カテゴリー:オメガ3・DHA・EPAサプリメントの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • オメガ3・DHA・EPAサプリメント
カテゴリー:オメガ3・DHA・EPAサプリメント
DHAほしい!魚アレルギーでも魚油サプリメントは飲めるのか?
DHAほしい!魚アレルギーでも魚油サプリメントは飲めるのか?

魚アレルギーは珍しくはありません。

 

しかも魚アレルギーというとギラギラした青魚をイメージしがちですが、実はそうとも言えないようです。

一見あっさりした魚であってもアレルギーが出ることはあるのだそう。

 

アレルギーによって魚が食べれないと、魚がもつ素晴らしい栄養(DHAなど)をとることが難しくなります。

 

そんな方がDHAやEPAをとりたい時は植物性のオメガ3(α-リノレン酸)をとることが多くなるでしょう。

 

一方で魚油サプリメントなら魚アレルギーの人でもとることができるそう。

それはいったいどういうことなのでしょうか。

 

魚アレルギーとはなんだ?白身でも出るの?

 

魚アレルギーはごく一般的です。

 

ある魚で一度アレルギーを起こしてしまうと、他の魚を食べてもアレルギー症状が出るかもしれません。

 

魚アレルギーの原因となるのは「パルブアルブミン」というアレルゲン物質です。

 

これはどの魚も持っているため一度発症してしまうと別の魚でもアレルギーを起こしてしまう場合があります。

 

ですから魚アレルギーは青魚だけではなく白身魚でも症状が出ます。

 

魚アレルギーというと「青魚」をイメージしがちですが、それは先入観であり安易に自己判断しない方が良さそうです。

 

とは言え、全ての魚で必ずアレルギー症状が出るとは限りません。

 

少しでも食べられる魚を確保するにはアレルギー検査をしてなおかつ専門家に指導してもらうのが一番でしょう。

 

またアレルギーではありませんが鮮度が落ちると「ヒスタミン」という物質による食中毒が起きる場合があります。

 

症状が蕁麻疹など共通することからアレルギーと勘違いすることも多いでしょう。

 

また魚アレルギーかと思っていたら寄生虫のアニサキスに対するアレルギーだったというケースもあります。

 

こうなると自分が本当に魚アレルギーかどうかを確かめるには、やっぱり血液検査(アレルギー検査)をした方がよさそうです。

 

DHAやEPAってアレルギーを抑えるって聞いたのですが・・・

 

ところで魚に含まれるDHAやEPAはアレルギーを抑制するという話をよく聞きます。

 

せっかくそれらの栄養を持つ魚なのに、アレルギーが出てしまうのはちょっと矛盾しているようで納得がいきませんよね。

 

しかし残念ながら魚アレルギーの原因となるのは「パルブアルブミン」や「コラーゲン」といったタンパク質。

 

たとえDHAやEPAが多くのアレルギー反応を抑制してくれるのが事実だとしても、魚を丸ごと食べてしまうと当然タンパク質も同時に摂取することになります。

 

これは私の推測ですが、一匹に含まれるDHAやEPAの量だけではアレルギー反応を完全に抑え込むには足りないのかもしれません。

 

とは言えアレルギーの人は積極的にDHAやEPAをとることが推奨されています。

(専門医に相談の上実施してください)

 

ただし魚アレルギーの人は残念ですが「魚を食べるという方法以外で」対策するということになります。

 

「パルブアルブミン」を除去した魚油のサプリメントなら飲めるって本当なの?

 

DHAやEPAがアレルギー対策になるのなら、魚を食べるのではなく魚油のサプリメントで栄養を強化したいと思う人も多いでしょう。

 

実は魚アレルギーの人でも魚油のサプリは摂取できると言われています。

 

理由は上記に書いた通りアレルゲンとなるのはタンパク質(パルブアルブミン)で脂肪酸(オメガ3)ではありません。

 

DHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸だけを抽出した魚油サプリメントならアレルゲンを含みませんから理論上は魚アレルギーの人でも大丈夫ということになります。

 

全ての魚油サプリメントが本当に大丈夫なのか

 

ですが本当に全ての魚油サプリメントが大丈夫なのでしょうか。

 

というのも、一口に魚油サプリメントといってもその製造方法や魚の種類は商品によって違います。

 

