妊娠線はオリーブオイルで対策~注意点はある?

妊娠してお腹が大きくなってくるとできる「妊娠線」。

 

一度できてしまうとやっかいな妊娠線を作らないために専用の商品が売られています。

 

でも専用の商品って意外といいお値段なんですよね。

実は私も妊娠中にクリームを使っていたのですが、高かったという記憶があります。

 

そんな中、オリーブオイルも妊娠線対策になるという話が。

 

今回は妊娠線にオリーブオイルは使えるのか、また何か注意点はあるのかを調べてみたいと思います。

 

妊娠線とは?

 

妊娠線とはお腹が大きくなってきた時に急激な体形の変化に皮膚がついていけないことからできる断裂した線のことです。

 

干ばつ

 

一番できやすいのはお腹まわりですが、お尻や太ももや胸、その他の部位にもできることがあります。

 

妊娠した時だけではなく急に体重が増えた時などにもできますが、この場合は「肉割れ」と言われます。

 

妊娠線は最初は赤っぽく色がついて見え、その後時間が経つと段々と白っぽい色になって多少めだたなくなります。

 

ですが線自体は自然に消えるということはほぼなく一生残ってしまうことも多いです。

 

妊娠線対策グッズにはどんなものがある?

 

一度できてしまうととてもやっかいな妊娠線、どうせお腹が大きくなるのは間違いないのですからできれば事前に対策しておく方がいいでしょう。

 

一般的には妊娠線予防のクリームやオイルなど専用の商品がたくさん販売されています。

きっと使ったことがある人もいることでしょう。

 

妊娠中ですからお肌が敏感になっていることもあるし、当然体に悪影響のある成分が含まれるものは使えません。

 

ほとんどがその辺を考慮した商品が販売されていますが、体質によっては合わないものもはあるかもしれません。

 

使ってみてかぶれなど何かトラブルが発生したらすぐに使用を中止します。

 

また心配の方はお医者さんに相談してから使うのが一番確実かもしれませんね。

 

ナチュラルマーククリームお徳用サイズ470g

 

 

妊娠線にオリーブオイルが使える?注意点も

 

絶対にできたくない妊娠線ですが、オリーブオイルでも対策できると言われています。

 

妊娠線の原因は急激な体形の変化ですがその他に「乾燥」も大敵です。

 

オリーブオイルの他にも対策できるオイルはいくつかありますが、オリーブオイルは「オレイン酸」がメインの油です。

 

オレイン酸はお肌との親和性が高くまた保湿パワーにも優れているのが特長。

乾燥が大敵の妊娠線には適したオイルと言えます。

 

ただしどんなオリーブオイルでもいいかといえばちょっと注意点もあります。

 

食用のオリーブオイルはおすすめできません。

できればスキンケア用のオリーブオイルを使用します。

 

食用の場合いくら質が良くてもお肌にとっては刺激となるような成分や物質が混ざっていることもあります。

 

というのも食用オリーブオイルは風味を大事にするためあえて「ろ過」しないものも多いので、お肌に使うには適さないのです。

 

マッサージ用のオイルなどが一番いいでしょう。

生活の木 有機オリーブオイル・エキストラバージン 70ml

 

このように比較的低価格で購入できる商品もあります。

 

スキンケア用であってもすべての人にとって合うかどうかは分かりません。

お肌につけてみて何かトラブルが起きた場合にはすぐに中止してください。

 

まとめ

 

私も妊娠中、かなり高いクリームを購入し日々マッサージをしていました。

限られた期間だけだからと思い切って買ったのを覚えています。

 

そのおかげか妊娠線はできませんでしたが、もしその当時オリーブオイルで対策できることを知っていたらそっちを使っていたかもしれません。

 

どんなアイテムを使うか(または使わないか)は個人の自由ですが、お肌や体、そして赤ちゃんに悪影響がないことが大前提。

 

そんな中でオリーブオイルも一つの選択肢になりうるということを知っておいても損はないと思います。