カテゴリー:ペットとDHA・EPA(オメガ3)の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

  • ペットとDHA・EPA(オメガ3)
カテゴリー:ペットとDHA・EPA(オメガ3)
オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りキャットフード
オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りキャットフード

オメガ3系脂肪酸をしっかりとれるキャットフードのご紹介になります。

 

全ての猫ちゃんにオメガ3を強化すべきかは分かりません。

もしオメガ3系脂肪酸がとれるキャットフードをお探しの方がいらっしゃいましたら参考にしていただきたいと思います。

 

なおドッグフードもそうですが、健康上、既に何かトラブルをもっている猫ちゃんの場合は獣医師さんのアドバイスを優先させてください。

 

ここではオメガ3を考慮したあくまでもごく一般的なキャットフードになります。

 

なお各メーカーさんの「公式サイト」において詳細や初回特典などの情報を発信しているのでお見逃しなく。

 

※特典や価格は変更になることがありますので必ず最新情報をチェックしてください

 

シンプリー

 

株式会社レティシアンから販売されているシンプリー

 

あのエリザベス女王から表彰された(!)英国生まれのキャットフードになります。

 

動物栄養学者と共同開発した猫のための高品質キャットフード、我が家の猫ちゃんにいつまでも健康でいて欲しい飼い主さんから大変な高評価を得ています。

 

シンプリーの栄養成分を見てみると、オメガ6脂肪酸が1.33%なのに対し、オメガ3脂肪酸が「3.89%」も入っています。

 

これはサーモンを中心に、ニシンやマスといった魚がなんと「トータル73%」も入っているから。

 

その中には「サーモンオイル」まで豊富に入っているという徹底ぶり。

 

もちろんオメガ3の他にもグレインフリー(穀類不使用)であったりと、猫本来の理想的で何より美味しい食事を目指してるため猫の食い付きも違うと評判です。

(→口コミで生の声をチェック

 

しかも商品に対する不安を解消してもらうためにペット栄養管理士さんが質問に答えてくれるというサービスあり。

 

これは飼い主さんにとってはかなり嬉しいサービスですよね。

 

定期コースはいつでも休止・再開ができるので安心です。

 

「10~20%の割引」や他の特典プランがたくさんあるのでぜひ公式ページでチェックしてみてください。

 

公式サイト↓

シンプリー2

 

 

ジャガー

 

株式会社レティシアンから販売されている「ジャガー」。

 

食材はどれもヒューマングレード。

新鮮で上質な素材を厳選しています。

 

動物性たんぱく質は80%以上、チキンや鴨肉、そしてサーモンやマスを使うなどバランスがとれたキャットフードです。

 

風味の劣化を防ぐためにパッケージにもこだわるなど、品質管理も行き届いています。

 

トータル的に猫ちゃんの健康をサポートします。

 

公式サイト↓

ジャガー2

 

 

モグニャン

 

株式会社レティシアンから販売されている「モグニャンキャットフード」。

 

白身魚が63%も入っています。

グレインフリーで高タンパク、どうやら特に日本の猫ちゃんの好みに合っているようです。

 

白身魚は基本的に低脂肪ですが、サーモンオイルやアマニが入っているのでオメガ3系脂肪酸も豊富。

 

オメガ3は2.08%の含有量となっています。

 

公式サイト↓



 

 

アカナ

 

アカナのキャットフードは数種類ありどれもオメガ3とオメガ6が含まれているのですが、その中でもオメガ3の比率が高いのがアカナ パシフィカキャット

 

カナダ産の天然のニシン、イワシ、カレイ、シルバーヘイク、メバルがたっぷり入っており、オメガ6が2gに対しオメガ3が2.2%以上含まれるなどオメガ3を重視したキャットフードになります。

低炭水化物、魚のタンパク質や脂質が豊富で、猫の本来の食事を再現したキャットフードです。

公式サイト↓



 

アカナ パシフィカキャットのページはこちら

 

 

まとめ

 