例えば精製について。

 

多くの魚油サプリメントは「加熱精製」してあります。

(原材料に「精製魚油」などと書いてある)

 

しかし「非加熱抽出」のものもあります。

 

たとえば魚を丸ごと搾ったものですと、脂肪酸の他にも魚が本来持っているビタミンなども壊れずに残っています。

 

このように製造方法もどんな魚から抽出したのかも商品によって違っていますから、全ての魚油サプリメントで完全にアレルゲンが除去されているのかどうかは分かりません。

 

もし魚アレルギーの人が魚由来のDHA・EPAサプリメントをとりたいと思うのなら、必ずメーカーに詳細を確認することをおすすめします。

 

やっぱり安心が一番!魚アレルギーの人はこちらがおすすめ

 

魚アレルギーの人でも魚油サプリメントはとれるかもしれません。

 

でもなんだかやっぱり心配という人は以下のようなDHAサプリメントもあります。

 

海藻由来「かしこく摂りたいDHA&EPA」のメリットはこれ!

 

「かしこく摂りたいDHA&EPA」は今話題のボタニカル系サプリメントです。

魚ではなく海藻由来のDHA・EPAだということが大きなポイント。

 

そもそも魚が持っているDHAだってスタートは植物(海藻)から。

 

食物連鎖で魚の体内に一定量が溜まったというだけです。

 

「かしこく摂りたいDHA&EPA」の一番のメリットは

 

 

魚NGの人でも安心してDHAやEPAが豊富にとれる

 

 

ということ。

 

魚アレルギーの人はもちろんベジタリアンで魚を食べない人には特におすすめです。

 

アレルギーの症状って体の問題だけじゃなくメンタルの調子でも症状が違ってきたりするような気がします。

(私も幼児期は食物アレルギーを持っていました)

 

ですから少しでも気になるのなら無理しないことも大事。

他で代用できるのであれば別に魚油にこだわる必要はありませんよね。

 

「安心」を得ることが何より大切です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

人間の体は不思議なもので、一口にアレルギーと言ってもその症状の出方や度合いはほんとうにさまざまです。

 

ですがアレルギーは最悪の場合命にもかかわる重大な問題。

 

安易に自己判断せずに専門家のアドバイスをもらいながら対処すべきですよね。

(上記でご紹介した「かしこく摂りたいDHA&EPA」も念のためメーカーや専門医に再度確認してからお試しいだだくとより安心です)

 

その上でDHAやEPAを安心して積極的に摂りたいものです。

 

 

参考記事

健康家族~かしこく摂りたいDHA&EPA を一か月飲んだ感想

植物由来のDHA(ボタニカルDHA)のメリットを考える

DHAやEPAってどこからきたの?海の食物連鎖は凄かった

 

 

 

メタボは油をとれ!?良質なオメガ3でダイエットに成功したい!
メタボは油をとれ!?良質なオメガ3でダイエットに成功したい!

健康診断でメタボ(メタボリックシンドローム)だと指摘され、ダイエットを決心した人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

ですが安易なダイエットが危険なのは周知の事実。

特に自己流の油抜きダイエットはおすすめできません。

 

ダイエットをしたい人が油を抜いてはいけないワケ

 

健康的なダイエットをしたいなら油をとるべき

 

「油はダイエットの敵」だと思っている方には衝撃的な言葉ですが、これはおおむね真実です。

 

ただしやみくもに油をとれ!というわけではありません。

 

油のカロリーが高いのは本当ですから、無制限に油を食べていれば当然太ります。

 

 

本当に必要な油を必要な分だけとる

 

 

このシンプルな理論にそってダイエットをすべき。

 

もし油を完全に排除したダイエット(油抜きダイエット)をしたらどうなるでしょう。

 

人間の体のあらゆる部分には油が必要です。

 

身体の中で脂質は大切な役割をしているので、油を抜いてしまうと人間の機能そのものが低下してしまったり、最悪の場合停止してしまうかもしれません。

 

骸骨

 

ですから油抜きダイエットは素人が勝手にやるのはとても危険。

 

もしやるのでしたら専門家の指導のもとムリのないようにやるべきです。

 

そうしないとダイエットどころか大変なことになるかも。

 

現代人のオメガ3はオメガ6に負けている!

