各社マヨネーズに使われている油の調査一覧

マヨネーズと言えば「油の塊」というイメージがありますよね。

そのため美味しいけどつい敬遠してしまっている人もいるかもしれません。

 

最近では各社とも質や種類など色々と工夫してできるだけ健康志向のマヨネーズを販売しているように思います。

 

そこで今回は各企業ごとの主要なマヨネーズの油の種類を一覧にしてみたいと思います。

 

なお最新情報や詳細をお知りになりたい場合は公式サイトをご覧になったり企業に直接お問い合わせください。

 

キューピー

 

キューピー マヨネーズ

 

 

食用植物油脂(国内製造)、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆・りんごを含む)

 

マヨネーズに使われている食用植物油脂は主に「菜種油」と「大豆油」という記載がありました。

 

原材料のうち植物油が約70%のようです。

ちなみにキユーピー ライト(80%カロリーカット)は植物油が20%未満になります。

 

キューピー アマニ油マヨネーズ

 

 

食用植物油脂(なたね油、あまに油、大豆油)、醸造酢、卵黄、食塩、砂糖、たん白加水分解物、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆を含む)

 

α-リノレン酸を含むアマニ油を製品中30%配合しています。

一食分15gのα-リノレン酸量は2.6gです。

 

味の素KK

 

ピュアセレクト マヨネーズ

 

 

食用植物油脂(菜種油、大豆油、コーン油)、卵、水あめ、醸造酢(醸造酢、ぶどう酢、穀物酢、米酢)、食塩、香辛料、濃縮レモン果汁/調味料(アミノ酸)

 

原料の産地として、菜種油、大豆油、コーン油はすべて日本となっています。

 

ピュアセレクト べに花マヨネーズ

 

 

食用植物油脂(べに花油)、卵、糖類(水あめ、砂糖)、醸造酢(醸造酢、ぶどう酢、穀物酢、米酢)、食塩、香辛料、濃縮レモン果汁/調味料(アミノ酸)

 

べに花油(日本)を100%使用したマヨネーズです。

15gあたりのリノール酸が5.2g、オレイン酸が4.5gとなっています。

 

日清オイリオ

 

日清マヨドレ

 

 

食用植物油脂、醸造酢、還元水飴、食塩、加工でん粉、濃縮洋梨果汁、増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸)、濃縮にんじん汁、野菜エキス、酵母エキス、カロテン色素、香辛料

 

卵を使わずコレステロールがゼロなのが特徴のマヨドレです。

食用植物油脂は「なたね油」、「大豆油」を使用しています。

 

BOSCO(日清オイリオグループ)

 

オリーブマヨドレ

 

 

食用植物油脂、還元水飴、白ワインビネガー、レモン果汁、加工でん粉、食塩、増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物

 

BOSCOのエキストラバージンオリーブオイルを50%使用しています。

その他は「なたね油」と「大豆油」です。

 

 

ななくさの郷

 

松田のマヨネーズ(甘口)

 

食用なたね油(遺伝子組換えでない)、卵、りんご酢、食塩、蜂蜜、香辛料(マスタード、コショウ)

 

オーストラリア産の非・遺伝子組み換えなたねを埼玉県熊谷の米澤製油さんで製油しています。

化学薬品や化学合成物質は一切使用せずに搾油しています。

 

 

 

ベストフーズ

 

リアルマヨネーズ

 

 

食用植物油脂、卵、醸造酢、食塩、砂糖、レモン果汁、香辛料、酸化防止剤(EDTA-Ca・Na)(原材料の一部に大豆を含む)

 

アメリカの有名なマヨネーズ。

食用植物油脂の詳細は分からず。

トランス脂肪酸はゼロ。

 

まとめ

 

キューピーさんのサイトを見ていたら「3月1日はマヨネーズの日」とありました。

3月1日はマヨネーズの日

 

余程のマヨラーでもない限り時々使う分にはあまり気にならないかもしれませんが、マヨネーズが油脂の塊である以上、どうせなら自分の健康や好みにあった油を使っているかどうかもチェックした方がいいでしょう。

 

普段あまり使わないなら手作りもおすすめです。

 

参考記事

豆乳オリーブオイルを作ってみた!味はどうか

マヨネーズの油脂成分を考える