加熱調理【米油VSグレープシードオイル】どっちにする?

米油とグレープシードオイル、どちらもクセがなくサラダ油として生食できたり加熱調理にも向いている便利な油です。

 

加えて油を大量に使う揚げ物などはどうしても「安くて使い勝手が良い」という点も見逃せないんですよね。

 

とは言えその中でもできるだけ体に良いものを選びたいと思うのは当然です。

 

今回は加熱調理に向きそうな米油とグレープシードオイル、この二つの油について比較してみたいと思います。

 

米油とグレープシードオイルを比較する

 

米油とグレープシードオイルを以下のような項目で比較してみます。

 

なおオイルは各メーカー・商品ごとに多少の差異があり完全にあてはまらない場合がありますのでご了承ください。

 

色、味、におい

 

米油は黄色っぽい色をしており、ほぼ無味無臭です。

 

グレープシードオイルは無色かグリーン系、ほぼ無味無臭です。

 

脂肪酸構成

 

米油は「オメガ9系オイル」でオレイン酸が約43%、リノール酸が35%、α-リノレン酸は1.3%、パルミチン酸が約17%含まれています。

 

グレープシードオイルは「オメガ6系オイル」でリノール酸が約68%、オレイン酸が約18%、α-リノレン酸が0.5%、パルミチン酸が約7%含まれます。

 

特徴のある栄養成分

 

【米油】

・植物ステロール

・γ-オリザノール

・トコトリエノール

 

【グレープシードオイル】

・アントシアニジン

・プロアントシアニジン

・レスベラトロール

・トコフェロール

 

酸化はどうか

 

米油は酸化しにくい油と言われています。

それは「トコトリエノール(ビタミンEの一種)」が大変強い酸化抵抗成分だということと、酸化に強いオレイン酸の含有量が比較的多いからです。

 

一方、グレープシードオイルも酸化抵抗成分であるトコフェロール(ビタミンE)やポリフェノールが含まれているという点で酸化に強いと言えるのですが、残念ながらベースが酸化しやすいリノール酸だということが気になります。

 

加熱に向くか?

 

米油もグレープシードオイルも比較的高温での加熱調理が可能です。

 

加えて米油は加熱調理の際に「油酔い」という現象が起こりにくいと言われています。

 

価格

 

一般的にスーパーで売られている米油とグレープシードオイルの価格を比較しても極端に違うわけではありません。

 

どの油もそうですが米油もグレープシードオイルもピンキリで、それぞれ品質によって価格にはかなり幅があります。

 

ですから単純に価格だけを見て「こっちの方がおすすめ!」と言うのは無理かも。

 

とは言え、よくスーパーでみかける次の商品の価格を見てみます。

 

 

「日清 ピュア グレープシードオイル コレステロール0ゼロ」は400g入りでアマゾン価格が669円。

 

 

私も使った「ボーソー米油」は600g入りでアマゾン価格が424円となっています。

(2018年9月現在)

 

加熱調理、私ならこっちを選ぼうと思う

 

以前オリーブオイルとグレープシードオイルを比較したことがあります。

グレープシードオイルはオリーブオイルの代用品になれるか?

 

オリーブオイルも高温に耐えられる油で調理にも向いているのですが、やはり風味が残る点で料理の種類を選びました。

 

一方グレープシードオイルは基本的に無味無臭ですので加熱調理をしても料理の味を邪魔することありません。

 

そして米油もそう。

 

この部分では互角かなあと思うのですが、やっぱりグレープシードオイルのリノール酸の含有量が高いことが一番気になりますね。

 

一方、米油もリノール酸は多いのですが、それでもオレイン酸の方がより多いですし強力なビタミンE類も含まれます。

 

よってあくまでも米油とグレープシードオイルの二つだけに絞って選ぶとすれば、私はリノール酸の量を考慮して「米油」を選ぼうかなと思います。

 

もっとも油は脂肪酸だけではなく、どういった搾り方をしているかなどチェックしなくてはならない項目は多いので一概には言えませんね。

 

参考記事

「米油」はサラダ油から脱却したい人にいいかも?

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

カメリナオイルVSグレープシードオイル!加熱にどっち使おう