 

メタボの人がメタボになった原因、それは「オメガ6」かもしれません。

オメガ(ω)って何?オメガ3、6、9とは?

とにかくオメガ6を減らすことが先決

 

そのくらい現代人はオメガ6を大量にとっています。

 

人間の体内で作ることができない「必須脂肪酸」はオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸。

 

どちらも食べ物から摂取しないといけません。

 

ですが現代人において圧倒的にとっているのがオメガ6(リノール酸)。

 

とにかく必要以上にとり過ぎなのです。

 

理由は簡単。

 

まずは自然の食材のほぼ100%にオメガ6(リノール酸)が入っています。

 

そこにリノール酸がたっぷり含まれた加工食品や外食をとる機会が多いのですから当然かもしれません。

 

現代人は無意識に生活していると、どうしてもオメガ6が入ってきてしまうのです。

 

一方、オメガ3(α-リノレン酸、DHA、EPA)は意識してとらないといけません。

 

もともと自然な食材に含まれる量が少ない上に、オメガ6(リノール酸)を食べすぎることでせっかく食べたオメガ3が相殺されてしまいます。

 

実はオメガ3とオメガ6は体内で拮抗しているのです。

簡単に言ってしまうと「陣取り合戦」をしているってこと。

 

チェス(陣取り合戦イメージ)

 

ですからあまりオメガ6をたくさんとってしまうと、オメガ3はどうしてもオメガ6に負けてしまうのです。

 

ダイエットで減らすのはオメガ6!オメガ3は意識してとるべし

 

オメガ3とオメガ6の理想的バランスは「1対4」とも言われます。

 

ですが現実は一説によると「1対20」くらいになっているとか!

 

これではオメガ3が体内で上手く働けません。

 

もし健康的にダイエットしたいと思っているのなら、油抜きではなくオメガ6を意識して減らしてみてはいかがでしょうか。

 

それこそ「健康になるためのダイエット」だと思います。

 

それには加工食品や外食をできるだけ控えること、そして家庭用の調理油にも気を付けることです。

 

オメガ6も必須脂肪酸ですからとらないといけません。

でも意識せずとも自然な食物を食べていれば「足りない」ということにはならないのだとか。

 

一方、オメガ3系は意識しないとなかなか必要な量を摂取することができません。

 

できるだけ自然なものでオメガ3を摂るのが理想だけど・・・

 

新鮮なオメガ3を効率的に摂る方法はいくつかあります。

 

・DHAやEPAなどが豊富な魚をたくさん食べる

・家庭で使う油を亜麻仁油やえごま油に変える

・オメガ3系サプリメントをとる

 

本来は魚や亜麻仁油といった自然の食材でとるのが一番。

 

ですが実際やってみると、なかなか難しいことが分かります。

 

魚を毎日欠かさず食べる人は現代人では少ないですし、亜麻仁油やえごま油は基本的に熱に弱く加熱調理用としては不向きです。

(⇒加熱料理もできる亜麻仁油が知りたい方はこちら

 

また現代人がオメガ6を完全に排除するのは、かなりムリをしなくてはなりません。

 

それくらい私達の身近な生活にオメガ6は入り込んでいます。

 

リノール酸のイメージ(ポテトとハンバーガー)

 

そこでおススメなのが、自然の食材でできるだけオメガ3系をとりつつ、どうしても足りない分をサプリメントで補うということ。

 

ですがサプリもたくさんありすぎて何がなんだか・・・。

選ぶのに困ってしまう人も多いでしょう。

 

AOZA(アオザ)というオメガ3系サプリメントの特長は、安全性の確認された国内産イワシを使い「できるだけ自然な食品に近いもの」を目指しているということです。

 

人工的な添加物が入っていないため、自然な食材で栄養をとりたいという人にとってはおすすめできるサプリです。

 

メーカーではアオザを「エキストラバージン・イワシオイル」と読んでいます。

 

それだけ自然なイワシ油そのままってこと。

 

数多いオメガ3系サプリメントの中でも、とりわけ特徴的でこだわりの強い商品です。

 

もし良質なオメガ3系脂肪酸をとりつつ、健康的なダイエットを目指したいなら検討してみてはいかがでしょうか。

 

