすのか温めるのかといった議論が分かれることがあるようです。

 

ただし今回は、ココアもエキストラバージンオリーブオイルも身体を温めるものですし、豆乳自体も温めて作っているので、私的には良しとしました。

 

もし気になる人は豆乳ではなく「お湯」でも大丈夫ですよ。

 

私も実は「お湯だけココア」というものを作りブラックコーヒーの代りに飲んでいます。

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

 

時々生姜を入れたりもします。

もちろん牛乳(・・・も冷えには諸説ありますが)でもOKです。

 

また、松生先生は甘味料としてハチミツではなく「オリゴ糖」を紹介していました。

「オリゴ糖」といえば便秘の人にはあまりにも有名な甘味ですよね。

 

今回はハチミツを使用しましたが、オリゴ糖の方が便秘対策にはよりおススメです。

国産 北海道産 ラフィノースオリゴ糖 200g

 

白砂糖は健康上あまりおすすめできません。

 

せっかく体に良い飲み物を作っても白砂糖を入れることによってマイナスになってしまうかもしれないので極力使わない方がいいでしょう。

 

便秘の方が毎日習慣として飲むなら、やっぱりオリゴ糖がいいと思います。

 

オリーブオイル入りのホットココアは便秘のお子さんでも飲めますが、最初はオイルの量は様子を見ながら加減して無理のないようにしてあげてください。

 

もしお腹を壊すようなら量を減らすかいったん中止した方がいいと思います。

 

オリーブオイルを飲むことに抵抗があるとか、オリーブオイルの味が嫌いという人にはオリーブオイルを摂る手段としてサプリメントもあります。

 

サプリメントのメリットは、たくさんの油をとることなく効率的に栄養だけを濃縮して得ることができるということ。

オリーブジュースカプセルの口コミ~サプリを初めて飲んでみたいと思った

 

太りたくないとか、以前オリーブオイルでお腹を壊してしまったという人にはサプリメントはおすすめです。

 

ただし今回のように「潤滑油」としての役割を考えると多少でもオリーブオイルを入れた方がいいかなとは思います。

 

サプリメントにもメリット・デメリットがあるのでご自分に合うかどうかをよく見極めてから使ってみてください。

 

いずれにしてもあまり無理のないように、自分の体調や好みにあったものを続けていくのがいいと思います。

 

オリーブオイル入りホットココアは飲むとほっこり癒されますよ。

シナモンや生姜を入れるなどお好みでオリジナル・ドリンクを作るのもおすすめです。

 

インフルエンザなどのウイルス対策に「オリーブオイル入り納豆」を毎日食べる日々
インフルエンザなどのウイルス対策に「オリーブオイル入り納豆」を毎日食べる日々

かなり寒くなってきた今日このごろ。

 

そろそろ話題になると言えばインフルエンザ、そしてノロでしょうか。

(そしてもちろんあのウイルスも)

 

毎年のことなんだから焦る必要もないし流行が早くても遅くてもやることは一つ。

 

予防・対策。

 

今までは本当に効果あるの??なんて言われていたうがいも最近はしっかりやっています。(少しでも対策できそうなものはやっとこう的な)

 

手洗いは・・・今となってはみなさんガシガシ洗いすぎて手が荒れているのではないでしょうか。(アルコールがビリビルするよー)

 

以前もどこかの記事で書いたような気もしますが、インフルエンザをはじめ多くのウイルス・細菌感染というものは「なる人はなる、ならない人はならない」ものです。

(当然といえば当然ですが)

 

なんで同じ空間にいてもそうなんだろう・・・と。

不公平ではないのかと。

 

人間の体はみんな違うので単にウイルスだけの問題ではありません。

 

その人がどういうコンディションだったのか、体だけではなく精神的にもかかわってくるからなかなか原因なんて分からないのが現状です。

 

じゃあもう防ぎようがないじゃないかっ!

 

まあそう言ってしまえばそうなんですけどね。

 

でもやっぱり何かできることがあるなら対策の一つでもやって少しでも感染のリスクを減らしたいのはだれもが同じ。

 

そこで私が現在食べているのが「オリーブオイル入り納豆」です。

いやもう一年くらい前から食べているんですな。

 

納豆一パックにエキストラバージンオリーブオイルを入れて混ぜて食べる。

 

とまあそれだけなんですけどね。

 

エキストラバージンオリーブオイルに含まれている「オレウロペイン」や「オレオカンタール」と納豆がもつ善玉菌を元気にする働きで腸内環境を整えようと思いまして。

オリーブのポリフェノール「オレウロペイン」はインフルエンザに効くのか?

 

つまり免疫力を強化対策するということになるでしょうか。

もちろんこれが絶対的な対策になるわけでもないし全ての人にすすめているわけでもありません。

 

私は納豆を食べて調子がいいと感じる人だしエキストラバージンオリーブオイルが大好きなのでこの組み合わせをやっているということです。

 

結局ですね、どんなパワフルな病原があったとしてもそれに打ち勝つ人になればいいわけですよね。

 

自分の中で「これだっ!!」て思うこの気持ちもあるのかな?