以上、オメガ3がとれそうなキャットフードを取り上げてみました。

 

ペットは自分の健康のために食事を選ぶことができません。

 

ですから私達人間がいつも気にかけてあげることできっと何倍も元気でいられることでしょう。

 

エサを食べる2匹の猫

 

ちなみに私は動物が大好きですが、特に好きなのが猫。

 

現在は家庭の事情で残念ながら動物が飼えないのですが、野良猫とも友達になりたいと思うほど(庭への置き土産は勘弁ですが・・・)猫が本当に大好きです。

 

オメガ3は猫や犬にとっても大切な栄養素です。

 

しかし動物の健康は何もそれだけでは実現しません。

 

購入の際はそれぞれしっかり内容を確認していただき、他の栄養素も踏まえて総合的にご判断くださね。

 

全ての猫ちゃんにもワンちゃんにも、そして他の動物たちにも元気で幸せでいて欲しいと心から願っています。

 

参考記事

家にあるキャットフードにオメガ3(フィッシュオイル)を追加する

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りドッグフード

 

 

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りドッグフード
オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りドッグフード

ペットは家族であり人間と同じように健康に気を使ってあげるべき存在です。

 

大事な家族であるペットの体調を考えた場合、きっと真っ先にペットフードを厳選するのではないでしょうか。

 

人間も他の動物も基本は「食」。

 

食べるのは最大の楽しみでもありますから、健康を考えつつもワンちゃんが本当に美味しいと思えるようなドッグフードを食べさせてあげたいですね。

 

でも最近ではペットも人間と同じように多くの病気になるといいます。

 

これは野生ではなく飼われている動物の宿命なのかもしれませんが、だからこそ少しでも元気に長生きしてほしいのは飼い主なら誰でも同じ気持ちでしょう。

 

だとするとやっぱりペットフードってすごく大事。

実際にペットフードを見てみるとさまざまな特徴ある商品が販売されています。

 

その中でも注目は「オメガ3」(DHA、EPAなど)を意識しているもの。

やはり動物(ペット)にもオメガ3は大切だということでしょうか。

 

今回は犬、つまりドッグフードの中で特にオメガ3系(DHA、EPAなど)がとれそうなものをチェックしてみました。

 

オメガ3がバランスよくとれるペットフードをお探しの飼い主さんにとって参考になれば幸いです。

 

お得なコースや特典があるケースもありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

※特典や条件・商品内容などは変更になる可能性があります。

必ず公式サイトで「最新情報」をご確認ください。

 

アカナ

 

アカナは年齢・体重・犬種に合った多種多様なドッグフードを豊富に用意しています。

 

その中でも特にオメガ3を重視しているのがアカナ パシフィカドッグです。

 

カナダ産の天然ニシン、イワシ、カレイ、シルバーヘイク、メバルをたっぷり使用。

 

オメガ3が2.0g以上と質の良い脂質やタンパク質、それと共に低炭水化物を実現、犬本来の食事を再現しています。

 

公式サイト↓



 

→「アカナ パシフィカドッグ」のページはこちら

 

 

 

モグワン

 

株式会社レティシアンが販売しているモグワンドッグフード

 

試食会で97.8%のワンちゃんが食べたというのはちょっとスゴイかも・・・。

 

どんなドッグフードだって犬が食べてくれなければ元も子もないですよね。

 

モグワンドッグフードのポイントは「食いつき」「健康」の両方を考えて開発したということ。

 

原材料は全てヒューマングレード、つまり人間が食べてもOKなほど高水準。

 

グレインフリー(穀物不使用)で、主にイギリス産のチキンとスコットランド産の生サーモンをブレンドしています。

(タンパク質率50%)

 

主にサーモンからDHA・EPAが、そしてカナダ産の海藻からも微量のオメガ3系脂肪酸(DHAなど)がとれます。

 

とにかく「ワンちゃんの食い付きが違う」と評判のモグワンドッグフード。

 

定期コースの特典や割引も充実しているし、休止・再開・途中解約も可能です。

 

