カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • オリーブオイルを使ったレシピ
カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピ
生姜を保存するのにオリーブオイル漬けにしてみる
生姜を保存するのにオリーブオイル漬けにしてみる

実は私、生姜が大好きです。

 

お寿司のガリも残さず食べます。

牛丼の紅生姜もてんこ盛りします。

 

チューブの生姜も常備していますがもちろん一番は何と言っても新鮮な生姜。

 

でも薬味などに利用するも全てを食べ切ることができずに時々ダメにしてしまうことも。

 

保存しておくには常温放置が一番いいと母に教わりましたが、やっぱり少し水分がぬけちゃうような気がするんですよね。

 

そのため今まではすって小分けにした生姜を冷凍していましたが、オイルを使った保存もできると。

 

オイルはもちろんオリーブオイル。

 

千切りやみじん切りにした生姜をタッパーなどの容器に入れ被るくらいのオリーブオイルを入れます。

 

千切り生姜のオリーブオイル漬け_1

 

千切り生姜のオリーブオイル漬け_2

 

冷蔵庫に入れておくのでエキストラバージンオリーブオイルが固まってしまったら常温にするかスプーンなどを使います。

 

そういえば私の最近のお気に入りはご飯にかけるタイプの刻み生姜。

 

 

これ、アツアツのご飯に乗せて食べると本当に美味しいです。

生姜好きにはたまりません。

 

これは和風な味ですが、オリーブオイルに漬けた生姜もまた別の美味しさがあります。

 

和洋どっちにも使えると思う。

 

もちろんご飯に乗せなくても調味料として何でも使えますし、オイル漬けですから保存もききます。

 

刻み方は細かく切ってもいいし千切りでもお好みで。

 

火を通す方法もありますが、私は刻んでオリーブオイルに漬けるだけ。

 

これを健康維持のために毎日ちょっとずつ食べるのも良し。

 

生姜焼き(ポークジンジャー)にオイルとともに使っても良し。

 

卵かけご飯にも良し。

 

白飯に乗せるのも良し。

 

味噌汁にトッピングでも良し。

 

生姜が嫌いな人には特におすすめしませんが、私のように生姜が大好きな人には絶対に気にってもらえるのではと思います。

 

生姜は体を温めると言われているし、風邪や冷え性対策に生姜を食べる人も多いと思います。

 

いざという時に「ない!」ってこともよくある生姜。

 

わざわざ生姜だけを買いにいくのもおっくうだけど無いと困るのも事実。

 

やっぱり常に冷蔵庫に入っていてほしい。

 

冷蔵庫の片隅でしょんぼり劣化した生姜と出会うよりオイルに漬かったフレッシュな生姜を食べたいものです。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

付け合わせより主役になるかも?トマトのオリーブオイル漬け
付け合わせより主役になるかも?トマトのオリーブオイル漬け

トマトはとりわけオリーブオイルとの相性が良い野菜です。

 

生でも加熱しても美味しくそしてオリーブオイルを加えることによって一段と美味しさが引き立つ。

 

今回はトマトのオリーブオイル漬けを作りました。

 

カットしてオリーブオイルといくつかの調味料に漬けるだけ。

 

トマトにオリーブオイルをかけているところ

 

もともとは肉料理の付け合わせとして作ったのですが、どうもこれ脇役というより我が家では主役になってしまうのですよね。

 

いつも少し多めに作って2~3日で食べ切るようにしようと思うのですが、ついペロッと一気に食べちゃうんです。

 

すこく喉ごしがいいですが、トマトの皮が気になる人は湯むきをしてもOK。

うちでは皮付きを好むので余程のことが無い限りそのまんまですが。

 

オリーブオイルの他に加えたのは少しのリンゴ酢と塩・コショウ。

 

砂糖・・・も少し入れていいかも。

でも迷ったあげくやめました。

 

今回のトマトは割と熟していたから砂糖は無しでも大丈夫でした。

でも取りあえず酢をほんの少し入れるとトマトの味がよりハッキリと味わえると思う。

 

味のハッキリしない残念なトマトでも美味しくなるはず。

 

お酢とオリーブオイルとの相性も問題なし。

バルサミコ酢ならもっと良かったかも・・・。

 

トマトは生でも加熱しても美味しいですよね。

 

オリーブオイル漬け、生でも加熱でもまたドライトマトでも美味しいです。

 

トマトをそのまま食べるよりトマトの味が濃くなるような気がします。

 

とにかくオリーブオイルとトマトには共通する何かがありますよね。

 

トマトのオリーブオイル漬けを皿に出してバジルをかけたところ

↑いくらでも食べてしまいそう

 

トマトのオリーブオイル漬けはそのままパクパクと食べるのが一番好きですが、実はこれ、色々なトッピングにも応用できます。

 

例えばもう少し小さくカットしてサラダやパスタのトッピングに。

 

和食では冷奴や納豆に乗せるのもいいですよ。

 

納豆ってあのネバネバ感や臭みがイヤで敬遠している人、日本人にも多いですよね。

 

何を隠そう私なんですが。

栄養豊富な納豆をいかに食べやすくするかは私の永遠の課題なのです。

 

その一つとして、オリーブオイルに漬けたトマトがある時は納豆に乗せて食べることも多いです。

 

トマトの爽やかさ、そしてオリーブオイルの風味が納豆の欠点を一掃!

