カテゴリー:オリーブオイルのお店紹介の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • オリーブオイルのお店紹介
カテゴリー:オリーブオイルのお店紹介
オリーブジャパン2019受賞オイル出店(西武池袋)レポート
オリーブジャパン2019受賞オイル出店(西武池袋)レポート

先日、オリーブ・ジャパン 2019(OLIVE JAPAN (R)2019)の受賞オイルが西武池袋本店に集まりました。

 

これは7月19日から24日までの期間に開催されたイベント。

 

オリーブジャパン2019池袋のポスター

 

各国の受賞オリーブオイルの販売はもちろん関連食材やグッズの販売、イートインなど盛りだくさんでした。

 

日本オリーブオイルソムリエ協会のブースもあり私も持っている多田さんのあの有名な本も販売していましたよ。

 

そのオリーブオイルは偽物です・多田 俊哉 (著)

 

ただ私の滞在時間があまりにも短くてかなり中途半端な感じになってしまったのが残念。

(1時間くらいしか時間がとれませんでした・・)

 

本当は全てのオイルに関して一つ一つ話を聞いてテイスティングをしたり、イートインでお食事をしたり・・・。

 

そんなことができたらと思っていたのですが現実はかなり時間に追われてしまい、しっかりまわれたお店もたったの3件。

 

もう少し詳しくチェックしようと思っていたのに残念。

でも会場の雰囲気などは十分に味わってきたのでできるだけシェアしたいと思います。

 

私が行ったのは7月21日の日曜日。

 

会場は熱気にあふれていたものの、まだ人がすれ違えるくらいの余裕はありました。

 

西武池袋のオリーブジャパン2019受賞オリーブオイル販売風景_1

 

西武池袋のオリーブジャパン2019受賞オリーブオイル販売風景_2

 

みなさん、それぞれお気に入りのブースでテイスティングしたり質問をしたり。

お店の方もかなり熱のこもった説明をしていたように思います。

 

割と子供連れの方も多く、かなり小さい子もふつうにテイスティングしててビックリしましたが、とてもかわいかったです。

 

小さいうちから本物の味を知るのはとても良いことだと思います。

 

そしてかなり真剣に話を聞いている人がたくさんいたのが印象的でした。

複数購入されている人も多かったです。

 

今回は当然海外の出品が多く外国の方もたくさんいました。

現地の人なのか分かりませんが、みなさん日本語がお上手でしたね。

 

私は「絶対これ!」といったものは決めずに行ったのですが、やっぱり最優秀賞を受賞したものは試してみたいかなあと。

 

オリーブジャパン2019年度受賞者はこちら

 

後は実際に行ってみて気になったものや、今まで試したことがない国のオリーブオイルをチェックできたらと思っていました。

 

で、結論から言っちゃうと今回購入したのは3品。

 

私の理想としてはお試しとして500円から1000円くらいで購入できる一番小さいボトルを10個くらい購入したかったのですが全ての作品でそれがあるわけでもなく。

 

話を聞いたりしているうちに時間が押してきて3品しか購入できませんでしたが、せっかくなので後々にこの3品はじっくり記事にしていきたと思います。

 

が、一応何を買ったのかをバラしちゃうと。

 

カスティージョ・デ・カネナのエキストラバージンオリーブオイル(スペイン産)

「Family Reserve Picual Extra Virgin Olive Oil 」スペイン

 

 

オリヴェラ・オーガニック(チュニジア産)

「Oriviera」チュニジア

 

日置オリーブファーム「緑豊オリーブ」(イタリア産)

「緑豊オリーブ」イタリア

 

本当はあとクロアチアを狙っていたのですがタイムアウト。

(残念・・・)

 

ちょうどお昼時だったこともあってイートインはにぎわっていました。

 

私は食べれませんでしたので写真だけ↓

 

イートインで販売していたオリーブピザ

↑オリーブ&オリーブピッツァ

オリーブの実がトッピングされオリーブオイルがたっぷり

 

イートインで販売していたハニーオリーブオイル

↑豆乳ドリンクの「ナニーオリーブオイル」

 

この他にもたくさんありましたが、どれも本当に美味しそうでしたよ。

 

世界のオリーブオイルベスト180展示_2

 

受賞したエキストラバージンオリーブオイルをディスプレイしてある豪華なブースはちょっと圧巻でした。(一番上の画像も)

 

最優秀賞を受賞した4品

 

真ん中に最優秀賞を受賞した作品が。

(オリーブクラウン!)

