親知らずがうずくからオイルプリングでしのぐ日々

やっぱり抜いた方がいいんでしょうかねぇ・・・。

 

親知らずの話です。

私には親知らずがありまして時々うずく時があります。

 

半分見えているのですが半分は埋もれたような感じになっていて歯磨きにもかなり気を使います。

 

1年に1回くらい、なんかのタイミングで炎症(なんでしょうかね・・・)を起こして痛みのようななんとも微妙な違和感を感じます。

年末年始の歯痛対策にオイルプリングをしてみる

 

歯医者で何度かチェックしてもらっているのですが「まだ様子見ましょう」と言われています。

 

たぶん歯医者さん的に「すぐに抜いた方がいいですよ」状態ではないのでしょう。

それが逆にいいのか悪いのか。

 

いっそこちらから「ぬいてください!」って言ってしまえばこんな思いもしなくて済むのでしょうけど。

 

年に1~2回ほどで、しかも歯痛のようにどうにも我慢できないというほどではないためなかなか決心がつかないで今まできています。

 

親知らずを抜いた知人は何人もいるのですが、その中の結構な人数が大変な思いをしているのでちょっとビビッています。

 

それならこのまま行ってもいいかなあという気もあり。

 

そう思ってしまうのにはもう一つ理由がありまして、私の場合親知らずがうずく時にはたいていオイルプリングをやってしのぐことができているからなのです。

 

オイルプリングが本当に親知らずのうずきに何らかの効果があるかどうか。

正直言うと私にもよく分からんのです。

 

でも私個人で考えると割と高評価を出さないわけにはいかないんです。

というのもたいてい楽になってしまうから。

 

やり方はこちらの記事を参照してください。

【実験・体験】オイルプリング(うがい)を実際にやってみました!

 

とにかく10分くらいぷくぷくと口に含んで隅々まで染みわたるようにしているだけなのですが、いつもやった後は状態がいいと実感します。

 

ということで今回もまたオイルプリング、やってしまいました。

 

私のお気に入りのオイルはオリーブオイル。

やっぱり口の中に油が10分もとどまるわけですから普通に考えたら気持ち悪い。

当然好みというものが重要になってきます。

 

私は基本的に何らかの症状がある時だけやっているので、ちょっとお高めのエキストラバージンオイルでも使っちゃうのですが、毎日やっている方はお値段も考えなくてはなりませんね。

 

もしこれからオイルプリングをやってみたいとお考えの方がいましたらそのあたりも考慮してオイルを選んだ方がいいかもしれません。

 

今回の親知らずトラブルも1回のオイルプリングで終了。

噛むと「ううぅ・・・」って感じだったのに完璧に復活しちゃって、これまた抜くタイミングを逃したかな。