ただしどんなサプリも過剰摂取にはくれぐれも気を付けてください。

 

まずは自分の食生活をチェックしどの程度足りていないかをしっかり把握すること。

そのうえで不足している分を補うというイメージがいいのではないでしょうか。

 

参考記事

おすすめオメガ3(DHA・EPA・α-リノレン酸)サプリメント一覧

AOZAアオザという高品質すぎるDHAサプリ!~口コミ・レビュー

 

 

 

【ママオメガ】ママと赤ちゃんのための植物由来オメガ3サプリ
【ママオメガ】ママと赤ちゃんのための植物由来オメガ3サプリ

妊娠において私が一番後悔していること。

 

「もっと早くオメガ3の大切さに気が付いていたら・・・」

 

そうしたら妊娠初期、いや、妊娠前から適切な量のオメガ3を摂取していたのに。

 

ママが赤ちゃんに最高の栄養をあげたいと思うのは本能かもしれません。

 

今回ご紹介する「ママオメガ」はこれから妊娠する方、妊娠中の方、そして授乳中の方に特に知ってもらいたいサプリメントになります。

 

詳細をすぐに知りたい方はこちら ⇒【ママオメガ】



 

妊婦さんにこそオメガ3は必要だった

 

妊婦さんに一番注目される栄養素って何でしょう?

 

それはたぶん「葉酸」かなと思います。

 

ブロッコリー

 

葉酸を妊娠前から妊娠初期に摂ることによって二分脊椎症などのリスクが減らせることが分かっています。

 

私が妊娠中も「葉酸を摂らねば!」と思っていたのはよく覚えています。

 

でも恥ずかしながらオメガ3は言葉すらよく知らなかったかも。。。

 

オメガ3は妊娠中にぜひとも摂ってもらいたい栄養素の一つです。

 

ママがオメガ3をしっかりと摂取することで赤ちゃんの健やかな発育の手助けになることが分かっています。

 

例えば脳や目の網膜、細胞といったとても重要な器官にとってオメガ3は必要不可欠な栄養素なのです。

 

加えて妊娠中や授乳時期にオメガ3をしっかりとっていたお母さんの赤ちゃんとオメガ3をとっていなかった赤ちゃんではIQに違いがみられることがイギリスの研究で明らかになっているようです。

 

正直これ↑を知っていれば絶対意識して摂ったはず・・・「後悔先に立たず」ですね。

 

赤ちゃんとオメガ3の関係をもっと知りたい方はこちら ⇒【ママオメガ】

 

妊娠中や授乳中は通常よりも多くのオメガ3を摂取するように推奨されています。

 

一般成人女性・・・1.6g

妊婦や授乳婦・・・1.8g

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」による一日の目安量

 

このように一般女性より「+200mg」も多く摂った方がいい。

 

でもこの毎日の「+200mg」がなかなか難しいのですよね。

 

日本人は魚を食べているからオメガ3がとれているのでは?

 

日本人は魚を食べる民族だからオメガ3(DHAやEPA)は不足するはずがない。

 

こう思っている人はいませんか?

 

確かに日本人は魚をたくさん食べていますが、実際に必要な量のオメガ3がとれているかどうかといえば残念ながらそうではありません。

 

肉食と加工食品と外食が多くなった現代の日本人はオメガ3が足りていません。

 

ハンバーガーとフライドポテト

 

そしてオメガ6とオメガ3のバランスも崩れています。

 

むしろもともと肉食文化で通常の食事からオメガ3があまりとれない欧米の方がオメガ3に対する意識が高いのではと思います。

 

特に妊娠期間中のオメガ3摂取に関しては安全性が確立されたサプリメントなどで不足しないようにしっかりとっている人が多いのです。

 

安全重視の植物由来~ママオメガのオメガ3はコレを使用

 

オメガ3を摂る手段としては大きく分けて二つの方法があります。

 

・魚由来のオメガ3を摂取する

・植物由来のオメガ3を摂取する

 

魚でとるオメガ3(DHAやEPA)はとても素晴らしい栄養素なんですが、メチル水銀などの汚染物質が心配だという人も多いでしょう。

 

マグロの刺身

 

妊婦さんなら「魚の摂取量の制限」は知っていますよね。

 