一応結果として前シーズンは風邪一つ引かなかった、これは事実。

 

自分自身が弱いままで外側だけで防ごうとしても突破されてしまいますから。

基本はやっぱり自分自身ってこと。

 

すごい納豆s-903

 

納豆の種類には特にこだわりがないのですが、とりあえず最近は流行りのコレ↑を食べています。

 

 

タレにヒミツの乳酸菌が混じっているw

トロミが少しあって個人的には好きな味です。

 

hiokiオリーブオイル

 

現在使っているエキストラバージンオリーブオイルはこれです。

 

 

 

オリーブジャパン2019受賞オイル出店(西武池袋)レポート

 

とりあえず納豆もオリーブオイルも自分のお気に入りのものでOK。

 

この組み合わせ、苦手な人もいるでしょうか。

でも私は大好きです。

 

あ、ちなみに納豆は付属のタレじゃなくてもいいですよ。

私は上記の「s-903」入りはタレをかけますが、その他のタレはあまり使わず塩オンリーの時が多いです。

(添加物を減らしたい人にもおすすめ)

 

とにかく納豆、私はここしばらく毎日のように食べています。

 

すこぶる体調がいいんですよ。

 

便秘もしないし風邪もひかない。

 

もちろん納豆がいいのかオリーブオイルがいいのか、もしくは単に私の体が元気なだけなのかは分かりませんが、でも調子がいいことだけは確かです。

 

「インフルエンザ?何それ?」って平然と言えるような強じんな体を作りたいです。

 

そして家族にもそうなってほしい。

 

ほんと、発症すると大変ですからね。

 

それとやることやったら後は気にしないこと、むやみに怖がらないこと、自然と共存する意識を持つこと(!?)

 

常に強い心を持ちそして心穏やかに過ごすことが案外大切じゃないかって思います。

 

 

ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた
ご飯実験1~炊く時にオリーブオイルを入れてみた

我が家はみんなご飯(白飯)が大好き。

 

本当に美味しいご飯があればおかずはいらないかも(?)と思う時もあります。

新米のみずみずしい美味しさや香りはたまりませんよね。

 

でも新米の時期が過ぎるとなんだかパッとしないご飯になったりします。

 

そこで巷では色々と隠し味を入れて美味しく炊けるように工夫するのですが、その中の一つにオイルを入れて炊く」という方法があります。

 

そこで今回は「エキストラバージンオリーブオイル」を入れてご飯を炊いてみることにしました。

 

入れる量は3合に対して小さじ1杯くらい。

 

3合のお米にオリーブオイル5cc入れる_1

 

3合のお米にオリーブオイル5cc入れる_2

↑見た目的にはちょっと心配ですが・・・

 

色々なレシピを見ているともう少し多目に入れている方が多いようですが、今回はあくまでも白飯を美味しく炊くための「隠し味」という役目。

 

本来ならサラダ油やグレープシードオイルなど風味のないものの方がいいでしょう。

でも最近はあまり購入していないので今は在庫なし。

 

少量ならエキストラバージンオリーブオイルの風味がご飯に付く心配もあまりないような気がします。

その辺も実際はどうなるのかチェックしながら炊いてみることにします。

 

オイルを入れる目的は

 

「ふっくらとツヤツヤに炊く」

 

ということ。

 

オイルでお米の一粒一粒に膜を作りベチャっとつぶれることも防いでくれるといいます。

 

オリーブオイルを入れた白米_2

↑炊き立ての状態の「ゆめぴりか」です

 

確かに見た感じツヤツヤしています。

そして一粒一粒がしっかりしている印象です。

 

アツアツの湯気の匂いをかいでみましたがオリーブオイルの匂いは全くなし。

 

もっと量を多く入れた場合は分かりませんが、3合で小さじ1杯でも十分効果が出たと思うのでこのくらいでいいのではないかと思います。

 

そして味もオリーブオイルの風味は感じません。

 

またオイルならではの程よいしっとり感があって個人的には大成功だと思いました。

 

あまり大量に入れるとベタベタ感や変な油っぽさを感じるかもしれませんし、やってみる場合は少し控え目な量から試してみた方がいいかもしれません。

 

ちなみに家族は全く気が付かずw

ただ炊き立てのご飯を喜んで食べていたといった感じです。

 

また冷めた時も特に問題なさそうでした。

もっちりした美味しいご飯を食べることができました。

 

オイルの効果ですが、炊飯器やお茶碗に硬くこびりつくことがないという「予想外のメリット」もありました。

 

ご飯のこびりつきって想像以上に厄介なものなので結構ありがいたいかも。

 

今回の実験「オリーブオイルを入れて炊いたご飯」は成功と言っていいでしょう。

 

使うオリーブオイルはエキストラバージンをおすすめします。

 

風味のあるエキストラバージンでも少量ならほとんどご飯の味に影響がないですし、継続して入れるのならできるだけ質の良いオイルの方がいいでしょう。

 

パサパサご飯に不満を持っている方はぜひお試しください。

 

参考記事

ご飯実験2~炊く時に亜麻仁油(アリーガ)を入れてみた

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方