公式サイト↓

モグワンドッグフード2

 

 

 

アランズナチュラルドッグフード

 

株式会社レティシアンから販売されているアランズナチュラルドッグフード

 

その特徴は「自然給餌(ナチュラルフィーディング)」。

つまり犬という動物が本来必要とするエサを追求しています。

 

もちろん人工的なモノを一切はぶいた完全無添加。

 

そしてオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)を摂取する目的で使われているのが「亜麻仁」です。

 

亜麻仁のメリットとしてリグナンや食物繊維もとれるということ。

人間だけではなく犬にもリグナンがいいんですね。

 

亜麻仁のメリットをとりたいワンちゃんにはおすすめです。

 

公式サイト↓

体質改善

 

 

ネルソンズドッグフード

 

株式会社レティシアンが販売しているネルソンズドッグフード

 

アンケート結果では「満足度95%」とかなりな高評価です。

 

ネルソンズの特徴は、グレインフリーで人工添加物は不使用といった自然派のドッグフードだということ。

 

そしてオメガ3系オイルとして入っているのが「サーモンオイル」になります。

犬の毛並を良くするお手伝いをすると言われています。

 

割引・プレゼントキャンペーンなどあり。

 

公式サイト↓

ネルソンズドッグフード2

 

 

犬心(いぬこころ)元気キープ

 

こちらのドッグフードは、がんや腫瘍のワンちゃんをサポートするために作られたという少し特殊なものになります。

 

家族であるワンちゃんが病気になったら、できるだけのことはしてあげたいと思うのは飼い主さんにとっては当たり前ですよね。

 

「犬心 元気キープ」にはがんや腫瘍をもった愛犬にとって望ましい栄養が含まれています。

 

・炭水化物25%以下・・・腫瘍の栄養枯渇のため

・良質な脂肪約25%・・・炭水化物の代替えとして

・オメガ3系脂肪酸が高含有(約5%~)

・良質なたんぱく質(30%以上)

・がんケア成分「アルギニン」が高含有(2%以上)

 

「犬心 元気キープ」は、現在これらの条件を全て満たした「唯一のナチュラル療法食」となっています。

 

がんの主な栄養源となる炭水化物を減らし、がんが利用できない脂肪に置き換える、その脂肪はオメガ3の比率を高くしているという徹底ぶりです。

 

使われているオメガ3系脂肪酸は主に亜麻仁油がベースとなっています。

 

栄養面・安全面・おいしさの条件を満たすために、あえてドッグフードとオメガ3オイルを分けていますので、食べる時にオイルを振りかけてあげてください。

 

飼っているワンちゃんが実際に食べてくれるかどうかをチェックできる「初回無料のお試し定期便コース」があります。

 

実際に食べさせてみてから続けるかどうかを決めることができるので安心です。

 

その他、大切な愛犬のために成分も栄養も色々と工夫がされた「犬心 元気キープ」です。

(やまと花びらたけを配合)

 

※公式サイトで詳細をよく確認してからお申込みください。

(担当のお医者さんのアドバイスにも従ってください。)

 

公式サイト↓

 

 

 

犬心(いぬこころ)糖&脂コントロール

 

【犬心 糖&脂コントロール】も特殊なドッグフードですので問題を抱えたワンちゃん向けになります。

 

以下の7つの病気・トラブルのケアを目的として開発されています。

 

・クッシング症候群

・膵炎

・甲状腺機能低下症

・高脂血症

・糖尿病

・メタボ肥満

・脂質代謝異常症

 

これらは原因が同じで併発リスクが高いことから、全てを同時にケアできるのが本来は一番理想的です。

 

「犬心・糖&脂コントロール」はこの大変難しい問題に取り組み、なんとか開発に成功した自然派療法食になります。

 

脂質を約5%程度に調整するなど低脂肪ですが、質にもこだわりオメガ3とオメガ6をバランスよく含んでいます。

 

またポイントとして脂質の酸化を防ぐために「低温手作り製法」を実施。

 