「ママオメガ」に入っているオメガ3はすべて以下のようなオーガニック&植物由来となっています。

 

グリーンナッツオイル

 

別名「サチャインチオイル」とも言います。

 

南米原産でオメガ3(α-リノレン酸)を豊富に含む貴重なオイルです。

 

亜麻仁オイル

 

オメガ3(α-リノレン酸)と言えば亜麻仁オイルを連想する人が多いかも。

 

オメガ3(α-リノレン酸)が非常に豊富です。

 

チアシードオイル

 

チアシードは美容と健康のために食べたことがある方もいるかもしれませんね。

 

チアシードオイルも非常にオメガ3(α-リノレン酸)量が多いです。

 

 

 

「ママオメガ」に使われている各種のオイルはどれも遺伝子組み換えは使っていません

 

またどれもが「コールドプレス」と言って熱を加えて搾っていません。

 

オメガ3は熱にとても弱いのです。

 

 

でも放射能はどうなの?

 

添加物は?

 

 

心配はつきませんよね。

 

「ママオメガ」は赤ちゃんの健康を願う妊婦さんが不安に思う要素をできる限り解消してくれています。

 

徹底した安全管理や品質の詳細はこちら ⇒【ママオメガ】

 

オメガ3だけじゃないママオメガには欲しい栄養素がこんなに

 

一日分の「ママオメガ」に含まれているオメガ3と葉酸の含有量は次の通り。

 

オメガ3・・・516mg

葉酸・・・480ug

 

どちらもトップクラスの豊富な含有量ですが、妊娠中にとりたい栄養素って他にもたくさんありますよね。

 

赤ちゃんのために、そしてもちろん自分自身のためにも。

 

ところが、あれもこれもと思ってもなかなか効率よくとることって現実には難しくはありませんか?

 

毎日のことですから「もう無理!」となるのも仕方ないような気がしますw

 

「ママサプリ」はオメガ3と葉酸がメインのサプリメントでありながら、その他にも実に多くの栄養成分が含まれています。

 

その栄養はビタミン、ミネラル、鉄などなんと合計60種類!


ママオメガの豊富な栄養素の詳細はこちら ⇒【ママオメガ】

 

赤ちゃんへの一番の贈り物は安全な栄養しかない

 

赤ちゃんが生まれたらこんなことをしてあげたい。

 

こんなものを買ってあげたい。

 

ファーストシューズ

 

親なら当たり前のように思うことですよね。

 

でも一番の贈り物って、やっぱり健やかな体を作る栄養にかなうものはないんじゃないかって思います。

 

でも「食べなきゃ」「とらなきゃ」とママがストレスを感じるのもよくありません。

 

基本は日々の食事から摂る栄養なのは言うまでもありません。

 

でもどうしても足りない分を効率よく補えるものがあったとすれば利用することに無駄な罪悪感は必要ないかなと思います。

 

その選択肢の一つが「ママサプリ」かもしれません。

 

「ママサプリ」は定期購入ですと初回は66%オフで購入できます。

とにかく「試してみたい!」という人にも無理がありません。

 

加えて何より嬉しいのは「定期コースの縛りがない」こと。

いつでも休止・解約できるって安心ですしありがたいですよね。

 

ただしサプリメントを飲むことになんとなく不安がある方はお医者さんに相談してからの方がいいでしょう。

 

不安なまま飲むのはよくありません。

 

いずれにしても公式サイトで成分や詳細をしっかり確認してご納得いただいてからご購入くださいね。

↓  ↓  ↓

植物由来のオメガ3&葉酸のW処方!【ママオメガ】



 

 

 

 

 

最安値はどこ?AOZA(アオザ)公式と楽天・アマゾンどれがお得?
最安値はどこ?AOZA(アオザ)公式と楽天・アマゾンどれがお得?

高品質なオメガ3系サプリメントであるアオザ(AOZA)。

 

医療業界や著名人からウワサが広がり一部の人達から絶大な支持を得ているようです。

 

オメガ3(DHAやEPA)に関心を持っている方だったら「アオザ(AOZA)」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

そんなアオザですが、オメガ3系サプリメントの中では比較的価格が高いほう。

 

そこで今回はどうしてアオザが高いのか、またどのルートで購入すればお得なのかを考えてみたいと思います。

 

そこまでやるの!?アオザ(AOZA)が高い理由とは?

