スペイン長寿国1位の背景に魚介とオリーブオイルあり?

少し前のニュースでスペインが長寿国の1位になるというものがありました。

 

長寿国といえば我が日本。

 

でもどうやら予測では2040年までに日本は2位に後退しスペインが1位になる見込みなのだそうです。

 

どうしてスペインがそんなに長寿国になっているのでしょうか。

 

もちろんその理由は一つではないはず。

 

きっと国民性や生活習慣なども含めた複数のことが組み合わさっているのでしょうけど、その中の一つには絶対に「食事」があると思います。

 

スペインのことに詳しくはない私としては、スペイン料理と言えばパエリア。

 

パエリア

 

魚介とお米。

(なんだか日本と似ている?似ていない?)

 

後はタコを食べる国とか。

 

これも日本と一緒ですね~。

(宗教上の理由や気持ち悪いとかでタコを食べない国の方が多い)

 

タコはタウリンが摂れるから食べた方がいいんですよ!

 

まあ上記のものは単なる私の勝手なイメージですが、スペインといえばやっぱり「オリーブオイル」は外せませんよね。

 

なんせ生産量でいったら世界NO.1ですから。

 

日常で使うオリーブオイルの量は日本の比ではないでしょう。

 

ちなみにオリーブオイルとタコの相性もぴったりです!

 

そして魚。

 

別に魚オンリーではないと思いますが、地中海料理として魚をよくとり入れています。

 

でもどちらかといえば白身魚の印象があるのですがオメガ3の摂取量はどうなんでしょう。

 

その代りというわけではないですが、貝類もたくさん摂っている印象があります。

 

貝類はミネラルなどの栄養が豊富ですしこれまた摂った方がいいですよね。

 

それに野菜やフルーツもよくとる。

 

地中海ってやっぱり食材に恵まれていますよね。

気候や土地がいいのでしょう。

海と陸、両方の恩恵。

 

これがバランスの良い食生活に繋がっている。

そしてスペインの人達の健康維持に役立っているでしょう。

 

でも他の国の人が同じことをやったからと言って寿命が延びるかどうかわ分かりません。

 

やっぱりその土地の人間がその土地で長年続けてきたことによる体の特徴ってものがあるはずなので。

 

全てのものが組み合わされて今の長寿ができあがった。

 

それはスペインも日本も同じかもしれません。

 

でも魚文化はいいですねぇ。

 

私も何度か海外旅行に行きましたが、外国に行って肉料理ばかり食べていると「魚と野菜が食べたい!」って切実に思います。

 

あ、もちろんお米もね。

 

日本人は魚メインの時々肉料理っていうのが本来の理想なのかも。

 

それが崩れてきているからこそ、今ちょっと日本人の健康に危険信号がともってしまったのでしょう。

 

でもスペイン料理。

 

地中海料理。

 

日本人の味覚にも合うしなんか食材的にも共通点がありそうです。

 

特に魚料理、うちの子はとにかく魚を食べてくれないのですが、もしかしたら地中海系の味ならもっと食べてくれるかも。

 

オリーブオイルは大好きですしね。

 

スペイン料理をもう少し研究してみるかな。