「らぁ麺屋 飯田商店」(インスタント)の油脂成分を見てみよう

インスタントラーメンはあまり体に良いイメージはありませんが、時には原材料などに気を使っている商品に出会うこともあります。

 

今回は「らぁ麺屋 飯田商店」。

 

らぁ麺屋 飯田商店の外袋

 

一袋(一人分)300円以上しました。

インスタントにしては結構高めです。

 

化学調味料不使用、比内地鶏と名古屋コーチンからとったスープ、北海道小麦粉を100%使用したというこだわり醤油ラーメンです。

 

らぁ麺屋 飯田商店について

 

「らぁ麺屋 飯田商店」は神奈川県の湯河原にある超人気ラーメン屋さんです。

らぁ麺屋 飯田商店サイト

 

鶏のスープと自家製のこだわり麺、見ればみるほど美味しそうです。

 

使っている素材の説明がサイト内にありますが、シンプルながら本当にこだわりがわかります。

 

これなら味もさることながら安心度も高いでしょう。

 

残念ながら簡単には食べにいけないので今回はインスタントのご紹介ですが、機会があったらぜひ一度本物を食べてみたいものです。

 

原材料をチェックしてみよう

 

原材料を確認してみます。

 

らぁ麺屋 飯田商店の原材料

 

化学調味料が入っておらずインスタントでもやっぱり素材にこだわっているのが分かります。

 

もちろんお店で食べるようにはいきませんが、それでも「これなら!」と思ってしまいますね。

 

スープに使われている油脂は「動物油脂」。

 

インスタントというとすぐに不明な植物油脂を連想しますが、こちらは「動物油脂」ですよ!

 

らぁ麺屋 飯田商店のスープ

↑スープを丼に開けてみました(お湯を入れる前)

 

白っぽい塊がなかなか多いですね。

 

この動物油脂の元は「鶏」ってことでOKなんでしょうか。

 

お湯を入れるとほどなくサラサラと溶けていきました。

 

らぁ麺屋 飯田商店の栄養成分

 

脂質は多いですね。

カロリーもまあ高めです。

 

インスタントでもこれだけ美味しい!本物食べたいと本気で思う

 

らぁ麺屋 飯田商店の麺のアップ

 

なんとなくイメージ的にあっさり目かと思いきや、油のコクもあるし醤油味もしっかり目、そして何と言っても鶏のスープの風味がちゃんとしますよ!

 

そして麺が美味しい!

個人的にストレート麺が好きな私にはピッタリでした。

 

らぁ麺屋 飯田商店の乾麺

↑茹でる前の状態

 

ちょっとチープな焼き豚を乗せたのが逆にもったいなかったかも。

(ぶち壊したねw)

 

ちょっと油脂が多いのが気になりましたが、毎日食べるもんじゃないしまあいいかと。

私はスープまで全部飲む派ではないので今回は良しということにしたいと思います。

 

インスタントでこれだけのお味を体験できるとは、やっぱり本物をぜひ食べてみたくなりましたね。

 

みなさんも湯河原へ行った際にはいかがですか?

 

無理な方はインスタントを見かけたらぜひ一度作ってみてください。

(作り方はいたって普通です。3分茹でるだけ。)

 

ちょっとリピしたいと思ったのですが、今回はいつも行くスーパーではなく少し遠いところで購入したので、次はいつ食べられるやら・・・。

(もう一つ買っておけばよかったです・・・)