 

とにかくオリーブオイル好きには本当に最高のイベントでした。

 

オリーブジャパンをはじめとして世界のコンテストで受賞した本物のエキストラバージンオリーブオイルを手に入れることって案外ハードルが高いもの。

 

ですから受賞作品が一度に多数集まるイベントって本当にありがたいです。

こういった機会は本当に嬉しいし本当は全国各地でやってほしいです。

 

もしこんな機会に恵まれたらぜひテイスティングして話を聞いてみてください。

いつも食べているオリーブオイルとの違いにビックリするかもしれません。

 

でも衝動であれもこれも買ってしまう可能性が。

予算は最初にしっかり決めておいた方がいいかもしれませんねw

 

エキストラバージンオリーブオイルといっても本当に風味はたくさんあっていつでも驚かされます。

 

世界各地の風土を直に舌で感じられるのがオリーブオイル。

 

お好みの一品がきっとみつかるはずです。

 

参考記事

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

 

 

 

【ある日の休日】銀座付近でオリーブオイルめぐり
【ある日の休日】銀座付近でオリーブオイルめぐり

ある日の休日、梅雨の中休みと言う感じの非常に晴れて暑い日でした。

 

この日は私用のため一人で外出、少し時間が余ったので久しぶりに銀座あたりをブラブラすることに。

 

まずは新橋からスタート。

 

JR新橋駅からすぐ近くにある「せとうち旬彩館」。

(上記画像)

 

香川と愛媛の特産物を販売しているアンテナショップです。

 

アンテナショップ好きの私ですが、銀座近辺には全国のアンテナショップがたくさんあります。

 

今回せとうち旬彩館に行った目的はやっぱりオリーブ関連商品を見ること。

 

ちょうど店内の真ん中あたりにオリーブコーナーが展開されていました。

 

オリーブラーメンとオリーブパスタ

↑オリーブラーメンとオリーブパスタ

 

オリーブオイルはもちろん、オリーブの実や葉っぱを使った商品など珍しいものがたくさんあります。

 

しかし私の視線はやっぱりこちらに。

 

せとうち旬彩館で販売しているオリーブオイル

 

オリーブオイルです。

 

香川県の有名オリーブオイルがずらっと並んでいます。

 

オリーブコンテストの受賞歴

 

「OLIVE JAPAN」の受賞歴のあるものも多数。

 

東洋オリーブ 小豆島産エキストラバージンオリーブ油[手摘み]182g

 

 

東洋オリーブ株式会社の「小豆島エキストラバージンオリーブ油(手摘み)は2017年に金賞受賞だそう。

 

ところが棚には一つもない・・・。

やっぱり人気なのでしょう。

 

 

国産 香川県産オリーブ100%使用 エキストラバージンオイル(ミッション・ミディアム)(100ml)

 

こちらは2016年に金賞を受賞しているSOUJU(創樹)の「ミッション ミディアム」というエキストラバージンオリーブオイル。

 

今回はこちらを購入しました。

 

100mlで3000円超えというなかなかの値段で躊躇しましたが、せっかくここまで来て何の収穫もないのもどうだろうと思い意を決して(笑)購入。

 

実は今まで日本国内で採れた実で作ったオリーブオイルをまともに食べたことがなかったという事実!

