くじらにはどのくらいオメガ3が含まれているの?

今回はくじらの肉について。

 

あの大きなくじら、海にいるからにはオメガ3の宝庫なのかどうか、くじらはいったいどんな栄養があるのかということを見ていきたいと思います。

 

(くじらというと捕鯨に関して色々とありますが、このブログで取り上げる問題ではありませんのでその点には触れません)

 

くじら肉の思い出

 

くじらの肉は私が子供のころは今より食べる機会がありました。

 

と言ってもそんなに一般的ではなく何度か食卓にあがった記憶があるという程度です。

 

給食にも・・・出たかもしれません。

 

家か学校かは覚えていませんが「くじらの竜田揚げ」を食べたような記憶があります。

 

くじらの竜田揚げ

 

と言っても40代の私の記憶がその程度ですからくじらを食べなくなってからもうずいぶん経つわけですよね。

 

うちの子供も「くじら??」って感じです。

(でもなんとなくうちの子供が好きそうな味をしているので一度食べてもらおうかな)

 

海洋民族で縄文時代から捕鯨の歴史を持つ日本ですから、くじらはきっとごく身近なものだったはずなのです。

 

くじらの栄養をチェック、オメガ3はある?

 

大きな大きなくじら。

 

きっと海の栄養をたっぷり蓄えているのではないでしょうか。

 

くじらの肉(赤肉)は他の肉と比較して低カロリーで高たんぱく質・低脂肪です。

(部位によっては違う場合もあります)

 

100中のカロリーは106kcalでタンパク質は24.1g、脂質は0.4g。

(日本食品標準成分表より)

 

とても低脂質ですが、その中にあるオメガ3も0.04gしかありません。

 

ところが脂質が非常に多い部位が二つあります。

 

それが「うねす」と「本皮」。

 

「うねす」というのはくじらの胸からお腹あたりの波模様のような部分(※上記画像参照)で、白い脂身と赤い肉が層になっています。

 

くじらの刺身とベーコン

↑白い部分が脂身(うね)、赤い部分が肉(すのこ)、合わせて「うねす」

 

「うねす」の脂質は31.4g、そして本皮にいたっては68.8gとなんとも高脂肪。

 

そんなくじらの脂肪酸で一番含有量が多いのはオレイン酸ですが、これら二つの部位にはオメガ3もたっぷり含まれています。

 

【うねす(100g中)】

DHA・・・1800mg

EPA(IPA)・・・2200mg

DPA・・・1000mg

α-リノレン酸・・・170mg

 

【本皮(100g中)】

DHA・・・3400mg

EPA(IPA)・・・4300mg

DPA・・・2100mg

α-リノレン酸・・・310mg

 

もちろんくじらは脂肪酸だけではなく多くの栄養を持っています。

 

特に広い海を泳ぎ続ける持久力を持つくじら独特と言ってもいい「バレニン」という栄養素はなんとも驚異的で、主に疲労を軽減するのに有効です。

 

ただし海の大型生物ですから、おそらく気になるのは水銀などの汚染物質だと思います。

 

これに関しては国内で流通しているくじらは厚生労働省が定めた暫定基準値をクリアしたものとなっています。

詳細は水産庁のサイトに掲載されています。

 

まとめ

 

現在くじらは専門料理店や通販、デパ地下などで食べたり手に入れることはできますが、あまり身近ではありませんね。

 

今後どうなっていくかは分かりませんが、身近で手に入るようになった時に食べる食べないは個人次第。

 

ただ客観的に見てくじらには上記のような素晴らしい栄養を持っているということは間違いありません。