カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • オリーブオイルを使ったレシピ
カテゴリー:オリーブオイルを使ったレシピ
缶詰の冷凍みかんにオリーブオイルをかけると大人のデザートに
缶詰の冷凍みかんにオリーブオイルをかけると大人のデザートに

冷凍みかんって旅のお供や学校給食ってイメージがありますね。

 

家庭でも作れるのでアイスを買ってこなくても安くて美味しいデザートができます。

 

冷凍みかんは普通はまるごと皮付きですが、これは旬じゃないとムリ。

 

ですがみかんの缶詰を使えばいつでも冷凍みかんを作って食べることができます。

 

缶詰のみかんを冷凍したところ

↑天然シャーベット!

 

缶詰を使う場合は面倒でもみかんを缶から出して冷凍した方がいいでしょう。

 

理由は冷凍することで万が一膨張してしまうと缶がゆがんだり中身が出てくる可能性があるから。

 

全ての缶詰でそうなるわけではありませんが、念のため缶詰のまま冷凍するのはやめた方がいいと思います。

 

みかんの缶詰は甘いシロップに浸かっているものが大半。

でも今回はオリーブオイルをかけて食べるのでシロップは一緒に冷凍しません。

 

シロップは糖分がかなり多めですからね。

 

一緒に飲みたくなる気持ちも分かりますが、みかんがほどよく吸ってくれている分だけにし後は捨てちゃいます。

 

清潔なキッチンペーパーなどで軽く水分(シロップ)を取ってから冷凍しましょう。

 

冷凍みかんにオリーブオイルをかけているところ

↑冷凍みかんに上質なエキストラバージンオリーブオイルをかけて

 

缶詰のみかんってシロップが甘いので子供向けのイメージがありますが、エキストラバージンオリーブオイルをかけると一転、大人向けのデザートになりますね~。

 

シロップに浸かっていたので実際のみかんよりも甘いはずですが、オリーブオイルが味をしめてくれています。

 

柑橘系が持っているほろ苦さがちょっぴり顔を出すような・・・。

 

美味しくてとまりません。

 

ダイエット中の方が食べるオヤツとしてもおすすめしたいです。

 

もちろん子供が食べる時にはオリーブオイルなしでもOK。

 

シロップも冷凍してあげればよりいっそう喜ぶでしょう。

(でも糖分多目なので注意)

 

ちなみに「皮付きまるごと冷凍みかん」を作るのは意外と難しかったりします。

 

というのも上手に冷凍できないと皮がなかなか剝けずにイライラするはめに・・・。

 

それならいっそのこと皮を剝いてから冷凍するって手もあります。

 

こっちの方が失敗は少ないと思いますが、どっちにしても生のみかんを使うのであれば季節は限られるわけです。

 

一方、缶詰のみかんなら年中あります。

 

もちろん旬の味とは少し違いますが、うちの子は缶詰のみかんの方が好きかも。

 

なんとなく昭和な味ですよね。

懐かしい美味しさです。

 

冷凍みかん自体も昭和臭を感じる食べ物ですが、今の子供達も好きみたいですよ。

 

うちの子も冷凍みかん、大好きです。

 

でも缶詰のみかんって甘いだけ甘くて栄養なんてないのでは?って思いますよね。

 

確かに旬のみかんのような栄養はないかもしれませんが、意外とビタミンCは残っているみたいです。

 

やっぱり缶詰って完全に密閉しちゃいますから。

 

魚の缶詰にもビックリするくらいオメガ3(DHA・EPA)が入っています。

 

缶詰のみかんは比較的安いですし、ちょっと冷凍みかんが食べたくなったなあという時には季節を選ばない缶詰のみかんはおすすめです。

 

大人の方はぜひエキストラバージンオリーブオイルをかけてみてください。

 

あまりかけ過ぎずほんのり風味が加わるくらいがちょうど良いと思います。

 

今回使ったオリーブオイル↓

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)

 

 

 

和風なだし巻き卵にピュアオリーブオイルは大丈夫?
和風なだし巻き卵にピュアオリーブオイルは大丈夫?