 

あまり産地のこだわりがなく世界中のものを食べてきましたが、純粋に「THE・国産」を味わうのが楽しみです。

(後日感想を記事にする予定です)

 

この他にも私が少し前から注目していた「蒼のダイヤ」などが売っていました。

 

1階でオリーブオイルを購入すると時間はもうお昼。

 

ふらふらと二階にあがっていきランチを食べることに。

 

あられ丼

 

あられ丼とミニうどんのセット(1030円)をいただきました。

 

5種類以上の魚が細かくカットしてある丼ぶりです。

ここでDHA・EPAを補給しました。

 

お腹がいっぱいになった私は、銀座の通りをゆっくりと歩いていきます。

 

行きかう言葉から日本人の方が少ないのではという印象です。

 

左右のさまざまなお店を出たり入ったりしながら次に立ち寄ったのは銀座松屋の地下一階にある「OLIVO」。

 

銀座の松屋デパートのOLIVO

 

以前池袋のOLIVOに行った際の記事をアップしたことがあります。

OLIVO西武池袋本店 訪店レポート

 

池袋の方がひと回り広いかなといった印象。

 

ただし今回は既にオリーブオイルを購入済でしたのでお店とオイルをチラ見(笑)しただけで終了です。

 

更に歩きすすめ「OIL & VINEGAR」へ。

 

銀座のオイル&ビネガー_2017年7月

 

OIL&VINEGAR 銀座店に行ってきました

 

ここで久しぶりにスタッフさんから話でも聞こうかと思いましたが、この日はお客さんが数名入っていて私まで対応が回わってこず・・・。

 

しかもお腹が一杯で試飲や試食もできずそのままお店を後にしました。

 

暑い中、有楽町駅付近へ。

 

このあたりはたくさんアンテナショップがありますね。

 

沖縄・高知・北海道・大阪あたりのアンテナショップを巡り、駅前の露店や催し物を見ていました。

 

かなりの人込みで疲労も出始めたのでそろそろ電車に乗ろうかなと歩きだした時、ふと人込みに流されながらも露店の一つに「OLIVE OIL 専門店」といった文字を発見。

 

どうやらどこぞのオリーブオイルを販売しているようでしたが、ここで時間切れ。

ご婦人がパンにつけて試食をしているところを眺めてから改札を通りました。

 

とまあこんな感じで銀座付近の散策を終了。

 

今回はせとうち館の国産オリーブオイルを購入したのが最大の収穫です。

 

次はオリーブの葉っぱのお茶とオリーブラーメン、そしてオリーブ豚が入ったカレー(レトルト)を購入してみようかなと思います。

 

あ、ちなみに私、香川県は行ったことがあるのですが、その時はまだうどんに夢中でしてオリーブ関連はほぼスルーでした。

 

今となっては後悔ですが、今度行く時は小豆島もぜひ巡りたい。

 

オリーブな旅にすると心に誓っております。

 

【香川・愛媛せとうち旬彩館】

〒105-0004

東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル1・2F

 

 

OLIVO西武池袋本店 訪店レポート
OLIVO西武池袋本店 訪店レポート

池袋の西武デパート地下にある「OLIVO西武池袋本店」に行ってきたのでレポートしたいと思います。

エキストラバージンオリーブオイルが中心の量り売りのお店です。

 

「OLIVO」について

 

「OLIVO」は「FLOS OLEI」という世界的なオリーブオイルガイドブックで最高評価を獲得したものを中心としたエキストラバージンオリーブオイルを直輸入して販売しているお店です。

 

日本には東京を中心に5店舗(2016年現在)あります。

また飯田橋にオリーブオイルダイニングを経営しています。

 

基本的な分類として、オリーブのフルーティーさの強弱によって「ライト」、「ミディアム」、「ストロング」の3つに分けて販売しています。

 

もちろん店内で試飲できますから、実際に自分の鼻と舌で確かめてみるのも楽しいでしょう。

 

また「OLIVO」のホームページを見ると、オリーブオイルに関して非常に詳しい情報が掲載されています。

 

こちらのホームページを閲覧しただけで基本的な知識は身につくのではと思うほど。

私もよく勉強させてもらっています。

OLIVOのサイトはこちら

 

エキストラバージンオリーブオイルへのこだわりが強いのか、ウェルネスオイルなど他のオイルは今のところないようです。

しかし数年熟成されたバルサミコ酢などは販売しています。

 

インターネットで購入することもできます。

 

OLIVO西武池袋本店 訪店のレポート

 

OLIVO西武池袋本店に行ってきた感想をレポートしたいと思います。

 

場所は西武池袋の地下1階にある食品館内。

「おかず市場口」から入って左手すぐになります。

 

