オリーブオイルと塩麹で最強の調味料を作る

ピエトロのドレッシングで「塩麹オリーブオイル」というものがあるのを知って「美味しそうだなあ」と思いました。

 

 

塩麹を使った料理は我が家の大好物でありまさに魔法の調味料だと思っています。

 

塩麹って本当にこれだけで料理の味を完璧にしてくれるから、手間も技術もいらないで美味しい料理が出来上がります。

 

以前おいしいえごま油と出会えた時、塩麹とリンゴ酢と混ぜ合わせてドレッシングを作りました。

本物の国産えごま油の味はマズくない!選ぶならコレがおすすめ

 

そんな塩麹と同様に魔法の調味料になりえるオリーブオイル。

 

この二つを合わせたらきっと美味しいドレッシングになること間違いなし。

 

もちろんサラダ用のドレッシングだけではなく調味料として色々な料理に使えるのでは?ということです。

 

だったら手作りが一番。

オリーブオイルと塩麹ならたいてい我が家にあります。

 

市販のドレッシングは程よい味に調整してあって便利ですが、やっぱり気になるのは油の種類や質、そして添加物。

 

上記のピエトロも美味しそうですが原材料を見ると「食用植物油脂(エキストラバージンオリーブオイル16%)」となっています。

 

ん?

 

オリーブオイルじゃないの?

 

この16%という数字は、使われている食用植物油脂のうち16%だけがエキストラバージンオリーブオイルであるということですか?

 

「では残りの84%は?」ってことです。

 

もしかしたら(ピュア)オリーブオイルを使っているけどそのうち16%だけが「エキストラバージン」ってことなの??

 

(公式サイトを見てみると、どうやら他のピエトロ・ドレッシングには大豆油となたね油をブレンドしたものが使われているようですが・・・)

 

どっちにしても油メインのドレッシングに関しては自分の好みの油を使える手作りが一番ではないかという結論に。

 

その都度作る手間といっても材料混ぜるだけですから大したことないですしね。

 

自分で作ればエキストラバージンオリーブオイル100%でもえごま油100%でもできちゃいます。

 

ですが今回はお酢を入れたドレッシングは作りません。

 

塩麹とオリーブオイルのみを合わせてどんな料理にも使える万能調味料を作っていきたいと思います。

 

作り方はいたって簡単。

 

オリーブオイルと塩麹をよく混ぜ合わせるだけ。

(作り方って言わないですねw)

 

割合としてはオリーブオイルが大さじ4~5杯に対して塩麹が大さじ1杯くらい。

 

もちろんお好みで加減してくださいね。

 

塩麹オリーブオイルをトマトにかけたところ

↑トマトにかける

 

間違いない美味しさです。

 

さっぱりしたトマトの味を損なうことなく、ですが塩麹のコクとオリーブオイルの風味が加わってさらに美味しくなります。

 

心なしかトマトの甘味も引き出されますよ。

 

お酢の入ったドレッシングが苦手な人にはぜひおすすめしたい!

(もちろんお酢を入れた正統派ドレッシングでもOKです)

 

 

塩麹オリーブオイルをトーストに塗ったところ

 

トーストに塗ってドライバジルをトッピングしてみました。

 

これは病みつきになりそうなくらい美味しさです!

 

これならマーガリン派も引き込めるんじゃないかって思うほど。

 

塩麹って優しい味だけど独特の美味しさがあって本当に何でも合います。

 

それがオリーブオイルの香りと合わさるとさらにグレードアップ。

 

みなさんも良かったらお試しください。