【高カカオチョコ】88%なら普通に食べられるようになった

最近、ほとんどミルクチョコレートを買うことがなくなっています。

 

どうも高カカオ自体に慣れてきたのか、先日88%を購入しそのまま食べてみたところ普通に食べられると判明。

 

どうやら高カカオにかなり舌が馴染んできたようです!

 

本来私は甘党でチョコレートもミルク派。

明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる

 

でもやっぱり健康のことを考えて高カカオに挑戦してみたものの、そのまま食べるには70%程度が限界でした。

 

しかもそんな70%もそれほど積極的に食べようという感じではなく、子供のオヤツに購入していたようなものでした。

 

ところが最近90%以上の超がつく高カカオのチョコレートをお菓子や料理に使ってみたところ、たぶんそうこうしているうちに慣れてきたのかと。

 

森永製菓 カレ・ド・ショコラカカオ88の箱

↑今回食べた森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」 カカオ88

 

 

今でも90%以上になると「苦い!」って感じるので、この微妙な数パーセントの差が意外と重要なのかも。

 

ちなみに森永の「カレ・ド・ショコラ」シリーズは他のチョコレートと比べて比較的マイルドな味を持っていると思います。

 

シンプルに言って食べやすいかなと。

 

森永製菓 カレ・ド・ショコラカカオ882枚

 

これを一日1枚、なんとなく口寂しい時に食べていますが、まったく苦痛がありません。

 

まさかあの甘党な自分がここまで高カカオなチョコレートを食べるようになるとは思っていませんでした。

 

これなら量を食べすぎなければ私のオヤツとして食べても大丈夫かなと。

 

森永製菓 カレ・ド・ショコラカカオ88の原材料と成分

 

ポリフェノール量は1枚あたり「150mg」。

 

同じ「カレ・ド・ショコラ カカオ70」ですと「110mg」なので88%を食べることができる人はこっちの方がいいかも。

 

そうこうしているうちに90%以上も食べられるようになるでしょうか。

 

ちなみに88%はまだまだ砂糖の甘さを舌で感じることができると思います。

(もちろん苦いですが)

 

ですが明治のチョコレート効果95は甘さはほぼ感じることができません。

 

それでも慣れてくればそのまま食べることができるようになるでしょうか?

 

そして最終的には100%も・・・。

 

まあ、そこまで極める必要もないでしょうけどね。

(でもいつか100%も食べてみたいです)

 

とにかく以前の自分を考えてみると、88%の高カカオチョコレートを食べている自分にちょっとビックリです。

 

チョコレートを毎日のように食べる習慣がある人は多いと思いますが、砂糖と植物油脂がたっぷり入ったチョコレートから抜け出すために少しずつ高カカオチョコレートに移行した方がいいかもしれませんよ。

 

もっとも高カカオチョコレートも食べすぎはNG。

 

脂質は高いしカフェインもミルクチョコレートより多くなります。

 

ポリフェノールなどメリットが多いのでつい「高カカオなら・・・」と思いがちですが、やっぱり食べる量には気を付けた方がいいですよね。

 

参考記事

砂糖中毒から抜けるには良質のオイルを味方にする