 

アオザ(AOZA)の詳細をチェックしてみると、アオザ(AOZA)というサプリメントが他のオメガ3系サプリメントと比較して異質(!?)なタイプだということが分かります。

 

アオザを販売しているのは「株式会社Dr.Smile」(ドクタースマイル)という会社なのですが、アオザ(AOZA)のコンセプトは「自然界の摂理(ルール)」に沿っているということ。

 

「なんのこっちゃ!?」って思いますよね。

 

簡単に言ってしまうと「自然」か「自然じゃない(人工的)」かで分類した場合、「自然である」を選択しているということです。

 

でもサプリメントってどう考えても「自然じゃない(人工的)」方なのでは?

 

ですから最初は搾ったままのイワシ油をエキストラバージンオリーブオイルみたいにボトルに入れて販売しようとしていたらしいですよw

 

しかし「酸化」という重大な問題を完全にクリアするためには、どうしてもカプセルに入れなくてはいけなかったのだとか。

 

でもきっと妥協したのはそこだけのような気がします。

 

というのもアオザの特長を見ていくと、アオザがいかに「自然」であることを徹底的に追求しているのか分かってきます。

 

AOZAアオザという高品質すぎるDHAサプリ!~口コミ・レビュー

 

アオザ(AOZA)は理想にこだわり過ぎるほどこだわっている商品ですから、消費者が購入しやすい価格を最優先にしなかったのだろうと思います。

 

それほどまでにアオザ(AOZA)は高品質なオメガ3系サプリメントだということ。

 

決して手を出せない価格というほどではありませんが、やっぱり続けるとなると少し考えてしまうと思います。

 

アオザ(AOZA)はどこで買えば一番お得?

 

そんなアオザ(AOZA)ですが、どこで購入するのが一番お得なのでしょうか。

 

同じ商品ならできれば最安値で購入したいと思うのが当たり前ですよね。

 

まずアオザ(AOZA)は公式サイトのみならず「楽天」や「アマゾン」などでも購入できるようです。

 

そこで300粒入りの単品での価格(最安値)を公式サイトと楽天とアマゾンでそれぞれ見てみました。

(2018年5月現在)

 

【公式サイト】

 

AOZAオンラインショップ

 

・単品価格・・・10,800円(税込み)

・定期便・・・9,936円(税込み)

 

【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あす楽対応AOZA(アオザ)(EPA/DHA/Q10) 300粒
価格:7800円(税込、送料別) (2018/5/22時点)

 

・単品価格・・・7,800円(税込み)

 

 

【アマゾン】

 

・単品価格・・・7,476円(税込み)

 

 

アオザ(AOZA)の正規価格は公式のオンラインショップ価格である10,800円になります。

 

これだけ見ると楽天やアマゾンなんかで購入した方が圧倒的に安そうですね。

(※実際に購入する時は必ず最新情報を確認してくださいね)

 

ただしアオザ(AOZA)を長く続けようとしている方にとっては公式サイトの定期購入の方がメリットはありそう。

 

安定した在庫を供給できるのとお届け日の指定などができるので、継続する人にとってはうっかり切らして飲めない空白期間を防ぐことができそうです。

 

また何かトラブルがあった時には一番対応がスムーズそうですよね。

 

ところが定期便のデメリットとして「キャンセルが4回目以降のお届け分から可能」となっています。

 

確かにサプリは数日飲んだだけではその良さは分からないと思いますが、縛り期間は少し長いような・・・。

 

一方、楽天やアマゾンですと価格自体は安くても送料や手数料がかかる場合もありますので、必ず詳細までチェックした方がいいでしょう。

 

しかしもともとの単価が高いからでしょうか、送料無料のケースが多く楽天ですとポイントが2~20倍くらいつくものもあります。

 

単品価格だけをチェックするのではなく、トータルでの最安値を選びたいですよね。

 

※最新情報や詳細を必ず各サイトでご確認ください

アオザ公式オンライン

楽天市場(アオザ)

アマゾン(アオザ)

 

参考記事

AOZAアオザという高品質すぎるDHAサプリ!~口コミ・レビュー