大学教授が作った「L8020チョコレート」の油脂成分を見てみる

興味深いチョコレートを見つけたのでご紹介します。

 

今回のチョコレートは「L8020チョコレート」。

 

広島大学の教授が発見した「L8020乳酸菌」を使ったチョコレートです。

 

L8020チョコレートについて

 

「L8020」と聞いても、知らない人にはいったいなんの暗号か・・・と思ってしまいそうですよね。

 

ですが数年前から随分と話題になっていたようです。

 

「L8020」は広島大学大学院の二川浩樹教授が発見した乳酸菌です。

 

虫歯のない人の唾液から虫歯菌を抑制する乳酸菌を取り出すことに成功し、その乳酸菌を入れたチョコレートが今回ご紹介する「L8020チョコレート」。

 

ポイントはL8020乳酸菌を摂ることによって口内環境を整えることができるということ。

 

さらに高カカオチョコレート(カカオ成分79%)だということも魅力の一つでしょう。

 

こちらの商品は株式会社ドウシシャから販売されています。

 

L8020の油脂成分をチェック

 

油ブログをやっている私としては、たとえ素晴らしい乳酸菌が入っていようとも、よく分からない油が入っているならあまり食べたくはありません。

 

そこでさっそく「L8020チョコレート」の油脂成分を見てみたいと思います。

 

L8020チョコレートの原材料

 

L8020チョコレートの栄養成分表

 

油脂成分としては「ココアバター」となっていて、不明な植物油脂などは入っていないようです。

 

脂質自体は1枚3.2gで高めとなっています。

 

ちなみに「エリスリトール」は甘味料の一種。

ブドウ糖を発酵させて取り出した天然の糖分で、虫歯になりにくいとも言われています。

 

口内環境に気を使った商品ならではでしょうか。

 

気になる味はどう?

 

「L8020チョコレート」を食べる時のポイントとして以下のような説明があります。

 

L8020チョコレートの食べ方

 

できるだけ口内に留めて「L8020」を行き渡らせるためでしょうか。

 

オーラルケアをチョコレートでするというのは斬新ですね。

 

1個のL8020チョコレート

 

取りあえず指示通り、口に入れて噛まずにゆっくりと自然に溶けるのを待ちながら食べてみました。

 

その時間、約2分ほど。

 

カカオ79%ですから、かなりほろ苦いだろうと思っていたのですが、意外や意外、想像以上に食べやすいです。

 

もちろん子供向けの甘ったるいミルクチョコレートのようではありませんが、あまり苦味は強くないと思います。

 

このチョコレートのキャッチフレーズとして「お子様からお年寄りまで安心して食べていただけます」というものがあります。

 

もちろんこれは「L8020」というお口に嬉しい乳酸菌が子供からお年寄りまでにおススメできるということでしょう。

 

でも子供にすすめるなら「味」は外せないところ。

 

ですからカカオ79%という高カカオでありながら「食べやすさ」にもこだわっているのかもしれません。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介した「L8020チョコレート」。

 

植物油脂も入っていないし高カカオですし何と言っても美味しく食べてオーラルケア(口内環境を整える)ができるのですから、とてもおすすめしたいところではありますが・・・。

 

如何せん価格が高い。

 

この商品、一袋に5枚しか入っていません。

 

L8020チョコレートの中身5個

 

私はこれを某店で537円(税込み)で購入しました。

 

つまり一枚100円以上します。

 

これはどの程度の量を食べるのかによっても違ってきますが、うちの子のオヤツとして考えるのならちょっと高いなと。

(オヤツと考えるからダメなのかも!?)

 

「L8020」乳酸菌入り商品は今回のチョコレートの他にも複数の商品が販売されていますし、中にはペット用もあります。

 

 

↑歯磨きが難しいワンコやニャンコの口内環境を守るには良い商品だと思います

 

 

人やペットの口内環境を守れるというコンセプトは素晴らしいですが、決して虫歯を治療できるものではないし、どの程度口内環境に変化があるのかはよく分かりません。

 

でももう少し価格が抑えられれば、ぜひ家族で食べたいですけどね。

 

やっぱり虫歯ができる前の「予防」って大事です。

 

うちの子がこれだけで満足してくれたらいいんですけど。

 

そんな我が子、先日の定期検診で虫歯が発見されました。