元祖・レーマンのムーギチョコレートカカオ60の油脂成分を見てみる

気になる麦チョコを発見しました。

 

その名も「ムーギチョコレートカカオ60」。

 

レーマンという会社の商品ですが、こちらの麦チョコは「元祖・麦チョコ」だそうです。

 

麦チョコの元祖!?レーマンについて

 

以前、有名絵画が描かれた箱に入ったチョコレート菓子をいただいた記憶があります。

 

今回「株式会社レーマン」の公式サイトを見て思い出しました。

たぶん多くの人が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

レーマンは1948年創業ですからかれこれ70周年(2018年現在)になる老舗のチョコレート・洋菓子屋さんです。

 

レーマンという名前の由来はチョコレートで有名なスイスにあるレマン湖から。

 

そんなレーマン、実は麦チョコを作った最初のメーカーさんのようです。

麦チョコヒストリー

 

当時、まだまだ高級だったチョコレートを何とか一般の人達でも食べられるようにと考えた結果、麦パフにチョコレートをかけた商品が出来上がったということ。

(※元祖については他のメーカーさんの説もありますが今回はレーマンさんで書いております)

 

麦チョコのように軽い食感のチョコレート菓子ってみんな好きですよね。

(私もです)

 

そんな元祖・麦チョコは「Mugie(ムーギ)」と名乗っております。

 

今回のムーギは「カカオ60」となっているのでちょっと期待してしまいます。

 

カカオ60のマーク

 

ムーギチョコレートカカオ60の油脂成分を見てみよう

 

「ムーギチョコレートカカオ60」の原材料を見てみましょう。

 

レーマンのムーギチョコレートカカオ60の原材料

 

残念ながら「植物油脂」の表示が。

やっぱりカカオ60でも入りますか・・・。

 

そして何気に「光沢剤」も気になります。

そういえば麦チョコってツヤツヤしています。

 

もしかしたらこのテリテリ感を出すのに「植物油脂」が使われている?

いやいや「植物油脂」と「光沢剤」は別表示だから違うか・・・。

 

麦チョコだけじゃなくてアーモンドが入った粒のチョコレートなども同じように光沢剤の表示を見たことがありますが(あれも艶やかですよね)、この光沢剤という食品添加物はいったい何なのでしょうか?

 

ちょっと気になったので調べてみたところ、光沢剤の原材料として3つありました。

 

・シェラック

・パラフィンワックス

・ミツロウ

参照元:東京都福祉保健局

 

レーマンのムーギが上記のどの光沢剤を使っているかは不明。

 

ちなみにシェラックって虫の分泌物質が原材料です。

(でもミ、ミツロウだってそうとも言える?)

 

まあ気になる方は詳細を調べてみてください。

 

個人的にはあまり食べたくなくなりますが、光沢剤によってツヤと、あとは一つ一つがくっつかないで保護されるそうなので麦チョコには必要なものなのでしょうね。

 

気になるお味は?美味しいの?

 

気を取り直して「ムーギチョコレート60」を食べてみたいと思います。

 

ムーギチョコレートカカオ60の粒々

 

一見、普通のどこにでもある麦チョコにしか見えませんが、この麦の食感、サクサク・パフパフ感!

 

他の商品よりいっそう感じます。

 

そしてカカオ60ですからやっぱり甘すぎない。

ミルクミルクしすぎない。

 

軽くて甘さ控えめ、小気味よい食感、これはちょっと危険なタイプの麦チョコですかね。

(止まらなくなるという意味で)

 

レーマンの麦チョコ(ムーギ)シリーズはカカオ60の他にもいくつかあります。

元祖・麦チョコを味わいたい方はいかがでしょうか。

 

あまり店頭で見かけないので確実に手に入れたい方はネット購入がいいかしれません。

 

くれぐれも食べすぎには注意です。

 

レーマン ムーギチョコレートカカオ60 95g×12袋

 

レーマン ムーギチョコレート 120g×12袋