そりゃあサプリより自然な食品から栄養をとるべきだとは思うけど

このブログでもいくつかサプリメントの紹介をしていますが、本来ならば自然な食品で摂った方がいいのは確かだと思うのです。

 

でも例えばオメガ3であるDHAやEPA。

 

日々の目安量を食品で毎日とるってハードルが高いです。

実際やってみると分かるのですがかなり大変。

 

そんな時、サプリメントで気軽にとれるとすればそりゃあ助かるわけですよ。

 

それで本当に体のためになるのならば。

 

でもこの世界で売られているサプリメントには色々なものがあるのも事実。

 

健康志向の現代、サプリメント業界は一部ではダークな世界でもあります。

 

ですから商品の品質にはかなりの差がある可能性も。

 

要はピンキリってことですね。

 

もちろんただ高いというだけで信じてもダメ。

ただ単にメーカーの養分になってしまうことだってあるかもしれません。

 

そしてもう一つの懸念。

 

「サプリメントがどれくらい効果あるの?」ってこと。

 

これですよね。

 

「どんなサプリも飲むだけ無駄!」って説もあるし、かと思えばオメガ3なんかは「足りない分はサプリで」と言われることもある。

 

確かにサプリメントは欲しい栄養量が確保されていたりします。

 

じゃあ問題なんてないじゃないと思いますが、その栄養成分がちゃんと自分の体内で仕事してくれるかどうかが大切なところなのです。

 

体内で起こっていることなんて目に見えるわけじゃないし、サプリを飲んだとたん自覚するほど何かが変わるなんてことはないから実際は「よく分からん!」ですよね。

 

もちろん自然だから何でも良いとも言えないし、人工的なものでも良いものはたくさんあります。

 

変な先入観で機会を逃すのももったいない話。

 

それでもやっぱり自然な食品を超えるサプリメントはないのではと思います。

 

もしサプリが完璧だったら「栄養は何でもサプリでとりましょう♪」ってことになりますもんね。

 

でも自然食とサプリメントの共同作業でよりいっそう健康を目指すっていうのも悪くないかなと思う今日このごろ。

 

自然食にかなう存在ではないけれど、仮に自然食だけ食べていても偏りがあったりして不足する栄養は必ず出てきます。

 

そんな時、割と強い味方になってくれるんじゃないかって。

 

自然食をメインになるべくバランスよく食べることを心掛け、どうしても足りない部分をサプリメントで補っていく。

 

まあサプリメントに過信だけは禁物ですが。

 

一番やっちゃいけないのは過剰摂取でしょうね。

 

そしてサプリはどうしても添加物も同時にとってしまいますから。

 

そのあたりもしっかりチェックして選ぶことは大切だと思います。

 

でも今の時代、自然な食べ物っていってもそれ自体がもう色々と問題がありますから。

 

自然じゃないもんね。

 

農薬とか品種改良とか遺伝子組み換えとか・・・。

 

自然でいることが難しい時代ですね。