缶詰の冷凍みかんにオリーブオイルをかけると大人のデザートに

冷凍みかんって旅のお供や学校給食ってイメージがありますね。

 

家庭でも作れるのでアイスを買ってこなくても安くて美味しいデザートができます。

 

冷凍みかんは普通はまるごと皮付きですが、これは旬じゃないとムリ。

 

ですがみかんの缶詰を使えばいつでも冷凍みかんを作って食べることができます。

 

缶詰のみかんを冷凍したところ

↑天然シャーベット!

 

缶詰を使う場合は面倒でもみかんを缶から出して冷凍した方がいいでしょう。

 

理由は冷凍することで万が一膨張してしまうと缶がゆがんだり中身が出てくる可能性があるから。

 

全ての缶詰でそうなるわけではありませんが、念のため缶詰のまま冷凍するのはやめた方がいいと思います。

 

みかんの缶詰は甘いシロップに浸かっているものが大半。

でも今回はオリーブオイルをかけて食べるのでシロップは一緒に冷凍しません。

 

シロップは糖分がかなり多めですからね。

 

一緒に飲みたくなる気持ちも分かりますが、みかんがほどよく吸ってくれている分だけにし後は捨てちゃいます。

 

清潔なキッチンペーパーなどで軽く水分(シロップ)を取ってから冷凍しましょう。

 

冷凍みかんにオリーブオイルをかけているところ

↑冷凍みかんに上質なエキストラバージンオリーブオイルをかけて

 

缶詰のみかんってシロップが甘いので子供向けのイメージがありますが、エキストラバージンオリーブオイルをかけると一転、大人向けのデザートになりますね~。

 

シロップに浸かっていたので実際のみかんよりも甘いはずですが、オリーブオイルが味をしめてくれています。

 

柑橘系が持っているほろ苦さがちょっぴり顔を出すような・・・。

 

美味しくてとまりません。

 

ダイエット中の方が食べるオヤツとしてもおすすめしたいです。

 

もちろん子供が食べる時にはオリーブオイルなしでもOK。

 

シロップも冷凍してあげればよりいっそう喜ぶでしょう。

(でも糖分多目なので注意)

 

ちなみに「皮付きまるごと冷凍みかん」を作るのは意外と難しかったりします。

 

というのも上手に冷凍できないと皮がなかなか剝けずにイライラするはめに・・・。

 

それならいっそのこと皮を剝いてから冷凍するって手もあります。

 

こっちの方が失敗は少ないと思いますが、どっちにしても生のみかんを使うのであれば季節は限られるわけです。

 

一方、缶詰のみかんなら年中あります。

 

もちろん旬の味とは少し違いますが、うちの子は缶詰のみかんの方が好きかも。

 

なんとなく昭和な味ですよね。

懐かしい美味しさです。

 

冷凍みかん自体も昭和臭を感じる食べ物ですが、今の子供達も好きみたいですよ。

 

うちの子も冷凍みかん、大好きです。

 

でも缶詰のみかんって甘いだけ甘くて栄養なんてないのでは?って思いますよね。

 

確かに旬のみかんのような栄養はないかもしれませんが、意外とビタミンCは残っているみたいです。

 

やっぱり缶詰って完全に密閉しちゃいますから。

 

魚の缶詰にもビックリするくらいオメガ3(DHA・EPA)が入っています。

 

缶詰のみかんは比較的安いですし、ちょっと冷凍みかんが食べたくなったなあという時には季節を選ばない缶詰のみかんはおすすめです。

 

大人の方はぜひエキストラバージンオリーブオイルをかけてみてください。

 

あまりかけ過ぎずほんのり風味が加わるくらいがちょうど良いと思います。

 

今回使ったオリーブオイル↓

【ルイーザ】情熱的で香り高い有機オリーブオイル口コミ・レビュー(日清オイリオ)