私の体調は良いみたいです【健康診断の結果】

今年もやってきました。

健康診断。

 

結果はオールAでしたぁぁ!

 

・・・といいたいところですが、一つだけ「B」がありました。

 

それがコレステロールでして。

 

Bの表示をパッと目にした時それが「脂質代謝検査」の項目だったので、「え!私のやってきたことが間違っていたんじゃ・・・」と一瞬あせりました。

 

油のブログをやってきて脂質の項目で引っかかるってどうなのよ・・・って。

 

ところが私の「B」は数値が標準よりも低いってもの。

 

「LDLコレステロール」というものが標準数値の範囲に入っていないのですね。

それよりも少しだけ少ないということです。

 

ですが判定が「B」ですから「まあ今回はちょっと基準外だけどこのくらいなら別に問題はないよ~」的な内容なので治療や再検査などは何もありません。

 

ちなみにこの「LDLコレステロール」、どういったものかといえば俗に言う「悪玉コレステロール」のこと。

 

じゃあ少なければ少ないほどいいのか、少なくて良かったのでは・・・とも思いますが、そうとも言えません。

 

コレステロールも体に必要なものです。

 

「LDLコレステロール」の主な役目は、肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割をしているのだそう。

e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

ちなみに「悪玉」とくれば「善玉」ですよね。

 

それが「HDLコレステロール」です。

 

これは過剰なコレステロールを回収したり血管の壁にこびりついたコレステロールをお掃除して肝臓へ戻す役割をするというもの。

 

「悪玉」と逆の働きをしているわけです。

 

基本的には「悪玉」は少なめで「善玉」が多い方がいいとは思います。

 

でもやっぱり「バランス」が大切ってことでしょうね。

 

これはオメガ3とオメガ6のことを勉強してつくづく思ったこと。

 

いえ、まったく同じ原理ってわけではありませんよ。

(「悪玉」=オメガ6ではありませんので)

 

でもメリット・デメリットって表裏一体のような気がして、どちらか一方に偏ると色々と弊害が出てくることがあるんですよね。

 

それを抑制する何かが必ず台頭してくる。

これが自然の摂理だと思うのです。

 

バランスが崩れると色々とマズイことが起きてきますが、このバランスを保つっていうのが案外難しいのです。

 

とはいえ最近ではコレステロールが昔ほどうるさく言われなくなりました。

 

つまり体内でコレステロールの量を調整する機能があるから、外から取り入れても(食べ物でたくさん摂っても)あまり問題がないってことが最近言われています。

 

「卵はたくさん食べてよし!」なんて説もありますし。

 

でもとりあえず私は「極端に何かの説に偏る」ことは避けたいと思っています。

(これが私のモットーでもある)

 

そうやって日々過ごしてきたら健康診断の結果として上記のような結果が出ております。

 

みなさんも巷のうわさで「これがいい。あれがいい。」というものがたくさんありますが、自分の体に合ったものをよく選んでみてくださいね。

 

人の体はみんな違うものなので。