油脂など余計なものが入らないフランスパン~そのままを味わう

フランスパン、みなさんはお好きですか?

 

硬くてしっかりした食感のフランスパン、あの長いパンを想像しますが実は色々な形のものもあるし、名前も色々ついていたりよく分からない人もいるのではないでしょうか。

 

「フランスパン」というのは日本で使われている名前。

フランスでは「パン・トラディショネル」。

ウィキペディアより

 

小麦、塩、水、イーストだけで作ったパンの総称です。

 

フランスパンという大きな分類の中に、バゲット、バタール、クッペ、エピなど日本でもお馴染みの名前のパンがあります。

 

これらは(基本的には)材料は同じ、その形や重さの違いによって名前が付けられているようですね。

 

フランスパンの特徴は何と言ってもその食感。

 

硬くて噛むのも一苦労(!?)、しかしバリッとした食感や小麦の味わいを楽しむのならフランスパンの右に出るものはありません。

 

一生懸命噛み切って咀嚼した時にジュワッと広がる美味しさ。

 

私はフランスパンが大好きです。

 

ですがご年配の方などにはちょっと厳しい場合もあるかな?

(あまりムリせずに)

 

私としてはぜひ子供にこそフランスパンを与えると良いのではと思っています。

 

顎の発達にも一役買うでしょう。

 

そして何と言っても余計なものが入らないこのシンプルさ。

 

他のパンにはほとんど入っているであろう砂糖、卵、乳製品、そして何といっても油脂が入っていません。

 

バター、マーガリン、ショートニング、そして種類が不明の「植物油脂」。

 

実は「見えない油」の宝庫がパンなのです。

 

加えてサンドイッチなどのお惣菜パンの油の量なんてもう未知数。

 

美味しいのは同意しますが「見えない油」にはやっぱり注意が必要ですね。

(たまに食べるならOKかな?)

 

ところで最近はフランスパンという名前がついていても実際には油脂が使われているものもあります。

 

市販のものなど。

 

フランスパンとなっていてもあえて色々とバリエーション豊富なものになっていたりするものも多いです。

 

分類的には和菓子となっていても油たっぷりの和洋菓子だったりするような感じに似ているでしょうか。

 

今は本当に色々な形態のパンが売られていて、メーカーさんやパン屋さんオリジナルのものがとても多い時代。

 

フランスパンは油が入っていないという固定観念を覆すものもたくさんあるはあるはずですから、「ちょっとこのパン怪しい・・・」と思ったら念のため原材料のチェックをすることをおすすめします。

 

さてフランスパンのおススメの食べ方ですが、これはもう「そのまま食べる」。

 

もちろんカットして上にトマトのせてオリーブオイルを・・・っていうのも美味しいのですが。

 

フランスパンの本当の味を楽しみたいならやっぱり何もしないことが一番かなと。

 

少しだけオーブン(トースター)で焼いて食べれば、もう香ばしさ満点で最高です。

(焼きすぎると歯茎を怪我するくらい硬くなったりするので注意)

 

そのためにもフランスパンを購入する際にはぜひ「質」にこだわってみてください。

きっと近所のパン屋さんにも素晴らしいフランスパンがあると思いますよ。

 

ちなみに私のお気に入りは「VIRON」と「ブランジェ浅野屋」。

 

VIRONのバゲット・レトロドール

↑VIRONのバゲット・レトロドール、数分リベイクして・・・

 

とは言っても両方とも歩いて帰るほど近所ではないので時々といった感じですが。

 

この塩味のバランスと噛みしめた時にあふれる小麦の風味がたまりません。

 

ちなみにうちの子は口内を怪我しました・・・。

素晴らしいハードな食感、少し気を付けてお楽しみください。