ナッツの女王・ピスタチオはオレイン酸が豊富

ピスタチオは濃厚な風味でとても美味しいナッツの一つです。

私はナッツ全般好きなのですが、その中でもピスタチオはかなりお気に入り。

 

でもあらためて考えるとピスタチオについてあまりよく知らないなあといったところ。

 

そういえばピスタチオってなんの木の実だっけ?

油脂成分ってオメガ何がメインなんだろう?

どこがルーツなんだろうとか・・・全く知らないw

 

そこで今回はナッツの女王とも呼ばれている「ピスタチオ」について調べてみようと思います。

 

ピスタチオのルーツは中央アジア

 

ピスタチオは中央アジアが原産なんだそう。

Wikipediaより

 

生産量はイランが1位、その他アメリカ、トルコと続きます。

 

ウルシ科カイノキ属の種子ですがとにかく乾燥を好むそうだから湿気の多い日本ではなかなか栽培が難しそうですね。

(できれば国産のピスタチオを食べてみたかったのですが残念!)

 

ピスタチオの木

 

 

ピスタチオの油の成分

 

ピスタチオはたんぱく質、ビタミン・ミネラルなど多くの栄養を豊富にかつバランスよく含む優秀な食材です。

(個人的にはルテインが豊富なところが嬉しいポイント)

 

その中でも特に多いのはもちろん脂質。

約45g(100g中)をしめています。

 

内訳としてオレイン酸が約23gと一番多く、その次がリノール酸(約13g)、飽和脂肪酸(5~6g)と続きます。

 

ということでピスタチオは「オメガ9(オレイン酸)」メインということになりますが、個人的に気になるオメガ3(α-リノレン酸)はというと02~0.3gくらいと少ないです。

 

オメガ9が多いといってもリノール酸もそれなりに含まれるので、リノール酸の摂りすぎに気を付けている人は食べすぎには注意ですね。

(※アレルギーの人も注意してください)

 

ピスタチオは高い!?

 

ナッツはおおむねどれもなかなかのお値段がすると思うのですが、その中でもピスタチオはお高めじゃないかというイメージがあります。

 

無添加 素焼きピスタチオ 1kg《宅配便・送料無料》

 

これ↑は現在(2021年4月)1kgで2439円(税込)ですがピスタチオは殻付きのものが多いので正味はもっと少なくなります。

 

だいたい殻付き1k入りのものですと2000~3000円くらいが相場でしょうか。

 

でもガツガツ食べることをしなければ結構もつのかな。

 

日々足りない分の栄養補給にちょこちょこ食べるのがよさそう。

(本当はガッツリ食べてみたいけど)

 

味付きのものとついていないものがありますので購入の際には確認してください。

 

最近はピスタチオを使ったお菓子が多い

 

以前はアーモンドやくるみと比較するとあまり食べる機会が少なかったピスタチオですが、最近ではピスタチオの濃厚な味や香りが味わえるお菓子や料理が増えているようです。

 

ピスタチオのケーキ

 

ケーキの材料に使われていたりチョコレートに混ぜ込んであったり、料理の上にトッピングしてあったり・・・。

 

ピスタチオグリーンがとても映えるし風味が加わってとっても美味しくなりますよね。

 

そのまま食べるのもよし、食材の一つとして色々と工夫するのものよし、美味しいピスタチオをご賞味ください。

 

↓こちらは殻なしタイプ

ピスタチオ 殻なし 素焼き 500g (250g×2) 送料無料 無塩 無添加 保存に便利なチャック付き [ ロースト ナッツ おつまみ おやつ お試しサイズ 自然の館 ] 保存食 非常食 訳あり