桔梗信玄餅の油脂成分を見てみる

山梨の代表的なお菓子「桔梗信玄餅」をいただきました。

 

我が家はきな粉と黒蜜を組み合わせたお菓子が大好物。

 

今回はこちらの油脂成分を見てみたいと思います。

 

桔梗信玄餅の油脂成分をチェック

 

桔梗信玄餅の原材料を見てみます。

 

桔梗信玄餅の原材料

 

とてもシンプルですね。

 

黄名粉と餅粉は国産100%とこだわりもあります。

 

桔梗信玄餅の栄養成分

 

少し見にくいですが、脂質は「1.1g」です。

 

添加されている植物油脂などはありませんから、おそらく原材料からみて黄名粉の脂質ということでしょう。

 

 

きな粉が飛び散る・・・キレイな食べ方をしたいなら

 

美味しい信玄餅ですが、一つだけ難を言えばその食べ方の難しさ。

 

メーカーさんではこのように言っておりますが・・・。

 

桔梗信玄餅の食べ方

 

容器の中で黒蜜ときな粉を混ぜるということですね。

 

しかしやってみると分かりますがキレイに混ぜキレイに食べるということを考えるならば意外と難しいです。

 

信玄餅は容器の中に3つ入っていますが、お餅とお餅がくっついていることが多いので、付属の楊枝で真ん中の一つをすくい上げるのもなかなかハードルが高い。

 

仮に成功して黒蜜ときな粉を混ぜることができてもきな粉の量は案外多いため、プファっと飛び散ったりして散々な目に合うこともあります。

 

・・・と思っていたら桔梗屋の公式サイトに信玄餅のお召し上がり方「番外編」が載っていました。

桔梗屋信玄餅のお召し上がり方

 

私はこの番外編を支持します!

 

桔梗信玄餅を開けたところ

 

実はこの食べ方ですと、最後の最後まで黒蜜のかかったきな粉を堪能することできるのです。

 

桔梗信玄餅を食べる_2

↑お餅を食べた後、楊枝できな粉をこそげるように食べていき・・・

 

桔梗信玄餅を食べる_3

↑ここまでキレイさっぱりと完食することが可能です!

 

作業する場所が広くとれるのでとても食べやすいですし、キレイに全部食べ切ることができます。

 

 

絶品な味~多種多様な信玄餅シリーズ

 

信玄餅のようにきな粉と黒蜜の組み合わせたお菓子はたくさんありますよね。

 

くずもち、わらびもちなどなど・・・。

 

この組み合わせは本当に絶品だと思います。

 

どれも好きなお菓子ですが、お餅の柔らかさや食感を考えると信玄餅が一番好みに合っているかも。

 

ちなみに信玄餅は保存料などは入っていませんので、できるだけ早めに食べた方がいいでしょう。

 

賞味期限は12日程度となっています。

 

また信玄餅シリーズはこの他にもプリンやアイスなど多様な種類が発売されています。

 

最近ではスーパーやコンビニなどでも信玄餅アイスが売られていますね。

 

価格はちょっと高めですが(カップで320円)こちらも美味しかったです。

 

ちなみにチロルチョコやカントリーマアムにも信玄餅が登場!

 

ですがやっぱりオーソドックスな信玄餅が一番好き。

 

桔梗信玄餅を食べる_1

↑黒蜜の甘さがたまらない

 

量も質も満足できる一品です。