遠目からでもオリーブオイルのステンレスタンクが目につきました。

 

オリーブオイルのステンレスタンク「フスト」

↑ステンレスタンク「フスト」が並ぶ。そしてオイルを詰めるボトルも。

 

ふらふらと店内に入っていくと、すぐにスタッフさんに声をかけていただきました。

 

「一番搾りたてで新鮮なのものをください」

 

と、いきなりド素人な発言を放つ。

 

すると「こちらのポップがあるものはどれも搾りたてですよ」と教えてくれました。

みると黄色いポップで「搾り立て」と書いてありました・・・。

 

「搾りたて」のポップ

↑今は2016年12月初旬。つまり本当に搾り立て!

 

ということで詳しいスタッフさんの説明とともに例の如く試飲を開始しました。

(こちらのオリーブオイルはもちろん全て試飲できます。)

 

上記に書いた通り、オイルは「ライト」、「ミディアム」、「ストロング」に分けて置いてあるのですが、私はどちらかというとスパイシーなハッキリタイプが好きだったので、いきなりライトをすっ飛ばしミディアムとストロングのおすすめをいただいてみました。

 

正直どれも美味しいです。

困ったなあ・・・。

 

和食に合うもの、ヨーグルトにもかけたいなどなど、好みや料理の希望を言いながらどんどん試飲していきます。

 

するとオリーブオイルとお醤油をブレンドしたものや、熟成したバルサミコ酢まで試飲させていだだきました。

 

お醤油はかなり濃厚、まったりとした口あたりで美味、それよりビックリしたのは5年熟成の白いバルサミコ酢のお味。

 

そのままジュースで飲んだ方がいいのでは・・・というほどの美味しさでした。

 

脱線してしまいましたが、目的はエキストラバージンオリーブオイル。

ここでやっぱりライトも試してみたいと思いライトのおすすめも試飲。

 

普通はライトから始まってストロングにいくものらしいのですが、全く逆にやってしまいました(汗)

 

またフレーバータイプとしてレモン風味のエキストラバージンオリーブオイルも試飲してみることに。

 

普通フレーバータイプというのは、あまり質の良くないオイルに香りを付けたりすることがあるそうなのですが、こちらのものはレモンもオリーブの実も厳選されていて二つ同時に搾油しているのだとか。

レモンの香りが爽やかで実に美味しいです。

 

スタッフさんの説明にも熱が入ってきます。

「お時間がありましたら、あと1時間でもしゃべりますよ♪」と明るく言われてしまいましたが、あいにくこちらの方にそこまでの時間がありません。

 

ある程度の説明を受けたのち、迷いに迷って程よくバランスのとれたミディアムの中からこちらをチョイスしました。

 

イタリアのカロレア100%のオリーブオイル

 

オリーブオイルのボトルの説明

 

リブランディ社の限定商品です。

カロレアという品種を100%使っています。

 

ちょっとビックリしたのが説明に「農園海抜」が表記されていたこと。

スタッフさんいわく高い場所の方が害虫被害も少なくて質の良い実が採れるのだとか。

 

商品説明ポップ

 

とりあえずお試しとしてSサイズ(100ml)購入しました。

 

ちなみにS・M・Lサイズがあります。

こちらの商品はS(100ml)で1800円(ボトル代込の税抜き価格)でした。

 

目の前でスタッフさんがボトルにオイルを詰めてくれます。

 

ボトルにオリーブオイルを詰めるところ

 

ちなみに量り売り(目の前で詰めるもの)と既にボトルに詰めてあるケースがありますよね。

 

やっぱりお客さんの目の前でステンレスタンクから詰めるということは品質や管理の証明になるのだとか。

 

既にボトルに詰めてあるものというのは、どういう過程を経て詰められているのか分からない以上、もしかしたら日光に当たってしまっているかもしれないから、と言っていました。

 

確かにその通りだと思います。

 

OLIVOさんに対する率直な感想としては、エキストラバージンオリーブオイルに対する愛があるなあ・・・と(笑)

 

非常に詳しいスタッフさんが色々と熱意を持って教えてくれるので、分からなくても大丈夫。

ド素人さんもこの際だから色々と聞いてみてはいかがでしょうか。

 