上記のような問題を抱えたワンちゃんと飼い主さんからは非常に支持の高いドッグフードでリピート率も95%以上となっています。

 

こちらも定期コース「初回のお試しが無料」となっているので、実際にワンちゃんの食い付き具合を確認することができ、もし食いつきNGならキャンセル可能です。

 

※公式サイトで詳細をよく確認してからお申込みください。

(担当のお医者さんのアドバイスにも従ってください。)

 

公式サイト↓


 

 

まとめ

 

以上、オメガ3が入ったドッグフードを取り上げてみました。

 

こうやってみると犬も人間と一緒なんだなあ・・・としみじみ実感します。

 

ご自分のワンちゃんにいったいどんなドッグフードが適しているのか、よくチェックしてから購入してください。

 

今回は病気のワンちゃん用のドッグフードも紹介していますが、健康上トラブルを持っているワンちゃんは獣医さんのアドバイスを最優先させてくださいね。

 

その上で上記のドッグフードを検討してみてください。

 

参考記事

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りキャットフード

 

 

 

家にあるドッグフードにオメガ3(フィッシュオイルなど)を追加する
家にあるドッグフードにオメガ3(フィッシュオイルなど)を追加する

愛犬に合ったドッグフードを選ぶことは想像以上に大変です。

 

中には安いからとまとめ買いをした後で合っていなかったと後悔する飼い主さんもいるでしょう。

 

もしオメガ3をお手持ちのドッグフードに加えてあげたいと思っているなら、フィッシュオイルやサプリメントはとても効率の良い方法です。

 

そこで今回はワンちゃん用のオメガ3オイルやサプリメントを紹介したいと思います。

 

天然活性オメガ3オイル

 

帝塚山ハウンドカムから販売されている「オメガ3オイル」。

マグロの眼の周りからとった天然ものです。

 

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換されますが、その効率性を考えるとダイレクトにDHAやEPAをとった方がいいと言われています。

 

「天然活性オメガ3オイル」をご自宅にあるドッグフードに数滴かけてあげるだけという簡単な方法で不足しがちなオメガ3を補うことができます。

 

酸化が気になるオメガ3ですが、こちらの商品は「常温・直射日光下で3年間ほぼ酸化なしというちょっとビックリする特別なオイルです。

 

天然活性オメガ3オイル 100ml DHA EPA 犬 猫 ペット 肝油 サーモンオイルご愛用の方に サプリ サプリメント 老犬 犬のサプリ ビタミンE ビタミンD 高齢犬 魚油 フィッシュオイル シニア犬【a0037】

 

 

無添加オメガ3オイル 肝油

 

かなりこだわりを持って作られた犬猫兼用の肝油です。

 

詳細はこちらの記事からどうぞ↓

家にあるキャットフードにオメガ3(フィッシュオイルなど)を追加する

 

 

犬用サプリ「オメガ3ペット」

 

ノルウェーでNO.1を受賞したという犬用のオメガ3サプリメント。

 

原材料は無添加・無着色のアンチョビやいわしの油からとったオメガ3です。

 

犬用サプリメント/犬用サプリサプリメント☆オメガ3☆【愛犬用】

 

 

オメガ3パウダー

 

こちらは粉末タイプの犬用オメガ3サプリメントになります。

 

いつもの食事にかけたり混ぜたりしてください。

 

国産で完全無添加なのも嬉しい。

 

オメガ3はサバ、アジ、カツオ、ムロアジからとっています。

 

犬 オメガ3 サプリ ( 粉末 500g ) 国産 無添加 犬 サプリメント DHA EPA 魚油 血液サラサラ ドッグフード 手作りごはん アレルギー 必須脂肪酸 オメガ3サプリメント 青魚 業務用 骨 サプリ

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ほんの少しだけ飼い主さんが気を使ってあげるだけで、ワンちゃんはグンと元気になれるかもしれません。

 

動物は人間の言葉がしゃべませんから、つねに健康状態をチェックして足りない栄養を補ってあげてください。

 

参考記事

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りドッグフード

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りキャットフード

 

 

愛犬ペットサプリ【ミドリムシのちから】、猫もOK!
愛犬ペットサプリ【ミドリムシのちから】、猫もOK!

