油たっぷり?クロワッサンの脂質量が気になるので調べてみた

クロワッサンといえばパン生地にバターなどを練りこんだパンです。

 

ジュワッと芳醇な風味があふれてきてとても美味しいですよね。

 

うちの子供はパンの中でも一番クロワッサンが好きでよく食べます。

 

でもどう考えても油がたっぷり入っているのは間違いなし。

 

そこでクロワッサンはいったいどのくらい脂質を含んでいるのかチェックしてみました。

 

アレンジしたものも多いクロワッサンですが、ここではまずごく一般的なクロワッサンの油脂量を調査してみたいと思います。

 

クロワッサンの脂質量と脂肪酸の種類を調査

 

文部科学省の食品成分データベース

 

文部科学省の「食品成分データベース」でクロワッサンを調べてみます。

 

【脂質・・・26.8g(可食部100g中)】

・飽和脂肪酸・・・12.16g

・オメガ3・・・0.22g

・オメガ6・・・2.93g

・一価不飽和脂肪酸・・・8.94g

 

クロワッサンは基本的にバターを使用しますので、飽和脂肪酸の含有量が多いということになります。

 

またバターはオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)も比較的多く含んでいます。

 

市販のクロワッサンを調査

 

市販のクロワッサンとしてパスコ(Pasco)のクロワッサンをチェックしてみます。

 

パスコのクロワッサン

 

原材料を見てみると次の通り。

 

小麦粉、マーガリン、糖類、パン酵母、卵、バター入りマーガリン、乳等を主要原料とする食品、発酵種、食塩、加工油脂/乳化剤、増粘剤(アルギン酸エステル)、香料、イーストフード、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC、着色料(カロチン)、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆を含む)

 

どうやらマーガリンが主流のようですね。

 

パスコのクロワッサンに使われている「バター入りマーガリン」はブルターニュ産発酵バターが入っているそう。

 

脂質は1個あたり9.8gですが、こちらのクロワッサンはマーガリン(植物油脂)がメインですから脂肪酸はリノール酸が多いのではと推測します。

 

 

アレンジクロワッサンはより脂質が多い可能性が

 

ここまで一般的なクロワッサンの油脂量を調査してみましたが、最近のクロワッサンってとてもアレンジしたものがたくさん売っていますよね。

 

例えばパン生地にチョコレートが練り込んであるものやナッツが表面にトッピングされているものなど。

 

このようなアレンジクロワッサンは更に油脂成分や糖分が多い傾向があります。

 

ただし上記のようにバターを使ったクロワッサンとマーガリンを使ったクロワッサンがあり、原材料にどちらを使うかによって脂肪酸の構成は随分変わってくるでしょう。

 

いずれにしてもクロワッサンは脂質のとても多いパンであることは間違いなさそうです。

 

まとめ

 

クロワッサン、子供だけではなく私も大好きですがあの油っぽさを考えると頻繁に食べるのはちょっと考えてしまいます。

 

でも時には有名なお店の美味しいクロワッサンを思い切り味わいたいもの。

 

パリッと味わい香ばしそうなクロワッサン

 

時々なら罪悪感なく食べてもよさそう。

また食べる時は何も考えずに楽しみたいですね。

 

ただしマーガリンがメインのクロワッサンは割と市販のものに多く「クロワッサンだからバターだろう・・・」と思わない方がいいかも。

 

可能なら原材料をチェックしてみることをおすすめしす。

 

参考記事

油脂など余計なものが入らないフランスパン~そのままを味わう