 

これちょっとおすすめです。

 

トマトのオリーブオイル漬けは数日間なら持ちます。

トマトがたくさん手に入った時には作っておくといいかも。

 

トマトのオリーブオイル漬け

 

ミニトマトもいいかも。

まあどっちにしても我が家ではペロッと食べちゃうのですが・・・。

 

ちなみにエキストラバージンオリーブオイルで漬けて冷蔵庫で保存するとオイルが固まってきますが、室温で少しおいておけばふつうに溶けてきます。

 

私はトマトのオリーブオイル漬けはいつも冷蔵庫に入れておき、オイルが溶けだした時に食べるようにしています。

 

やっぱりトマトは冷たくして食べたいです。

 

参考記事

【ルイーザ】オリーブオイルも野菜もオーガニック(有機)で癒しのレシピ

 

 

オリーブオイルでカリッと香ばしく【鶏むね肉の香草パン粉焼き】
オリーブオイルでカリッと香ばしく【鶏むね肉の香草パン粉焼き】

安くて栄養豊富な鶏むね肉は我が家でもよく食べますが、調理法によっては肉質がボソボソと硬かったり味があっさりし過ぎていたりといまいちパッとしない時があります。

 

今回ご紹介する料理はそんな鶏むね肉を使った香草パン粉焼き。

 

バジルとパルメザンチーズの風味が香ばしく広がりオリーブオイルを使ってRUI-Zカリッと焼いていきます。

 

鶏むね肉の香草パン粉オリーブオイル焼きのレシピ

 

我が家で作る「鶏むね肉の香草パン粉オリーブオイル焼き」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・鶏むね肉・・・1枚

・日本酒・・・大さじ1杯

・パン粉・・・大さじ4杯

・ドライバジル・・・大さじ2分の1~1杯

・パルメザンチーズ・・・大さじ1~2杯

・エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ2杯程度

・塩・コショウ・・・適量

 

作り方

 

1.鶏むね肉は薄めの削ぎ切りにしてから日本酒と塩を少々かけてよくもみ込み、しばらく置いておきます。

 

鶏肉に日本酒をたらす

 

2.ビニールにパン粉とパルメザンチーズ、ドライバジルと塩コショウを入れてよく混ぜます。

 

香草パン粉を作る

 

3.鶏肉を2の中に入れてパン粉をまんべんなくまぶします。

 

4.フライパンを中火で熱しオリーブオイルを入れてよくなじませます。

 

鶏肉を焼くためにフライパンにルイーザをたらす

 

5.鶏肉の両面をこんがりきつね色になるまで焼いていきます。

 

鶏のむね肉をフライパンで焼く

↑パン粉がはがれやすいので注意

 

鶏むね肉の香草パン粉焼き_2

 

淡白な鶏むね肉を香ばしく調理できるオリーブオイル

 

鶏むね肉はどうしてもボソボソと硬くなってしまうのが欠点ですよね。

 

ですがそんな時は日本酒を入れてよくなじませ少しおいておくと比較的柔らかくなるのでおすすめです。

 

また鶏むね肉は脂身が少なく淡白な味ですが、今回のように香草やチーズでパン粉に味を付けてあげるとすごく美味しくなります。

 

ドライバジルの代りにパセリでもOKですが、私はいつもバジルにしてしまいます。

 

パルメザンチーズの量もお好みでどうぞ。

我が家はあまり多いと子供が嫌がるので大さじ1杯にしています。

 

オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルを使いました。

 

香りのたつエキストラバージンオリーブオイルは本来は生食の方が向いているのですが、ふつうの(ピュア)オリーブオイルがなかったので使っちゃいました!