多くの栄養を持ち将来の食料難対策にも期待されている微細生物「ミドリムシ」。

 

実はペット用のミドリムシサプリメントというのも販売されています。

 

一応ワンちゃん用ですが、猫ちゃんに与えてもOK。

 

大切な家族であるペットの健康を願っている飼い主さんにぜひご紹介したいと思います。

 

いつまでも愛犬(愛猫)に健康でいてほしいと願う人に

 

ワンちゃんや猫ちゃんがいつまでも健康で元気に長生きしてほしいという想いは、どんな飼い主さんにも共通です。

 

でも実際にどんな栄養を与えたらいいのか分からない、市販されているペットフードだけで大丈夫なのだろうかと不安に感じている方もいるかもしれません。

 

確かにペットの健康はワンちゃん・猫ちゃんの世話をする飼い主さんが守ってあげるしかありません。

 

元気な犬

 

つまり全ては飼い主さん次第。

動物たちは自分で自分の健康を守ることはできません。

 

食べるものは全て飼い主さんが与えているわけですから、ペットに合ったもの・足りないものを見極めてあげないといけないでしょう。

 

愛犬ペットサプリ【ミドリムシのちから】について

 

ペットは野生の動物に比べて病気にかかりやすいと言われます。

 

栄養が偏っていたり運動不足だったりと色々。

まさに人間と同じですよね。

 

「株式会社ユーグレナ・アート」から販売されている愛犬用のペットサプリメント「ミドリムシのちから」。

 

あのミドリムシの豊富な栄養素によってワンちゃんネコちゃんに不足しがちな栄養を補えるというサプリメントです。

 

 

ワンちゃん用ですが猫ちゃんに与えても大丈夫とのこと。

栄養が偏りがちなワンちゃん(猫ちゃん)におすすめします。

 

「ミドリムシのちから」は、ミドリムシが持っている「59種類」という豊富な栄養素と、生きたまま腸に届く乳酸菌を配合。

59種類の栄養素の中には、青魚に多く含まれているDHAEPAをはじめ、多くの不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。

 

人間と同じように、ワンちゃんや猫ちゃんも、より健康を維持するためにオメガ6だけではなくオメガ3系脂肪酸もとった方がいいと言われています。

 

最近ではサーモンオイルなどでオメガ3系脂肪酸をとっているワンちゃん・猫ちゃんもいるでしょう。

 

ミドリムシはさらに多岐にわたった栄養素を一度にとることができるのがポイント。

 

また本来植物の細胞壁を壊す酵素を持っていない犬にとって、野菜の栄養素の吸収率はかなり悪い(40%くらい)のですが、ミドリムシというのはそもそも細胞壁がありません

 

ですから非常に効率良くミドリムシの栄養を吸収することができます。

 

その吸収率は非常に高く「93.1%」とも言われています。

 

ミドリムシのイラスト

 

飼っているペットが健康でいられるかどうか、飼い主さんのケア次第できっと変わってくるはず。

 

人間のように言葉が話せないペットだからこそ、常に様子を見てあげて足りないものを補ってあげる。

 

それが人間の責任であり大事な役目ではないかと思います。

 

そしてワンちゃん・猫ちゃんが一日でも長く大好きな飼い主さんと一緒に暮らせるといいなと、本当に心からそう思います。

 

ミドリムシのちから 「愛犬ペットサプリ」30g[顆粒タイプ]※猫にもお使い頂けます

 

参考記事

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りドッグフード

オメガ3(DHA、EPA、α-リノレン酸)入りキャットフード

スゴイぞミドリムシ(ユーグレナ)!知らなかったあれこれ

ミドリムシと青汁「ユーグレナ・ファームの緑汁」を子供と飲む(感想レヴュー口コミ)