サラダ油の話~そもそも生食用だった!?

サラダ油は多くの家庭に常備してある油。

 

一般のスーパーで購入でき価格が安く加熱にも生食にも使える万能オイルです。

 

そんなサラダ油に多くの問題があるということは最近一般の方にもずいぶん認知されてきたように思います。

 

ところでそんなサラダ油、実は生で使うために作られたものでした。

 

サラダ油は生で食べるために作られた

 

「サラダ油」というものは日本で生まれました。

 

日清オイリオでは大正13年に日本で最初に「日清サラダ油」という名前でサラダ油を販売しました。
当時日本では、食用油は主に揚げ物等に使っておりましたが、西洋では、生野菜に塩や酢を加えた食用油をいわゆるドレッシングのようにして食べていました。
サラダ油というのは、こうしたサラダ料理などに使う生でも使用できる食用油という意味です。生で召し上がっていただくので、より精製の度合いを高めた良質の食用油のことを特に「サラダ油」と名づけました。
ちなみに「あぶら」の語源は獣肉を炙るとでることからきたと言われ、火の上に“にくづき”を乗せて炙る(あぶる)と言う字になるわけです。

 

サラダ油の語源(日清オイリオサイトより)

 

まさにサラダを食べるための生食用油ってこと。

 

油を「生でも食べることができる」ようにするために精製度の高い油にしなければならなかったということでしょう。

 

ちなみに当時、西洋ではどんな油を使ってドレッシングを作っていたのでしょうか。

オリーブオイル?ひまわり油?

少し気になります。

 

サラダ油には9種類あって、その他にもいくつかブレンドした調合サラダ油というものがあります。

 

サラダ油には基準があり、その基準に沿って「サラダ油」というカテゴリーを作ったのは日本独自のもの。

 

海外にもそれぞれ同じ植物から搾った油は存在しますが「サラダ油」という規格を作って販売したのが日本ということです。

 

サラダ油は生の方がいい?今さらだけど加熱に向いているの?

 

ここでもう一度サラダ油の用途について考えてみます。

 

サラダ油は生食にも使える油ですがもちろん加熱調理にも大活躍ですよね。

 

炒めるのも焼くのも揚げるのもサラダ油を使います。

 

おそらく自家製ドレッシングやマヨネーズを作らないのであれば、たいていの人はサラダ油を加熱のみに使っているのではないでしょうか。

 

手作りドレッシング

 

でもサラダ油の起源は「生にも使える」ってことが売りで出てきたはず。

ですが残念ながらあまり活かされていませんね。

 

大抵の人は市販のドレッシングやマヨネーズを買っちゃうと思います。

 

そもそもどんな油も本来は生の方がいいのは確か。

 

それは加熱することによって酸化がより進んだり毒素(と言ってもいい)が発生したりするからです。

 

また栄養面でも加熱によって変化・消滅してしまうケースが多い。

 

加熱によって本来その油が持っていたメリット(栄養や風味)が消えてその分デメリット(酸化や有害物質)が生成されるとなるとなんだか微妙ですね。

 

ましてやサラダ油は製造過程においてもかなりの問題があります。

 

油を搾る際に使われる(であろう)「ノルマルヘキサン」という溶剤や精製過程でさらされる高温によるトランス脂肪酸などなど。

 

価格が安いということはその分何か犠牲を払っているということかもしれません。

 

そんな油を更に家庭で加熱して劣化させちゃうということ。

 

とは言っても加熱調理に油をいっさい使わないのも現実的ではありません。

サラダ油でも十分に加熱して調理できるわけですし。

 

でも本来ならできるだけ良質で更に熱にも強い油をおススメしたいです。

加熱調理に選びたい油はどれ?比較一覧

 

もちろん好みや価格など他にも考慮する点はありますが、サラダ油はこういった点で見ると本当はあまり加熱しない方がいいのでは?と思ってしまいます。

 

どうしてもと言うなら原点に立ち返って「生」で使うべきなのかもしれません。

 

まとめ

 

以上、「サラダ油は生が本来の使い道かも」というテーマで書いてみました。

 

とは言え実際にはサラダ油を加熱に全く使わないとかなり不便なのも確か。

 

サラダ油は価格が安くどうしても抜け出せないという方が多いのではないでしょうか。

 

サラダ油を使うにしてもメリット・デメリットをよく分かった上で、できるだけ減らす努力はした方がいいでしょう。

 

参考記事

近ごろ悪名高い「サラダ油」ってそもそもどんな油?

サラダ油9種類の脂肪酸をチェック!