とにかくオメガ6を減らすことが先決

理想的なオメガ3対オメガ6の比率は一説には「1対4~1対5」などと言われています。

 

しかしこの説はいくつかあって場合によっては「1対1~1対2」という人もいます。

 

オメガ6も必須脂肪酸であるため食物から摂取する必要があります。

そしてオメガ3と比較するととるのが非常に簡単です。

 

というのも本当にごく一部の食品を除くほとんど全ての食品にオメガ6(リノール酸)は含まれているため、通常不足するということはまずないと言われています。

 

オメガ3(α-リノレン酸やDHA・EPAなど)も実際は多くの食品に含まれているのですが、十分な含有量を持つ食品は限られています。

 

または目標値に足りていてもオメガ6を取り過ぎているためバランスが悪くなりがちです。

 

ではたくさんとっているオメガ6とのバランスをとるためにオメガ3もさらにたくさんとればいいのでしょうか。

 

そのためにオメガ3のサプリメントなどを利用してバランスを無理にでも理想に近づけた方がいいのでしょうか。

 

しかし現代人はオメガ3とオメガ6の比率が「1対20」くらいになっている人もいます。

 

つまり、もしこれを理想的なバランスにするためにオメガ3を増量するとなると当然油の摂り過ぎになります。

 

どんなに質の良いものでも油は油。

摂り過ぎはいけません。

 

となればやっぱり現代人に求められているのは、まずは「オメガ6を減らすこと」を第一目標にしないといけないのかなと思います。

 

とにかくオメガ6を取り過ぎている現代人。

 

よほど食生活に気を付けていないと知らない間に体内に入ってくるのです。

 

その原因はやっぱり加工食品と外食。

 

昔の日本人ならそれほど気にしなくても良かったかもしれません。

でもこの時代、加工食品にあふれた世の中では何を食べてもほぼ油が入っています。

 

少し前にも書いたのですが、原材料を見る習慣がつくとその事実に驚愕します。

なんでこんなものにまで「植物油」の記載が・・・と。

 

「油が入っている感じがしない」ものが多いんですよね。

 

揚げ物だったら油が使われているのは当然なんですが、「なんでこれにまで!?」っていうものが非常に多いです。

 

少しづつ少しづつ、知らない間にとっている油。

 

最近では健康に気を使うタイプの市販品も増えていて、実際「オメガ3入り」なんてものありますが、まだまだ追いついていない。

 

さらなる落とし穴として「オメガ3入り」と宣伝してあっても実際にはオメガ6もそれ以上に入っていることも多いのです。

 

この悪循環から脱却するためには外食と加工食品を規制して自宅の油も厳選しないといけません。

 

しかしこれは現代人にはなかなか大変なことになります。

 

でも少しずつ、ほんのちょっぴりでも意識していけば数年後には何かが良い方向に変わっていく気がします。

 

オメガ3を積極的にとっていくとうのは本当に大事です。

でもオメガ6を減らす努力をすることこそが「最優先課題」かなと思います。

 

参考記事

リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?