ピュアオリーブオイルは精製したオリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたもの。

 

無味無臭のグレープシードオイルなどに比べると、ほんの少しだけオリーブオイルの風味がするものがあります。

 

そんなピュアオリーブオイルで繊細な和風味のだし巻き卵を焼いても大丈夫なのか今回は実験(?)してみたいと思います。

 

今回使う出汁はこちら。

 

茅乃舎だし

↑久原本家 茅乃舎だし

 

 

いただきものなのですが、とても上品な出汁が出るので気に入っています。

 

かつおぶし、昆布、うるめいわし、焼きあごと多様な素材が入っているのにクドさやえぐみなどは感じずどんな料理にも合います。

 

茅乃舎だしで出汁をとる

↑出汁をとるのも簡単

 

とった出汁、みりん、醤油、砂糖を溶き卵に混ぜます。

うちのだし巻き卵は子供の強い要望でかなり甘めにしています。

 

卵に出汁を入れる

 

ピュアオリーブオイルをフライパンにぬる

 

卵は数回に分けて足しながら焼きますが、その都度ピュアオリーブオイルを塗ります。

 

ピュアオリーブオイルで焼いた和風なだし巻き卵

 

砂糖とみりんの入れ過ぎで焦げて失敗しました。

(子供は全く気にせずパクパク( ;∀;))

 

ですがオリーブオイルの香りもまったく感じず和風な味を損なうことはなかったです。

 

ピュアオリーブオイルなら和洋中どれでもその料理の本来の味を変えることなく使えそうです。

 

全てのメーカーのピュアオリーブオイルに同じことが言えるか分かりませんが、おそらくほとんどが大丈夫ではないかと。

 

もちろんエキストラバージンオリーブオイルを加熱調理に使ってもOKですよ。

 

というかそっちの方がいいのですが、なにせ値段が高いので。

 

そして香りを楽しみたい人には加熱調理で香りが相当飛んじゃうし、また料理にオリーブオイルの香りをつけたくない人にとってもちょっと香りがついちゃうのでどっちにしろ微妙かも。

 

その風味がマッチするメニューには最高なんですけどね。

もう本当に素晴らしい調味料なのです。

 

ですが私は全ての料理にエキストラバージンオリーブオイルの香りがついてほしい人ではありません。

 

やっぱりできれば無味無臭に近い油が欲しいのです。

 

もし質の良いピュアオリーブオイルがあれば、オメガ9のオレイン酸メインのオリーブオイルは十分に候補になり得ると思います。

 

なんせ品種改良なしの天然オレイン酸です。

 

ただ気になるのはやっぱりオリーブオイル業界はなかなかのブラックだということ。

 

エキストラバージンオリーブオイルは有名ですが、ピュアオリーブオイルではどうなんだろうと。

 

これだけが気になるところです。

 

参考記事

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?

カメリナオイルVSグレープシードオイル!加熱にどっち使おう

 

 

酸っぱくて苦手!?体に良い「酢玉ねぎ」はオイルでまろやかに
酸っぱくて苦手!?体に良い「酢玉ねぎ」はオイルでまろやかに

みなさん「酢玉ねぎ」って知っていますか?

 

健康に良いと随分前に話題になったのですが、今でも地道に人気がありますし継続して食べ続けている人もいます。

 

ですが酸っぱくて食べられないとか飽きてすぐに止めちゃったなんて人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな酢玉ねぎに良質なオイルをかけるとすごく食べやすくなりパワーアップできるのでご紹介したいと思います。

 

酢玉ねぎとは?