OLIVO西武池袋本店(地下1階 食品館内)

〒171-8569

東京都豊島区南池袋1-28-1

TEL: 03-3981-0111

営業時間:月~土 10:00~21:00

日・祝 10:00~20:00

 

※OLIVO西武池袋本店は閉店しました(残念)

現在の店舗は公式サイトでご確認ください。

 

 

レピス・エピス 自由が丘店 訪店レポート
レピス・エピス 自由が丘店 訪店レポート

「レピス・エピス 自由が丘店」に行ってみました。

たくさんのスパイスとオリーブオイルの量り売りのお店です。

 

レピス・エピスについて

 

世界各国のスパイスをレードル1杯から1g単位で量り売りしてくれる珍しいお店です。

 

また、スパイスに関して色々と教えてくれたりもします。
あまりスパイスに知識や馴染がない人でも安心して購入することができます。

 

ほんのちょっとだけ購入したい時でも大量に買いたい時でも、非常に便利なお店だと思います。

 

そしてオリーブオイルも100mlから量り売りをしてくれます。

 

オリーブオイル量売りの看板

 

ただし店舗によっては量り売りをしていないところもあるみたいなので、行く前に一度確認してみてください。

自由が丘店ではやっています。(2016年11月現在)

他に、渋谷ヒカリエや二子玉川など計5店舗あります。

 

「レピス・エピス」のホームページはこちら

http://www.lepiepi.com/

インターネットで購入することもできます。

 

レピス・エピス 自由が丘店 訪店のレポート

 

レピス・エピス 自由が丘店に行ってきた感想をレポートしたいと思います。

(※時間がない中で急いで立ち寄ったので、あまり詳しいレポートができていないと思います。申し訳ありません・・・。)

 

自由が丘駅北口から徒歩3分。

小さいお店で、うっかり通り過ぎてしまいました。

 

黄色い壁と脇にあるスパイス・オリーブオイル量り売りの看板が目印です。

 

店内に入ると、壁一面にスパイスらしきものがびっしり!

 

レピスエピス店内のディスプレイ

 

もの凄い数です。

オリーブオイルをチェックしに来たことを忘れてしばし見入ってしまいました。

 

スパイスはもちろんのこと、ミルなどのアイテムもたくさん陳列されていました。

 

レピスエピス店内の商品陳列棚

 

ふとみるとこんな商品も売っています。

 

オリーブのミル

 

これは「オリーブ ミル」です。

オリーブの古い木で職人さんが一から手作りで作ったものです。

なかなか味がありますね。

 

オリーブの木で作ったミルの説明

 

ところで肝心のオリーブオイルはどこだろう・・・と反対を向いたところで、オリーブオイルのボトルが置いてある棚を発見。

 

オリーブオイルが置いてある棚

 

ちょっとお店の人に話を聞こうとしたところ、他のお客様(スパイスをお探しでした)の対応をされていたので待機。

 

しかしなかなか終わらないうちにこちらの時間切れとなり、残念ながらオリーブオイルの量り売りに関しては自分で確かめられませんでした。

(試飲できなかった・・・)

 

そこで帰宅後ホームぺージを見たところ、確かに100mlからざっと6種類くらいのフランス産とイタリア産のエキストラバージンオリーブオイルを量り売りしてくれているみたいです。

 

それ以外でもフレバータイプのものやナッツオイル、ビネガーなんかも売っています。

 

でもどちらかというと、オリーブオイルよりもスパイスの方に力を入れている印象がありました。

 

ですが、お目当ての料理のためにスパイスとオリーブオイルを同時購入なんて人もたくさんいると思います。

 

せっかくなのでお店の方にしっかり使い方を聞いておくと、きっとおいしい料理が出来るのではないでしょうか。

 

ということで、今回レピス・エピスでは何も購入せず。

次回、行く機会がある時はスパイスを含めてしっかり計画をたてて訪れてみたいと思います。

 

レピス・エピス 自由が丘店

〒152-0035

東京都目黒区自由が丘1-14-8

TEL: 03-5726-1144

営業時間:12:00~19:00

定休日:毎週火・水曜日、年末年始