【サンチャゴ】高品質なのに低価格なチリのオリーブオイル【口コミ】

今回はチリのエキストラバージンオリーブオイル「サンチャゴ」(Santigo)をご紹介したいと思います。

 

南半球のオリーブオイルは予想以上に高品質なものがあったりしますが「サンチャゴ」もそんなエキストラバージンオリーブオイルの一つです。

 

低価格なのに高品質な「サンチャゴ」

 

今回ご紹介するのはチリの首都の名前(サンティアゴとも)をそのまま付けた「サンチャゴ」というエキストラバージンオリーブオイル。

 

サンチャゴのラベル

 

取り扱っているケータック・プランナーズという会社は私が以前よく愛用していたチリ産グレープシードオイルでもお馴染みです。

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

 

グレープシードオイルはオメガ6メインのオイルなので最近はあまり使っていないのですが、こちらのグレープシードオイルはコールドプレスで質がよく、また無味無臭のためとても使いやすいですよ。

 

あの細長いチリという国はオリーブ栽培にはとても適しています。

 

気候と土地の条件が良く、害虫がほとんど発生しないためとても良質なオリーブが採れるといいます。

 

サンチャゴのボトルの表示

↑収穫から4時間以内に低温圧搾(コールドプレス)

 

サンチャゴは数々の国際コンテストで受賞歴がありますが、日本人に一番馴染みがある「オリーブ・ジャパン」でも2012年と2014年には金賞を受賞、その他の年でも何度も銀賞を受賞しています。

 

そして高品質なのに価格は非常にお手頃。

正直これが最大の魅力の一つなのは間違いなしです。

 

→サンチャゴ 230gの現在の価格

 

実は南半球のオリーブオイルってかなりねらい目ではないかと。

 

オリーブオイルに関して南半球はイタリアやスペインのようなヨーロッパや中東なんかと比較すると新興国です。

 

でも品質の良さや価格のお手ごろさを考えると南半球のオリーブオイルにも注目しておいて損はありません。

 

サンチャゴの味と香りをチェック!

 

サンチャゴは次の3つの品種のブレンドになります。

 

・アルベキーナ

・フラントイオ

・レッチーノ

 

色は黄色系で割と透明感がある感じ↓

 

サンチャゴの色

 

香りは青くさわやかでとてもいいです。

 

味はライト系ではなくオリーブオイルならではの苦みと辛みはしっかりあるのですが、とっつきにくいようなトゲトゲしい印象はないです。

 

たぶん3種のオリーブを絶妙なバランスでブレンドしているからこそなのかもしれません。

濃厚な風味を持っているものもブレンドのメリットかも。

 

本来ならこってりした肉料理にも負けないような強いタイプに思いますが、たぶんあっさりしたサラダやパンでもアクセントになって美味しそうです。

 

お手頃なのに確かな品質と美味しさの「サンチャゴ」、良かったら一度お試しください。

 

ケータック チリ産 エキストラバージン オリーブオイル サンチャゴ 230g

 

参考記事

南半球が狙い目なワケとは?世界のオリーブオイルに目を向ける