 

酢玉ねぎとはスライスした玉ねぎを酢に一定期間漬け込んだものです。

 

酢玉ねぎを食べると玉ねぎとお酢の相乗効果で血液サラサラ、体のトータルケアが簡単にできると言われています。

 

生活習慣病や脂肪が気になる年代になってきたら酢玉ねぎはホントにおすすめなのです。

 

ちなみに我が家では10年前から作って食べていました。

 

きっかけは夫の血圧が高かったこと。

 

しばらく食べ続けたのが良かったのかどうかはハッキリしませんが、血圧が安定したのは事実でした。

 

なので私の中では酢玉ねぎはとても評価の高い食べ物なのです。

 

酢玉ねぎの作り方

 

酢玉ねぎの作り方はとても簡単。

 

薄くスライスした玉ねぎを清潔な密閉ボトルなどにお酢と一緒に入れて数日間漬け込むだけです。

 

人によって少しづつ作り方が違いますが、私は玉ねぎ1個に対し半分くらい被る程度のリンゴ酢と大さじ1杯のハチミツを入れます。

 

ガラスの密閉容器に入れて5日間、時々上下逆さまにして全体に酢が馴染むようにします。

 

作りたての酢玉ねぎと5日間経った酢玉ねぎ

↑手前が今食べている酢玉ねぎ、奥が新しく作った酢玉ねぎ

 

5日間漬け込んだ酢玉ねぎは次の酢玉ねぎが出来上がるまでに食べ切るようにしています。

 

酸っぱくて続かない!?オイルをかけるとかなりまろやかに

 

上記を見て分かる通り、酢玉ねぎを作るのは物凄く簡単です。

 

手間もかからないから長く続けやすいと思いきや、実は案外続かない人も多いのではないでしょうか。

 

例えば酸っぱいのが苦手だという人や生の玉ねぎがイヤだとか飽きるとか。

 

これ全部私のことなんですけどね。

(あと夫も)

 

我が家は酢玉ねぎに出会って10年以上経ちますが、継続して食べ続けることはできませんでした。

 

やっぱり酸っぱさがツンと来るんですよね。

 

それでもそんな酸っぱさ対策はあるにはあるのです。

 

リンゴ酢は酢の中では比較的食べやすいのでおすすめですし、ハチミツやオリゴ糖など良質な甘味も酸味を緩和したい人は入れた方がいいと思います。

 

そして数日間寝かすこと。zzz・・・

 

酢に漬けて数時間で食べることは可能ですがやっぱり食べずらいですから。

 

うちでは5日間を目安に冷蔵庫で放置させているのですが、お酸の強烈さが緩和されると思います。

 

しかしそれでもまだまだ酸っぱい(笑)

 

まあ酢に漬け込むわけですから当たりまえなのですが。

 

そこでさらに味を柔らかくするためにおすすめしたいのが「オイル」です。

 

酢玉ねぎにオリーブオイルをかける

↑大さじ1杯のエキストラバージンオリーブオイル

 

いくつか試してみたのですが、やっぱりおすすめはエキストラバージンオリーブオイル。

 

そもそも玉ねぎとオリーブオイルって凄く合うんですよね。

 

できれば新鮮なエキストラバージンオリーブオイルがいいですし、フレッシュな青い香りが酸っぱさと玉ねぎ臭をずいぶんカバーしてくれるのです。

 

私がかけたオリーブオイルはこちら↓

日清オイリオ通販限定「ルイーザ(LUISA)」

 

もちろんトマトなど他の野菜と合わせてもいいし、酢玉ねぎを刻んでオリーブオイルと合わせてドレッシングにしてからサラダにかけるのも美味しいですよ。

 

そう、別にそのまま食べなくても酢玉ねぎをリメイクしてもいいのです。

そうすれば酸っぱさを気にしないで食べることも可能。

 

ですが酢玉ねぎは「できるだけ毎日食べ続ける」ことがポイント。

 

一回食べたくらいでは体に良い変化は起ませんし、食べるのをやめてしまえば元の状態に逆戻り!?

 

毎日食べるとなるとあまり手の込んだものを作り続けるのは面倒になって続きません。

 

できるだけ手間をかけずに食べる方法としては「そのまま食べる」が一番ですが、どうしても酸っぱくて辛いという人はエキストラバージンオリーブオイルをかけるだけでも味が柔らかくなって食べやすくなります。

 

夫はその上にほんのちょっと黒コショウをかけて食べるのが好きです。

 

オメガ3(亜麻仁油やえごま油)をかければサラサラパワーがいっそうアップ!

