親が元気じゃないと子供の健康も守れない

親なら子供にはいつも元気でいてほしいもの。

誰もが同じ想いですよね。

 

でもつくづく思うのは「親が元気じゃないと子供のケアもできないし健康をしっかり守ってあげることができない」ってこと。

 

もちろん色々な家庭環境があるのだから、おじいちゃんおばあちゃんや他の家族が守ってくれたり、第三者が守ってくれる場合もあるでしょう。

 

なのであくまでも私個人のことになってしまうのですが、やっぱり多くの親御さんも同じ気持ちではないかと思います。

 

私がかつてインフルエンザになってしまった時。

 

夜は夫に早めに帰ってきてもらうのですが、昼間はなんとか自分で頑張らないといけない。

 

でも身体が動かない。

お世話しなくてはいけないのに何もできない。

夫が買ってきたコンビニご飯を子供にあげるくらいしかできませんでした。

 

今考えればインフルエンザの症状って本当にスゴイですよね。

子供にかまっていられないくらい自分がズンっ!!て沈んじゃっていて・・・。

 

そんな時つくづく思うのです。

 

「ああ、やっぱり自分(親)が元気じゃないとだめなんだ~!!」

 

一人でテレビを見ている子供をみながらつくづく思うのでした。

 

親は自分のことは後回し、なんでも子供を優先しがちです。

私もそんな行動をとりがちです。

 

でもしっかり自分管理しないとやっぱりだめなんです。

親が元気じゃないと子供(特に小さい子)のお世話もできない、結果、子供の元気や健康も守れない。

 

だから子供を守るには自分がまずは健康でいること。

過度な自己犠牲は逆効果かな。

 

そして子供にとって不健康なことは親にも不健康なことがほとんど。

 

子供だけは守って自分は・・・なんていう自己犠牲は究極の状況だけでいいと思う。

 

それよりも日々しっかり栄養のバランスの取れたご飯食べてしっかり寝てしっかり健康管理をしたいと思います。

 

大人も自分の命をしっかり守って。

健康になって子供を守りましょう!