 

結果は言うまでもなし。

 

安い鶏むね肉ですが、ちょっと贅沢で本格的な味になりましたよ。

 

香草パン粉焼きはサラダ油よりもオリーブオイルが断然おすすめ。

 

香りが移っても違和感ないし(というか移った方が美味しいです!)、香りのないピュアオリーブオイルよりしっかり香り立つエキストラバージンオリーブオイルの方がいいようです。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

高カカオチョコレートでドリンク作成、ついでにオリーブオイルも
高カカオチョコレートでドリンク作成、ついでにオリーブオイルも

高カカオチョコレートを健康のために食べている方はたくさんいると思います。

 

でも90%を超えるとまさに「良薬は口に苦し」。

眉間にシワがより口の端が自然にひん曲がってしまいます。

 

実は先日、母親からカカオ95%のチョコレートをもらいました。

 

複数購入したのはいいけれど、食べてみるとやっぱり苦痛なので一箱持っていってと。

 

無理するから。

困ったものです。

 

正直、私は食べれませんし高カカオ好きの子供(80%代ならイケる)でもこれは無理。

 

こうなったらお料理の隠し味として使おうと考えていました。

 

でもなんとかチョコレートメインで、そして美味しく食べることはできないものか。

 

そこで今回はこの高カカオチョコレートを使ってチョコレート・ドリンクを作ってみることにしました。

 

材料はこちら

 

今回使ったのは明治の「チョコレート効果カカオ95%」。

 

↑これを複数個まとめて買ったのですな・・

 

もちろんこれじゃなくても99%とか100%とかでもいいですよ。

もうね、90%超えると私的には食べられたもんじゃありません。

 

チョコレート効果カカオ95%の原材料

 

当然「植物油脂」は入っておらず。

 

砂糖は一応入っています。

(甘さは感じませんが)

 

チョコレート効果カカオ95%の栄養成分

 

一枚(5g)食べるとカカオポリフェノールが174mgとれます。

 

脂質は2.6gです。

 

チョコレート効果カカオ95%を一口かじる

 

とりあえず食べてみました。

 

う~ん、やっぱり苦しい。

 

「苦い」って「苦しい」と同じ意味だと思うわ。

苦痛を感じるレベルです。

 

決して不味いのではないんです。

 

カカオの美味しさはふんだんに感じるのですが、やっぱり苦しさが襲ってきます。

 

普段よほど砂糖毒におかされている証拠でしょうか。

 

単純にお湯で溶かす

 

とりあえずチョコレート・ドリンクを手軽に作るということで単純に「お湯で溶かそう」と思いました。

 

それでいいのか!?

 

でも余計なものを入れず簡単にできるのが一番というのが私のモットーです。

 

チョコレート効果カカオ95%を3つカップに入れる

 

材料としては「チョコレート効果カカオ95%」をカップに3つ。

そして熱湯150mlをそそぎます。

 

チョコレートをお湯で割ったところ

 

割と簡単に溶けていきました。

(ごく小さい泡立て器で混ぜましたが普通にスプーンでも大丈夫そう)

 

そして飲んでみる、すると・・・。

 

飲めます!

ブラックコーヒより苦くありません。

 

これ、いいじゃないですか!

 

以前、お湯ココアを紹介した時にもブラックコーヒ好きなら絶対大丈夫とった記事を書きました。

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

 

それを考えると高カカオチョコレートを原材料としても大丈夫なのは想像つきますが、とにかくあの苦さが相当緩和されて、しかもカカオの美味しさはそのままに飲むことができると思います。

 

もちろんお湯やチョコレートの量はお好みで調整OKです。

 

ついでに72%でもやってみた!

 

ふだん我が家では高カカオチョコレートといえば「72%」を購入しています。

 

チョコレート効果72%

 

72%ですと、そのままでも十分に美味しいと感じながら食べることができますが、これで同じようにドリンクを作ってみることにしました。

 

95%と72%で作ったチョコレート・ドリンク

 

左が95%で右が72%のチョコレートで作りました。

 

画像ではほんのちょっと色が違ってみえますが(光の関係?)、実際にはほぼ変わりなしですね。

 

で、72%のチョコレート・ドリンクはちゃんと甘さを感じます。

 

95%がまさにブラックコーヒーなら72%は微糖ですかね。

 

まあわざわざ溶かして飲もうとしなくてもいいと思いますが、もし80~90%以上の高カカオチョコレートを購入してみたものの、苦すぎてもてあましてしまっている方がいたら「溶かして飲んでみて!」と言いたいです。

 

コーヒーとはまた違った美味しさが味わえますし、ココアともやっぱり微妙に違うような気がします。

 

もちろんそれでも苦いという方はハチミツやオリゴ糖を入れてもOKです。

 

最後にオリーブオイルを入れてみる

 

ココアの時にもやったように、最後はオリーブオイルを入れてみます。

 

チョコレートドリンクとオリーブオイル「ルイーザ」

 

 

オリーブ・チョコレート

 

オリーブココアならぬオリーブチョコレートですかね。

 

いつまでもあったかくて美味しさ持続、もちろん便秘の方にもおすすめです。

 

良かったらお試しください。

 

参考記事

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット