「心を贈る」オリーブオイルを大切な人へのギフトに

オリーブオイルをギフトとして贈ったことがありますか?

 

私は実家の両親と親しい友人に贈ったことがあります。

 

すごく喜んでくれました。

 

本物のエキストラバージンオリーブオイル、贈り物としてはとても素敵ではないかと思います。

 

オリーブオイルを選ぶのは実は少し難しいもの。

絶対手に入れたい!本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

だからこそ、相手にエキストラバージンオリーブオイルを贈る際にはちょっと気を使いますし、しっかり厳選しなくてはなりません。

 

かつてお中元やお歳暮といえばサラダ油のセットが一般的でした。

とりたててどこのメーカーのどんな商品かはあまり意識していませんでしたし、売場に行って「〇箱分おねがいします」で住所書いてはい終了w

 

ちなみに私が子供の時は親戚からの贈り物がサラダ油だとがっかりしてお菓子だと喜んだのを覚えています。

 

昔はバターなどの動物性脂肪の代りに植物性脂肪のリノール酸が勧められていましたから、相手の健康を願った贈り物としてもサラダ油は人気でした。

 

ですが時代は変わりました。

 

リノール酸は必須脂肪酸であり決して悪ではありません。

でも今となってはサラダ油を贈るのは少し考えてしまいます。

 

そんな私は大切な人へオリーブオイルを贈りたいと思います。

 

健康を考えるとオメガ3系の亜麻仁油やえごま油はとても良いと思うのですが、ちょっとクセもあるし苦手な方も多いです。

 

また酸化しやすく日持ちもしないとなると贈った相手を困らせることにもなりかねません。

 

その点、エキストラバージンオリーブオイルはギフトにピッタリかなと。

 

もっともオリーブオイルでも他のどんなものでも相手の好みを把握しておかないと単なる自己満足になってしまいますが。

 

それでもちょっとかしこまった贈り物として、オシャレな贈り物としてエキストラバージンオリーブオイルは凄く重宝しています。

 

贈り物を贈る着物の女性

 

でもどうせ贈るならデパートのギフトコーナーやカタログで選ぶのではなく、自分で美味しいと思ったものを贈れればベスト。

 

自分で試してみて自信を持って美味しいと思えたものを贈る、贈る方としてもなんだか妙に嬉しい気持ちになります。

 

「こんな料理に使ったら美味しかったよ!」なんてアドバイスとともに、まずはお試しとして負担にならない量をプレゼントするといいかもしれません。

 

それなら相手がオリーブオイル初心者さんでも受け入れやすいですよね。

 

そもそも私がオリーブオイルに夢中になったのも実家の母親の影響です。

母が作ってくれたメニューが美味しかったからでした。

 

すっかり虜になってしまいましたがその後が大変。

色々なエキストラバージンオリーブオイルを試したいと思っていたのですが本物を選ぶのがこんなに難しいなんて・・・。

 

だからこそ、エキストラバージンオリーブオイルを誰かに贈るということは適当ではダメなんですよね。

 

相手のことを真剣に考え真心を込めて選んだということがしっかり伝わる、それが本物のエキストラバージンオリーブオイルなのです。

 

エキストラバージンオリーブオイルをチェックする ↓

【フシコス】神宿るオリーブオイルを初体験!率直にレビューしてみた