救世主のサバ缶、再び値上げする

サバ缶が去年(2018年)の9月に引き続き、再び値上げをするというニュースが飛び込んできました。

 

3月1日分(2019年)から7%値上げするそうです。

 

そう、確か去年のニュース時にも私は記事を書きました。

サバ缶が10%値上げ!それでもまだまだ貴重なオメガ3源

 

去年の段階で10%も値上げしていたのに今回はさらに7%アップですよ。

 

いやはや困りますね。

 

ここ最近のサバ缶ブームが需要に火をつけたからでしょうか。

絶対そうですよね。

 

少し前にはサバ缶なんて非常食としか認識されてなかったんじゃないの?

(そんなことはないか・・・)

 

実は私にとってサバ缶は非常食以上の価値が出てきています。

 

というのもうちの家族、もうサバという魚を拒否しておりまして・・・。

 

理由はこのブログでも何度も触れているのですが、サバでお腹を壊すんですね。

 

一番危ないのが焼きサバなんですが、最近は子供はみそ煮なんかでも調子が悪くなることがあり、全面的にサバをおかずとして出すのをやめております。

 

ただしそうすると、何もトラブルが起きない私はサバを食べれなくなってしまうので、最近はサバ缶を時々食べていたのでした。

 

だって家族みんなの分を作るからこそだったわけで、自分一人分のサバを調理するって結構めんどうくさい。

 

「自分の分だけ」と思うと途端にやる気が出なくなるのはなぜなのでしょう。

 

だから自ずとサバから遠ざかってしまいがちでしたが、サバ缶ならパカッて開ければ食べられちゃうわけだしもう本当に救世主ですよ。

 

ですから我が家には常にサバ缶が常備してあるわけで、そんな中さらに値上げするというニュースには敏感に反応せざるを得ません。

 

でもまあ、魚自体が割と高いこのご時世、値上げしてもまだまだお得感は満載。

 

とにかくオメガ3(DHA・EPA)を簡単に効率よくとることができるという恩恵をやすやすと捨てることはしないでしょう。

 

本当は、子供にもどんどん食べさせたいところなんですがね。

お腹壊すんじゃ食べさるわけにはいきません。

 

あ、でもうちの子、アジと鮭は食べれます。

 

美味しい美味しいといって食べてくれます。

 

なのでとにかく「食べられる魚」をなんとか工夫して食べさせていくしかありません。

 

そんな中、私だけは今後もサバ(缶)を食べ続けることでしょう。

 

そろそろ塩焼きが食べたくなってきた今日このごろです。

 

冷静に考えて「それくらい作れよ!」とも思う・・・。

 

焼くか・・・。