 

実は私、正直言いまして酢玉ねぎが大嫌いなんです。

 

元々酸っぱいものってあまり好きではないし、何と言っても生の玉ねぎがイヤ。

 

臭いしガリガリした食感も苦手です。

 

ですが少し前から再び作ることを再開しました。

やっぱり家族みんなの健康のためです。

 

よく一日50g食べろなんて言われていますが、大事なのは毎日ほんのちょっとでもいいから続けることじゃないかと思います。

 

酢玉ねぎを食べるところ

↑毎日このくらいで限界・・・

 

でも何度食べてもやっぱり食べた後の玉ねぎ臭がダメですね~。

 

ですがそんな後味の悪さもオイルで少し緩和するような気がします。

 

ちなみに私はエキストラバージンオリーブオイルをかけるのが一番好きですが、亜麻仁油やえごま油といったオメガ3系オイルもいいですよ。

 

酢玉ねぎで血液サラサラ、オメガ3でも血液サラサラのダブルパワー!

 

これを続ければきっと健康で輝かしい人生が!

(約束されるといいですねぇ・・・)

 

オメガ3もなかなか毎日続けるのが大変ですが、酢玉ねぎみたいに毎日食べるものにかけちゃって習慣にするのもいいかもしれません。

 

健康は一日にして成らず。

地道に続けていきましょう。

 

今回使ったオリーブオイル「ルイーザ」のレビュー記事はこちら

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)

 

たまにはじっくりオニオンスープを手作りする
たまにはじっくりオニオンスープを手作りする

オニオンスープは玉ねぎの栄養がたっぷりとれるスープ。

 

だからこそ時にはインスタントではなく家庭でじっくり炒めて作ってみませんか?

 

手作りなら炒めるオイルも選ぶことができます。

 

オニオンスープのレシピ

 

我が家で作るオニオンスープのレシピをご紹介します。

 

材料

 

・玉ねぎ・・・2個

・エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ2杯

・水・・・600ml

・固形コンソメ・・・1個

・塩・コショウ・・・適量

・ドライバジル・・・適量

 

作り方

 

1.玉ねぎは半分にカットし繊維と垂直に(繊維を断裂するよに)1cm程度の厚さでカットします。

 

玉ねぎをスライスする

 

2.スープを作る鍋でオリーブオイルを熱し低温でじっくり玉ねぎを炒めます。

 

玉ねぎを炒める

 

3.玉ねぎが飴色になるまで炒めたら水とコンソメを入れ、鍋の焦げをこそげ落とすようにしながらひと煮立ちさせます。

 

炒めて飴色になった玉ねぎ

 

水を入れオニオンスープを作る

 

4.塩・コショウで味を整えたらできあがり。

 

オニオンスープ_2

 

器に盛ったら最後にお好みでドライバジルをトッピングします。

 

インスタントは植物油脂や添加物がたっぷり?

 

玉ねぎを炒めるのに使ったのはオリーブオイル。

 

バターで炒めるとコクが出て美味しいですが、オリーブオイルもよく合います。

 

どちらかと言えばさっぱりした味になるので、もし物足りない時は最後にほんの少しだけバターで風味づけをしてもいいと思います。

 

インスタントのオニオンスープは何種類も売っていますが「植物油脂」や添加物が入っているものも多いです。

 

もちろん入っていないものもあるので、もしインスタントを購入する場合は原材料を確認してみてください。

 

ただしたまねぎの美味しさを味わうなら手作りにはかないません。

 

インスタントは味が濃すぎるものもありますが、手作りなら塩加減も調整できるのでより健康的ですよね。

 

そして面倒でもじっくり炒めるのがポイント。

 

だいたい30分くらい弱火でじっくり炒めます。

 

玉ねぎを焦がさないように炒めますが、鍋底に焦げがついてもスープの出汁になるのであまり気にしなくても大丈夫です。

 

トロトロでありながら食べごたえのある玉ねぎの美味しさをたっぷり味わうことができるオニオンスープ。

 

ぜひご家庭で作ってみてください。

 

美味しくてインスタントに戻れなくなるかもしれませんよ。